フィリピン留学英語学校閉鎖・倒産情報【裏ネタ】

スポンサーリンク

以前は、東京と同じ人口って!?大都市メトロマニラ近郊でのフィリピン留学。おススメ語学学校。にも掲載していた閉鎖又は倒産済みの英語学校。営業中の英語学校のページに記載しておくには、フィリピン留学を検討している人にとって何のメリットも無いので、別ページを立ち上げた。

消えてゆく学校 – フィリピン留学業界の未来を占う 残る学校消える学校(Quoollブログ)にもあるように、今後も閉鎖、倒産件数は増える可能性が高い。フィリピン留学を検討中の人は、本件をチェックすることで、希望の学校がちゃんとした学校で、入学後も途中で倒産することなく、無事卒業できそうな学校かを判断する反面教師として知ることができるだろう。

英語学校やエージェントの倒産又は閉鎖で何が起こるかというと、授業や宿泊の債務不履行。良心的な学校やエージェントは、閉鎖の際の費用も含めて、ホームページなり個別に連絡をするのだが、悪質で無責任な学校や業者は、何の告知も無しに夜逃げ同然で、閉める場合もある。日本でいう「てるみくらぶ」や「はれのひ」事件が良い例であろう。

今現在留学を考えている人、特に若い大学生たちは留学エージェントに丸投げをせずに、自分でもインターネットを駆使して、その学校、そのエージェントの健全性を調べる時代になったのかもしれない。

EIEN Academy of English(オルティガス)

語学学校のEIEN POWER。現在はホームページやブログも閉鎖され、倒産状態に陥っている。その代わりといっては何だが、姉妹校のEIEN Academy(略してEIEN AE)がフィリピン留学で頭角を現している。

費用は一番安い二人部屋でも4週間で¥268,000、もっとも高い一人部屋は¥439,000と、かなり強気だ。通学コースもあり、現地採用、駐在者にはうれしい土曜日コースもある。滞在する場合の寮は、「THE EXCHANGE REGENCY」というマニラ・オルティガスのホテルで快適に過ごすことができる。また、教室があるビルにはフィリピン証券取引所もありビジネスマンに受けが良さそうだ。

料金が高いためか留学体験談も1〜4週間の人しかおらず、長期滞在者はいないようだ。ただ、校長がアメリカ人なのだが、それについては何も触れられていないのが逆に怖い。

一瞬アメリカ人の校長かと思ったが、実は、イギリス人のLanguage Advisorであり、その様子が動画(EIEN Academy of English )で確認できる。そういうのが好きな人はどうぞ。

全体的に露出されている情報が少ないので個人向けではなく企業研修がターゲットかと思われる。

  • EIEN AEホームページ:http://www.eien-ae.jp/
  • 留学費用:http://eien-ae.jp/curriculum/index.html
  • 定員:40名

(2015/10/30更新)

MTSCによると閉校したようだ。

https://www.philippine-ryugaku.com/school/eien-academy-english/

(2018/3/29更新)

M and S English Academy (オルティガス)

マニラのオルティガスにあるフィリピン留学語学学校。駅も近いし、近くにはSMメガモールもあり立地は最高。ただ、コンドミニアムは少し離れたイーストウッドというところにあるのでホームページには10分と書いてあるが、渋滞等を考えると30分はみておいたほうが良い。

もともとは韓国人をターゲットにしていた学校だが、最近になり日本語のホームページもできて日本人にもターゲットを当ててきた。ただ、写真をみると子どもが多い。子どもがターゲットなのか大人がターゲットなのか、まだしぼりきれていないようだ。

  • M and S English Academyホームページ:http://msacademyjp.com/
  • 留学費用:http://msacademyjp.com/%E7%95%99%E5%AD%A6-%E8%B2%BB%E7%94%A8
  • 定員:15部屋のマンツーマン授業用の部屋、4部屋のグループクラス用の教室
  • フェイスブック
  • Twitter:https://twitter.com/m_sacademy
  • オーナー:韓国人
  • オンライン:http://msacademyjp.com/skype-%E3%82%AA%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B9%E3%83%B3
  • TESDA認証番号:
  • SSP登録番号:
  • 法人登記番号:

(2014/7/13更新)

ホームページも閉鎖、検索しても情報が出てこないので閉校とみなした。

(2018/3/29更新)

BECK(ケソンシティ)

正式名称は「Basic English Create all your Knowledge」。1ヶ月の留学費用全てコミコミ180,000円というわかりやすい料金体系がウリだった日本人経営のBECK。2015年11月に始めたブログも、2017年1月を最後に更新が途絶えている。ホームページも絶賛404中、グーグルマップ上もはっきりと閉鎖、閉業と書かれているので、現在は営業している可能性は低い。

ブログやフェイスブックを見る限りには、後述のffiery(クラーク)と、ノリが同じ感じではある。オーナーや学校長が若いと、大学生などの若年層に人気がある学校になるが、ある程度社会人経験やそれなりの責任感が無いと、学校をすぐに閉鎖する場合が多い気がする。

BECKネット上での評判

クリックでグーグルマップへ

(2018/1/18更新)

TASKEL ENGLISH ACADEMY(アラバン)

アラバンに新しくできた語学学校「TASKEL ENGLISH ACADEMY」。本格稼働する前にすでに閉鎖か!?

以前は立派なホームページがあったが、現在は閉鎖中(http://taskel.jp)。

taskel アラバンで検索したリンクを辿っても同じくNot Found。一体何があったのか!?オーナーは外資系に勤務していた夫とその妻。謎は深まるばかり。。。

奥さんがLancersに投稿していた自己紹介

(2017/3/9更新)

ENCORE(タガイタイ)

「悪徳宗教英語学校 ENCORE」

上記は衝撃的なブログのタイトルだが、これは実際に存在するブログの記事タイトルだ。ENCOREはマニラのあるルソン島のタガイタイという避暑地にある学校で、小さいながらもヘッドティーチャーのMONがそのカリスマ性を発揮し経営を続けてきた学校だ。

このMONはもともとストーリーシェアの前身エデンマイルスにいた教師で当時もそのカリスマ性を惜しみなく発揮していたらしい。ただ、このENCOREでの勤務態度が最悪だったらしく、その生徒はかなり憤慨し、そのブログを立ち上げたという経緯だ。MONの醜態は下記のとおり。

「香水を注意したら逆切れ」http://yooven.hatenablog.com/

「生徒への突然の告白し、振られたら逆切れ」http://yooven.hatenablog.com/

そして、タイトルにもあるとおり宗教学校ということだが、ただ、教育内容が宗教じみているというわけでは無く、実際にオーナーが何かしらの宗教をやっているようだ。儀式参加を勧誘された生徒もいるようである。オーナーといってもフィリピン人らしいので、宗教勧誘が後ろめたいという意識はゼロだ。http://yooven.hatenablog.com/

その生徒は契約期間半ばにして学校を去ったそうだが、返金を受けていないらしい。まあ、契約上、返金を受け付けていない学校はいくつもあるが、その生徒は保証金も返してもらっていないらしい。保証金に関しては明らかに違反行為である。

その後、業を煮やしたその生徒は、そのブログを立ち上げ、他にもいろいろなところにENCOREの悪い評判を書き込んでいる。

  • Yahooブログ:http://blogs.yahoo.co.jp/tavooven
  • Yahoo知恵袋:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10137236350
  • はてなブログ:http://yooven.hatenablog.com/
  • アメーバブログ:http://ameblo.jp/geedeeen/
  • アブログ:https://ablogg.jp/school/13730/review
  • 留学回数No1フィリピン・セブの英語語学学校情報:http://englishcebu.com/encore.html

その後、フィリピン留学ラジオによると公式サイトは無くなり倒産に追い込まれたようだ。

【倒産】アンコール 10名の超小規模、娯楽ゼロの英語合宿環境!

過去にフィリピン留学に生徒として来て、そのまま英語熱にのっかり、経営も知らない素人が語学学校を立ち上げるという話はよく聞く。確かに、ここは日本では無くフィリピンなので、日本の常識は当てはまらないことが多いだろう(特にお客様は神様的な)。

だが、だからといって手をこまねいていては、これからくる怒涛の日系語学学校設立ラッシュやフィリピン人の平均賃金上昇には太刀打ちできないだろう。そして、何より私が愛してやまないフィリピンの評判を落とすことだけは止めていただくことを心から祈る。

(2015/11/26更新)

旅宿マニラ(エルミタ)

マニラのイントラムロスの近く、Lawtonというバス停留所の近くだろうか。そこにあるゲストハウスの英語サービス。生徒の部屋に先生が行くかたちなので、いわゆる家庭教師だ。運営者の名前がでてこないので必死に探したところ、なんと保証金の振込先が「アンサンヒヨン」というおそらく韓国人、もしくは日系韓国人の名前だった。

銀行名  ジャパンネット銀行
 支店名  すずめ支店  支店番号: 002
 口座番号  普通 6555955
 口座名義  アンサンヒヨン

いざ到着すると「アニョハセヨ!」で迎えられそうだ。一時期盛んに議論されていたSSPやTESDAは、もちろんとっていない。なぜなら教師派遣型ビジネスだからだ。

ただ、これもなんとなくグレーな気はするが、学校ではないからセーフなのだろうか。下手に学校型にしなくともこういう選択肢も有りという事だ。語学学校設立希望のかたは参考にしてもらえばと思う。

ただ、教師紹介に若い教師の画像が多いのは、いわゆる経営者の好みということだろう。私の推しメンはVanessa先生だ。

http://tabiyado-manila.com/photo-gallery/英語講師tutorチューター写真/

※旅宿マニラのHPは現在閉鎖。学校も閉鎖されている可能性が高い。

  • 旅宿マニラホームページ:http://tabiyado-manila.com/%E8%8B%B1%E8%AA%9E%E7%95%99%E5%AD%A6/
  • 留学費用:http://tabiyado-manila.com/%E5%AE%BF%E6%B3%8A%E6%96%99%E9%87%91/
  • ブログ:http://tabiyado-manila.com/?p=32
  • フェイスブック
  • ツイッター
  • オーナー:日本人

旅宿マニラネット上での評判

ffiery(クラーク)

(2013/8/4更新)

MK Manila(マニラ)

2013年8月31日をもって閉校。明らかに犯罪多発地帯の近くの立地であったので当然と言えば当然。観光するには、絶好の立地であった。

クリックでグーグルマップへ

(2013/8/4更新)

ACERS School(ケソンシティ)

コロコロと学校名が変わる不思議な学校。「AceWorldLanguageSchool」→「Acers」→「ACERS School」。MBA取得の日本人スタッフが在住で初心者のための文法クラスもあったが惜しくも閉鎖。現在はオンライン英会話が残っているだけらしい。

(2013/7/26更新)

Achieve Goal(セブシティ)

楽天やHIS、リクルート、ヤマト急便とのアドバイザリー契約をしている学校。ただ、大手企業と提携しているからといって良い学校とは限らない。逆に企業重視をしているため、個人で来る留学生を軽視する可能性は、普通の語学学校と比べ高いということを認識しておかなければいけない。

現在はSMEという韓国系のマンモス語学学校と提携して名称もSMEAGに改名されている。

(2013/7/6更新)

Edhen miles(ケソンシティ)

ストーリーシェアの前身の語学学校。今はもうない。学校名を変え、住所も移転した理由も、定かではない。噂によるとエミリーという共同経営者に乗っ取られたという話もある。

  • ホームページ:http://www.edhenmiles.com/
  • ブログ:http://www.edhenmiles.com/price.html
  • オーナー:日本人TESDA認証番号:http://www.edhenmiles.com/aboutus.html
  • SSP登録番号:AAFS NO.MCL-2008-069 APPROVAL TO ACCEPT FOREIGHN STUDENTS,http://www.edhenmiles.com/images/aboutus/aafs.jpg

(2013/2/27更新)

Storyshareマニラ校(マンダルヨン市)

ストーリーシェアマニラ校はメトロマニラの中心地に位置し、MRTのボニ駅に徒歩3分でいけるので交通の便が非常に良かった。しかし、すでにご存知かもしれないが、ストーリーシェアマニラ校はすでに無い。理由は定かでは無いがストーリーシェアの前身、エデンマイルスも不可解な閉校をしたので何かしらトラブルに巻き込まれた等の憶測が飛び交っている。

以前に、SSPの関係で掲示板に書き込みがされていたことがあるので移民局関連か!?マニラのど真ん中にあったので、悪徳警官に脅されたのか!?オーナーは引き続きバギオ校とセブ校に注力して行くようだが、閉鎖したネポ校も近々オープンするようなことをホームページ上でもうたっている。

Nepoボーディングハウス(クラーク)

クラークのネポにあった英語学校。EnglishBreakthroughと格安フィリピン留学の1、2を争う立ち位置だったが、現在は閉鎖中。ホームページを開くとポップアップメッセージで下記の文言がある。マネージャーは現在、b.E.Campの経営に携わっている。

ストーリーシェア Baguio校 http://baguio.storyshare.jp/
ストーリーシェア Cebu校 (6月中頃まで満室。現在英語校舎増設手続き中)
ストーリーシェア Nepo校 (7月OPEN予定。現在改装手続き中)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] そこの右手にUPPERSTARがある。営業時間は14時から翌午前3時まで。このエリアにはかつて、ACERS Schoolがあった。そして、近々、Quoollという学校がオープンする予定だ。コモンウェルスを挟 […]

  2. […] 旅宿マニラ(エルミタ) – フィリピン留学英語学校閉鎖・倒産情報【裏ネタ】 […]

  3. […] このネーミングにピンとくる人は少なく無いかもしれない。ピンときた人はかなりのフィリピン通とみた。場所はアドリアティコ通り、レメディオスサークルの近く。フィリピン留学的に言うと、Wexcel Language Academyが最も近く、今は亡き、旅宿マニラも近くであった。 […]

  4. […] がうまくいき、軌道に乗ればこの割引率でのプロモは今後は無いだろう。今は無き、ffiery(クラーク)もかなり大幅な値引き率のプロモを開校当時は展開し、予約できなくて涙を流した […]