格安フィリピン留学用の1泊200ペソ代の宿泊施設をマニラで発見。その名は「ローカル ホステル」

格安フィリピン留学を成功させるもう一つの方法、「通学」。その格安通学フィリピン留学を成功させるべく日夜、滞在先探しに奔走していた矢先、なんとあのゴーゴーバーが立ち並ぶルソン島マニラ・マカティ、ブルゴスエリアに手頃なドミトリータイプの格安ゲストハウスがあったので紹介したい。

ローカル ホステル (Lokal Hostel) 

名前からしてローカル臭が漂うが、大半は外国人旅行者が集う。ローカルフィリピン人も他のゲストハウスよりは多い。

ローカル ホステル (Lokal Hostel) の詳細、予約

ゲストハウス自体は3階にあるが、2階にはバーとベトナムカフェがあり、そこを横切り階段を登る。マニラ・ブルゴスにはおしゃれなカフェやレストランが多いのだ。

ゲストハウス内の共同のキッチン。綺麗では無いが、カップラーメンやコップを洗うぐらいは大丈夫な感じ。

このゲストハウスの一番のウリはシャワー室がたくさんあること。シャワーを浴びたいのに浴びれないというゲストハウス独自のストレスが無い。このあたりは前回のワンダラーズよりは、このゲストハウスに軍配が上がる。

格安フィリピン留学に最適なゲストハウスをエルミタ・マラテエリアで発見した

また、トイレ、シャワー数といえば、通常の格安フィリピン留学の複数人部屋タイプも押し込むだけ押し込んで、実はトイレやシャワーの絶対数が足りない場合が多々ある。

トイレ付きシャワー。すべての水回りを一回ですませるのに効果的な部屋だ。

個別トイレも普通。フィリピン人は見えないところは掃除しない。たまに本当に掃除しているのかという状況がこのホステルでもあった。

レストランが1階と2階、ホステルが3階、そして屋上では定期的にイベントが開催されるので賑やかなビルディングに仕上がっている。マニラのおしゃれヤングが集いし場所なのだ。

フィリピン留学中、平日は一心不乱に単語を覚え、マンツーマンレッスンに脳みそがとろけ、土日はこういったところで、国際交流を行い、自身の英語力がどれだけ通用するかという確認も行ったほうが良い。月曜からの英語学習のモチベーションにもつながる。

ありがちな記念写真集。

Wi-Fiも完備。そこまで速くは無い。フィリピン、マニラで高速ネットを欲してはいけない。

一階には両替所もあるので、旅行者やフィリピン留学生には非常に便利な立地。

関連記事:

【穴場】フィリピン留学で両替に困ったらここへ 銃社会が織り成す両替時に増えたもう1つのチェックポイントをくぐり抜けた厳選の両替所

くつろぎスペースあり。ただ、これに関しては前回のワンダラーズのテラスには負ける。

格安フィリピン留学に最適なゲストハウスをエルミタ・マラテエリアで発見した

ローカル ホステル (Lokal Hostel) の詳細、予約

滞在中の食事

もし、このローカルホステルにフィリピン留学等で長期で滞在するのであれば、食事の心配もあるだろう。付近を散策すると場所が場所だけに飲食店は星の数ほどある。

しかしながら、やはりそこは外国人価格一食200ペソ、300ペソするところが多い。そんな中、一食100ペソで日本人好みの味付けの店を発見した。

場所はA-VENUEというところ。一康流福岡ラーメンで紹介したセンチュリーシティモールの近く、NTSを食べたHIDEYOSHIの正面にあたる。連日ブルゴス中の外国人がライブ演奏を聴きながら食事に来る。

センチュリーシティモール(Century City Mall)の一康流福岡ラーメン

マニラで流行しているNTS ここブルゴスでも遭遇

そのフードコートの一角に、普通のフィリピン屋台のレパートリーとしては珍しいラインナップの店があった。珍しいので隣のフィリピン人も写真をとるのに夢中であった。価格はどれでも100ペソのライス付き。ライスは普通の白飯とジャバライスから選べる。100ペソとかなりリーズナブルなので、どうせ量が少なく、味もフィリピンテイストなのだろうと、全く期待はしていなかったが、それでもフィリピン風チキンカレーでない、色の濃いスパイシーチキンカレーがあったのでそれを注文した。

ちなみにフィリピン留学中も寮の食事がチキンカレーと聞いて、ぬか喜びしてはいけない。それは日本人の好むちょい辛のカレーではなく、味の薄い、パサパサの鶏肉が入ったカレーだからである。

一見なんの変哲もない具沢山のチキンカレー。一口食べるとなかなかの美味。スパイシーといえども、中に入っているホットチリらしきものを食べなければそれほど辛くはないが、辛さに弱い人は苦手だろう。ご夫婦二人で運営しているようだが、フィリピン人が作ったとは思えないほどの味付けだ。

ちなみに、調理は一度調理されたものを、注文を受けた後再度、鍋で加熱するタイプなので、熱々を召し上がれる。

問題のチキン。骨があったり、異様にパサパサだと、高い評価はつけられない。しかし、実際食べてみるとそんなことは無く、プラスチックのスプーンで切れるほどの柔らかさで、一つ一つが適度な大きさにカットされているので、味もそれなりに染み込んでいる。カレー大好き日本人としては毎晩このカレーでも良いくらいだ。

注目の格安料金、その価格帯は?

この一帯のゲストハウスでは最も安く、メトロマニラ圏内でもベスト5には入る安さだ。最安値は、扇風機無し男女混合ドミトリー。

  • 1ベッド/4ベッドルーム(ファン付き・男女共用):290ペソ
  • 4ベッドドミトリー(女性専用):290ペソ
  • 6ベッド ドミトリールーム(エアコン付き・共同バスルーム) :326ペソ
  • ドミトリー(ファン付き) :399ペソ
  • ドミトリー(エアコン付き):399ペソ
  • シングルプライベート(共用バスルーム):580ペソ
  • シングルルーム(ファン付き):660ペソ
  • シングル(エアコン付き):761ペソ
  • ツイン プライベート(共同バスルーム):979ペソ
  • ダブル プライベートルーム(バスルーム付き):1,124ペソ
  • ツインルーム(プライベートバスルーム付き):1,124ペソ

いろいろとツッコミどころはあるが、やはりエアコンがつくと若干高くなる。かつてエアコン付きの6ベッドに泊まった際は、エアコンがあまりにも効きすぎて、毛布にくるまって寝なければならないほどであった。

風邪をひいたら元もこもないし、高い金を払って心配事が増えるのであれば、エアコンなしの部屋をチョイスした方が良いのではと思った。ただ、エアコン無しの場合、上段ベッドだと扇風機の風が来にくいので、快適に過ごすには下段ベッドをおすすめする。

凍え死にそうになった6ベッドの後は4ベットの混合ドミトリーに泊まったが、同室の若い中国人女性の寝姿がセクシーで毎回ドキドキさせられたのは良い思い出。後々聞くと日本好きの台湾人だった。フィリピン留学の帰りだったのだろう。

ローカル ホステル (Lokal Hostel) の詳細、予約

ちなみに直接行っても、予約は可能。ダイレクト料金は下記の通り。

複数人部屋

  • 男女混合ファン付複数人部屋(2名):550ペソ
  • 男女混合エアコン付複数人部屋(2名):600ペソ
  • 男女混合ファン付複数人部屋(4名):400ペソ
  • 女性専用ファントイレシャワー付複数人部屋(4名):400ペソ
  • 男女混合エアコン付複数人部屋(6名):500ペソ

一人部屋

  • ファントイレシャワー付一人部屋(最大1名):900ペソ
  • エアコン付一人部屋(最大1名):1000ペソ
  • エアコントイレシャワー付一人部屋(最大1名):1100ペソ
  • エアコン付ツインルーム(最大2名):1400ペソ
  • エアコントイレシャワー付ツインルーム(最大2名):1600ペソ
  • エアコントイレシャワー付ダブルルーム(最大2名):1600ペソ

アゴダで予約し、料金を払っても、アゴダの手数料が結構かかるので、直接払うこととあまり変わらないことは念頭に入れておきたい。

ローカル ホステル (Lokal Hostel) のロケーション、地図

クリックでグーグルマップへ

住所:5023 P Burgos, Makati, 1210 Metro Manila

連絡先:(02) 890 0927

ホームページ:http://www.lokalhostel.com/

予約:ローカル ホステル (Lokal Hostel) の詳細、予約

ちなみに地図の左上、緑のエリアは墓地だが、その近くにフィリピン留学学校、グランドラインがある。

Grandline(マカティ) – 【裏情報満載】東京と同じ人口って!?フィリピンの首都で英語を伸ばす。マニラ留学について

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス

『格安フィリピン留学用の1泊200ペソ代の宿泊施設をマニラで発見。その名は「ローカル ホステル」』へのコメント

  1. […] 格安フィリピン留学用の1泊200ペソ代の宿泊施設をマニラで発見 […]

  2. […] 格安フィリピン留学用の1泊200ペソ代の宿泊施設をマニラで発見 […]