【闇】フィリピン・セブ留学BAYSIDE ENGLISH CEBUの乗っ取り、裏切り、刑事訴訟

そろそろお気づきの人もちらほらいるかと思いますが、セブ、マクタン島のフィリピン留学語学学校BAYSIDE ENGLISH CEBUが今ヤバイことになっています。

創業者の佐々木綾子氏が学校から追い出され、共同で事業を行なってきた山中博氏をはじめ、数名の日本人に学校を乗っ取られたというのです。

フィリピン留学、乗っ取りといえば、以前紹介したQQ Englishやエデンマイルスも同じように裏切りにあっています。

今日は、BAYSIDE ENGLISH CEBU乗っ取り事件についてスポットを当ててみたいと思います。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

脅迫の音声記録

セブ留学関係者はうすうすとこのBAYSIDE ENGLISH CEBUのゴタゴタについては、気付いていたと思いますが、そのことが明るみにでたのが2018年の7月13日。

創業者の佐々木綾子氏のフェイスブックでBAYSIDE ENGLISH CEBUの 会社経営権及び代表取締役を乗っ取られた旨が公に公開されました。

https://www.facebook.com/ayako.sasaki.9887/posts/2021273927943603

そして乗っ取りの証拠として、かかわっている日本人が佐々木氏を脅迫しているという音声がすでにYoutubeにアップロードされています。

https://youtu.be/4yXs8lTZJoM

日本人が二人いるようですが、声が似ているので誰が誰だかわかりません。おそらくメインで話しているのが土原氏で、パソコンをいじっているのが松井氏だと思われます。音声を聞いてみたほうが早いと思いますが、念のため会話を文字おこししてみました。

佐=佐々木氏、相=相手側の日本人二人のどちらか、ド=フィリピン人ドイ氏

佐)あんたらがわかってるかわかってないかしらん。これは詐欺だよ。わかる?今、ベいサイドが10月から生きてきているのは、私が入れたお金、私が幼稚園からずっと貯めてたお金を全部集めて、親のお金も集めて、そこに入れたお金だよ。この3ヶ月いけたのは。

相)そのお金あるんですか?ヒロさんの財産になってるんですよ。このお金で3ヶ月もったんですよね。僕らこのお金の10倍以上もっています。

佐)それはインベスターから?

相)インベスターのお金だったら問題なんですか?その話意味ないじゃないですか。インベスターの話と同じですよね。インカムじゃないんだから。ヒロさんはどこからお金を持ってきているか知っていますか?

佐)インベスターから?

相)投資者って知ってるんですか?

相)じゃあどうするんですかリョウちゃんの人生?100%リョウちゃんの人生終わるんですよ。あなた次第です。あなたが今からヒロさんを信じることをあきらめたら終わりです。100パーあなたが、下すんです、リョウちゃんを殺す道を。なんですぐ殺す方向に行けるんですか?

相)リョウちゃんを里親に出すべきです。綾子さん一人で責任とるために。誰か助けてくれると思っているんですか?誰も助けませんよ。正直言って。当たり前ですけど。百歩ゆずって、リョウちゃんに迷惑がかからないように、他人の手続きをしたほうが良いですよ。

相)パソコンおかりします。

佐)何であたしのパソコンとるのよー!

相)スカイプだけさしてください。ちょっといいですか。シムだけ。。。

佐)なんで?なんであたしの携帯までとるのよ。

相)秘密の番号が必要なんだよ。

相)プライベートで使っちゃってるんだよ。登録で使っているんでしょ。

佐)自分らがやっていること、どういうことしているかわかっているの?

相)何もやっていないですよ。僕はヒロさんの指示に従っているだけなので。

佐)ヒロさんの支持であたしのメールのアクセスも消して、あたしのデータもブロックして、いいっていうてないよ。

相)いいって言ったからパソコン持って来たんでしょ。僕らパソコンとりました?

佐)あんたらがギャーギャー、ギャーギャーいうから。

相)だから綾子さんが選択されたんですよね。ギャーギャー言うくらいなら出したるって。それは一緒ですよね。綾子さん選択されたんですよね。僕らが綾子さんを羽交い絞めにして、部屋からパソコンを持ってきたり、

佐)いや、そういう感じでは、

相)僕、許可とりましたよね、パソコンの。

佐)そんなことやってもうまくいかないよ。

相)僕らを説得してもうまくいかないですよ。ヒロさんにしたがって動いているだけなんで。

相)すいません、クレジットカード貸してください。1回、一旦貸してください。最後、スイッチ綾子さんに押させますんで。こいういうボタンです。

佐)日本に帰るって決めたわけじゃない。。。

相)決心してください。それは。絶対帰ったほうが良い。たぶん僕らが押さないと一生帰れなくなっちゃいます。

佐)これ犯罪だよ。あたしの名前で、銀行口座からとっていくというのは。これすごく危ないことなんだよ。カラチェックを渡すということは。

相)それは金庫に入れておきます。

相)綾子さんちょっとカード、取ります、取ります。クレジット。

相)いやこれもう違うんです、マジで時間があれなんです。僕アヤラに行かないといけないんです。ほんとに。

相)綾子さん、カード取ります。一旦ちょっとあの、一旦。取ります。

相)取りましょう。

相)リョウちゃんの時間も減ってるんだから。値段変わっちゃいますよ。一億円になっちゃいますよこれ。

相)カードと、そうです。やばい、アヤラがしまっちゃう。

相)サインが欲しいんですよ。同時進行でクレジットが欲しいです。

佐)ちょっとまって、ちょっとまって。

相)綾子さん、アヤラいくんで帰りますよ。はい、ドイさん。

佐=佐々木氏、相=相手側の日本人二人のどちらか、ド=フィリピン人ドイ氏

※綾子さんは、小切手にサインをしているかと思われる。

ド)どうかしたの?

相)ただの小切手のサインだよ。

相)帰ります?(ひろと→げんき)

相)ただ、チケットを見て、考えていたんだ。

ド)へー。

相)(綾子さん)あなたはお父さんとリョウちゃんにまずに会ったほうが良い。

ド)全てにサインをすべきではない。

相)どういう意味?

相)警察を呼びます。

ド)(綾子さん)サインすべきではないです。

相)大丈夫。ドイさんがそれを保管してください。

ド)いえいえ。空白のそれにサインをするのは良くありません。

相)ドイさんがそれを保管してください。それが最も安全な方法でしょう。

ド)このビジネスを始めた時、私たちは一つでした。あなたたちが来てからマーケティングは大きな失敗でした。

相)知ってます。それは私たちの責任です。

ド)また、私はこの会社を守ります。そして、綾子に攻撃的になるのは許せません。綾子は30ミリオンペソを会社の口座に入れた。それなのにあなたたちのマーケティングはお粗末すぎた。

相)しかし、彼女は何もしていない。彼女は私たちを全く信用していない。なぜ?

佐)全く、全くね。

相)どうしたらいいの?

東進ハイスクール元カリスマ講師山中博氏とBAYSIDE ENGLISH CEBU

2012年4月にベイサイドイングリッシュの前身Regent Pacific College(RPC)で創業者の佐々木氏と山中氏は出会いました。佐々木氏は、そのRegent Pacific College(RPC)で独占留学斡旋ビジネスを始めたばかりの頃でした。

あるフィリピン人教師から、夫婦で遊びに来ている日本人がいるということで紹介されたのが、この山中氏でした。

当初彼はなぜか東進ハイスクールの元講師ということを隠していて、呉服屋のボンボンということで、金を腐るほど持っていると言っていたようです。

その後、山中氏は月1回のペースでRegent Pacific Collegeに1週間ほど滞在していたらしいのです。

21. 東進ハイスクール元カリスマ講師との出会い

山中氏の経営する「だれでもヒーロー」

その後山中氏はセブシティでNGO法人DAREDEMO HIROを立ち上げます。

そのNGO法人を立ち上げる前に、山中氏は佐々木氏にこういっていたそうです。

ボランティアと語学学校をつなげて日本の企業や金持ちに寄付させる。それをフィリピンの銀行を使って裏で返す。俺は手数料をもらう。企業は節税になる。必ず儲かる。
21. 東進ハイスクール元カリスマ講師との出会い

また、現在山中氏はセブ日本人会幹部だそうですが、当初は日本人会を乗っ取る計画もしていたそうです。

当該案件におけるフィリピン留学中の生徒への影響

乗っ取る乗っ取られたというだけでは、ただの経営陣の痴話喧嘩ということで高見の見物でもできそうですが、実は下記のとおりプレミアムキャンパスの第2学生寮はオキュパンシーパーミットがとれていないというのです。

59.東進ハイスクール元カリスマ講師の新たな犯罪

プレミアムキャンパス第1学生寮

  • ビルディングパーミット:○
  • オキュパンシーパーミット:○
  • 消防局許可証:○
  • ビジネスパーミット:○

プレミアムキャンパスの海辺の第2学生寮

  • ビルディングパーミット:○
  • オキュパンシーパーミット:×
  • 消防局許可証:×
  • ビジネスパーミット:×

フィリピンという国は、一見賄賂をだせば何でもできるように見えて、一方では融通が全くきかない面ももちあわせています。もし、違法建築、違法営業をしているとなれば最悪の場合、その日に営業停止、立ち入り禁止措置がとられる場合もあります。

その場合に、一番困るのは他の誰でもない、そこに寝泊りしているフィリピン留学中の学生なのです。

フィリピン留学語学学校を選ぶ一つの基準としてTESDAやSSPを取得しているかどうか見る場合が多いと思いますが、さらに掘り下げるとこのように色々な許可証があるので、ほんとうに安心できる学校を探すのは一苦労だと思います。

情報が錯綜しているフィリピン留学のビザに関する勘違い(期間、空港使用料、往復航空券、SSP)
インターネットで何でも情報が手に入る情報社会。フィリピン留学に関しては、キーボードをたたけば、様々な情報が出てくる。そんな中、これからは情報...
フィリピン留学英語学校閉鎖・倒産情報【裏ネタ】
以前は、東京と同じ人口って!?大都市メトロマニラ近郊でのフィリピン留学。おススメ語学学校。にも掲載していた閉鎖又は倒産済みの英語学校。営業中...

ベイサイドイングリッシュのTESDA失効による影響

このツイッターによるとベイサイドイングリッシュRPCキャンパスのTESDAがすでに失効しているとのことです。

TESDAとは学校を運営していく上で必ず必要な許可のことで、これが無いとフィリピンで学校を運営してはいけません。

一時期このTESDAを持っている持っていないということで、フィリピン留学界が騒然とした時期があり、それからというもの業界関係者はこのTESDAやSSPに神経質になっていたのですが、まあそもそも適法にビジネスはやらないとダメですよね。

ただ、違法にビジネスをやって当事者が損害を被るのは良いですが、関係の無い生徒を巻き込む可能性があるのは否めません。TESDAが引き続き失効しているのであれば、役所のガサ入れが入った場合は、即時に営業停止処分が下され、生徒は授業を受けられなくなる可能性があるからです。

また、TESDAだけでなく、その他にも違法ビジネスを行っているのであれば、そのとばっちりが生徒にいく可能性は無いとは言えないでしょう。

まとめ

以上、創業者の佐々木氏の一方的な情報公開なので、なんとも言えませんが、もしそれらが本当のことだとしたら、全くとんでもないことです。

現在本件はフィリピン司法で刑事事件として手続きが行なわれているようです。

また、山中氏の影響力が強いためか、セブ留学関係者やビジネス関係者からは何一つ見解が出てこないのが、少し異様なように思います。

被告側からの正式な見解を待つばかりです。

関係リンク

乗っ取り、裏切り、倒産、犯罪関連記事

Amazon.jpからフィリピンへの書籍発送についてはこちらの記事。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス

『【闇】フィリピン・セブ留学BAYSIDE ENGLISH CEBUの乗っ取り、裏切り、刑事訴訟』へのコメント

  1. 名前:東進講師、教え子に手を出した次は更なる事件か!? 投稿日:2018/08/19(日) 10:04:51 ID:1c16d6845 返信

    […] 【闇】フィリピン留学BAYSIDE ENGLISH CEBUの乗っ取り、裏切り、刑事訴訟 https://asia-study.com/bayside-english/ […]

  2. 名前:東進講師、教え子に手を出した次は更なる事件か!? 投稿日:2018/09/23(日) 21:14:48 ID:0e6f3ef76 返信

    […] 【闇】フィリピン留学BAYSIDE ENGLISH CEBUの乗っ取り、裏切り、刑事訴訟 https://asia-study.com/bayside-english/ […]