フィリピンでビットコインを手に入れるための13の取引所・交換所

スポンサーリンク

ビットコインなどの仮想通貨は一時期の熱狂はおさまったものの、現在も億り人になるべく、取引を行っている人は少なくない。そんな人がフィリピンにフィリピン留学にきたり、海外就職をしたりすると、追加で仮想通貨を購入したい場合はどうしたら良いのだろう。以外にも仮想通貨先進国のフィリピンではいろいろと交換手段・購入手段が多かったので、ここで紹介しようと思う。

ただ、くれぐれもノアコインなどの怪しいコインのICOなどには注意しなければならない。

Binance

バイナンスは香港拠点のビットコイン取引所である。最近はマルタ島に本社移転するかしないかでもめているが、新興取引所にしては、その取引量は世界最大級を誇る。以前は日本語の訳もあったが、金融庁の指示が入り、現在は英語、中国語のみとなっている。

Binance

Coinmama

コインママに登録するとクレジットカード又はデビッドカードを使って世界中でビットコインの取引が可能。手数料はいずれも6%以下。もし、150ドル相当のビットコインを購入するなら、身分証明の認証は不要。小額の決済には何かと便利が良い取引所だ。

良い点

  • 世界中で取引可能
  • クレジットカードでのビットコイン購入の制限額が高い
  • 信頼性が高い

悪い点

クレジットカード、デビットカードでの購入手数料が高くなる場合がある。

BuyBitcoin.ph

バイビットコインのビットコイン仲介サービスはフィリピン内でも1、2を争う簡単さである。初めて取引する場合でもわかりやすいインターフェイスなのである。現金払い又は各種オンラインペイメントに対応している。

良い点

  • フィリピン国内では最も簡単なビットコイン購入手続き
  • 交換手法は主要な送金サービスから可能

悪い点

ビットコインへの交換レートが通常の為替レートよりも悪い

Prepaidbitcoin.ph

プリペイドビットコインはフィリピンの中でもユニークなビットコインサービスだ。彼らはマカティにある2つの拠点でバウチャーを販売していて、それをビットコインに使用することが可能だ。そのバウチャーはスマートもしくはサンモバイルのペイメントサービスを利用し、Gamex.phというオンラインサービスでも購入可能。

利用するためにはバウチャーを購入する前に必ずビットコイン口座が必要。ビットコインを受領するためにビットコイン口座アドレスが必要だからだ。

良い点

  • フィリピン国内での簡便なビットコイン購入
  • 有名な送金サービスであるcoins.phと同じ会社が運営

悪い点

coins.phから直接購入するより高いレート

BTCExchange.ph

BTCエクスチェンジはフィリピンをベースとしたビットコインの交換サービスである。現金、小切手、モバイル決済、銀行決済が可能なドラゴンペイサービスを通じて、自身の口座に送金が可能。BTCエクスチェンジはより玄人志向の強いサービスである。

良い点

  • フィリピン国内での素早いビットコイン交換が可能
  • 0.2%の低いメーカー手数料
  • 0.5%の受け取り手数料
  • 充分な取引量があれば手数料は0%になる

悪い点

  • ビットコイン初心者には、扱いが難しい
  • ID認証必須のため、身元が明かされる

Coinage

コイネージはフィリピンで最初の投資家向けビットコイン交換サービスである。銀行決済又は現金振込みで自身の口座に投資できる。

良い点

  • 決済処理が早い
  • 24時間対応窓口
  • 早い決済処理は、正しい市場価格で取引が可能

悪い点

  • フィリピン内で最も高い手数料
  • ID認証必須のため、身元が明かされる
  • 上限付の決済 

Wall of Coins

ウォールオブコインズは現金振込みで簡単にビットコインを購入できるアメリカ、イギリス、カナダ、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、ドイツ、ラトビア、メキシコ、ポーランド、フィリピン、ルーマニアのエスクローサービスである。

低いレートと購入のためのIDが不要でるのが特色。

良い点

  • ビットコイン購入が簡単
  • 電話番号だけの認証で個人情報が漏れる心配が無い

悪い点

  • 12カ国でしか現在は利用できない
  • 大量購入の際は売り手を捜すことが困難

Bitcoin ATM

ビットコインATMなら現金でビットコインが購入できる。ATMなら素早く簡単にビットコインが購入でき、個人情報も守れる。便利なサービスだが、手数料が5~10%ほどかかる。

良い点

地図で最寄のビットコインATMを検索可能

悪い点

5~10%の高い手数料

VirWoX

バーウォックスは厳密にはビットコインの交換所ではない。メインの機能はセカンドライフというバーチャルリアリティサービス内の仮想通貨リンデンという通貨を購入することに使われる。ペイパルにて直接バーウォックス経由でビットコインを購入可能だが、まず最初に仮想通貨リンデンを購入しなければならず、リンデンとビットコインを交換するかたちとなる。このプロセスは完璧に機能しているが、手数料が約10%かかる。

良い点

ペイパルやSkrillでビットコインを購入できる唯一の方法

悪い点

ペイパルの場合、高いレート

Mycelium Local Trader

ミセリウムローカルトレーダーは、フィリピン現地のビットコインセラーを探すのに役立つサービスだ。セラーを見つけると、個人的にコンタクトが取れビットコインの取引が進められる。しかもミセリウムは手数料が不要。本サービスは、人口の集中しているエリアの取引が最も多いため、過疎地ではセラーを探すのに苦労しそうだ。

良い点

  • 簡単で安い現金でのビットコイン取引が可能
  • 携帯番号以外のID認証は無いためビットコイン購入に際しての個人情報は守られる

悪い点

人口の少ないエリアではセラーを探すのに苦労する

Changelly

チェンジリーは、ライトコインやDogeコイン等のアルトコインその他多くの仮想通貨でビットコインを購入できるサービスだ。全世界で利用できるものの、ビットコインを購入するためには他の仮想通貨が必要になる。チェンジリーはトークンに一切関与しないため、交換手続きは一瞬で終了する。

良い点

  • アルトコインでビットコインを購入する簡単で一番安い手数料
  • ビットコインを頻繁にやり取りする人のための良心的な価格帯の手数料

悪い点

他のアルトコインや電子コインが必要

Bitcoin-OTC

ビットコインOTCはビットコインを取引するためにマーケットを飛び越え個々人で交換するためのサービス。それはまるでビットコインのためのクレイグリストのよう。ユーザーはビットコインセラーを見つけるため広告をうたなくてはならない。ビットコインOTCを使用するには若干の複雑な手続きがあるが、それは交換所の無い、数カ国のユーザーに限られている。

良い点

もし他の選択肢が無い場合はビットコインセラーを見つけるのにうってつけ

悪い点

  • 詐欺師に注意しなければいけない
  • 大量取引の前には自身のアカウントの信頼性を保証しなければならない

参照:https://www.buybitcoinworldwide.com/philippines/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする