フィリピン留学に本家カランメソッドは合わないその理由

スポンサーリンク

フィリピン留学やオンライン英会話でカランメソッドという英会話のメソッドが結構有名で、語学学校やオンライン英会話学校でそれ専用の授業を設けているところもいくつかある。カランメソッドはイギリス発祥のダイレクトメソッドで、実際は下記のように一人の教師と数名の生徒間で授業は進められる。

私自身もフィリピン留学経験者だが、私はフィリピンに来るまでカランメソッドは知らなかった。

それもそのはず日本では、受験勉強の延長のようなかたちで英会話教室の授業は行われ、たとえ欧米に留学してもグループレッスンでは、あたりさわりの無い文法の授業や、英語レベルの低いもの同士でディスカッションを行うのが主流だったからだ。

フィリピン留学でカランメソッドを経験し、今、フィリピン留学を見つめ直している中、これからカランメソッドを受講しようという留学生へ向けて、カランメソッドのデメリットやメリットについて今日は書き記したい。

イギリス発祥

このイギリス発祥というところにミソがあり、フィリピン留学で発音の授業をとる場合が多いが、この発音の授業はアメリカンアクセントトレーニングやマスタリングザアメリカンアクセントというテキストをほとんどの場合使用する。

フィリピン英語がアメリカ英語に近く、アメリカのコールセンターが多いため、フィリピン人教師もそれにつられ、アメリカの発音に感化されているという流れ。

お気づきだと思うが、神経質な人の場合、なぜカランメソッドをイギリス英語で学び発音はアメリカ英語で学ばなければならないと言う人がたまにいる。

上記音声は、フィリピン留学でカランメソッドの授業をとるとだいたいもらえる音声教材。たしかにもろにイギリス英語。たしかにこれでは英語初心者はごまかせるとして、英語中上級者は混乱してしまうだろう。

そして、最新のテキストはそうでも無いらしいが、カランメソッドの古いテキストを使っている場合、発音だけでなく英文そのものも、古き良きイギリス英語を踏襲したものになっているから注意が必要だ。

ここでちゃんと英語教育に真摯に向き合っている学校は下記のように何らかの対策を行っているだろう。しかし、いい加減な学校は「そういうものだからしょうがない」と生徒の学習意欲を削ぐようなことを言うので、そのあたりは予め見極めておきたい。

  • 教師研修を行い、テキスト内の文章でも発音はアメリカ英語に統一する
  • テキスト内のイギリス英語の文法は予め修正して販売する
  • 授業の中で、イギリス英語の文法はアメリカ英語の文法に直すよう修正箇所一覧を教師に配っている。

そもそもカランメソッドは本当に効果的なのか

実際にYoutubeでは授業の様子がアップされいるものもあるので、一つ一つ見ていこう。

ちょっと短い動画だが、QQ Englishのマンツーマン授業の様子。教師が質問を投げかけて、生徒がうまく答えられないので、教師が終始、正解の英文を随時提供している。

これもマンツーマン授業での風景。教師がどんどんと英文を発し、どんどん進んでいくのがわかるだろう。

思うに、英語初心者は、これで良いのかもしれない。短い英文を教師と一緒に発していき、徐々に英語になれる。教師が答えを言うので、特にストレスもなく授業は進む。

カランは最初のほうは、使っている英文も「Is this a pen?」「Am I sitting on the floor?」というような簡単な英文であるため、しかし、それがスムーズに言えない日本人にとっては丁度良いトレーニングになる。

しかし、私は、この「教師が先に答えを言ってしまう」という進め方は、ただ単に、英会話学校運営上、はやく授業を終わらせたほうが効率が良いからだと思っている。

早く進めることによって生徒も達成間を味わえるが、初心者は別として、中上級者の英語力がアップするのかは甚だ疑問である。

実はカランメソッドは前述したとおり、序盤はたいしたことはないが、ステップが上がるにつれて、文法説明の英文が出てきたり、哲学的な英文が出てきたり、なかなか考えさせられる場合が多々あるのだが、それを教師に先に言われたのであれば、自分で考えたことを瞬発的に英語で口にする訓練にはならないのではないかと思っている。

カランメソッドの生徒は口数がすくない

まずは下記の動画をみていただこう。

カランメソッドステージ8をAezelという教師がオンラインで行っている。動画を見ていくとわかるが、まるで教師が独り言を言っているかのように見える。

英文的にはちょうど中盤にさしかかるとこだという感じでけっこう複雑になっている。これを序盤と同じようなテンションで先に先にと英文を言ってしまうと生徒の英語力は伸びない。

教師2:生徒8の法則

そこで私が提唱しているのはマンツーマンレッスンの授業中は教師が話す時間は2割、生徒が話す時間は8割というもの。これはカランレッスンに限らずフィリピン留学の全マンツーマン授業に言えることである。

せっかくマンツーマン天国のフィリピン留学に来ているのであるから、上記動画のように教師ばかりが話していたのではグループレッスンと一緒になってしまう。

リスニングの勉強になると、自分に言い聞かせる人がたまにいるが、もし教師の話す割合が2割を超えたら、教師に直接言うか、授業の管理者に直訴しよう。リスニングの練習は一人でもできるのだから。

カランメソッドからの派生メソッド

カランメソッドの派生版。通常は2回の教師質問の後、生徒が1回だけ答える。しかしこの動画では、教師が質問を2回、生徒が答えを2回、生徒が質問を2回、教師が答えを1回。

なるほど、生徒に答えを2回、質問を2回言うことで、論理的に考えると教師の会話量4に対して、生徒の会話量6になる。

これはフィリピン留学マンツーマンレッスンならではのカスタマイズ方法である。通常のグループレッスンでは生徒にそんなに話す時間は与えられないからである。

ちなみにこれはCL(サイクルラーニングメソッド)と言って、日系語学学校ストーリーシェアのオーナーが考案したものである。

ストーリーシェアバギオ校

これは新参校Quoollの研修風景。

フィリピン人カリスマ英語講師によるトレーニング

本家カランメソッドを踏襲し、テンポの良い進行形式である。教師が質問と答えを言ってしまっているので、レベルが上がっても予め答えを言うのか興味深いところではある。

また、変り種は下記の動画。

ちなみにこれもカランレッスンの授業風景だが、英語教師を指導している珍しい光景。この指導している日本人がなかなかいいことを言っていたので、文字に起こしてみた。

あなたにアドバイスがあります。今回のような授業では必ずノートをとってください。今回のような授業でノートをとらないということは、それはプロの授業とは言えませんし、真剣味にも欠けます。

もし生徒がロンドンと言って、教師がヨンドン?モンドン?と、何度も間違えた場合、それはプロの授業と言えますか?

確かに、日本の片田舎の地名は、あまり有名ではないかも知れません。けれども生徒は日本語のまま発音するでしょう。例えばロンドンという地名はとても有名で大事な単語です。しかし、どんな些細なことでもより真剣に取り組むことで、それが単なる片田舎の地名であっても、生徒のやる気は高まるでしょう。

fぱいえpふぁえjふぁと、何度も同じことは聴かず、必ずメモをとりプロの授業を行ってください。

カランメソッドまとめ

学校によっては、やはりフィリピン人管理者に英語学習は丸投げのところも多いので、カランメソッドの効果が半減する場合もある。しかもカランメソッドは教えるのが難しい。

特に日本人独自の間があるから、かなりのベテラン教師でないとその間は取りづらく、ベテラン教師であってもしっかりとした研修を受けていないと、当たり障りのない授業になってしまう。特にオンライン英会話でカランをうたっているところはそれが顕著だ。

また、カランメソッドはスピーキングの授業ではあるが、特に瞬発力を養うメソッドである。多くの日本人は何か英語で聞かれて頭でわかっていても、瞬発的に英文が出てこない場合が多い。

特にTOEIC高得点だけど、英会話はからっきしダメという人は、カランメソッドのようなダイレクトメソッドで瞬発力を養えば、予め文法はわかっているので、英会話は急激に伸びる場合が多い。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする