不動産

フィリピン

フィリピン不動産でエアービーエヌビーなどの民泊運営をする際の豆知識や便利アイテム

今日はフィリピン不動産シリーズ、コンドミニアムで民泊運営する際の豆知識や便利アイテムの紹介です。 以前、私がマニラのコンドでエアービーエヌビー運用をしていた際の部屋を参考に、写真を交えていろいろと紹介したいと思います。 関連記事: 頭金0円から始められる安心・安全のマンション経営 ...
フィリピン

けっこう穴場!?イーストウッドのコンドミニアム4選

お盆休みも最終日。明日からの通常出勤を控えて憂鬱な社会人の方もいるかもしれません。 そんな中、今日は以前に書き溜めしていたマニラのイーストウッドのコンドミニアムの紹介をリリースしようと思います。 イーストウッドにはけっこうコンドミニアムが多いのですが、なかなか古いものが多く市場にあまり出回ってな...
フィリピン

読んで安心!!フィリピンの不動産系法律記事まとめ

ちゃくちゃくとフィリピンの不動産に関する法律的なところを記事にしていますが、思いつきで記事を書いていますので、記事が多くなればなるほど、「あれ、あの条文これだっけか?」「6552ってあれだっけか?」みたいな感じになります。 そういうことですので今回は不動産系の記事をまとめてみることにしました。...
フィリピン

口頭で合意された賃貸契約において、3年間継続後も支払を続ける権利はありますか?

所有コンドで実はトラブっているTKジーです。今までデベロッパーを信用して色々とやってきましたが、さすがに堪忍袋の尾がきれそうなので、重い腰を挙げて周辺法律を調べている中、フィリピン不動産特有のレントトゥオウンについての記事を発見しましたので、本記事で翻訳してみなさんとシェアしていと思います。 ...
フィリピン

特定の居住ユニットの賃貸料の規制における改正法、そのためのメカニズムおよび他の目的のための改革

第1条 通称 この法律は「2002年賃貸改革法」として知られ、引用されるものとします。 第2条 制度趣旨 国家は、公益のために、手頃な費用でまともな住宅と、都心部や第三国定住エリアの恵まれないホームレスの市民に基本的なサービスを提供する住宅の継続的な都市土地改革を引き受けるものとする。 ...
フィリピン

フィリピン不動産投資。レントトゥオウンとは?

フィリピンの不動産スキーム「レントトゥオウン」とは何ですか? 今日、フィリピンでは多くの不動産物件が市場に出回っています。そのため、売り手が自分の物件の潜在的な買い手を見つけることがとても困難になっています。住宅ローンを借りる現金に縛られた買い手が、何らかの理由でローンを担保するのが難しいと感...
フィリピン

フィリピンで2009年に施行された賃料管理法について家主とテナントが知っておくべきこと

あなたは家主ですか? それともテナントですか? あなたは、2009年の賃貸管理法が、今度は2020年12月31日まで再び延長されたと聞いたことがあるでしょうか? この記事では、両当事者が彼ら自身の利益のために精通しているべきであるという重要な規定を強調しましょう。 しかし、最初に、数字を...
フィリピン

フィリピン不動産デベロッパー側からのコンドミニアム契約解除通知を受領した場合の相談事例

今日の記事は2014年11月14日付マニラタイムスに掲載されていたフィリピンコンドミニアムを分割払いで購入したけど、失業でローンが払えなくなり、デベロッパーから契約解除に伴う退居通告を受けた際の相談事例をシェアしたいと思います。 読者からのコンドミニアム退去可否の相談 私は5年ローン...
フィリピン

フィリピンのコンドミニアム。ローンを途中で支払えなくなった場合の相談事例

今日の記事はマニラタイムスに掲載されていたフィリピンコンドミニアムを分割払いで購入した際のローン支払い不能による返金についての相談事例をシェアしたいと思います。 読者からのコンドミニアム解約に伴う返金の相談 私はパッシグ市でコンドミニアムを購入する予定で、ローンの承認を待っているところで...
フィリピン

レクト法とマセダ法との違い

私有財産の購入者は、レクト法によって2重に保護されています。 当初は割賦販売法として知られていましたが、現在はフィリピンの民法の規定に基づいています。 消費者の権利はフィリピンの法律の下で保護されており、不動産にも違いはありません。 不動産購入には多額のお金がかかるため、購入者はそれらを保護する法...
広告
タイトルとURLをコピーしました