タイのお散歩記事

タイは正式名称はタイ王国と言い、以前はサイアムとして知られていました。76の州で構成される東南アジアのインドシナ半島の中心にあり、513,120平方キロメートルの国土は総面積で世界で50番目に大きい国であり、6,800万人を超える人口は、21番目に人口の多い国です。

2013年にバンコクへ旅行したことをきっかけに年数回私はタイへ観光へ行っています。その際に感じたこと、気付いたこと、調べたことをこのカテゴリーでみなさんとシェアしたいと思います。

タイ

タイで働きたい外国人のための10の一般的なお仕事

タイに住むのはあなたの夢ですか?多くの外国人がタイへの移住を望んでいますが、彼らを妨げている最大のものはお金です。確かに、貯金があれば仕事をせずに1〜2年間のんびりと過ごすことができるかもしれませんが、収入源が無い限り、すっからかんになるのは時間の問題でしょう。 お金の問題を解決するために、ほ...
2020.07.03
タイ

【バンコク行き】チェンマイにあるバスターミナルを地図や写真付きで紹介します。

みなさんこんにちは。本場カオソーイを残さず食べたら食あたりになりそうだったティーケージー@チェンマイです。さて、今日は、チェンマイにあるバスターミナルについて紹介したいと思います。 チェンマイからバンコクなどの違う地域に行こうとすると飛行機や鉄道で行く方法がありますが、長距離バスで行く人も少な...
2020.07.03
タイ

チェンマイで観光するなら電動キックボートのシェアリングライドサービスがおすすめ

みなさんこんにちは。今日はタイのチェンマイ編。2019年秋にチェンマイに行った際、街中に同じ形のキックボードが捨ててあるのをよく見かけました。 よくよく調べてみるとそれはシェア型のキックボードで「ニューロンモビリティ」というシンガポールの会社が運営している新感覚シェアライドサービスでした。 ...
タイ

タイバンコクの日本人経営/日本語対応可のお宿・ゲストハウス・ホテル9選

フィリピンは怒涛の平日祝日が多い怒涛の8月下旬を迎え、人々は浮足立っております。 さて、今日は、タイバンコクの旅行シリーズ、日本人宿の紹介です。近々バンコクに行くかもしれないので、その予備知識として、いくつかピックアップさせてもらいました。 バンコクは宿泊料が高いというイメージがありましたが...
2020.07.01
タイ

ガイドブックにはあまり載っていない、涅槃像のあるアユタヤのワット・タミカラット

ワット・タミカラット概要 ワット・タミカラットは王宮の東にあります。アユタヤの設立前に建てられたマハニカイのこの寺院は、当初ワット・ムカラットと名付けられました。サイナムプーン王がワットパナンチョーンを建てたとき、彼の息子のハムミカラジ王は、アユタヤの時代以前はムアンサンクラブリとして知られて...
2020.07.01
タイ

【バンコクからアユタヤ】ロットゥ、電車、タクシーで行く秀逸便利な方法

みなさんこんにちは。ティケイジー@バンコクです。今日は、バンコクから北へ行ったアユタヤという仏教遺跡が立ち並ぶエリアへの行き方をみなさんとシェアしたいと思います。 アユタヤとは 正式名称プラナコーンシーアユタヤは、バンコクの北85kmにあるタイの中央平原にある古代王朝時代の首都であり...
2020.07.01
タイ

バンコクでちょっと手荷物を預けたい場合

日本の主要観光エリアには必ずと言っていいほどコインロッカーがあります。観光客にとっては嬉しいことです。しかしながら、東南アジアに目を向けると、それは皆無に等しいです。バンコクも例外ではなく、以前はちょっと手荷物をコインロッカーに預けて観光に行くなどもっての他でした。ただ、近年ちらほら荷物預かりビジネ...
2020.07.01
タイ

私をノスタルジックにさせたバンコク最大級のローカルマーケットクロントイ市場周辺

みなさんこんにちは。今日もバンコク散歩編、クロントーイ市場周辺を紹介したいと思います。バンコクでは意図的に日本人宿に泊まっていたのですが、その宿の近くに偶然にもローカル市場がありましたので、前回行ってきたバンコクスラム街の後に散策してきました。 クロントーイ市場とは クローントゥーイ市場...
2020.07.01
カンボジア

【バンコクとチェンマイ・カンボジア・ラオス間】北バスターミナルの行き方と地図

みなさん、最近タイ編が続いていますが、今日もバンコク編、お得意のバスシリーズです。前回東バスターミナルについて記事にしましたが、今日は北バスターミナルについて、紹介したいと思います。 タイの高速バスオンライン予約方法についてはこちら バンコクーアユタヤーチェンマイ間のバスチケットをオンラ...
2020.07.01
タイ

アユタヤの日本人村でかつての繁栄や日本との深い関り、山田長政を知って目から鱗でした。

みなさサワディーカップ。今日は前回まで書きなぐっていたバンコクを抜けて一時アユタヤ記事で一息つこうと思います。行ってきたのはアユタヤの日本人村。ヤンゴンでもマイナー観光地日本人墓地に行ってきたのですが、アユタヤでもあまり観光客の行かないような日本人村というところに行ってきました。 アユタヤ...
2020.07.01
タイトルとURLをコピーしました