バガン観光でおすすめな一人部屋ホテル「インワホテル(INNWA HOTEL)」とWIFIカフェ、ローカルマーケットなど。

さて、今日は先日行ってきました世界三大仏教遺跡ミャンマーの「バガン」で宿泊したおすすめのホテルを紹介します。

ゲストハウスでも良かったのですが、洗濯物がたまっていたので、ゆっくり手洗いしたかったのとBooking.comのポイントが溜まっていたのでそれを使いたかったので、少し豪華なホテルにしました。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

バガンのホテル「インワホテル」の場所と地図

インワホテルはバガンのニャンウーエリアにありまして、我々一般庶民はだいたいそのエリアにあるホテルやゲストハウスに泊まることになります。市場やいろいろな店もあり、泊まるならニャンウーエリアだと思います。

遺跡が数多くあるオールドバガンにもホテルはあるのですが、バカ高いです。

また、ニューバガンエリアは、ホテルや飲食店以外のみどころがなく、空港、バスターミナル、鉄道駅に行く途中も何も無い一本道なので、面白味はないと思います。

バガンのホテル「インワホテル」の概要

外観、ロビー

バスターミナルでタクシー10000チャット、馬車8000チャット、サイカー6000チャットと言われ馬車で到着したインワホテル。外観はなかなか綺麗です。

ヤンゴンからの夜行バスは早朝に着くのですが、朝の8時くらいでも嫌な顔せずにチェックインさせてもらいました。

ロビーも広々としていました。宿泊中は使いませんでしたがチェックアウト中の待機時間に少し居させてもらいました。

部屋の様子

お部屋は2階の隣家側。景色はあまりよくありません。

お湯のシャワーと豊富なアメニティ。場所柄なのか設計上なのか、床の水はあっという間に乾くほど乾燥していました。バガン自体が乾燥しているようです。

なかなかよかったので、正面から見たときに見えたベランダに出てタバコが吸えることです。ミャンマーの田舎道をのんびり眺めるのもまた風情があって良かったです。

インワホテルのWIFI、電源

WIFIがたまに遅くなるときがありました。電源も化粧台から離れたところにあったのでフロントに言って延長コードを借りました。延長コードの数はそんなに無いような感じでした。

バガンのホテル「インワホテル」周辺スポット

ニューバガンやオールドバガンに行くと、周辺には何も無いですが、このインワホテルのあるニャンウーエリアは庶民のエリアなのでバガンで生活するミャンマー人をよく知ることができます。

コンビニエンスストア

馬車の運ちゃんに「コンビニエンスストアは無いの?」ときいたら「なんだそれ?」みたいなリアクションをされたので、無いのかなーと思っていたら、もろにコンビニエンスストアという店があったのですが、朝晩はしっかり閉まります。

WIFI、電源のあるカフェ

ヤンゴンからのバスは早朝に着くので、朝食を食べようとうろついていたのですが、このカフェフレンズくらいしか飲食店は開いていませんでした。

ブレックファーストが2500チャット。意外に普通の値段でしたが、スタッフの女の子が作り方をわからないようで不安になりましたが、大丈夫でした。

メニューは普通。

WIFIありで、電源も写真のところと、反対側にもう一つありました。

ローカルマーケット

インワホテルから1分くらいのところにローカルマーケットがあります。マーケットマイスターである私が行か無い理由はありません。

入り口は特に一つではなく、あらゆる方向からマーケットへは出入りできます。

バガンの人たちが生活する上で必要なものが全部そろっている感じでした。

お肉もここで購入可能です。

昔ながらの足踏みミシン。風情があります。

巨大なマーケット。奥へとさらに続きますが、変わったものもなさそうなので帰りました。

マーケットに行く途中にはペットショップと小屋の右側にかけられたペットボトル。この時点でそのペットボトルが何かは知っていましたが、後になってその知識が役にたちました。

インワホテルの価格をチェック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス