伝説のラーメン店モシコシラーメンがマニラのマカティに出現していた

過去に何度か記事にしたマニラ界隈を縄張りとするモシコシラーメン。

MOSHIKOSHIラーメン(ノースアベニュー)

前回紹介したモシコシラーメン。この前行ったところ閉店していた。

出店と閉店、試行錯誤を繰り返し、マニララーメン業界でなんとか生き残りをかけている。なんと泥臭いビジネスだろうか。今日はそんなモシコシラーメンをマカティで発見したので、価格帯やメニュー、立地を記事にした。

地図

クリックでグーグルマップへ

地図上はビルの中にある感じだが、実際はデラロサ通り沿いに設置されているコンコースから直接入れる。

この日はビルの中をたまたま歩いていると、モシコシの文字を発見。ま、まさかこんな家賃の高そうなところに出店するとは、と驚いたものだ。

メニュー

他店のようにメニューブックらしきものはない。ペライチでメニューを案内するモシコシスタイルだ!

ラーメン

  • 醤油ラーメン:240ペソ、340ペソ(大)
  • 味噌ラーメン:270ペソ、370ペソ(大)
  • 塩ラーメン:240ペソ、340ペソ(大)
  • 塩バターラーメン:240ペソ、340ペソ(大)
  • たんたんメン:295ペソ、395ペソ(大)
  • カレーラーメン:295ペソ、395ペソ(大)

そば

  • てんぷらそば:210ペソ
  • から揚げそば:230ペソ
  • かき揚げそば:180ペソ
  • にくそば:230ペソ

その他麺類

  • カレーうどん:295ペソ
  • 焼きそば:190ペソ
  • 焼きうどん:180ペソ

丼物・カレー

  • かつ丼:210ペソ
  • 牛丼クラシック:250ペソ
  • 親子丼:195ペソ
  • 天丼:220ペソ
  • ビーフカレー:315ペソ
  • チキンカレー:305ペソ
  • カツカレー:315ペソ

定食

  • とんかつ定食:265ペソ
  • 海老てんぷら定食:280ペソ
  • ミックスてんぷら定食:270ペソ
  • チキンテリヤキ弁当:285ペソ
  • ビーフテリヤキ弁当:295ペソ
  • から揚げ弁当:285ペソ
  • しょうが焼き弁当:260ペソ

その他

  • 餃子:140ペソ(5個)
  • チャーハン:115ペソ
  • かにサラダ:95ペソ
  • ポテトサラダ:95ペソ
  • チキンサラダ:85ペソ
  • きんぴら:90ペソ
  • 揚げ出し豆腐:90ペソ
  • 味噌汁:50ペソ
  • 日本ライス:55ペソ
  • 海老てんぷら(6個):350ペソ
  • から揚げ(4個):210ペソ
  • かき揚げ(4個):190ペソ

飲み物・デザート

  • コーラ、コーラゼロ、スプライト:55ペソ
  • 日本緑茶:50ペソ
  • アイスティー:65ペソ
  • ボトルウォーター:40ペソ
  • サンミゲルライト:90ペソ
  • カルピス:135ペソ
  • コーヒーアイスクリーム:95ペソ
  • 緑茶アイスクリーム:95ペソ

醤油ラーメンとチャーハン

注文はカウンターで注文する日本式。最初は戸惑ってしまうだろう。

醤油ラーメンを注文。具はやはりトッピングをしないと少し寂しい。

テーブルに置かれる下敷き。

以前はこういうものだった。私の苦言で修正されたのだろうか?

自己主張の強いチラシ。こういう店は得てして早く潰れる。

MOSHIKOSHIラーメン(ノースアベニュー)

麺はおなじみのコシのあるオリジナル麺。他店とは一線を画している印象。

チャーシューも合格ライン突破。

圧巻はさっぱりしているようで意外に油の効いているスープ。他では出せない味。

器もセラミックで良し。

チャーハンも注文。

んー、ちょっと店員が塩加減を間違えたか、少々塩辛かった。

店内の様子

カウンターの横に厨房がある。狭い敷地でなんとかやりくりしている印象。

そんな狭い店内でも製麺機は欠かせない存在。それにしても狭すぎやしないか?

実は二階席もある。レイアウトにかなり力を入れているようだ。

2階席は思ったより広かった。場所柄仕事帰りの日本人が大挙してくるのか?

2階から見た1階。

水墨画が印象的。

デラロサのコンコースの人通りを眺めながらラーメンを食すことができる。逆に言うとお一人様ラーメンが通行人に見られてしまうというおまけつきだ。

モシコシにたどり着く前

実はモシコシにたどり着く前は、スカイビルの小池さんラーメンに行くところであった。

Koike san

そしてこの事件が発生。意気消沈した末の発見であった。

まとめ

なんだかんだで、当ブログ開設当初よりおっかけていたモシコシラーメンには頑張って欲しい。マニラベイエリアでもみかけたので、ある日みなさんの隣にも突然モシコシが出現するかもしれない。是非一度、あの麺とスープを味わって欲しい。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする