マニラのホテル&カジノ「オカダマニラ」で日帰りツアー。スロットや競馬ゲーム、特別ショー、ナイトクラブを体験。

スポンサーリンク

フィリピンのマニラ。カジノリゾートとしても有名な都市だ。2009年にリゾート・ワールド・マニラ、2013年にソレアリゾート、2015年にシティオブドリームスマニラ等、毎年ぞくぞくと巨大カジノ施設が誕生している。そして2016年にわれらが日系資本の入ったオカダマニラ・ホテル&カジノリゾートが誕生。会社やサービス名に経営者の名前が入るのは、その人物がナルシストなのであまり長くは続かないイメージがあるが、日系ということで応援はしていきたいところ。

そして、最近そのオカダマニラで、ゴージャスな噴水ショーが観れるという噂を聞きつけたので早速、現地に飛んでリポートしていきたいと思う。フィリピン渡航中は、見聞を広げるためにも一度いってみたほうが良いだろう。

関連記事:

自分の部屋に置いておいた大金を紛失したFUJIOさん

オカダマニラの周辺

クリックでグーグルマップへ

オカダマニラ周辺には、まったっくもって何も無い。シティオブドリームスも何も無いがそれ以上に何も無い。周辺は広大な空き地になっているので将来的には商業施設やコンドミニアムが建っていくのだろうけれど、最初にいくときは、必ず、「え、何もないじゃん」という感想に必ずなる。

ただ、この辺りのマニラベイ一帯は途方も無い開発ポテンシャルをもっており、モールオブアジアやその周辺のコンドミニアムの建築を皮切りに、様々な開発プロジェクトが進行中である。

NEW MANILA BAY CITY OF PEAL

そういう意味では、将来への投資としては、オカダマニラは絶好の立地であると言えるだろう。

また、バクラランというエリアにできた日本食レストラン横丁もタクシーですぐのところにあるので、小腹が空いた場合は、軽く行ってみるのも良いだろう。

【マニラおすすめ日本食レストラン】バクラランの横丁(Yokocho)を緊急レポート

オカダマニラへ行く方法

クリックでグーグルマップへ

オカダマニラへ行く方法はいくつかある。お金に余裕がある人はタクシーかGrab、Uberを使ったら良いが、お金の無い人(余裕はあるが節約したい人)は、公共の交通機関を使っていくしか無いだろう。オカダマニラから最も近いモール、モールオブアジアまでは、何とか行けるものの、そこからは果たしてどのようにオカダマニラへ行けば良いのだろうか。

正解は、リムジンバス。モールオブアジアからオカダマニラまでリムジンバスがでているのである。しかもそのお値段は無料。

ちょうどこの写真の風景が見えるあたり、上記地図上のマークのところにオカダマニラへのリムジンバス乗り場がある。

この時期、モールオブアジアはチャイニーズフェスティバルまっさかりだった。

これが、オカダマニラへのリムジンバス乗り場の目印。オカダ家の家紋(!?)が気品の高さを表している。しかし、これを見つけて安心してはいけない。

画面を引くと、このとおり。フィリピン名物の大行列。時間を持て余しているので、並ぶことにそれほど抵抗が無いのである。

バスに乗ればこっちのもの。路線バスに比べ、4列シートなので空間に余裕がある。オカダマニラのリムジンバスに乗る際は、オカダマニラの会員証の提示が求められる場合があるので、頻繁にリムジンバスを利用する予定がある人は、オカダマニラで会員証を作成したほうが、後々面倒くさくない。もしまだ持っていなくとも、パスポートやIカードで拝み倒すしかない。

このオカダマニラへのリムジンバスは実はモールオブアジアからだけではない。SMオーラ、SMメガモール、SMパラニャーケ、ビノンドからも出ている。大体、1時間~2時間に一本出ているのでタイミングを見て乗るようにしたい。

ちなみに時刻表のページに「時刻表はあくまでだいたいの時間ですので、渋滞などで遅れる場合があります。ご不便をおかけいたしますが、なにとぞよろしくお願いいたします。オカダマニラ従業員一同」と注意書きが、しかも赤字で書いてあるのは、フィリピン企業ではありえない、日系企業ならではの、クレーム防衛方法である。

Hop and Drop Schedule and Locations

クリックでグーグルマップへ

また、別の日にSMメガモールにあるというオカダマニラ行きのリムジンバス乗り場へ向かった。地図上の少し敷地内の端っこにその乗り場がある。アジア開発銀行の裏口が近いといえば、通の人はわかるだろう。

この時も会員証をもってなかったのでIDで交渉。社内は携帯テレビも完備で、暇を持て余したタンバイのオヤジたちで溢れていた。

また、隣に座っていた、フィリピン人のオヤジがイヤホンをして突然歌いだしたので、ものすごくストレスだった。快適な旅の邪魔をされたくなかったので、口頭で注意をしたが、イヤホンをしているので気付かず、しかたがなく、肩をちょんちょんとして、注意。

まじでバスの中で大声で歌を歌うのはやめて欲しい。小声や短い時間で歌う分にはなんら問題ない。

オカダマニラ ホテルカジノリゾートへ到着

遠くから見るとなんともなかったオカダマニラのエントランス。近くから見るとさすがに迫力がある。

実は、オカダマニラから帰りのリムジンバスも出ている。もちろん無料。

ホテル並みの厳格なセキュリティ。ドレスコードもあるらしいが、そこまで明確ではなく厳格でもない。

オカダマニラ・ドレスコード:スマートカジュアル

この日はオカダマニラでは中国のお祭りで賑わっていた。

フィリピン人はこのようなお祭りが大好き。

おいしそうな天井の飾り。

ケーキ600ペソ。東京ディズニーランドばりに足元をみてきた。

最近できたキッズ向け施設。何もカジノまできてという感はあるが、シティオブドリームスにも子供向け施設があったような気がしたので、お父さん→カジノ、お母さん→カフェ、子供→キッズ施設というマーケティング戦略をオカダマニラはとっている。

オカダマニラのカジノエリア

オカダマニラのカジノへ突入。原則的にはカバンはモールなどと同様で持ち込みは禁止。だが、けっこうゆるいので、目立たなければ持ち込めるという印象だ。また、写真撮影は、まあまあ厳密に禁止されているようなので、あまり派手に写真をとりまくっているとすぐさま警備員かスタッフが注意しに来るだろう。

どでかいスロットマシーン。モールの中でも見たような気が。今はやりなのであろう。

ちなみに他の通常サイズのスロットも数多くあったが、日本にあるスロットのように一筋縄ではいかなかった。

というのは、やり方がさっぱりわからなったのである。ボタンを押していればいつか当たるだろうという期待値すら持つこともなかった。ルールを理解すればそれなりに楽しめるのであろうが、理解する時間ももったいなかったので、そそくさとスロットエリアは後にした。

オカダスタジアム。

途中、ハーレーの販売エリアもあった。カジノで大勝した後に、ハーレーで帰宅してもらうためだ。

初心者に人気の競馬ゲーム。

シートには充電口もあり、スマホのバッテリーを気にせず遊べる。また、喫煙も可能だ。充電口は接触が悪いのか、たまに充電できない場合もあるので、知らずに挿したままで、ぜんぜん充電できていなかったということが無いよう、ケーブルを挿した直後はスマホが充電されているか必ず確認したい。

アイスコーヒーが無料だったが、クソまずいので頼まないほうが良い。これは明らかにブランドイメージを下げる。おそらく経営者はこのことを知らず、コスト削減の支持を受けた現場側が、経費をケチった結果なのだと推測される。

オカダマニラの噴水ショー

昼間来ると何の変哲もないプール。

オカダマニラ噴水ショーの観客席とおぼしきエリアに来た。人々がいまかいまかと待ち構える。しかし、時間になってもなかなか始まらない。例のフィリピンタイムというものだ。けっきょく、人もそれほど多くなく、ショーが始まってもあまり期待はできそうになかったので、始まる前に帰ってしまった。

オカダマニラのホームページによると、噴水ショーのスケジュールは日曜日から木曜日までは18時から22時の間のそれぞれの時間の頭に歌が一曲披露される。金曜と土曜は18時から0時の間のそれぞれの時間の頭に2つの連続したショーが行われるという。

ウォーターショーが開催されると噴水の両側には、高性能な水中ロボット、2万個以上のライト、数十個にもおよぶ高性能スピーカー、岡田マニラホテルの建物の高さを越えて水を撃つことができる700個以上のハイパワージェットが登場する予定だ。

プールに設置された永続的で目に見えないパフォーマンスステージでは、演奏者が水上を歩き回り、水との相互作用は、観客にとって忘れられないショーにさせるだろうということがホームページの記載にはあった。

オカダマニラのナイトクラブ

そしてオカダマニラにはナイトクラブもある。その名もCove Manila。いわゆる今流行のプールバーとナイトクラブが合体した施設とでも言っておこう。

Cove Manila営業時間

  • 日曜から水曜まで: 5:00 PM – 12:00 MN 
  • 木曜日: 5:00 PM – 10:00 PM, 9:00 PM – 3:00 AM
  • 金曜日: 5:00 PM – 10:00 PM, 10:30 PM – 5:00 AM
  • 土曜日: 10:30 PM – 5:00 AM

Cove Manila ホームページ

ナイトクラブ服装規定

高級クラブに相応しい服装。施設内は帽子、サンダル、スリッパ、バギーパンツ等は禁止。

屋内ビーチクラブ服装規定

水着又は夏用のカジュアルな服装。過度なカジュアルは禁止。

Cove Manila 営業時間、ドレスコード

オカダマニラ最新ニュース

マカオのギャンブリングジャンケット投資家集団Tak Chunがオカダマニラに5室・18テーブルのVIPクラブをオープンすると発表した。ジャンケットとはVIPをサポートする人のことで、執事やコンシェルジュのようにいわば御用聞きのような役割である。(2018/3/19)

Tak Chun launching new VIP club at Okada Manila

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする