屋内動物園を求めてオルティガスイーストへ行ってきました

みなさんこんにちはタカギです。このブログも更新頻度が週1回程度になってきましたが、今後ともよろしくお願いいたします。

さて、今日はマニラのオルティガスエリアに屋内動物園があるという噂を聞きつけましたので、さっそく行ってきました。ツイッターでフォローしているかたがつぶやいていたのですが、誰がつぶやいていたのか忘れてしまいました。恐縮です。

現在マニラにあるマニラズーは閉鎖中のため、マニラで動物を見たい人は、ここに行くことになりますが、果たしてどういう感じなのでしょう。

屋内動物園があるオルティガスイーストの基本情報

場所と地図

オルティガスイーストというエリアは、モールや商業施設が集まった開発エリアです。

ロビンソンズガレリアの前のオルティガスアベニューをまっすぐ行くとC5という幹線道路の手前に写真右の円形のオブジェが見えてきますのでそこを右折すると敷地内に入ることができます。

ロビンソンズガレリア前からはバスも出ています。運賃は12ペソだと思います。

シャトルバスも平日は走っているようです。看板が古いので、本当かどうか怪しいですが。

運行時間:平日6:00から9:00、12:00から14:00、16:00から19:00

コツとしてはオルティガスアベニューはよく渋滞しているので、メトロウォークのほうへ右折して、テクノポイント(Technopoint)のほうへさらに左折、そのままゴルフ練習場を通ってまっすぐ行ったほうが渋滞は少ないです。

営業時間、電話番号

  • 電話番号:(02) 635 5680
  • 営業時間:10am–10pm

実際に屋内動物園を探してみた

グーグルマップで検索すると屋内動物園「Ark Avilon Zoo」は上記地図のところにあります。ただ、こういった商業施設内にある店をグーグルマップで検索しても的外れの場所にある場合が多いので、あまり信用せず実際にエリア内を歩きながら散策することにしました。

実はロビンソンズガレリアの近くからタクシーで来ました。自家用車で来ても上記写真の看板がいたるところにありますので、駐車場探しはあまり苦にはならないと思います。

みるからに動物園の岩山を裏から見たような質感の壁。動物的勘がピンと来ました。

C5側に入り口のようなものがありましたが、CLOSEDとなっていて、しまっているようでした。場所はグーグル・マップにある場所であっていました。

フェイスブックを除くと下記のメッセージがありました。

賑わいをみせる商業地区の中心で、マニラ首都圏の住民や観光客に野生生物やその他の動物を鑑賞する機会を提供してきて11年が経ちましたが、ARK AVILON ZOOは現在閉鎖しているところです。このパートナーであるOrtigas&Co.は、この動物園のあるOrtigas East Complexの開発に関して、従来とは異なるビジネスの方向性をとることを決定し、11年間のパートナーシップに終止符を打ちました。AVILON WILDLIFE CONVERVATION FOUNDATIONは、パシッグ市のARK AVILON ZOOから本拠地である、リザールのロドリゲス(Rodriguez)にあるAvilon Zooに動物を搬送しています。11年もの間ご愛顧いただきありがとうございました!

出典:https://www.facebook.com/arkavilonzoo/

残念ながら閉鎖してしまったようですね。

オルティガスイーストのその他施設

ティエンデシタス(Tiendesitas)

このオルティガスイーストは屋内動物園だけではありません。様々な商業施設が敷地内にはあります。写真の建物は中心的施設ティエンデシタス(Tiendesitas)。

日本語読みがわからないので勝手に発音した「ティエンデシタス」。日本語初出かと思いましたが、すでに既出でした。

パオの暇つぶしブログ

中にはフードコートもあります。

フードコートの味付けが合わない日本人にはてんやも進出済み。

このオルティガスイーストの発展を見越した青田進出。店舗も2階建てで気合が入りまくっています。

C5側から見た写真。なかなかモダンなデザインですね。

その前を歩くGメンフィリピン人。広い道路なのでまだしも細い道路でもこれをやられるとかなりきついです。

ティエンデシタスのSM側のメインエントランスらしきところから屋内に入ります。1階はインテリアや家具屋さんが多いです。

2階に行くと洋服屋さん。マニラのローカルモールにありがちな風景です。

2階をC5と反対方向へ進むとなにやら懐かしくもある二つ星に背景が赤と青のロゴマークが見えてきました。

そうミニ四駆ショップがありました。さすがにアバンテやエンペラー、バーニングサンはありませんね(笑)。

こんなサーキットが20年、30年前から巡り巡ってこのマニラの地で見ることができるとは、なんとも感慨深いものがあります。

ティエンデシタスには、少し大きめのペットショップエリアがあります。犬をトリムしたり、飼い主を探したりしていました。以前行った、カルティマールと同じくらいの規模感です。

日本食材屋さんの宝庫、マニラのカルティマールの行き方、歩き方。フードコートで絶品だったもの。

ジャパンホームセンター日本条やD.I.Y Hardwareもあるので、近くに住んでも良い感じです。実際近くには数件のコンドミニアムが建っていて、新しく工事しているコンドミニアムもありました。

SMハイパーモール

ティエンデシタスの道路を挟んで南側にあるSMモール。フードコートはかなり洗練されています。実は数年前にも来たことがあるのですが、ここまで完成されていなかったように思います。フードコートのレイアウトとしては会社は異なりますがケソンのロビンソンズマグノリアにあるフードコートのように円形をしています。

ロビンソンズマグノリアで日本食レストランを探してみたところ意外な結果に。

ケソンシティのドンアントニオにあった日本食レストラン「Hanako」も出店済みです。

ケソンシティの日本食レストラン「HANAKO」。その周辺は意外に栄えていました。

シルバーシティやコンタクトセンター

SMモールの西側のシルバーシティ。ここはオフィスビルなのか、スタバと喫煙所以外はめぼしいものはありませんでした。

シルバーシティの並びにはテレパフォーマンス(Teleperformance)というBPOカンパニーがあります。新興開発エリアには、必ずと行ってよいほどあります。

オルティガスのグリーンフィールドにもありましたね。

マニラの新興開発エリア「グリーンフィールド」にあるフライドヌードル屋を直撃

スポーツショップ「デカスロン(DECATHLON)」

ティエンデシタスの北側に位置するこのデカスロン。

店名を聞いてすぐにそれとわかる、スポーツグッズの店です。店内はかなり広くきれい。

以前深センでみかけた深業上城(UpperHills)内のスポーツショップのようです。記事内に写真はありません。。。

無印良品系列のMUJI HOTEL。日用雑貨販売と宿泊施設のコラボ。チェックインの際の落とし穴。

マニラ首都圏では極めて少ないフィッシングツール。種類も豊富にありました。

謎の遊園地

そして、このオルティガスイーストの隠れた人気スポット、ファンランチ(Fun Ranch)。

週末というのに人がいません。つまり遊び放題なのです!!

希望者が現れるまで待つ田舎スタイルの乗り物が所狭しと置いてあります。壊れないという保証はないので自己責任で(笑)。

こういうタイプが一番怖い。フィリピンで私は二度とバイキングには乗らないと誓っています。

薄汚れたスポンジ(ハライチ風)。

安心してください、動物園の横で天日干ししています。

トランポリン広場

謎の遊園地と屋内動物園の近くにトランポリンで遊べるアトラクションがあります。上の写真の右が動物園、左がトランポリン広場です。

営業時間

  • 平日:正午~20:30
  • 金曜:正午~21:30
  • 土日祝日:9:00~21:30

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス