フィリピンのタックスアムネスティ法(租税特赦:共和国法第11213号)

フィリピンのニュースメディア「INQUIRER.NET」によると、納税延滞に対するタックスアムネスティが来月から開始され、納税者に対する長期債務と未決の刑事訴訟事件が明らかになるようです。

木曜日の上院税務調査研究局の税務フォーラム合わせて(on the sidelines of)、財務次官補アントネッティ氏(Antonette C. Tiokno)は記者団に対し、共和国法(RA)第11213号に基づく延滞金に対する2019年版タックスアムネスティ法の適用を対象とする歳入規制(RR)は、すでに完成してると伝えました。

BIRは先週、協議会を開催し、この会議では、延滞に関する次の特赦に関するRA11213の規定の施行規則および規制(IRR)として役立つRRの提案も発表されました。

「IRRが公開されれば、実装することができます。 私たちのスケジュールは来月の4月にはすでにそれを実行する予定です」とアントネッティ氏(Antonette C. Tiokno)は言いました。

RA 11213に基づき、BIRは、昨年2月14日にロドリゴ・デュテルト大統領が法律に署名した後90日以内に、延滞金および相続税に対する特赦を実行するようRRに任命するよう求められていました。

財務省(DOF)は、RR発行後1年間の実施期間中に、延滞金の恩赦により222億6,000万ペソが発生すると推定していた。

これは、国内での延滞に対する初の恩赦になります。

2017年以前の課税年度については、キャピタルゲイン税、ドキュメンタリースタンプ税、租税、消費税、所得税、税率、付加価値税(VAT)、源泉徴収税のすべての国税が対象となります。

2019年の租税特赦法の下では、最終的かつ執行になった延滞および査定は、査定された基本税の40パーセントの恩赦率を持つことになります。

依然として裁判所の最終判決の対象となる税訴訟に対しては50%のより高い税率が適用されます。

60%の恩赦率が、正式に発行された査定の有無にかかわらず、法務省(DOJ)または脱税のための裁判所およびその他の刑法に基づく刑事犯罪を含む未決の刑事事件に適用されます。

源泉徴収代理人が税を保留したがBIRに送金しなかった場合は、査定された基本税の100%が支払われます。

財務次官マーク氏(Mark Dennis Y. C. Joven)は、BIRの書類には約800億ペソの延滞金が未解決のまま残っていると述べました。

BIRがDOJに提出した脱税事件について「打率がゼロ」であることを挙げて、マーク氏(Mark Dennis Y. C. Joven)は政府が「BIRの従業員が本当に間違った納税者に対して措置を講じる時間を空けることを保証するメカニズムを必要とする」と述べました。それゆえ、延滞に関する恩赦があります。

2005年から2018年にかけて、BIRがRun After Tax Evaders(利率)プログラムに基づいて提起した1,064件の訴訟のうち、政府に有利な形で解決された1,064件の訴訟のうち、10パーセントまたは1パーセント未満しかなかった。

RA11213にも含まれている固定資産税の恩赦に関して、アントネッティ氏(Antonette C. Tiokno)はその規制は「もう少し複雑」になるだろうと述べた。

RR草案が協議のためにBIRによって公開される前に、「問題を明確にする必要があります。LRA(土地登録局)のような他の機関と調整する必要があるものだけです」とTionkoは述べました。

RA11213は、2017年12月31日までに死亡した人々のために、死亡時の死亡総資産のわずか6パーセントの回収を規定しました。

2年間に実施された場合、固定資産税の恩赦は62.8億ペソをもたらすと予想されています。

参照

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 東南アジア情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

タックス・アムネスティ(TAD)の対象ケース

  • 相続税にかかるタックスアムネスティ(Estate Tax Amnesty)
  • 滞納に係るタックスアムネスティ(Tax Amnesty on Delinquencies)

相続税にかかるタックスアムネスティ(Estate Tax Amnesty)

作成中

滞納に係るタックスアムネスティ(Tax Amnesty on Delinquencies:TAD)

対象ケースと税額

  • 本税に対して40%:最終決定済みかつ未払いの延滞および査定(final and executory delinquencies and assessments)
  • 本税に対して50%:裁判所による最終決定済みかつ未払いの判決の対象となる税務調査(tax cases subject to final and executory judgment by the courts)
  • 本税に対して60%:法務省または脱税およびその他の刑事犯罪について裁判所に提出された刑事情報を含む未決の刑事事件の場合(for pending criminal cases with criminal information filed with the Department of Justice or the courts for tax evasions and other criminal offenses)
  • 本税に対して100%:源泉徴収したがBIRに支払いをしていない源泉徴収者(withholding agents who withheld taxes but failed to remit the same to the BIR)

条文

TITLE Ⅳ

Tax Amnesty on Delinquencies

Sec. 17. Coverage. – There is hereby authorized and granted a tax amnesty herein called the Tax Amnesty on Delinquencies, which shall cover all national internal revenue taxes such as, but not, limited to, income tax, withholding tax, capital gains tax, donor tax, value-add tax, other percentage taxes, excise tax and documentary tax stamp tax collected by the Bureau of Internal Revenue, including value-added tax and excise taxes collected by the Bureau of Customs for taxable year 2017 and prior years.

 For purpose of this Act, the Tax Amnesty on Delinquencies may be availed of in the following instances:

Sec. 18. Entitlement of Tax Amnesty on Delinquencies. – Any person may enjoy the immunities and privileges of the Tax Amnesty on Delinquencies and pay the following tax amnesty rates:

Sec. 19. Availment of the Tax Amnesty on Delinquencies;

When and Where to File and Pay. – Any person, natural or juridical, who wishes to avail of the Tax Amnesty on Delinquencies shall, within one (1) year from the effectivity of the Implementing Rules and Regulations of this Act, file with the appropriate office of the Bureau of Internal Revenue, which has jurisdiction over the residence or principal place of business of the taxpayer, a sworn Tax Amnesty on Delinquencies Return accompanied by a Certification of Delinquency. The payment of the amnesty tax shall be made at the time the Return is filed:

Provided, That the Revenue District Officer shall issue and endorse an Acceptance Payment Form, in such form as may be prescribed in the Implementing Rules and Regulations of this Act authorizing the authorized agent bank, or in the absence thereof, the revenue collection agent or municipal treaurer concerned , to accept the amnesty tax payment:

Provided, further, That the availment of the Tax Amnesty on Delinquencies and issuance of the corresponding Acceptance Payment Form do not imply any admission of criminal, civil or administrative liability on the part of the availing taxpayer.

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする