【読破で完璧】フィリピン留学からのカナダワーホリブログでモチベーションと事前準備は漏れなし

超絶英語初心者がいきなりワーホリでオーストラリアやカナダに行くことは、全然おすすめできない。なぜなら、ワーホリ先の英語の授業は基本的にグループレッスン、英語のレベルごとにグループが分けられるとしても周りは同じレベルの台湾、ベトナム、香港人ばかり。コミュニケーション力はあがったとしても英語力は上がるわけが無い。

また、教師もネイティブなので、かゆいところに手は届かない。論理的説明力が不足しているのである。ちょっとつっこんだ文法の質問をしようものなら「これはそういうものだ」と一蹴される場合が多々ある。

そこでやはり超絶英語初心者におすすめはワーホリに行く前にフィリピン留学を3ヶ月以上こなすことだ。英語力向上もそうだが、英語の学び方を学ぶという意味でもフィリピン留学は、丁度良い。

今日はそんなワーホリ(今回はカナダ)とフィリピン留学を経験したブログを特集しようと思う。これからフィリピン留学からのカナダワーホリを考えている人の参考になれば幸いである。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

フィリピン留学&カナダワーホリブログ

ブログタイトルがそのまんま。カナダワーホリ後の英語面接での質問集等がありとても参考になる。バコロドでのフィリピン留学の費用が総額25万円だったというので、フィリピン留学がいかに安いかがわかる。

ただ、生活費や航空券代を含めると427,575円だったらしい。

参考記事抜粋

私がまず重視したのが日本人の割合です!
2つめが、場所です立地などですね。。。
3つめが価格です!以上の3つを考慮して私が最終的に選んだのは、ネグロス島のバコロド市にあるILPという学校です。
この学校を選んで本当に良かったなと思ってます!!!

フィリピン留学 学校選び

  • 氏名:maaachixx 
  • 年齢:26歳
  • 留学先:ILP
  • 留学期間:3ヶ月

フィリピン留学 費用

Higemushokuカナダ留学日記

マニラ留学に行ったことあるらしいが、それには特に言及が少ない。カナダ留学のエージェント選びなどが参考になるブログ。現在はトロントに生活の基盤がある。

参考記事抜粋

ちなみに僕の友人で、県庁の「県産品振興課」ってとこで働いてて、県産品の海外への販路開拓支援とかを担当しているファンキーな男がいます。とんでもない賢い男で、阪大の文学部英語学専修という、もうどれぐらい賢いか凡人には分からないぐらいの賢いぶり。そのファンキー、英語とタイ語が出来ます。業務で海外に行って、実際に英語使ってビジネス支援してます。ただ、そんなファンキーでさえ

Funky 「いや、正直英語で映画みても3割ぐらいしかわからへん。ロスに出張行った時も、一発目の挨拶で “え、いま何て言ったの?” みたいなの結構あった。」

  • 名前:Higemushoku
  • 職業:Webデザイナー
  • 留学先:マニラ

海外経験ゼロでも1年で英語がマスターできる。とか適当に誇大広告しないでおくれよ、って思ってたけど // Are you retarded? は分からなくていい。

Tupaiを夢見るmaipocoブログ

ノリが良い意味でアメブロっぽいブログ。フィリピン留学後にカナダのトロント、その後オーストラリアのメルボルン、現在はカナダのウィニペグ在住。

参考記事抜粋

こちらのスクールは学校に行く!のではなく、先生が家に来てくれる!!なんとも素敵なスタイル♡寝坊しても起こしてもらえる~(*ノωノ)♪←え

お部屋のタイプもいろいろで、わたしは個室のバス、トイレが付いている部屋に♡

御飯もなんと日本のお米が食べられて、とっても美味しい!!!♡お洗濯も定期的にしてくれて、お部屋の掃除もすべてハウスキーパーがしてくれます!プールもついてるのっ♡最幸でしょ?(/ω\)♡

  • 名前:maipoco
  • 留学先:CROSS x ROAD
  • 留学期間:2ヶ月

~フィリピン留学を終えて。。。思い、目標~絶賛進行中!Part2♡

おかっぱかえらの記録

記事数は少ない。これからフィリピン留学とカナダワーホリに行く予定のブログなので、定点観測的に眺めるブログになるだろう。

参考記事抜粋

来年から大殺界に入るし、2020年は東京五輪。

英語の需要は確実にある。行くなら今しか!!!と。

ワーホリ経験者のらっつぇさんやハヤトに速攻アポ取って話を聞いた。

そこからカナダビザを一人で取り、フィリピン留学も色々調べて、いつ辞めるかを見計らった。

5月のpopupをラストの舞台として、退職しよう、そう思った。

名前:おかっぱかえら

職業:デパート販売員

そもそもなんで仕事辞めてフィリピン留学からのカナダワーホリに行くのか、について。

初フィリピン留学 20代後半の新たな挑戦 ~カナダ ワーホリ&世界一周への第一歩~

バギオのMONOLに行っていた際のブログ。初公開のMONOLのランドリーエリアの写真等、学校生活がよく垣間見れる。ただ、記事数が少ないのが残念。

参考記事抜粋

金曜は0時まで外出可能!
土曜は0時-5時まで。0時過ぎたら校門は閉鎖しているので、5時までどこかで時間を潰すしかない
日曜は9時まで。

ちなみに授業を欠席、遅刻、宿題をやって来なかった等の人は週末に強制自習(セルフスタディ)があります。

  • 名前:bluerose 
  • 職業:元自衛隊→医療系
  • 留学先:MONOL

フィリピン留学 2017.10.14-

カナダの片田舎でワーホリ生活

ワーホリ中にフィリピン人上司にクビを宣言させられた経験をもつ人のブログ。

参考記事抜粋

だから留学会社にお願いして(そしてお金を積んで)有給インターンシップというプログラムに
参加させてもらいました。
これは面接の練習、レジュメの書き方なども教えてくれて、ホテルで必ず働けるというプログラム。
ワーホリの方で仕事は決まったけど週に1日か2日ぐらいしか働かせてもらえない・・・という
記事をブログでも見ていて、仕事が決まっても安定した生活が送れない場合があるのか!と思って
この有給インターンシップ(WPS)をお願いしたわけです。

結論から言うと・・・頼んでも頼まなくてもよかったかなぁ・・・っていう感じです(爆)

  • 名前:てん子
  • 職業:元臨時採用公務員
  • 年齢:28歳
  • 留学先:パインスインターナショナルアカデミー
  • 留学期間:4ヶ月

バギオが留学に最適な理由

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス