ブルゴス近くでタイ料理。生半可な知識で注文すると痛い目をみることを改めて実感。

スポンサーリンク

今回はマカティ、ロックウェルの近くにあるタイ料理店Som’s Noodle Houseの記事。マニラは世界中の多国籍な料理が味わえることで少し有名だが、タイ料理店へ行く際に注意すべきこともあわせて確認が必要だ。

また、ツイッターでも@hase_29さんがブルゴスについてつぶやいていた。

Som’s Noodle Houseの基本情報

地図

クリックでグーグルマップへ

場所はロックウェルの近くだが、すなわちブルゴス通りの近くでもある。ローカルな名称はボラシオンというエリア。

住所

5936 Gloria, Makati, 1210 Metro Manila

電話番号

0915 260 3640

営業時間

10時00分~23時00分

メニュー

独特の細長いメニュー。古びた感じが味わいがあるが、実はバインダー式なので、いつでもメニュー改定がきれいにできる。もう、いきあったりばったりな、修正テープの価格改定はこの店では必要ないのである。

と、思ったが、やはり差し替えは少々高度なテクニックが必要なのであろう。ちゃっかりマジックでの修正と修正テープでの修正、ダブルアナログ修正が入っていた。

Som’s Noodle Houseへの行き方

クリックでグーグルマップへ

上記①と②の行き方がある。

①の行き方

マカティアベニューからブルゴス通りをとおり、ひたすら真っ直ぐゼネラル・ルナ通りを行く。すると写真の高校が左手に見えてくるので、その直後の三叉路を右折だ。

右側の黄色い下地に赤色の看板がSom’s Noodle Houseだ。

②の行き方

こちらもマカティアベニューからブルゴスをとおりロックウェル方面へカラヤアン通りを行く。左手に上記看板が出てきたら左折する。

突き当たりに高校が見える通りを真っ直ぐ行けば右手にSom’s Noodle Houseが見えてくる。

ちなみに店舗の正面にはKUMONがある。

パットガパオを注文

出典:Wikimedia Commons

注文時は、トムヤムクンなどの有名どころではなく、写真のようなチキンライスを注文したく、記憶の片隅にあり、ちょうどメニューにも載っていた、Pad Ka Praoを指差し、「これってチキンとライス?チキンとライスがあってー」と身振り手振りもそえて確認したつもりであった。

しかし、出てきたのがこれ。イメージしていたのと違ったので、最初は戸惑いを隠せなかったが、おいしそうだったので良しとした。

そういえば注文のときにココナッツミルクかけるかどうかと言われ、タイのチキンライスにはそんなものかかってなかったのでノーと答えたが、それはこのPad Ka Prao用のココナッツミルクであったことに気付いたのは後の祭りであった。

その場でネットで調べればよかったのだが、よくよく調べると、チキンライスはカオマンガイ(Kao Man Gai)。言われてみればその通りだ。

見た目がタイっぽくなかったので、フィリピン風からタイ風パットガパオにしてみた。

やはりこのパクチーが良い味をだしているぜ。

ただ、普通の辛さにしたはずが、はやりホットチリが大量に入っていたので、汗だくで食べた。ちなみに店内はエアコン無しのローカルタイ屋台スタイルだ。

パットガパオのみは200ペソ。ライスが20ペソの合計220ペソ。合計100ペソだったら毎日行くのに。

店内の様子

ちょと奥まったところにあるので、看板がなければ絶対に気付かない。

タイを演出。

平日昼間の12時は来客ゼロだった。

階段の2階から、人が定期的に降りてくる。上層階は住居というパターンだろう。

まとめ

注文の際は、生半可な知識で注文するのではなく、必ずスマホで自分の食べたいものをその場で調べよう。

また、ミディアムスパイシーといっても、まあまあ辛いので辛いのが苦手な場合は、ノースパイシーにしよう。

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス