もう迷う気がしない!スワンナプーム国際空港完全図解!全施設を写真付きで案内します!

この記事は約9分で読めます。
広告

みなさんこんにちは。今日はタイ編スワンナプーム国際空港について、SIMカードの買い方、両替所等各種施設の場所を網羅的にまとめました。タイ初心者のかたがこれを見れば、迷うことなく、バンコク市内やドンムアン空港に行くことができるでしょう。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

日本円をタイバーツへ両替

両替ショップ

両替するところは空港内のいたるところにありますが、銀行の窓口等で行うとレートが悪い場合があるので、おすすめは、地下にあるエアポートリンク駅の周辺にある両替ショップ。特にスーパーリッチという両替ショップは人気で他の店がガラガラなのに、スーパーリッチだけ人が並んでいるという現象をよく見かけます。

▽バンコク市内にも多くの両替所あり▽

バンコク安全安心GOODレートの両替所観光マップ 〜1バーツを笑う者は1バーツに泣く
シリーズでお送りしている両替所マップ。今回はバンコクだ。 関連記事: バンコク、エアポート・レール・リンクに乗車 バンコクでちょっと手荷物を預けたい場合 目次 Suvarnabhumi Airport(スワンナプーム国際空港) VASU EXCHANGE(ワス・エ...

 

ATMからバーツを引き出す方法

また、海外ATM引き出しに対応している日本の銀行のキャッシュカードを持っている場合、空港内のATMでバーツを引き出すことができます。一昔前は1回200バーツほどでしたが、最近は引き出していないので謎です。多少上がっているとは思います。下記ブログ記事では、手数料が220バーツになっていたようです。

参考:【手数料0円】バンコク(海外)でATMの使い方【写真付きの解説】

▽過去記事(けっこう昔)▽

パタヤからスワンナプーム空港・バンコク市内への行き方。空港でのATM現金引き出し方法。
2016年秋にパタヤへ行った時のことを記録に残す。ちなみに今回は写真が多く、実につまらない記事となっているので注意されたい。 スワンナプーム空港のATMで現金を引き出す スワンナプーム空港に到着。相変わらずのインターナショナルさが好きだ。 旅の必需品SIMカードを間髪入れず...

 

SIMカード・ポケットWi-Fi・電源

SIMカードの購入場所

旅行・観光に必須のSIMカードは、荷物引き取りエリアのすぐ横にありますし、税関を出てからでもTRUE、dtac、AISの各通信会社のSIMカードショップがあります。バンコク市内ですと逆にSIMカードを購入できるショップが限られてきますので、「市内のほうが安い」などと思わずに空港でシムカードは購入したほうが良いです。

▽料金表などの詳細記事▽

タイのスワンナプーム空港での電源確保方法とSIMカードの契約プラン一覧
みなさんこんにちは。今日はタイ編、先日行ってきましたタイ観光の際の記事です。スワンナプーム空港での電源確保場所やシムカードのキャリアやプランについて写真を撮って、(SIMに関しては)書きおこしましたので、日本からスワンナプーム空港に到着して、どのSIMを買ったら良いかわからない人は事前に読んでおいて...

▽シムロック解除関連記事▽

【海外出張、海外留学者向け】ドコモ契約のiPhoneを海外で使うためにするロック解除方法
「ドコモで契約したiPhoneを持っているけど海外で使えるの?」「キャリア経由でない格安スマホって海外で使えるの?」 フィリピン留学をはじめ海外留学、海外駐在で海外に長期間行く人がだれでもぶつかる疑問です。 結論から言うと、キャリアで申し込んだiPhoneやその他のAndroidスマホは...
AIRSIM(エアシム)を購入してスマホで設定すれば、世界各国、SIMカードの切替なしでネットができます。
みなさんこんにちはティケージーです。前回くらいに謎のカウントダウン宣言をしましたが、実はブロブ執筆500記事目までのカウントダウンでした。 その記念すべき500記事目は今話題のAIRSIM(エアシム)。これを指すと海外旅行で現地のSIMを購入することなくデータ通信を行うことができるというシロモノで...

 

ポケットWi-Fiの購入場所

スワンナプーム空港のポケットワイファイは主にタイの人が国外にでる際に購入する場合を想定していますが、もちろん海外から来た人がタイ国内で使用する端末もレンタルされています。ポケットワイファイのショップは空港の地下の両替所がたくさんあるフロアに軒を連ねています。

上記2つ目の写真は、両替店と同じ並びにあったMagic WiFi 4Gというポケットワイファイショップ。営業時間が朝8時から夜9時まででしたが、日本、韓国、台湾、シンガポール、ベトナム、マレーシア、インドネシア、フィリピン、タイで使える250バーツのものですが、詳細はカウンターのスタッフさんに直接聞いたほうが良いでしょう。

3つ目の写真は、エアポートリンク駅へ曲がる前にある4wifiというショップ。100か国以上の国で使えるものを取り扱っています。詳細はwww.4wifi.co.thへ(タイ語オンリーですが)。

▽料金プランや予約方法の記事▽

意外に多かった。スワンナプーム国際空港のポケットワイファイレンタルショップ。日系もあり。
みなさんこんにちは。気付いていた人もいたかも知れませんが、記事の順番として「フィリピン編」と「タイ編」を交互に出していたのですが、昨日はタイ編を連続で出してしまいました。スワンナプーム空港記事の勢いが止まらず今日もそれです(笑)。 ▽過去記事▽ そのタイのスワンナプーム空港ですが、先...

 

空港内で充電ができるところ

スワンナプーム空港内にはところどころ無料の充電エリアがありますので、充電がなくなってきたらそこで充電をすると良いでしょう。また到着ロビーのコンビニにも座って充電できる充電カウンターがあります。

▽具体的な場所など▽

タイのスワンナプーム空港での電源確保方法とSIMカードの契約プラン一覧
みなさんこんにちは。今日はタイ編、先日行ってきましたタイ観光の際の記事です。スワンナプーム空港での電源確保場所やシムカードのキャリアやプランについて写真を撮って、(SIMに関しては)書きおこしましたので、日本からスワンナプーム空港に到着して、どのSIMを買ったら良いかわからない人は事前に読んでおいて...

 

各種交通情報(ドンムアン空港やバンコク市内へ)

ドンムアン空港へのシャトルバス乗り場

格安航空券の関係で、スワンナプーム空港からドンムアン空港へ乗り継ぎをしないといけなくなった場合でも、ドンムアン空港への無料シャトルバスが走っていますので、お値段はそのままで乗り継ぐことができます。

ただ、渋滞によっては、到着が遅れる場合もありますので、余裕をもって出発しましょう。シャトルバス乗り場は、到着ロビーの2番ゲートと3番ゲートの間にあります。

▽乗り方や時刻表はこちら▽

スワンナプーム空港からドンムアン空港への移動は無料シャトルバスサービスか鉄道、タクシーで
みなさんこんにちは。今日はタイのバンコク編。スワンナプーム空港からドンムアン空港へ行く方法をみなさんとシェアしたいと思います。 スカイスキャナーやトリップ.comで格安の航空券を探すとごくまれにバンコクのスワンナプーム空港で一度降りて、ドンムアン空港で再度飛行機に登場という航空チケットが出てきます...

 

タクシー乗り場

到着ロビー(2階)から下へ降りるとタクシー乗り場があります。タクシーレーンが「LARGE TAXI(大型)」「REGULAR TAXI(中型)」「SHORT DISTANCE(短距離用)」と3種類あるので、用途にあったタクシーを選びましょう。ショートディスタンスのタクシーは近距離用タクシーで、対応エリアは大体下記のとおりです。

  • 北限:ランカムヘン通り(Ramkhamhaeng Rd)
  • 南限:バンナー・トラッド通り(Bang Na – Trad Rd)
  • 西限:シーナカリン通り(Srinagarindra Rd)
  • 東限:スリワリノイ通り(Sriwaree Noi)

タクシーの種類を選定後、レーンに並び、自分の番が来たらタッチパネルを押して、乗車チケットを受け取り、タクシーに乗り込みます。

▽関連記事▽

スワンナプーム空港からドンムアン空港への移動は無料シャトルバスサービスか鉄道、タクシーで
みなさんこんにちは。今日はタイのバンコク編。スワンナプーム空港からドンムアン空港へ行く方法をみなさんとシェアしたいと思います。 スカイスキャナーやトリップ.comで格安の航空券を探すとごくまれにバンコクのスワンナプーム空港で一度降りて、ドンムアン空港で再度飛行機に登場という航空チケットが出てきます...

 

念のため運転手さんの詳細と乗車チケットを撮影。チケットに「法律では、空港タクシーのドライバーに50バーツの運賃が追加される」「高速料金は乗客負担」とあります。この日は空港からオンヌットまで行き、高速は使わなかったので、追加料金は発生しないと思ったのですが、空港の利用料が50バーツ追加になりました。

▽オンヌットのすいかハウスは快適▽

タイバンコクの日本人経営/日本語対応可ゲストハウス・ホテル9選
フィリピンは怒涛の平日祝日が多い怒涛の8月下旬を迎え、人々は浮足立っております。 さて、今日は、タイバンコクの旅行シリーズ、日本人宿の紹介です。近々バンコクに行くかもしれないので、その予備知識として、いくつかピックアップさせてもらいました。 バンコクは宿泊料が高いというイメージがありましたが...

 

エアポートリンク(電車)乗り場

バンコク市内へ電車で行くにはエアポートレールリンクを使用しましょう。乗り場は到着ロビーの2つ下。空港の地下にあります。また、乗り場の周辺には両替所やポケットWi-Fiショップ、荷物預けカウンター等がありますので、両替は済ませておいたほうが良いでしょう。

 

カオサン・パタヤ行きのバス

カオサン、シーロム、パタヤ行きのバスが到着ロビーの下、空港1階から出ています。8番ゲート近くの窓口で乗車チケットを購入しましょう。

▽関連記事▽

スワンナプーム空港からカオサン、シーロムへ180バーツ!エアポートリモバスが絶賛運行中!
みなさんこんにちは。華金の週末いかがお過ごしでしょうか?今日はタイ編、最近大量に記事を書いているバンコクのスワンナプーム国際空港についてです。空港が初めての人用に、パタヤ行きのバス乗り場について書こうとおもった矢先、その受付の横に「Airport LIMOBUS Express」という見慣れない...

 

レストラン街・コンビニ

レストラン街

到着ロビーを上にのぼると、一直線の長い廊下の一方に飲食店がずらりと並んでいる光景を見にすることができます。がっつり食べたい場合は、どこかめぼしいところへ入ってがっつり食べましょう。反対側には充電もできる電源があるので、テイクアウトで注文して椅子にすわりながら充電して食べるというのもありです。

▽関連記事▽

バンコクの空港で日本食レストラン「フジレストラン」へ
みなさんこんにちは。絶賛TOEIC勉強中のティケイジイです。今日はバンコク編。前回フィリピンのマニラ空港からタイのスワンナプーム空港へ向かった記事を書きましたが、空港到着後はいつも通り、ネタの宝庫である空港をブラブラとしていました。 すると、とある日本食レストランに出くわしたので、お腹もすいたこと...

 

コンビニ

日本から来るとそうではないですが、ASEAN諸国からくるとタイのコンビニは種類が豊富で、何でもおいしそうに見えます。スイーツなどは日本クオリティのものが多いので、小腹がすいたら、到着ロビーか地下にあるセブンイレブンかファミリーマートに行きましょう。

 

その他施設

喫煙所

年々厳しくなる東南アジアの喫煙事情。スワンナプーム空港ではかろうじて生き残っています。4番ゲートと7番ゲートの近くの植え込み裏にあります。

 

手荷物預かり所

スワンナプーム空港内には手荷物預かり所も複数あります。また、バンコク市内へ配送してくれる場合もありますので荷物が多い人は利用しない手はないでしょう。

スワンナプーム空港で手荷物を預けて、宿まで配送してもらって手ぶらでバンコク観光へ
みなさんこんにちは。今日は前回に引き続きバンコクのスワンナプーム空港を特集したいと思います。いつものように空港を散策していたところ、手荷物預かり所を発見しましたので、そのことをみなさんとシェアしたいと思います。 業者によっては、荷物を預かるどころか、荷物を配送してくれるサービスを持っているところも...

コメント

タイトルとURLをコピーしました