安い費用でフィリピン留学できるもう一つの方法をあみだしてしまった

スポンサーリンク

フィリピンに英語留学に行きたくてもお金が無い。お金はあるけど徹底的に安く留学費用を抑えたい。ただでさえ費用対効果の高いフィリピン留学だが、もっと安い方法があれば、それを試してみたいとは思わないか?メリットデメリットの振り幅がかなり広い、尖った手法ではあるが、通学という方法がある。

フィリピン留学語学学校の料金には授業料+宿代が含まれている

学校のホームページや留学エージェントの留学費用には一般的に、授業料と宿泊費が含まれている。古くはボーディングハウス一体型タイプの韓国系語学学校や老舗日系学校の料金体系を慣例的に受け継いだその料金体系は、フィリピン留学初心者にとってはわかりやすく、好評であった。

ボーディングハウス一体型でなく、教室と宿舎が別々のタイプであっても、教師の給料や毎月の固定、為替レート、空室状況を念密に計算し、算出したものがその留学費用である。そのため、例えば、留学費用の中で宿泊費の部分はいくらですかと聞かれても学校側はすぐには即答できない。

通学のメリット

近年、ある程度のニーズがあるので通学を認める英語学校もいくつかでてきた。通学をすることで安く費用を抑えることができるのだが、その他生徒にとっては下記のメリットがある。

自宅から通えるので家族も安心

既にフィリピンに住居がある場合は、自宅から通えることがメリット。セブはあまり無いパターンだと思うが、日本人とフィリピン人のハーフで日本語ネイティブ、英語普通、タガログ語普通、フィリピンに実家や親戚の家がある場合は、その実家や親戚の家から夏休みの間だけ通うというパターンもある。

料理や外食ができる

学校によっては食事が合わない場合もある。そんな時もキッチンのついているコンドミニアムから通えば、自分で食事を作ることができるので安心だ。また、場合によっては外食で済ますことも可能である。

煩わしい共同生活をしなくて良い

一つの宿舎に様々な年代の様々なバックグラウンドの生徒が介し、プランによっては同じ部屋でも共同生活をしないといけない。学校の特色や留学に行く時期にもよるが、深夜までどんちゃん騒ぎをする生徒、必要以上に他人を詮索する生徒、男女恋仲に力を入れる生徒、生徒同士でグループを作りたがる生徒等様々。

ある時はそういった人間関係が、まるで修学旅行のように思い出深いものにはなるが、真剣に英語を勉強するのであれば、できるだけややこしい出来事は避けたい。通学を選ぶことにより、プライベートな時間は極力勉強に当てることが可能になる。

フィリピン留学・マニラ留学・セブ留学 失敗体験談(6) 格安の留学費用に惹かれ6人用複数人部屋に滞在したFさん。

通学のデメリット

通学中の安全性

滞在先から学校に通う途中に犯罪の被害に合う可能性は高くなる。また滞在先自体が治安の悪いエリアに位置している場合もある。

他の生徒と仲良くなれない

何気無い日常で「最近どう?」「授業何とっている?」というような会話が必然的に少なくなるのでそれだけ、新しい生徒と知り合ったり、深い話をする機会が少なくなる。ただ、コミュ力の高い人はその限りでは無い。

また、仲良くなることで、英語学習に関する情報交換をすることも可能だ。どんな勉強方法でやっているか、どの先生が良い先生か等だが、無益な情報もあるので、一概に情報交換できないことがデメリットとも言えない。

フィリピン留学・マニラ留学・セブ留学 失敗体験談(5) 半年滞在で学校の裏事情を知り尽くし、新入生のアドバイザー的立場であったEさん。

先生とも仲良くなれない

フィリピン留学では日本人と仲良くなるよりフィリピン人教師と仲良くなることをおすすめするが、通学の場合は、その機会を少なくしてしまう。

学校側のデメリット

ある程度のニーズがあるのだから、通学プランも普通に料金体系に含めれば良さそうだが、未だ半数近くの英語学校では通学プランの平常化に踏み切っていない、又は、条件付きで通学を認めている。それには下記の理由がある。

先生の独自利用

通学にすると生徒の学校へのロイヤリティが無くなり、よこしまな考えを起こす生徒もいる。学校に留学費用を払って通学するより直接教師とやりとりすれば安くで英語が学べる。もちろん生徒と教師双方契約書で縛ることも可能であるが、実効性は低い。

通学用のスペースがない

教室でグループレッスンをする分には問題はないが、小規模校では、物理的に通学をする生徒用のマンツーマンレッスン用のブースを空けることができない。

犯罪被害の責任が持てない

通学中に起こった犯罪、事件は学校側では責任が持てないが、その学校の生徒である以上なんらかの風評被害がその学校に発生する可能性は否めない。

利益がでない

前述の通り、英語学校は授業料、宿泊料、食事費で利益を出しているため通学というわずかな利益のためリスクを冒してまでも通学プランを設けたくないというのが本音だ。

通学プランのある英語学校

ここでは実際に条件付きの場合も合わせて通学可能な英語学校をエリア別でピックアップしてみた。基本的に留学費用を公開していない場合が多い。

セブシティ

IDEA ACADEMIA

自身でコンドミニアムやアパートメントなどの滞在先を借りられた場合は通学も可能となっています。

https://www.ryugaku-philippine.com/school/5757.html

空港送迎無し、年齢は20歳以上等の条件付きで通学プランは可能。

Master of Business English Academy(MBA)オリジナル校

通学可能だが、料金のディスカウントは無い。

HAPPY  LIFE  CEBU  ACADEMY(HLCA)

住居がある場合に限り通学可能。4週間1日4時間授業で45,600ペソ。

CEBU ENGLISH GLOBAL ACADEMY(CEGA)

通学可。費用は安くなるが詳細は問い合わせが必要。

CEBU STUDY

フィリピンの学校寮では珍しい全室1人部屋(且つ格安&通学も可)なため、プライバシーを重視される方に最適です。

http://www.cebu21.jp/bbs/board.php?board=cebustudy&indextype=1

CEBU STUDYホームページ

マクタン島

First English Global College

そうそう、お部屋といえば、ファーストイングリッシュさんでは「通学プラン」というコースがあるんです。

http://www.cebu-55.com/information/2275/

FEA

FEAでは外部の場所から通いで通学していただく事も可能です。(時期によっては対応していない時もあります)

https://ceburyugaku.jp/16103/

CEBU ENGLISH CLUB

入学金2,000ペソ、チケット制14時間レッスンで5,000ペソ。1日2コマまで受講可能でチケットの有効期限は1ヶ月間である。

メトロマニラ

Grandline

チケット制10時間のレッスンで6,000ペソ。18:00~21:00の時間帯に受講可能。

Wexcel

月会費3,000ペソ、1レッスン(2時間)500ペソ。

通学プラン不可の英語学校

  • Cebu Blue Ocean Academy
  • CROSS×ROAD
  • Cleverlearn

まとめ

実際に通学用の留学費用を公開している学校は少なかったが、マクタン等やマニラの中心部の学校に関しては通学には比較的門戸を開いている印象だ。費用体系もまちまちで入学金が必要な学校、毎月の固定通学料が必要な学校など様々であった。

その他格安フィリピン留学記事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] 前回、「格安でフィリピン留学できるもう一つの方法をあみだしてしまった」でフィリピン留学するもう一つの方法、通学について紹介した。今日はその通学に必要不可欠な格安な宿泊 […]