水上バスの中から街を見つめてミャンマー人に混じって写真を撮る【ヤンゴン観光】

ミャンマー・ヤンゴン観光記事が連日連夜続いております。高木です。

今日は、ヤンゴン川に新しくできた水上バスに実際に乗ってきましたので、それをレポートしたいと思います。

その他ミャンマーのおすすめ観光スポットの紹介記事はこちら。

ミャンマーに観光へ行くなら知らないと損する絶対やっておきたい鉄板のスポットと地図
ミャンマーの地理 ミャンマーは、インド、バングラデシュ、中国、ラオス、タイに挟まれた国です。東南アジアの重要な経済回廊である東西経...

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

ヤンゴン水上バスの概要

ヤンゴンの水上バスサービスは2017年10月5日にサービス開始に関する式典が行われました。

運行ルートは、第一段階はインセイン(Insein)からボタタウン、第二段階はNgamoeyeik Creekへのルート、第三段階はタンリン(Thanlyin)と、三段階に分かれているようです。

Tint Tint Myanmarホームページ(英語):http://www.yangonwaterbus.com/

水上バス運行ルート

水上バスの停留所にあったルート。インセイン〜ボタタウン間のものしかなかったので、おそらくはまだ第一段階までしかないと思われます。ホームページにはもっときれいな地図があります。

水上バス時刻表

停留所の時刻表。ミャンマー語なので読めません(笑)。Tint Tintのホームページにあった時刻表は下記のとおりです。割愛してインセイン〜ポタタウンの時刻だけ紹介します。

インセインからポタタウン行き

  • インセイン発06:30 – ポタタウン着08:15
  • インセイン発07:00 – ポタタウン着08:45
  • インセイン発08:30 – ポタタウン着10:15
  • インセイン発09:00 – ポタタウン着10:45
  • インセイン発10:45 – ポタタウン着12:30
  • インセイン発12:00 – ポタタウン着13:45
  • インセイン発13:30 – ポタタウン着15:15
  • インセイン発15:20 – ポタタウン着17:05
  • インセイン発16:30 – ポタタウン着18:15
  • インセイン発17:00 – ポタタウン着18:45
  • インセイン発18:30 – Lanthit着19:53

ポタタウンからインセイン行き

  • ポタタウン発07:15 – インセイン着08:45
  • ポタタウン発08:30 – インセイン着10:15
  • ポタタウン発09:30 – インセイン着11:15
  • ポタタウン発10:30 – インセイン着12:15
  • ポタタウン発11:30 – インセイン着13:15
  • ポタタウン発13:30 – インセイン着15:15
  • ポタタウン発14:30 – インセイン着16:15
  • ポタタウン発16:30 – インセイン着18:15
  • ポタタウン発17:15 – インセイン着19:00
  • ポタタウン発18:30 – Kyee Myindaing着19:22

その他特急が1日2〜3本運行しています。その他詳細はホームページへ。

私が一度平日に行った時はなぜか最終は15時に出たと言われたので、祝日や大人の事情で時刻は変更になる場合がありますので、行く際は事前に確認したほうが良いでしょう。

水上バス貸切サービス

その他この水上バスでは貸切サービスもやっているようです。

実際にヤンゴンの水上バスサービスに乗ってみた

待合所のカウンターで切符を買って出発時刻まで時間を潰します。写真はヤンゴン川で晩御飯をゲットした図。

ヤンゴン川からみる風景はなかなかのものです。

水上バスに乗船したはずが

時刻になったので水上バス内に乗船します。この時点で乗客は私とピーナッツをボリボリ食べるおっちゃんしかいませんでした。

船はテラス席(?)もありなかなか豪華。

階段を登り2階の操縦室の後ろにはエアコン室もあります。走行中は蒸し暑そうだったのでたすかると思ったのですが。。。

超お宝画像。水上バスの操縦室の写真!

船内を散策していると、スタッフに呼び止められ外を指さされます。何を言っているかわかりませんでした。

指さしの向こうには、別の船が見えます。

どんどん近づいてきます。

乗っていた船と隣接します。

理解できました。今乗っている船は文字通り橋渡し役で実際は写真のボロっちい船に乗るようです。

実施の水上バス内

いざ、本当の水上バスに乗り込みます。ポタタウンからの乗客は増えて5人くらいになっていました。

ポタタウンが始発のはずでしたが既に乗客が何名か乗っていました。

いざ出発

ヤンゴン川は水は汚いですがかなり幅の広い河川。雄大な風景が広がります。

最初の経由地へ到着。船内は両サイドは良いのですが、中央に座ると風がないので超暑いです。座る際は両サイドか先頭の窓があいているのでそこを陣取りましょう。

ロープ巻きつけ係の青年。

ロープがところどころほつれているので、いつ切れてもおかしくない状況です。

途中で物売りの老人が入ってくるのは、フィリピンのバスと同じです。

ヤンゴンの空は近い。

すれちがう船をみるとあきらかに歪んだ船をたまに見ます。

何個目かの経由地。

橋をしたら撮るというレア画像。

終着地のインセインまで幾つかの橋の下をくぐりました。

インセインへ到着。思ったより水上バスのスピードは遅かったです。その分、船にようような揺れはあまりなかったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス