古都アユタヤで必見の6大遺跡とその他おすすめ観光スポット

広告

みなさんこんにちは。今日はタイのアユタヤで必ず見ておきたい仏教寺院を紹介したいと思います。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

アユタヤ概要

プラナコーンシーアユタヤ、または単にアユタヤは、タイのプラナコーンシーアユタヤ県の旧首都です。 チャオプラヤ川の渓谷に位置しています。アユタヤは、ラーマーヤナ(タイ、ラーマキエン)のラーマの発祥の地であるインドのアヨダヤにちなんで名付けられました。

 

アユタヤは1351年にウートン王によって設立されました。ウートン王はそこに行き、ロブリーでの天然outの発生を逃れ、彼の王国の首都であると宣言しました。 アユタヤはスコータイに次いで2番目のシャムの首都になりました。アユタヤは1600年までに約30万人の人口を抱えていたと推定されており、おそらく1700年頃に人口は1,000,000人に達し、「東洋のベニス」として知られていた当時の世界最大の都市の1つになりました。

1767年、ビルマ軍によって都市は破壊され、王国は崩壊しました。 旧市街の遺跡は、ユネスコの世界遺産として国際的に認められているアユタヤ歴史公園に保存されています。 プラング(聖遺物箱)と巨大な修道院が特徴の遺跡は、この街の過去の素晴らしさを物語っています。 現代のアユタヤは、数キロメートル東に再建されました。

 

アユタヤにある6大寺院

誰が言ったかわかりませんが、アユタヤで人気のある(!?)もしくは威厳のある6つの寺院を総称してアユタヤの6大遺跡と呼ぶようです。

上記地図上に番号が振られていますがそれぞれ、下記のとおりです。

  1. ワット・プラ・シー・サンペット
  2. ワット・プラ・マハタート
  3. ワット・チャイ・ワッタナーラーム
  4. ワット・ヤイ・チャイ・モンコン
  5. ワット・ロカヤ・スター
  6. ワット・ラチャブラナ

以下ではそれぞれの寺院について、地図や概要を交えながら説明していきたいと思います。

 

3人の王が眠る「ワット・プラ・シー・サンペット」

ワット・プラ・シー・サンペットは、1767年にビルマによって都市が完全に破壊されるまで、タイの古都アユタヤの王宮跡にある最も神聖な寺院でした。またバンコクのワットプラケオのモデルとなった寺院でもあります。

 

南北に延びるクローントー通りを歩くと東側に入り口が見えてきます。

 

侵攻の悲劇を忘れない「ワット・プラ・マハタート」

ワット・プラ・マハタートには誰もが一度は、写真で見たことがあるあの、樹木に頭部だけが覆われた仏像を見ることのできる仏教寺院です。一説によるとビルマ侵攻の際に切り取られた仏頭が、長い年月をかけて樹木に覆われたとされていますが、真偽のほどは定かではありません。

 

ワット・プラ・マハタートは川に囲まれた島の中央やや北東よりにあります。

 

保存状態の良好な遺跡「ワット・チャイワッタナーラーム」

ワット・チャイワッタナーラームは、川で囲まれた島の外にある川の西岸にあるタイのアユタヤ歴史公園にある仏教寺院です。

 

ワット・チャイワッタナーラームはアユタヤ歴史公園の一部を画していますが、ユネスコの世界遺産に登録されているアユタヤの歴史的都市の一部ではありません。車またはボートで行くことができます。

 

展望からの眺めが見所!「ワット・ヤイ・チャイ・モンコン」

 

巨大涅槃仏「ワット・ロカヤ・スターラーム」

ワット・ロカヤ・スターラーム、別名「ワットプラノン」とも呼ばれる寺院は、アユタヤ歴史公園にある仏教寺院群の一つです。

 

ワット・ロカヤ・スターラームは、中州の北西、旧宮殿の南西、ワットプラスリサンペットの西、クローントー通りを越えたところにあります。 真北はワットウォラチャタラムに合流します。

 

タイ最古の壁画があるといわれる「ワット・ラートブーラナ」

ワット・ラートブーラナは、アユタヤにあるアユタヤ歴史公園にある仏教寺院です。寺院のメインプラングは、市内で最も素晴らしいものの1つです。

 

ワット・ラートブーラナは、ワットマハタートのすぐ北にあります。

 

その他見どころ寺院

ワット・タミカラット

ワット・ロカヤ・スターラーム以外に涅槃像のある寺院。外国人にはあまり知られていないので、観光客はほぼゼロです。

関連記事:ガイドブックにはあまり載っていない、涅槃像のあるアユタヤのワット・タミカラット

 

ワット・ウォラポー

こちらも穴場寺院の一つ。地元民の憩いの場となっており、近くに学校があるためか、生徒児童が所せましと走り回っています。仏塔の頂上へ登れますが危険です。

 

おすすめ観光スポット

  • 日本人街跡
  • ミリオントイ博物館
  • アユタヤ水上市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました