チェンマイゲストハウスの旧市街にあるツンデレ激安宿とナイトバザール近くのおすすめお宿

広告

みなさん。今日はタイ旅行編のチェンマイ編。アユタヤから人生初の寝台列車にのってやってきたチェンマイ。ホテルの予約もとらずに来たので、チェンマイ駅からバスにのり、旧市街あたりで降りて、適当に飛び入りで予約したゲストハウス。激安店でしたが、やはりそれ相応の施設だったので、その件とその後に泊まった別のゲストハウスがかなり快適でしたので、その2つのお宿を今回はシェアしたいと思います。

関連記事

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

バスでチェンマイ駅から旧市街

寝台列車を降りチェンマイ駅からワットプラシンを目指しバスに乗りましたが、その道中で下車。地図を見るとワットチェディルアンが近かったのですが、疲れていたので、アゴダで宿を探しました。かなり近いところに100バーツ代の宿があり、さっそく行ってみたのですが、東南アジアあるあるの「アゴダの地図には載っているのに実際に行くとお宿が無い」現象に出くわしてしまい、仕方がなしに2番目に安いお宿に行くことにしました。

 

途中に通ったANODARDホテル。WIFI完備は有難いですが、1泊495バーツは予算オーバーです(笑)。

 

そして到着したのが、ローズゲストハウスチェンマイです。

 

ローズゲストハウス

ローズゲストハウスの1階はレストランになっていて飲食するには便利です。旅行代理店も併設で、チェンマイの様々な観光スポットのツアー申込ができます。また、受付のお姉さんは色白のタイ美人。しかしながら、まるで笑顔の無い不愛想な感じでした。ただ、英語が通じたのがせめてもの救い。

 

Wi-Fi完備。飛び込みで行ったので意識はしませんでしたが、チェックインが12時30分から、チェックアウトは11時までです。2階へのぼる階段の踊り場にはロッカーもありますが、部屋にもあるので、ここで一旦、履物を脱ぎます。

 

ドミトリーの様子

ドミトリー内は2段ベッド1つとシングルベッド2つ。エアコンが無いので、2段ベッドを3つ置くとそれこそ、タコ部屋のようになるのだと思います。2つ目の写真の左側に木製のロッカーがあるので、マイ南京錠をかければ背キュリーは万全。ここで1泊100バーツ。グーグルマップのコメント欄には閑散期は60バーツくらいに値下がりすると書いてありました。

▽関連記事▽

クバオのタコ部屋ボーディングハウスに滞在
訳あって近所のボーディングハウスに滞在することになった。アゴダに載っているようなものではない。超どローカルないわゆるタコ部屋のようなところだ。 ブルーカラーの労働者も滞在。半分は地方から来た若いコールセンターで働くフィリピン人だ。 キッチンあり。驚くほど汚いという訳ではな...

 

水回り

2階には共同トイレが2基、シャワー2基。ベッド数の割には、少ない気がしますが、私が行ったときは、ゲストの姿をまるで見なかったので、十分でした。ただ、繁忙期はちょっとキツイかなぁ。3つの目の写真は1階にあるシャワー室。2階がすべて使用中の際に使えると思います。お湯は出たと思いますが、部屋が暑かったので、水シャワーでも余裕です(笑)。

 

周辺環境

近くにはセブンイレブンがあるので、小腹がすいたら日本クオリティのスイーツを買いまくっていました。また、ロッカーの南京錠が無い場合はここで59バーツで購入できます。

 

私の行ったときは閑散期であまりゲストがいませんでしたが、その分快適に過ごせました。併設のレストランはリーズナブルな値段でチェンマイ名物カオソーイを食べることができます。本場のカオソーイはとてもおいしい反面、脂っこいので食べすぎに注意。

不愛想な美人お姉さんも、何度か笑顔でコミュニケーションをとるうちに、少しだけ笑顔をみせるようになりましたが、残念なことに旦那さんと一緒にこの宿を切り盛りしているような感じでした。

 

その他、ターペー門へ行く途中の上記エリアは、かなりアートな感じで、絵を売っているお店が立ち並んでいました。

宿泊予約はこちら

 

ステイターペーホステル

ローズゲストハウスに2泊した後は、ステイターペーホステルに宿泊しました。1泊300から400バーツなのですが、かなり快適に過ごせましたので紹介したいと思います。

 

カプセル型ベッド

ステイターペーホステルの複数人部屋は、今はやりのカプセルタイプ。少ないスペースに大人数収容できるので、多少の初期費用がかかっても、すぐに元が取れるタイプです。カプセルの中は照明、電源、USBポートもついていて、まさに自分の部屋のようにゆっくりできます。また、枕もダブルで布団もフッカフカで快適に睡眠をとることができます。

 

複数人部屋内にはロッカーもあり、多少大きな荷物も収容できるようになっていますが、大きなスーツケースは入らないので、みなさんベッドの前や空いているスペースに置いているようでした。

 

水回り

トイレ、シャワーも快適そのもの。お湯も出ますし、シャンプーとリンスも完備です。ただ、唯一の欠点は、私が利用したのが男女共用のトイレ、シャワーだったので、洗面台の前でお化粧中の女性ゲストがいたりして、少しこっぱずかしかったです。

細かいようですが、シャワー室のフロアは、水が外にでないように段差がつけてあります。こういった細かい気配りはなかなか、日本クオリティに近いものがあります。

 

共用エリア

アゴダでみると、スペーシャスなリビングに見えたのですが、実際に行くとロビーとリビング一体型なので、狭いです。チェックアウト時はかなり混みあっているようでした。左側にカウンターがあるので、パソコンはそこでいじっていました。電源もあります。

 

朝食はかなり豪華、に見えますが、実際はトーストだけなので、見た目を楽しみましょう。2枚目の台の右側に置いてある液体はミックスジュースではなく、ホットケーキの元ですので、私のように間違ってコップに入れて飲まないようにしましょう(笑)。

 

ステイターペーホステルの行き方

ステイターペーホステルへは旧市街からターペー通りを通ってチェンマイ駅へ向かいます。写真はワットマハーワン。

 

ワットマハーワンをさらにチェンマイ駅方面へ行くと左手に写真の場所が見えてきます。

 

右手を見るとトップスデイリーというスーパーがありますので、その横の路地を少し行った茶色の建物がステイターペーホステルです。

 

ちなみにここのトップスデイリーは電源もありますので、パソコンで長時間の作業が可能です。

 

ホステルの正面の壁はかなり落書きがされていますが、アートっぽいと言えばアートっぽいですね。

 

入り口が少しわかりにくいかも知れません。入り口横には喫煙用の灰皿が置いてあります。

 

入り口や部屋の鍵はカードで管理されています。そして何かあった時用に入り口にキーボックスが埋め込まれています。このタイプは海外では見ないので、おそらく日本製!?

▽関連記事▽

マニラ不動産のエアービーエヌビーで利用するオススメ鍵受け渡しグッズ3選
Airbnbの鍵の引き渡しの際、私が不在の時はゲートの近くの柵にダイアル式のパッドロックを付けてそこに鍵を付けて、ゲストに渡していたが、やはり見栄えも悪いし、夜間はダイアルが見にくい。ということで、今回、ダイアル式のキーボックスを購入。不動産業者さんが使っているアレだ。

 

予約はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました