タイで働きたい外国人のための10の一般的なお仕事

この記事は約18分で読めます。
広告

タイに住むのはあなたの夢ですか?多くの外国人がタイへの移住を望んでいますが、彼らを妨げている最大のものはお金です。確かに、貯金があれば仕事をせずに1〜2年間のんびりと過ごすことができるかもしれませんが、収入源が無い限り、すっからかんになるのは時間の問題でしょう。

 

お金の問題を解決するために、ほとんどの若い外国人居住者はタイを訪れると就職活動を行います。現地の会社が必要としている経験やスキルをもし持っているとしたら、就職活動は順調に進むに違いありません。

 

タイでの仕事は、先進国よりもはるかに少ない給与です。このため、ほとんどの人は母国で働きながら、年の数ヶ月をタイで過ごしています。私は、海外で6ヶ月働いて、それから冬の間タイに住んでいる人々を知っています。みなさんががすでに高給で競争力がある仕事をしているならば、最良の選択肢は母国でお金を稼ぎならが、タイ用のお金を貯金することです。

 

ビジネスオーナー、ノマドワーカー、プロのコーチ、またはインターナショナルな教師だけがタイで同等のお金を稼ぐことができます。トレーナーとコーチは通常、母国でコーチに支払うものと同じような料金が請求できます。また、タイ(通常はバンコク)に支店を持つグローバル企業で幸運にも働くことができるのであれば、あなたは欧米の賃金並の給与を稼ぐことができます(欧米より高い場合もある)。

 

タイで会社に勤めようとしているなら、給料は母国に帰るよりもはるかに少ないです。だからこそ、お金を稼いで貯蓄し、タイにやって来る方がいいのです。タイに住んでいて、少ないお金を稼ぐことを気にしないのであれば、タイで働くことは良い選択でしょう。

 

タイに住んでいることの一つの利点は、生活費がはるかに低いことです。ローカルな住宅、シンプルなスタジオタイスタイルのアパートを探しているなら、簡単に月額家賃で150~200ドルの場所を見つけることができます。食事は食べ物の種類に応じて1〜3ドルで買えますが、西洋料理は通常6〜10ドルです。だから、賃金は欧米よりはるかに少ないですが、生活費はそれをすべて帳消しにさせるほどのコスパをほこります。

 

雇用機会の大部分はより大きな都市で利用可能です。ピピ島やランタ島などの小さな観光地で仕事をしたい場合は、そこで生活を維持するための事業を始める必要があるでしょう。

 

バンコク、チェンマイ、パタヤ、プーケットなどの人気のある外国人旅行先は、訪れる観光客とそこに住んでいる外国人居住者、両方が多いので、外国人としての仕事を見つけるための最良の選択でしょう。地域に住んでいる外国人や外国人が多いほど、就職するチャンスが増えるのです。

 

以下は、外国人がタイで行っている一般的な仕事のリストです。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

語学学校やインターナショナルスクールで英語を教える

難易度:非常に高い

 

英語を教えることは、タイに住みたい外国人のための最も一般的な仕事です。

しかし、英語を教えると言っても、2種類の仕事があります。私立または公立の機関で教える英語教師とインターナショナルスクールで教える英語教師です。

 

非インターナショナルスクール教師

英語教師として勤務するのが最も簡単な方法は、インターナショナルスクールではない単なる通常の英語教育の仕事です。この仕事には適切な資格は必要ありません(場所によりますがいくつかの学校はそれを要求する場合もあります)。学士号を取得しなくても、私立の英語学校で教鞭をとることは可能かもしれません。ESLを取得する必要があるかもしれませんし、そうでないかもしれません。もし必要資格を持っていなくても、その資格を得るためにタイ国内には、いくつかのコースが開校されています。

 

タイの学校で英語を教えるなら、給料は1時間あたりおよそ250~350バーツ(7~10ドル)です。もしフルタイムで働くなら、給与レンジは25,000~35,000バーツ(700~1000ドル)です。

 

英語教師は簡単な仕事だと思われがちですが、現実には、1日9時間かけて大量のタイの子供たちに英語を教えることになります。私のガールフレンドはタイの小学校で英語を教えていましたが、彼女は一日あたりわずか2時間の授業でも、授業のあとには完全に疲れきっていました。言葉の壁は、特にアシスタントがいなければ、非常に困難な壁です。家庭教師ではないパートタイムの英語教師はは月に10,000から15,000バーツの給与です。

 

これは、1日に3〜4時間、週に4〜5日子供たちに教え、それからパーティーに参加するためにクラブに向かうという韓国、日本、台湾などでの、ロマンチックなシチュエーションではありません。そういうことを望むのであれば、韓国か台湾に行ったほうが良いです。タイはその場所ではありません。

 

仕事が増えれば増えるほど、収入は増えますが、1日に2、3時間、1ヶ月に3万バーツ(約1000ドル)で、タイで仕事を掛け持ちすることは考えないでください。あなたはしばしば1日7~8時間、週6日働くことが期待されています。

 

ただ、プライベートなレッスンを教えながら、より多くの収入の機会を作る方法もあります。

 

たくさんのプライベートレッスンを教えている英語教師は、さらに多くの時間を費やすと、50,000バーツ以上のお金を稼ぐことができます。唯一の利点はタイに住むことができるということです。

 

タイに来たら、英語の先生として働いて滞在費を稼ごうと決めたら、ムエタイのトレーニングをする(またはビーチでのんびり過ごす、またはパーティーで一日何時間も過ごす)予定はありません。一日中、そして土日のどちらかも働かざるを得ません。ムエタイを訓練するためにタイに降りたった場合、残念ながら英語教師としての授業時間はムエタイのトレーニング時間と両立しないことを覚えておきましょう。

 

インター教師

母国でプロの教師であるならば、インターナショナルスクールでの教育職に応募することができます。これは、英語の教育職または他の職(科学教師、生物学教師など)です。重要なのは、インターナショナルスクールでは教育経験と証明書が必要だということです。

 

英語を話す外国人であるだけでは十分ではありません。学士号をお持ちの場合でも、おそらく雇われることはないでしょう。これらのポジションのほとんどでは、実際には欧米の国からのティーチング認定を取得する必要があります。それは通常、学士号または修士号とそれに加えて学位/証明書を意味します。アメリカやヨーロッパがこれに何を必要としているのかは定かではありませんが、カナダでは、学士号を取得するには最低4年、学歴はさらに2年です。

 

これらのインターナショナルスクールの教師に就くことができれば、大当たりでしょう。これらの仕事は75,000~150,000バーツの間で給与が支払われます。タイで素晴らしいライフスタイルを過ごすことができ、平均的な労働時間で働くことができます。

 

しかし、北米、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド、または他の英語圏の国で教師としての経験を持っていないのであれば、これらのより高給な教育職に応募することはできません。残念なことに、これらの学校のほとんどは国際的な教育ウェブサイトを通して直接雇っていて、現地で宣伝は行っていません。

 

 

タイで教鞭をとり、生徒を指導していきたいならば、ある程度の時間をそれに捧げなければいけないということを覚えておいてください

 

フィットネス/クロスフィット/ヨガの先生

難易度:中級

タイは急速にフィットネス狂信者の国際的な中心地となりました。筋力とコンディショニング、クロスフィット、そしてヨガを提供するフィットネスジムがあちらこちらにオープンしています。フィットネス業界のバックグラウンドを持っているならば、就業可能な仕事がいくつかあります。

 

プーケットを訪れると、フルタイムで働いている何十人もの国際的なトレーナー/コーチ/ヨガの先生がいます。正確な支払いについてはコメントしていませんが、忙しいトレーナーがクライアントのリストを持っている場合は、ある程度のお金を稼ぐことができていることは知っています。

 

自分のサービスを宣伝している特定のジムに関連していない独立したトレーナーがたくさんいます。フィットネスのバックグラウンドを持っていて、能力に自信をもち、仕事に入れても構わないと思っているなら、クライアントを見つけることができるでしょう。

 

これらの仕事の最大のハードルはたくさんの競争相手があるということです。何年もの間同じことをしていて既にクライアントのリストを持っている他の外国人トレーナーがたちはばかるでしょう。それは、それらのクライアントを盗むか新しいクライアントを見つける必要があるだろうということです。そして、新しい人たちは通常既にトレーナーと契約している他の外国人居住者のクライアントを見つけるか、あるいは数ヶ月タイで沈没している観光客をクライアントにするかのどちらかです。後者の場合は、ローシーズンの集客は困難になります。そしてもちろん、これは住んでいる場所によって異なります。プーケットは多少スローペースですが、バンコクにはもっと選択肢があるかもしれません。小さな島々はかなり厳しい状況でしょう。

 

給料はかなりまともである(教えるよりはるかに良い)ので、トレーナーはプライベートレッスンのために1時間あたり1000~1500バーツ(28~45ドル)を請求することができます。そのような賃金で、多くの人々がこの業界で働きたいと思っています。

 

すでにタイに住んでいるフィットネストレーナーやヨガのインストラクターがたくさんいますので、仕事をしたいのなら本当に努力する必要があります。

 

フィットネストレーナーになることを計画している初心者であれば、トレーナーになることは忘れてください。ヨガに情熱を注いだりクロスフィットを愛したりしただけでは雇われません。

 

私はこれら特定の業界で就職活動をすることは、熟練の経験者に勧めます。そして、さまざまなジムに直接行って、たくさんのドアをノックする準備をしてもらえばと思っています。

 

専門スキル(音楽、ダンス、アート、歌など)

難易度:ニッチマーケット

タイではフィットネストレーナーやコーチが十数人いるのに対し、専門教師の需要が高まっています(特定の分野)。プーケットでは、学校に通う何千人もの外国人の子供たちがいます、そして、彼らの両親は子供たちを入れるための活動を探しています。芸術、歌、楽器、ダンス、そして個人的な個人指導などの活動が求められています。

 

放課後、子供たちや10代の若者の間で人気のある分野を専門とする人は誰でも、彼らのサービスの代金を支払うクライアントを見つけることができるようになるでしょう。ほとんどのインターナショナルスクールは実際にこれらの分野を専門とする教師を雇うので、彼らは放課後に課外活動を提供することができます。プライベートレッスンを教えて、そしてクライアントのリストを築くならば、賃金は非常によいです。

 

サッカー(フットボール)はタイで最大のスポーツ(ムエタイよりもずっと大きい)ですので、もしたまたまハイレベルのコーチであるならば、あなたは仕事を見つけることができるでしょう。ただ、サッカーの競争は非常に激しいので、傑出した人物になる必要があるでしょう。

 

スポーツ療法士/物理療法士/カイロプラクティック

難易度:ニッチマーケット

これらの分野すべてに特化した現地の人々がいますが、残念ながら西欧諸国と比較してクオリティが低いのが現状です。これらの分野での経験と資格を持っている人は誰でも彼らのサービスを取得しようとしている外国人居住者のクライアントリストを構築することができるでしょう。

 

タイには、65歳以上の退職者や高齢者が居住しています。これらの引退した居住者はすべて老化しており、それらの多くはリハビリなどを必要としています。リハビリテーションや理学療法を専門としているなら、あなたはニッチ市場を見つけることができるでしょう。私は西洋人が所有するフィットネス&ムエタイジムと交渉することをお勧めします。そこではジムで働くポジションをゲットできる可能性がより高くなるかもしれません。

 

ビジネスを始める

難易度:低から中(これもお金が必要)

私が見たことのある一般的なシナリオは、より高齢の外国人がタイにやって来て、若いバーガールと恋に落ちることです。その外国人は、やがて退屈し、新しい妻と一緒にビジネスを始めるべきだと考えます。これらの人たちはどうやって事業を運営するのか知るよしもありません。彼らはレストラン、マッサージ店あるいはバーをオープンさせれば、生活費の足しになるであろうと考えます。

 

タイで事業を営む非常に成功した外国人がいますが、これらの外国人は通常タイに住んでいる人々が何を欲しているかを知っています。タイで事業を開くことを計画しているなら、数年間1つの地域に住んでいて、長期的な観点で何がうまくいくかを見極めることを勧めます。

 

しばらくすると、競争のレベルがかなり破天荒であることに気付くでしょう。そのことは本当に何かをしない限り、ビジネスは失敗する可能性が高いです。

 

何ヶ月もかけて下調べすることなく、真新しい分野に飛びつき、新しい事業を開くことは絶対にしないでください。

 

私は数年以内に何百ものレストランが開閉するのを見ました。実際、成功した人でも数年後には終了することがよくあります。あなたがマーケティングとビジネスを理解しない限り、私はタイで店を開くことを勧めません。通常、タイで、特に外国人ビジネスに頼っている地元の地域で、ユニークなもの(素晴らしい料理など)を提供するレストランだけがうまくやっています。

 

そして、マッサージ店やバーを開かないでください、あなたはそれらのうちの1つで必ず失敗する可能性があります。

 

プロの作家

難易度:高

タイ(または他の国)に住んでいる人々のための最高の仕事の1つはブログ、雑誌、または大きい出版物のために書くことです。

 

執筆の仕事は書くスキルが必要なのは明らかですが、書くことは、ある意味、訓練された技術であるので、あなたが一生懸命働けばあなたは無難な作家になるように自分自身を教えることができます。

 

あなたが良い作家であるならば、オンラインで利用できる無限の執筆仕事があります。仕事を書くことについての事はあなたが持っているより多くの経験、あなたがより多くのお金を稼ぐことができるということです。ですから、あなたが始めたばかりであれば、評判を得て反復的なクライアントを見つけるまで、ペニーのために働くことになるかもしれません。

 

あなたが地元のタイの経済に頼ることなくオンラインで仕事を見つけることができるので、執筆の仕事ははるかにタイに住むための最良の方法です。これにより、タイのどこにでも住み、安く暮らすことができます。あなたが良いインターネット接続を持っている限り、あなたは行ってもいいでしょう。

 

あなたはおそらくオプションとしてオンラインでフリーランスを見る必要があるでしょう。フリーランスドットコムやアップワークドットコムのような場所をチェックしてください。あなたが始める他の新しいDIYの仕事のように、それは顧客を見つけて定期的な仕事を得るためにあなたにしばらく時間がかかります。私はタイに来ないで、たった1、2か月の資金で、ここで自分をサポートするためにフリーランスの作家になろうとし始めませんでした!このような安定した収入を得るためには1年から6ヶ月かかるかもしれません。

 

デザイナー/プログラマー/オンラインITジョブズ

難易度:高

あなたがオンラインで仕事をしているのなら、あなたは荷物を詰めてタイに移るべきです。デジタル遊牧民としてオンラインで働いている人はだれでも彼らの収入のためにどの地域にも頼っていません。あなたがウェブデザイナー、オンラインビジネスオーナー、プログラマーであるか、あなたがオンラインで仕事をしているならば、タイへ行くのは簡単ではありません。

 

事実、タイに住み仕事をするために移動するデジタル遊牧民が多数います。チェンマイはデジタル遊牧民にとってこれまでで最も人気のある地域です。彼らは遊牧民の巨大なコミュニティを持ち、さらに毎月の料金で高速インターネットとワークステーションを備えた多くの共同作業場所を持っています。

 

私はあなたがあなたがオンラインでできることを書くことができる特定の仕事を見つけるためにfreelancer.comを調べることを勧めます(書くことを含む)。

 

ジムのためのビデオ/写真家

難易度:低

大きなムエタイのジムのほとんどは彼らのビデオ/写真とソーシャルメディアを扱うジムのために働く誰かを持っています。

 

あなたがこれらの分野のスキルを持っているなら、あなたはジムで訓練して、彼らが利用できる何かを持っているかどうか彼らに尋ねることができます。タイのジムはあなたを雇うことはほとんどありませんが、あなたは外国人が所有するジムで仕事を見つけることができるかもしれません。給料は低いですが、あなたはジムで無料のトレーニングや宿泊施設を絞り出すことができるかもしれません。

 

これは、タイに住んでいる間に訓練や仕事をしたい人にとって最適な選択肢です。

 

ホテル/レストランマネージャー

難易度:中

多くのホテル、スパ、リゾート、レストランが外国人スタッフを探しています。ホスピタリティ業界で経験がある場合は、あなたの分野に関連する仕事を見つけることができます。ここで重要なのは、周囲に尋ねて持続的であることです。あなたは少しの運を持っていなければならず、あなたが到着したときに誰かが去っていることを願っています。

 

これらの仕事は通常あなたの経験レベルと会社でのあなたの役割に応じておよそ35,000~70,000バーツを払います。あなたが複数の言語を話すならば、あなたはより多くの機会を持つでしょう。あなたがこれらの業界であなたが持っている経験が多ければ多いほど、それは仕事を得ることがより簡単になるでしょう。

 

ダイビング/カイトサーフィンインストラクター

難易度:高

ダイブインストラクターとして働くことは、タイで良い生活を送りたいと思っている人々にとって最も人気のある仕事の一つです。ダイビングインストラクターになるには、必要な証明書をすべて取得する必要があります。ダイビングショップのほとんどは社内で採用されているため、認定を受けていれば、それが終わっても彼らのために働くことができるかもしれません。

 

カイトサーフィンに関連する求人もあります。あなたは別のカイトサーフィンスクールに連絡して詳細を尋ねる必要があります。カイトサーフィンはダイビングほど人気がないので、このスポーツにはそれほど多くの仕事はありません。

 

これらの仕事はどちらも季節性です。利用可能な仕事の数は、ハイシーズンとローシーズンに応じて変動します。あなたはダイビングスクールと話をして、彼らのために働くための彼らの方針について彼らに尋ねることができます。

 

仕事に必要な要件

タイで働きたいのなら、労働許可が必要です。これはあなたが仕事をすることを計画している国のためのかなり標準的です。何人かの外国人はテーブルの下で働いています、しかしあなたは捕えられて強制送還される危険があります。テーブルの下で働くことを試みているずるい外国人にとって、入国管理は常に注目されています。そして、私を信じてください、それはあなたが移民警察にあなたを報告するために覗かれた地元の(または若干の競争)のぞかれているだけです。そしてそれは起こります。たくさん。

 

レストラン、商店、ダイビングショップ、バー、ウォークイン顧客、または観光客に売れる商店などで働いている公営企業で仕事をしている場合、リスクは特に高くなります。こういった種類の施設を急襲し、物事を揺り動かし、何が起こるのかを確かめてください。

 

あなたが仕事をしたい場合は、私はあなたが労働許可を得ることをお勧めします。

 

これらの仕事の大部分はあなた自身の労働許可を得ることをあなたに要求するでしょう、それであなたは追加経費としてそれを心に留めなければなりません。

 

タイでうまく働くための秘訣は、あなたが教えることができるニッチなスキルを持つことです。ポールダンスのインストラクター、ラテンダンスの先生、バレエ先生、そしてあなたが考えることさえできないあらゆるタイプの専門職があります。簡単に見つけられない特定の種類のスキルがある場合は、そのスキルのニッチを見つけることができます。

 

タイで仕事をする

意志があるところには方法があります。

 

オーストラリアでワーキングホリデーをしたとき、私の親友の一人がケアンズで仕事をすることにしました。私たちがケアンズに行ったとき、私たちが話したみんなは仕事の余地がないと言いました。仕事をしたいバックパッカーは何百人もいましたが、明らかに誰も仕事を見つけることができませんでした。誰もが仕事がないと信じていたので、ほとんどの人は周りに座って仕事を探すことさえしませんでした。

 

幸いなことに、私の友人は異なる品種からの切り傷です。

 

私たちが到着したとき、彼は私に言った、”私は3日以内に仕事があるでしょう、ちょうど私を見てください。”彼が到着した同じ日に彼は彼が雇われるという自信を持ってすべてのレストランとバーに行きました。一日以内に彼はケアンズで人気のバーの一つに雇われました。彼がその仕事に就いたとき、仕事がないと言って周りに座っていた他のすべての人々は、彼が仕事に就いたとは信じられなかった。

 

誰かが仕事が利用できないと言っているからといって、それが実際に正しいという意味ではありません。あなたが仕事を見つけると決心しているなら、あなたはどこにいても仕事を得ることができます。

 

しつこさは、仕事を上陸させるための鍵です。

 

時々それは見ての1週間を取りますそして他の時はポジションが開く前に6ヶ月を検索する必要があるかもしれません。数週間を与えないでください、そしてあなたは魔法のように仕事を得ると思います。

 

あなたがニッチ市場をターゲットにすることができる特定のスキルを持っているなら、あなたはフリーランサーとして自分のために働くことができます。これらの両親は彼らの子供たちが放課後にやるべきことを見つけるために死にかけているので、海外居住の子供たちをターゲットにすることに焦点を当てている仕事は理想的です。

 

タイには、数ヶ月間滞在して他の海外駐在員とネットワークを組む場合に見つけられる、非常にニッチな仕事がたくさんあります。これらの仕事の多くは、リゾート/ビジネスの管理者としてのものです。この種の仕事の多くはテーブルの下にあり、仕事の許可(設立するためにたくさんのお金がかかる)を含みませんが、それはあなたが必死なら考慮すべき何かかもしれません。

 

タイはタイで働くことから特定の職業を禁止することを覚えておいてください。ですから、あなたの畑がタイで働くことが許されていない禁止された職業のひとつではないことを確認してください。がんばろう!

 

原文:タイで働く外国人のための10の一般的な仕事

コメント

タイトルとURLをコピーしました