日本円をタイの銀行口座に海外送金するならトランスファーワイズ一択な件

広告

今週はマニラのフリーランサーさんにお会いして、今後はアドセンスは厳しくアフィリエイトに比重を置かないといけないと言っていて、感化されているティケイジイです。さて、今日はタイ編。タイに長期滞在している場合に、困ることの一つが海外送金。

 

日本円を日本から持ってきて、タイ現地で両替したり、クレジットカードのキャッシングを使ったりしても良いですが、両替は現金を持ってこないといけないので、セキュリティの面で不安ですし、キャッシングは手数料が不明確で一体どの方法が最も効率が良いのか判断できかねてしまいますね。

 

そこで登場するのが今回紹介するトランスファーワイズ。以前フィリピン編でも紹介したことがありますが、2011年に業務を開始した、他社とは一線を画す送金スキームを利用した海外送金サービスを提供している会社です。

▽関連記事▽

トランスファーワイズは日本から海外送金できるひと味違った秀逸な方法
日本からフィリピンへ海外送金 フィリピンにいる彼女や現地妻(笑)に日本からお金を送金するのは頭の痛いところだ。ゆうちょ銀行は一律2,500円(2016年4月現在)、大手メガバンクは3,500〜5,500円ほどの送金手数料がかかるからだ。楽天銀行は750円と良心的だが、法人ビジネス口座の開設と海...

 

このサービスを利用すると送金手数料が格段になりますので、今すぐは利用しないとしても、予めユーザー登録し、認証手続きをしましておけば急な海外送金案件があった際に素早く対応することができます。この記事では、トランスファーワイズの概要や登録方法を逐一説明していきたいと思います。

トランスファーワイズへの登録

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

トランスファーワイズの概要

トランスファーワイズは、2011年1月にエストニア人クリスト・カーマンとターヴェット・ヒンリクスによって設立された英国のオンライン送金サービスで、ロンドンに拠点を置いています。

同社は、GBP、USD、EUR、AUD、CADを含む世界中の750以上の通貨をサポートし、複数の通貨口座を提供しています。 2018年、トランスファーワイズの純利益は800万ドルに達し、顧客数は400万人に達しました。

サービスのコンセプトは、他の人との送金を一致させ、銀行間ミッドマーケットレートを使用しながらも、売買レートがあり、ブローカーが両者の差を取る従来の通貨送金とは異なり、少額の手数料を支払って海外送金を行うことだということです。

現在、英語、ポーランド語、フランス語、スペイン語、イタリア語、ハンガリー語、ポルトガル語、中国語、ドイツ語、ロシア語の7つの言語バージョンがあります。 承認は、特別に作成されたユーザーアカウントまたはソーシャルネットワークのFacebookまたはGoogleサービスのユーザープロファイルを介して実行できます。

 

なぜトランスファーワイズなのか?

なぜトランスファーワイズを使用する必要があるのでしょうか?それはトランスファーワイズが、常に最良の送金手続きを提供する最も便利なサービスだからです。傷口に塩をぬるかのごとく、銀行は、送金側又は受取側いずれかに手数料を請求し、為替レートの負担から逃れています。マネーグラムとウェスタンユニオンに関しては、銀行以上に手数料がとられてしまいます。トランスファーワイズは各通貨で現金準備を保持するため、取引ごとに小額の資金を移動させることはありません。通貨間でお金を直接行き来させ、必要に応じて送金をより大きなプロセスに統合することにより、トランスファーワイズでは送金手数料を大幅に節約することができます。

トランスファーワイズは、銀行には真似できないようなミッドマーケットレートを提供しています。トランスファーワイズは1%未満の小さな手数料でお金を稼いでいますが、これも銀行からすると聞いたことのない話になるでしょう。トランスファーワイズを使用した一般的な米国口座からタイの銀行口座への1,000ドルの送金には約10ドルかかります。

トランスファーワイズの初期画面で通貨と金額を選択すると、送金にかかる正確な金額が表示されます。これは最終的な数字であり、後々で驚くような額の手数料や料金が発生することはありません。

 

トランスファーワイズは、タイの人々にお金を送るのに最適ですが、タイへ頻繁に旅行する人は、地元の銀行口座を保持し、トランスファーワイズで資金を調達するようにすれば、220バーツのATM現地通貨引き出し手数料が、そのまま浮くことになります。

▽関連記事▽

パタヤからスワンナプーム空港・バンコク市内への行き方。空港でのATM現金引き出し方法。
2016年秋にパタヤへ行った時のことを記録に残す。ちなみに今回は写真が多く、実につまらない記事となっているので注意されたい。 スワンナプーム空港のATMで現金を引き出す スワンナプーム空港に到着。相変わらずのインターナショナルさが好きだ。 旅の必需品SIMカードを間髪入れず...

 

日本の口座からタイの口座へ10万円を送金する場合の比較

ここでは主要海外送金銀行2社とトランスファーワイズにて、10万円をタイの口座へ送金した場合を比較してみようと思います。

 

楽天銀行

  • 送金手数料:1750円
  • 為替レート:銀行が定める為替手数料が上乗せされた為替レート
  • 合計コスト:1750円+為替手数料
  • 受取概算額:27893.15バーツ

三井住友銀行

  • 送金手数料:3500円
  • 為替レート:銀行が定める為替手数料が上乗せされた為替レート
  • 合計コスト:3500円+為替手数料
  • 受取概算額:27415.65バーツ

トランスファーワイズ

  • 送金手数料:370円+0.82%
  • 為替レート:実際の為替レート
  • 合計コスト:1180円
  • 受取概算額:28747.03バーツ

楽天銀行や三井住友銀行は銀行が定める為替手数料が徴収されることに対して、トランスファーワイズは実際の為替レートが適用になっています。

参考:海外送金にかかる手数料を比較

 

設定に必要なもの

トランスファーワイズを使用してタイに送金するための設定は、迅速かつ簡単で、クリックして開始するだけです。登録を始める前に、必要なすべてのリストを以下に示します。受取人の自宅の住所などを知る必要があることに後々気づいたため、手続きを中断せざるを得なかったという話を何度か耳にしたことがあります。

  • あなた自身の個人情報
  • 氏名、メールアドレス、自宅住所、銀行口座番号、銀行名など、タイの受取口座の所有者の情報(ルーティング番号やSWIFTコードは不要です)
  • 特定の国の市民、または1000ユーロを超える送金の場合、パスポートまたは運転免許証の写真が必要です。 これを確認するには2〜3日かかる場合がありますが、米国の運転免許証で1時間未満しかかからなかったという話も聞いたことがあります。
  • 米国の銀行からの送金には、オンラインバンキングのログイン認証情報が必要です。 米国のデビットカードを使用している場合、料金はわずかに高くなりますが、ログイン認証情報は必要はありません。

 

トランスファーワイズに登録する方法

アカウントを設定して最初の送金を行うのは非常に簡単ですが、みなさんをつまずかせることがいくつかあります。設定と転送を行うためのステップバイステップのガイドはこちらです。

  1. まず、トランスファーワイズWebサイトにアクセスして、電子メールアドレスと適切なパスワードで登録します。
  2. 次に、右上隅のメンバーアイコンをクリックして、「個人プロフィールを作成」を選択します。氏名、生年月日、電話番号、住所を入力します。
  3. 送金ごとに1000ユーロ相当額を超える金額を送信する場合は、右上のメンバーアイコンをもう一度クリックして「確認」を選択します。 IDまたはパスポートの写真をアップロードする必要があります。
  4. 次に、左側で「受取人」をクリックし、「銀行口座を追加」をクリックします。プロンプトが表示されたら、アカウントの詳細を追加します。
  5. アカウント情報が表示されたら、「受信者を追加」をクリックします
  6. 受取人の通貨をタイバーツ(または送金先の国の通貨)に切り替えてから、メールアドレス、名前、住所、銀行と口座番号を入力します。
  7. その後、必要に応じて別の受信者を追加するか、左上のトランスファーワイズロゴをクリックしてから「送金」をクリックします。

トランスファーワイズへの登録

 

トランスファーワイズでタイに送金する方法

日本円からタイバーツへの送金手続きは簡単です。以下で送金手続きを説明したいと思います。

 

1.メイン転送画面から、一番上のボックスが自国通貨に設定され、一番下のボックスがタイバーツに設定されていることを確認します。 送金額ボックスまたは受取額ボックスに金額を入力すると、もう一方が調整されます。

 

2.画面上には為替レートが表示されています。外国為替レートがわかるサイトで現在のレートを見てみると、実際のミッドマーケットレートに非常に近い数値が得られていることがわかります。 請求される料金は1つの番号として表示されます。「詳細を表示する」をクリックすると詳細が開き、費用の明細が表示されます。ドロップダウンボックスを使用して、銀行デビット(ACH)、デビットカード、電信送金、またはクレジットカードで支払うためのさまざまな料金を確認することもできます。本当に素晴らしいのは、ここに表示される金額がすべてで、画面を進めていくと追加料金がどんどん加算されるホテル予約サイトとは一線を画するユーザーインターフェースということです。

 

 

3.受取人のアカウント詳細をすでに入力している場合は、この画面からそれらを選択します

 

 

4.送金内容を確認し、必要に応じて備考を追加し、ボックスにチェックを入れて条件に同意し、「確認して続行」をクリックします。

 

5.入金方法の選択画面で、使用するオプションを選択します。 デビットカードでの支払いは最も安いはずです。今回のこのテスト送金手続き中に、日本の銀行にログインする際に問題が発生したため、行き詰まりましたが、これはトランスファーワイズの問題ではありませんでした。

6.「確認して実行」アイコンをクリックすると、進行中の画面が表示され、成功画面が表示されます。

 

海外送金にかかる時間

送金には24〜48時間かかり、状況によってはそれよりも長くかかる場合があります。 即時送金にはウェスタンユニオンなどのサービスが便利なのですが、依然として高額ですので、事前に、どれくらいの手続き時間でどれくらいの額を送金するのか計画しておいたほうが良いでしょう。この情報について質問や更新がある場合は、下にコメントを残すか、お問い合わせください。

トランスファーワイズへの登録

出典:The best way to send money into Thailand

コメント

タイトルとURLをコピーしました