COVID-19対策で外国人を含めた在住者に対するロックダウンがセブで始まってしまいました。

この記事は約17分で読めます。
ADVERTISEMENTS
ADVERTISEMENTS

みなさんこんにちは今日は、フィリピンの新型コロナウイルス感染症(COVID-19)についてです。前回、マニラ首都圏の都市閉鎖を含めたフィリピン全体について情報をまとめましたが、今回はセブ州に関する各種行政命令について。

新型コロナウィルスによるロックダウンでフィリピン留学語学学校が閉鎖!?地域、学校状況も随時更新。

 

過去の行政命令も併せて下記で翻訳しましたのでご確認ください。

 

セブ州とは

まずはセブ州に関する行政命令ということで、念のためセブ州がどの範囲なのかをグーグルマップで調べてみました。グーグルが間違えている可能性もありますが、マクタン島を含めたセブ島全体をカバーしています。

「Province of Cebu」で検索し、「セブ Lalawigan ng Cebu」と表示されています。

セブ州行政命令

セブ州からは、毎回行政命令として、下記のような細かい規則が発令されます。

 

セブ州行政命令第5-K「24時間自宅隔離」

下記は3月15日(日)に発表された行政命令の5-Jです。24時間自宅隔離についての命令です。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-K
2020年
セブ州の構成要素である都市および地方自治体の首長によって実施される追加の緩和策。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前文は割愛。

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限と行政命令第5-Gに追随するものとして、次の行政命令を適用します。

  1. ソーシャルディスタンシング
    1. 厳格な社会的距離と適切な衛生状態は、すべてのターミナルと公共輸送車両で順守されるものとします。
    2. 少なくとも1メートルの厳格な社会的距離と適切な衛生状態が、すべてのレストラン、カルデリア、およびその他の施設で常に順守されなければいけません。
    3. 公共または民間の輸送車両を利用する運転手と乗客は、1席離れた距離を順守するものとします。
    4. オートバイの運転手の後ろに乗ることは禁止されます。
    5. バス、ジープニー、およびその他の公共交通機関の車両は、指定されたチェックポイントで停止して、社会的距離の順守し、コンプライアンスに従っているかチェックされる必要があります。
    6. フィリピン国家警察(PNP)、陸上輸送局、および陸上輸送部隊および規制委員会は、この命令の実施を支援するものとします。
  2. 門限(学生および65歳以上)
    就学前、保育園、小学校、大学、および大学卒業後の求職者と65歳以上の人は、それが取り消されるまで州全体で24時間体制の門限に従わなければならない。そして、本目的遂行のために、以下を遵守するものとします。

    1. 65歳以上のすべての学生と個人は、常に家にいなければなりません。
    2. 学生の親は、子供が家にいることを保証するよう義務付けられます。
    3. 65歳以上で、治療のために医療施設に行く必要がある既存の病状を持つ人は、診察のためであれば24時間の門限を免除されるものとします。ただし、居住地を管轄する地方自治体の地方首長からの証明書を取得する必要があります。
      免除を請求する人に、彼または彼女の既存の病状に関連して、もしあれば、診断書および他の関連文書を提出するよう要求することは、地方首長の義務となります。
      公的および私的医療従事者、病院労働者および管理スタッフ、医療専門家、緊急対応ユニットのボランティア、公務員および政府の従業員は免除されるものとします。
      その他の免除は、州知事の承認を条件とします。
    4. セブ州を旅行する人は、常に身分証明書を持参する必要があります。
    5. 州全体の24時間の門限は、2020年3月22日午後3時に発効します
  3. 閉鎖と停止
    1. 2020年3月24日の午前12時1分に、すべてのパブ、バー、インターネットカフェ、ビデオゲームアーケード、ギャンブル施設、理髪店、美容院、タトゥーまたはピアスパーラー、エステティックセンター、および関連するパーソナルケアサービスは、ここで閉鎖されます。 これには、ネイリスト、マッサージ師、美容師、エステティシャン、および厳密な社会的距離が守られないその他の同様のサービスによるすべての在宅サービスも含まれます。
    2. 市、地方自治体、またはバランガイで覆われた裁判所で開催されるすべてのスポーツおよびその他の活動は禁止されます。
    3. すべてのビーチでの外出、小旅行、その他同様の性質の活動は禁止されています。
    4. ページェント、ビンゴ、ディスコなどのバランガイレベルでのすべての活動、および10人以上が参加するその他の活動は、これによって禁止されます。 バランガイ船長はそのような禁止を強制することを義務付けられている。 それ以外の場合、バランガイキャプテンは違反の責任を負います。
  4. 労働力
    2020年3月24日の午前12時1分に、セブ県内で事業を行うすべての企業、ビジネスプロセスアウトソーシング、および非営利団体は、在宅勤務または在宅勤務を可能な限り最大限に利用するものとします。 各雇用主は、自分の職場、支店、またはオフィスでの直接の労働力報告を50%削減するものとします。
    必須のサービスまたは機能を提供する必須の企業またはエンティティには、対面による制限は適用されません。 これには以下が含まれます。

    1. 医療業務
    2. 公益事業、通信、空港、輸送インフラストラクチャを含むインフラストラクチャ。
    3. 食品加工および医薬品を含む製造
    4. 食料品店と薬局
    5. ゴミ収集、郵送、発送サービス
    6. ニュースメディア
    7. 銀行および関連金融機関
    8. 建設および関連サービス
    9. 住居の安全、衛生、基本的な運営を維持するために必要なサービス
    10. 政府機関の継続的な運営を確保し、公衆の健康、安全、福祉を提供するために必要なロジスティクスとテクノロジーのサポート、育児とサービス
      他の企業は、州政府により決定および承認された場合、この規定から免除される場合があります。
  5. 地方最高責任者(LCE)
    すべてのLCEは、Sangguniang PanglungsodまたはSangguniang Bayan条例によってさらにサポートされるように、この大統領令の規定を採用した独自の大統領令を発行することが義務付けられています。
    PNPおよびフィリピン国軍は、この大統領令の履行および違反者の逮捕を支援するものとします。
    この行政命令に含まれる有効性条項のない他のすべての規定は、直ちに効力を生じるものとします。

2020年3月21日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて。
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-K

EXECUTIVE ORDER NO.5-K

 

セブ州行政命令第5-J「外国人への強制検疫/隔離」

下記は3月15日(日)に発表された行政命令の5-Jです。シンプルに言いますと3月17日午前12時01分から他国から空路でセブに来た外国人すべてに強制検疫/隔離を施すというものです。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-J
2020年
検疫/隔離のための実施要綱を、外国からのすべての人に拡張します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年1月30日に、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的流行を国際的に懸念される公衆衛生緊急事態と見なしました。

同日、保健長官フランシスコ・T・デュケⅢ長官は、フィリピンで初となる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例を確認しました。

2020年3月10日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する世界的流行をパンデミックと宣言しました。

世界保健機関(WHO)によって報告された新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な症例数は、5,720人の死亡を伴う152,428人の確定的症例となっており、その数は現在も継続に増加しています。

また、2020年3月15日現在、フィリピンでは新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症例は140人で、11人が死亡しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による明確かつ現在の危険性は引き続き存在し、セブへの侵入を防ぐためのより厳格な措置の実施及び、外国から来るすべての人の検疫/隔離のための実施要綱の確立が早急に必要な状況です。

 

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限において、外国から空路でセブ州に到着するすべての 外国人に対し、行政命令を適用します

フィリピン人は自宅検疫下に置かれるものとし、外国人は、自費で指定された検疫施設において強制検疫/隔離を受けるものとします。

地方最高責任者(LCE)およびバランガイキャプテンは、影響を受ける個人による強制隔離に関する実施要綱の厳密な遵守を確保するように指示されます。フィリピン国家警察とフィリピン国軍は、地方最高責任者(LCE)らの実施を支援するよう要請されます。

 

この行政命令は、2020年3月17日午前12時01分に発効します。
2020年3月15日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-J

EXECUTIVE ORDER NO.5-J

 

セブ州行政命令第5-I「海上からの上陸規制」

下記は3月15日(日)に発表された行政命令の5-Iです。セブ州への海上からの上陸を禁止する命令です。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-I
2020年
ネグロス島からの国内線乗客の入国に関する即時禁止の実施

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前文は割愛。

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限に基づいて、今から30日間、ドゥマゲッティ市を含むネグロス諸島のすべての港からの海上渡航によるセブ島に到着するすべての国内旅行者の上陸を即時に禁止することをここに命じます。

この行政命令の発効後に返送中の船、またはセブに到着したばかりのセブアノ人の返還は許可されますが、家庭検疫に関する確立されたプロトコルに従って14日間の強制検疫を受ける必要があります。 

現地最高責任者(LCE)とバランガイキャプテンは、関係者による家庭検疫のプロトコルの厳格な遵守を確保するように指示されています。 フィリピン国家警察およびフィリピン国軍は、LCEの実施を支援するよう要請されます。

この大統領令は、発行後直ちに発効します。

2020年3月15日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて。
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-I

EXECUTIVE ORDER NO.5-I

 

セブ州行政命令第5-G「各種規制、授業の停止措置」

下記は3月14日(土)に発表された行政命令の5-G。「社会的距離」「中止と閉鎖」「外出制限」「授業の一時停止」について述べられています。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-G
2020年
セブ州の構成要素である都市および地方自治体の地方首長が従うべきガイドライン

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

前文は割愛。

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限に基づいて、ここにセブ州の構成都市および地方自治体の地方首長に、次のガイドラインに従うことを命じます。

  1. 社会的距離
    1. 厳格な社会的距離のルールと適切な衛生状態が守られなければなりません。
    2. すべての商業施設は、顧客とモールの常連客の厳格な社会的距離を確保するものとします。
    3. 宗教指導者は、宗教活動の開催中に社会的距離を置くことを推奨します。
  2. 中止と閉鎖
    1. 本命令により、すべての大きな集会が中止となります。
    2. 本命令により、すべてのスポーツイベント、トーナメント、および大会が中止されます。
    3. 州内のすべての映画館、プール、レクリエーションセンター、ジム、コックピット、およびその他の共同活動施設は、本命令により、閉鎖するように命令されます。
    4. すべての公共の場所でのカラオケは禁止されます。
    5. 20人以上で構成される家族会や社交会は控えてください。
    6. 対面会議は推奨されません。ビデオ会議やフェイスタイムを介するなど、会議を実施する別の方法が推奨されます。
    7. 家族や友人は、病院に閉じ込められた患者を訪問することを控えてください。
  3. 外出制限
    1. すべてのレストラン、カフェ、バー、サービス(飲食)関連施設、スパ、パーラーは、午後9時に閉店します。
    2. 午後10時から午前5時まで、州全体に外出制限をかけます。
    3. 薬局、24時間営業のコンビニエンスストア、および生活必需品を提供するものは、外出制限を免除されます。
    4. 商品の配達と基本サービスを担当する職員と医療従事者も同様に免除されます。
    5. その他の免除は、州知事の承認を条件とします。
  4. 授業の一時停止
    公立および私立学校のすべてのレベルのすべてのクラスは、2020年3月16日から停止されます。
  5. 地方最高責任者(LCE)
    1. インフルエンザ様疾患(ILI)/ 重症急性呼吸器感染症(SARIの早期クラスタリングを検出するために、市保健担当官および市保健担当官を介したすべてのLCEは、既存のILISARIの監視をすべてのレベルで強化します。
    2. すべてのLCEは、そのバランガイキャプテンとともに、セブ市外からの人の新たな到着、またはマニラ首都圏、他の州、都市、 COVID 19の症例が確認された自治体。
    3. すべてのLCEは、Sangguniang PanglungsodまたはSangguniang Bayan条例によってさらにサポートされるように、この行政命令の規定を採用して独自の行政命令を発行することが義務付けられています。
  6. フィリピン国家警察およびフィリピン国軍は、この行政命令の実施を支援するものとする。

 

この行政命令は、発行後直ちに発効します。

2020年3月14日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて。
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-G

EXECUTIVE ORDER NO.5-G

 

セブ州行政命令第5-F「セブ港への上陸制限」

下記は3月14日に発表された行政命令の5-Fです。2020年3月16日(月)の午前12時01分より、1日ごとにセブの港への上陸が制限されていっています。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-F
2020年

セブ州のすべての港に到着する国内の乗客の上陸を規制

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年1月30日に、世界保健機関(WHO)は新型コロナウ・・・

[以下行政命令第5-Jと同文]

・・・イルス感染症(COVID-19)の症例を確認しました。

2020年3月8日、ロドリゴ・R・ドゥテルテ大統領は、フィリピン全土における公衆衛生上の緊急事態宣言である大統領宣言第922号を発行しました。

2020年3月10日、世界保健機関(WHO)は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関する世界的流行をパンデミックと宣言しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡散をさらに抑制するために、マニラ首都圏の努力を支援する必要があります。

2020年3月14日現在、フィリピンで新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の確認された症例は98件です。

 

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限において、海路にてセブ島に到着する国内乗客の入国を30日間制限します

  1. 2020年3月16日(月)の午前12時01分より、ターミナル1およびサンボアンとサンタンデールにあるすべての港において、到着した旅行者はセブ州への上陸を拒否されます。
  2. 2020年3月17日(火)の午前12時1分より、トレド、トゥブラン、タブエラ、タンギル(ドゥマンジュグ)にある全ての港にて、到着した旅行者は、セブ州への上陸を拒否されます。
  3. 2020年3月18日(水)の午前12時01分より、セブ州内の他のすべての港に到着する旅行者は上陸を拒否されます。
  4. 公務員、軍。海軍、公務上の空軍、警察、および保健職員は、この行政命令の規定から免除されるものとします。

セブに入る貨物および物資の配送は妨げられないものとします。ただし、これらの貨物に付随する船員および配達要員は、該当する健康および検疫実施要綱の対象となります。

 

この行政命令は、発行された時点で直ちに効力を発します
2020年3月14日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-F

 

セブ州行政命令第5-E「マニラ発着陸海空便の禁止」

下記は3月14日に発表された行政命令の5-Eです。マニラ首都圏発着の陸海空路での渡航を禁止する内容となっています。

フィリピン共和国セブ州知事局

行政命令第5-E
2020年

クラーク国際空港、レガズピ市、カガヤンデオロ市、およびドゥマゲテ市から空路にて到着する国内線搭乗者のセブへの渡航を禁止

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2020年1月30日に、世界保健機関(WHO)は新型コロナウ・・・

[以下行政命令第5-Fと同文]

・・・イルス感染症(COVID-19)の確認された症例は98件です。

 

上記の状況を鑑みて、私、セブ州の総裁であるグウェンドリン・F・ガルシアは、法律により与えられた権限において、クラーク国際空港、レガスピ市、カガヤンデオロ市、およびドゥマゲテ市を出発地とする空路でセブに到着する国内線の乗客の入国を30日間禁止します

 

この行政命令は、発行された時点で直ちに効力を発します
2020年3月14日フィリピン、セブ市の州議会議事堂にて
グウェンドリン・F・ガルシア

EXECUTIVE ORDER NO.5-E

コメント

  1. […] COVID-19対策で外国人に対する強制検疫がセブで始まってしまいました。 […]

  2. […] COVID-19対策で外国人に対する強制検疫/隔離がセブで始まってしまいました。 […]

タイトルとURLをコピーしました