HSBC香港から海外送金する方法。取引限度額の上げ方や海外銀行口座の登録方法、IBANとは等。

先日のマニラコンドローンで、ひょっとしたら多額の一括金が必要になる可能性があるたかぎです。

もしもの時のために今のうちから資金移動の練習をしておこうかと思い、今日はHSBC香港からフィリピンのBDOという銀行に送金をする手順をレポートしようと思います。

初めての金融手続きは思わぬところで必要書類やらなんやらが必要になり、時間を食う恐れがあるので念には念を押しておくのが海外長期在住者の知恵です(!?)。

その他海外で現金を引き出すための記事はこちら

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

HSBC香港の取引限度額を上げる

ログイン後の画面でメモラブルアンサーとパスワードを入力します。簡易なログインであればセキュリティデバイスは必要ではありません。

ログインが成功したらホーム画面に移動します。ここ1年くらいで、ホーム画面もかわりました。

そのホーム画面で「My Banking」にカーソルを置くと、メニューが下にペロッとでてくるので、その中の「Daily payment and transfer limits」をクリックします。

1日の支払い・送金限度額の設定

すると上記のような「Daily payment and transfer limits」の設定画面に移動します。

念のため注意書きを読んでおきます。

You may set daily payment and …

… Phonebanking) – with immediate effect.

  • ここでは1日の支払いと送金限度額を設定できます。
    • 取引限度額と代金支払限度額を下げる場合は直ぐに手続きは完了します
    • 取引限度額を上げる場合は、セキュリティデバイスが必要です。
  • 自己名義のHSBC香港口座は直ぐに手続きは完了します。
  • 登録済み口座へ
    • 限度額を上げるための手続きは、月曜から金曜の午後9時まで又は土曜午後6時までに受付が完了すれば翌営業日に反映されます。
    • 限度額を上げるための手続きは、月曜から金曜の午後9時以降又は土曜又は祝日午後6時以降に受付が完了した場合は、2営業日目に反映されます。
  • 未登録口座(HSBCネットバンキング又はATMでのみ可。フォンバンキングは不可)ー 即時に反映されます。

To increase other…

…HKD400,000.

上記に無いほかの取引限度額を引き上げるためにはフォームをダウンロードして記入後、最寄のHSBC支店かメールにてお送りください。

取引限度を上げることによって、リスクが増すことにご注意ください。弊行では定期的な取引限度額の見直しと必要に応じた調整を高く推奨いたします。

2017年1月8日より、ローカルHSBC又はハンセンATMでの未登録口座への1日取引副限度最大が400,000香港ドルへ増加しております。

画面をスクロールしていくと下記の項目がありますが、ここでは3つ目の項目を確認します。

  1. To my HSBC accounts in Hong Kong via HSBC Internet Banking
  2. To my Payees (registered accounts via HSBC Internet Banking)
  3. To New Payees (non-registered accounts in HSBC or other banks in Hong Kong, or overseas)(新しい受取人(HSBCの未登録口座又は香港内の他行、もしくは海外の他行))

デフォルトで1日の送金限度額は70,000香港ドルになっています。そこを変更限度額の400,000にして最下部の変更ボタンを押します。

確認画面

すると「Verify」という確認画面が出てきます。ここでも念のため文言を理解しておこうと思いましたが、「Daily payment and transfer limits」の設定画面の上の文言と同じでした。

セキュリティデバイス

内容を理解して下にスクロールすると、やっぱりここぞという時に出てきます、セキュリティデバイス。ここで手順どおりにデバイスを操作し、セキュリティコードを入力します。

HSBC香港からフィリピンの銀行へ送金する

取引限度額を上げるのは、簡単そうなので、一区切りしてセキュリティデバイスをタンスの奥から引っ張り出してくるのが面倒くさいので、まずは、HSBC香港からフィリピンの銀行へ送金ができるのかを試してみたいと思います。

当方、平日日中はサラリーマンをやっておりますので、こういった金融関係の手続き、特に海外系は思わぬところでペンディングをくらうので、まずはどこでつまずくかを知り、手続き計画を立てるのが一番です。

さてホーム画面で先ほどと同じように「My banking」にカーソルをおいて、今度は「Pay or transfer」という項目をクリックします。

支払い又は送金手続き

すると「Pay to transfer」という画面に行きますので、やはりここでもまずは注意書きを読んでおきます。

Transfer money or exchange currencies…

…Move Money, Global Transfers and Bill Payment here.

自己口座間での資産移行や外貨交換、HSBC又は香港内又は海外の他行への送金又は定期的な支払い方法を設定します。

「My investments」にて、当行の”FX/RMB切り替えサービス”や”FXオーダー監視サービス”もご利用いただけます。

もしご質問ございましたら、資金移動、グローバル送金、料金支払いの関連FAQをご覧ください。

※入力時の注意点

ここで、「Move money from」の「Account」を出金する予定の口座にするのを忘れないようにしましょう。後で変更すると入力した項目がまっさらになるので最初に選択しましょう。

下のほうにスクロールし、「Move money to」というコーナーに行き「New payee」「Account transfer」を選択すると銀行を選択する画面がでてきます。

Country/Territoryが最初は香港になっているので、それをPhilippineに変更するとBank numberを入力する画面が出てきます。

しかし、送金先のBDOのバンクナンバーなんて知りません。グーグルで調べても出てくるのは電話番号ばかりです。

銀行番号(Bank Number)

しかしながら、画面の赤枠の銀行番号・銀行識別コードが不明の場合に検索・選択する(Search and select if you do not know the Bank number/bank identifier Code (BIC))という箇所をクリックすると、

銀行検索

銀行を検索する画面がでてきます。一番下のBank nameのブランクにbancoと入れるとBDOことBANCO DE ORO SAVINGS BANKがでてきます。フィリピン初心者のかたはBDOの本名がそんな名前だとは思いもよらないでしょうね。

やっぱり来ました。IBANがわかりません。

バンクナンバーはわかったもののその下のIBANという箇所が必須のため入力する必要があります。しかし、ネットで探すもののBDOのIBANが見つかりません。

YAHOOにあったURLをクリックすると、変な画面が出て、セキュリティソフトが発動。

あってよかった、ESET。

とある英語学校ではセキュリティソフトも入れていないパソコンに生徒のUSBを挿すものだから、ウィルスがそこら中に蔓延していました。

海外在住でもセキュリティソフトだけは入れておきたいですね。

不審なアドレスをブロックしたものは良いものの、メモリ1メガと貧弱パソコンなので、長時間待機が続きます。

フィリピン留学持ち物必携のパソコンが突然故障したらどうする?マニラでのおすすめノートPC購入方法

さて、どうしたものかと、途方に暮れ再度IBANのところをみるとIBAN/Account numberと書いていることに気付きます。なるほどひょっとしてここに自分の口座番号を入れるのかと仮定を立てました。

BDOの口座番号をIBAN/Account numberに入力し、その後、自分の住所や口座名義、手数料は海外送金側が払うのか、受取人側が払うのか等必要事項を入力していきます。

その他入力項目

受取人個人情報(Payee’s personal details)

受取人銀行詳細(Payee bank details)の項目の下には、受取人個人情報を入力するフォームがあるので、それぞれ口座名義人名、受取人居住地国、受取人住所を入力します。

今後も送金予定がある場合は「マイ受取人に追加(Add to My payees)」にチェックします。

☑️受取人追加

この受取人を登録送金口座として追加します。そうすることで将来に渡りこの口座への送金が簡便になります。この受取人への初期設定1日最大送金限度額は50,000香港ドルになっていますが、手続き完了後にHSBCインターネットバンキングからこの受取人への送金限度額を変更したり、受取人を削除したりできます。

– 手続きは月曜から金曜の午後9時まで、又は土曜の午後6時までに申請すれば、翌営業日に反映されます。

– 手続きを月曜から金曜の午後9時以降、又は土曜・祝祭日の午後6時以降に申請した場合は、翌2営業日目に反映されます。

– 新しい取引口座の登録申請が行われると顧客へSMSメッセージ通知が送信されます。通知を受け取るために電話番号を最新の状態にしてください。

送金詳細(Payment details)

次に「送金詳細(Payment details)」のグループに移ります。「送金金額(Transfer Currency)」に受取人側の通貨を入力します。ここでは受取人は私のフィリピン口座ですので、フィリピンペソを入力します。

Philippine Pesoという項目を入力すると受取側送金金額を入力するフォームが自動で出てきます。

その後、海外送金手数料負担(Overseas charges paid by)と現地手数料負担(Local charges charged to)を入力します。

  • メモ(任意:My notes)
  • 送金目的(Purpose of payment)
  • 受取銀行へのメッセージ(任意:Message to recipient’s bank)

を入力し、最後に送金希望日を今すぐ(Now)、後で(Later)、定期的(Recurring)から選びます。

そして最後に続ける(Continue)をクリックします。

確認(Verify)

続いて確認の画面になりますので、項目を確認して、最下部のセキュリティデバイスのトランザクションコードを入力します。

トランザクションコードの入力に手間取っていると為替レートが変更になり、レートを更新しないといけなくなりますので、その都度Refresh rateのボタンをクリックします。

すべての項目を確認したら最下部の決定ボタンをクリックします。

確認(Confirmation)

その後上記のコメントが表示されます。営業時間中の取引でなかったので、それに関するメッセージです。

  • 受取人追加の手続きを登録されている送金口座に登録しました。
  • 営業時間外の取引ですので、手続きは次の営業時間に手続きされ、翌営業日までに取引は開始されません。レートについてのお問い合わせは、営業時間中にご連絡ください。
  • お客様の手続きは2018年9月20日2:17(香港時間)に受理されました。

手続き完了

その後翌営業日の午前中にHSBC香港側での手続きが完了したという通知がメールで来ました。

その他HSBCの記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス