デジタルノマドとブロガーのためのバンコクのトップ5コワーキングスペース

広告

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

デジタルノマドにとって今一番熱い場所:バンコクのトップ5コワーキングスペースの内部

デジタルノマドの間で近年タイのチェンマイとバンコクに、ヤバいコワーキングスペースがあると話題になっています。チェンマイにはデジタルノマドが多く住んでいますが、バンコクにも大規模で活発に動いているスタートアップコミュニティがあります。バンコクでは数ヶ月ごとに、新しいコワーキングスペースが次々にオープンしているのが現状。この記事では、選り好みしないよう、バンコクにある人気のコワーキングスペースを紹介したいと思います。

 

実際にコワーキングスペースで作業するにあたり、高いパフォーマンスを実現するには、一貫したルーチンを維持することが不可欠です。そのため、業務の基盤として信頼できるコワーキングスペースが必要になります。旅行中に適切な職場環境を見つけるのは難しい場合がありますが、バンコクのコワーキングスペースは誰のニーズにも合うほど多様です。のんびりとしたカフェの雰囲気を求めている場合でも、よりフォーマルなオフィス環境を求めている場合でも、あなたは必ずニーズにあった場所を見つけることができるでしょう。

 

ザ・カンパニー

ザ・カンパニーには、閑静なエリアと、コワーキングスペースに必要なものすべてを備えた、素晴らしい広々とした環境があります。プライベートオフィス、会議室、コールブースがありますが、何よりも重要なのは、優れたインターネットです。タイでは、インターネット接続がインフラによる問題で、完璧な環境を備えている場所はあまりありませんが、ザ・カンパニーは非常に安定しているネット環境のある場所であることがわかりました。正直に言うと、ホステルのインターネットよりも安定しています。あなたがまさに締め切りに追われている(または、バッファリングせずにお気に入りのテレビ番組に追いつく)バックパッカーなら、ここが最適です。

イントロで述べたように、バンコクの新しいコワーキングスペースは近年、続々とオープンする傾向があり、ザ・カンパニーも例外ではありません。彼らはバンコクでは新しいほうの会社ですが、実際にはシンガポール、セブ、ホノルルを含む世界中にスタートアップがある日本の会社です。このように世界中さまざまな場所にオフィスをかまえているので、そのノウハウは快適なコワーキングスペースであることの証左になるでしょう。とはいえ、バンコクでは新しいコワーキングスペースの一つであり、利用可能なホットデスクがたくさんあり、あなたの作業を成し遂げるのに非常に静かな場所であることは間違いありません。

 

また、そのロケーションにも注目する必要があります。ザ・カンパニーは、GMMグラミービルの23階にあり、エンターテインメントやタイ人の有名なホットスポットとして知られています。 私が訪れたたびに、ロビーにはタイ人、日本人、韓国人、中国人の女性がいっぱいで、自分の好きなポップミュージシャンと一緒に自分撮りを撮ったりしていました。アイドルのファンにとってはかなりあわただしい場所であることは間違いありません。

ザ・カンパニーには、他のどのコワーキングスパースよりも際立っている特徴が1つあります。ビデオ制作室です。会員は、緑色の画面、適切な照明の設定などに自由にアクセスできます。旅行のブロガーなら、ここで一日を過ごす価値もあるでしょう。

 

私たちはまだ詳細を練っているところですが、この記事の更新時(2019年1月18日)に、ザ・カンパニーと提携する予定です。 ボデガの寮の鍵を会社のレセプションに提示することで、割引料金が適用になる予定です。エキサイティングな時代、私たちは常に新しいボデガホステルパートナーをメンバーの一員にしていきたいと思っています。 

  • 電話番号:+66(0) 2-116-7924
  • 営業時間:毎日9:00~19:00
  • 料金:1時間100バーツ、1日400バーツ
  • 場所:アソーク、GMMグラミーパレス23階

 

フーバ

フーバタイは、バンコクのオリジナルのコワーキングスペースです。フーバは、スタートアップシーンが若く熟した2012年に設立されました。需要が着実に増加していた時代に、彼らは市場のギャップを埋めてきました。それ以来、フーバの事業は拡大し、現在、フーバエカマイ、フーバサートーン、フーバTO、フーバシーロムの4つの場所を持っています。

フーバが時代を先取りしているのは、起業家精神とスタートアップイベントの絶え間ない流れです。彼らは、地元および外国の起業家によるワークショップや基調講演をどれだけ頻繁にホストできるかを明確に示しています。フーバの一般的な雰囲気は、典型的なクッキーカッターのオープンな作業スペース環境からも外れています。ドアを踏み出した瞬間から、仕事を終わらせるために友人の家を訪れているように感じます。Wi-Fiは高速で、キッチンがあり、それぞれの場所に独自の魅力があります。たとえば、フーバエカマイの庭は、バンコクの混雑したエリアに押し込まれているにもかかわらず、この「ジャングルのオアシス」の雰囲気を兼ね備えています。庭の温室の会議室で働くことは非常にユニークな職場であり、多くの場合、地元のスタートアップによって常に予約されています。エネルギーをゆるめる必要がある場合は、トランポリンもあります。

PS:フーバについて質問がある場合は、chris@bodegahostelgroup.comまでご連絡ください。私は地元のスタートアップコミュニティで非常に活発に活動しており、フーバタイや、テックソースグローバルデジタルベンチャーズアクセレイターのような他の地域組織と仕事をしています。

  • 電話番号:02 714 3388
  • 営業時間:毎日9:00~18:00
  • 料金:1日399バーツ、1か月2990バーツ
  • 場所:バンコク市内4か所

エカマイ

 

サートーン

 

フーバTO

 

シーロム

 

ランチパッド

ランチパッドは、BTSスラサック停留所から自転車ですぐです。 バンコクで簡単にアクセスできるコワーキングスペースの1つです。 フーバよりもゆったりとした雰囲気で、生産性にあまり厳しくない場合に便利です。

個人的には、私はフーバに行って本当にたわごとをやり、厳しい締め切りに取り組んでいない場合はランチパッドに行きます。リラクゼーションエリアがあるため、ネットワーキングに最適な場所になることもあります。 数時間仕事をしてから、豆袋に座ってPS4をプレイします。 ランチパッドでたむろしているノマド、起業家、スタートアップの創業者に会うことは間違いありません。

  • 電話番号:02 266 6222
  • 営業時間:毎日9:00~20:00
  • 料金:1日260バーツ、1か月5440バーツ
  • 場所:シーロム

 

ワークロフト

ワークロフトは、遅くまで働くことが大好きな人に最適です。 1日24時間開いたままであり、フーバやランチパッドよりもかなり長いです。 夜更かしの最適なコワーキングスペース、それは確かです。 ボデガバンコクからそれほど遠くない、BTSサラデーン駅という便利な場所にあります。 バンコクの他のコワーキングスペースとは異なり、ここには典型的なコワーキングの住人以上のものがあります。 3階建ての古いショップハウスにあるため、建物にはオフィスだけではありません。 地元の人や観光客がジムや脱出室のゲームセンターに来るのを見ることができます。

スモールオフィススペースはホットデスクよりもはるかに優れた作業環境であり、それほど高価ではないことに注意することが重要です。 ワークロフトには、6階に予約可能な大きな会議室と屋上バーもあります。

  • 電話番号:02 631 1669
  • 営業時間:24時間
  • 料金:1日300バーツ、1か月3000バーツ
  • 場所:サラディーン

 

モンスターハブコワーキングスペース&スタートアップハブ

モンスターラボは、BTSアソークの近くの便利な場所にある非常に新しいコワーキングスペースです。 つまり、バンコクパーティーホステルに2番目に近いコワーキングスペースであり、ザ・カンパニーよりも少し前にあります。モンスターハブのオープンに関するニュースを読んだとき、私たちは非常に興奮していました。これは有名な日本のスタートアップコミュニティで、最近東南アジアに進出し始めました。大勢の観客を収容できるにもかかわらず、通常は過密ではありません。バンコクで最も静かなコワーキングスペースの1つです。 夕方になると物事はすぐに変わります。モンスターハブはスタートアップイベントや起業家イベントを頻繁に開催しています。そのため、街にいる間に何か起こっているかどうかを確認するために、必ずWebサイトをチェックしてください。 また、1日のパスは250バーツだけであり、150バーツで半日購入することもできます。 

  • 電話番号:62 995 1185
  • 営業時間:24時間
  • 料金:1日250バーツ、1か月500バーツ
  • 場所:アソーク

 

バンコクコワーキングスペースまとめ

タイの首都にいる間、コワーキングスペースは仕事を終わらせるための唯一の選択肢ではありません。たくさんの種類のカフェから選べる素晴らしいコーヒーシーンもあります。それは典型的なスターバックスだけを意味するのではありません。バンコクには多種多様なテーマのカフェがあることで知られています。イベントバナナで個室またはオフィスを予約することもできます。職場を予約する前に地域の調査を行い、ニーズに最適なものをよりよく把握できるようにします。

出典:デジタルノマドとブロガーのためのバンコクのトップ5コワーキングスペース

コメント

タイトルとURLをコピーしました