バンコクの新路線パープルラインはとんだ未完成路線だった

去る2016年8月6日、タイバンコクに新路線パープルラインが開通した。今日は、実際に現地視察へ行ったのでその様子を確認されたい。

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
ブログランキング・にほんブログ村へ

実はまだMRTと連絡していない

報告の前に衝撃な事実をお伝えしよう。このパープルラインはバンコクの北、チャトゥチャック公園の西側の駅であるタオプーン(Tao Poon)駅から発車しているが、そこから一番近いMRTの駅、バンスー(Bang Sue)駅から1kmほど離れている。

運行責任を負うMRTAは乗客が乗り換え出来るよう、地下鉄ブルーラインの延伸を急ぐよう運行主のバンコク・メトロ(BMCL)と交渉中だそうだが、未だに交渉中というのはいかにもタイらしい。つまり見切り発車をしてしまったわけだ。

バンスー(Bang Sue)駅〜タオプーン(Tao Poon)駅間のシャトルバス

ただ、運営側も交渉成立まで手をこまねいているわけではなく、暫定措置として両駅間に無料のシャトルバスを運行させた。

バンスー(Bang Sue)駅の改札を出て出口へ向かう。

足元を見るとタオプーン(Tao Poon)駅〜バンスー(Bang Sue)駅間の配送システムは2番出口と書いてある。シャトルバスのことである。

全てタイ語なので何が書いてあるかはわからない。

とりあえず2番出口へ向かう。突き当たりを右だ。

シャトルバス乗り場

地上に出ると人だかりがある。実は、バンスー(Bang Sue)駅は鉄道の駅でもあるので、何気にターミナル駅のような感じになっている。

案内板。奥に見えるのが鉄道だ。

シャトルバスの乗り場という乗り場は無いので、人だかりに混ざりバスを待つ。普通にローカル路線のバスも来るので乗り間違えないように注意したい。

外見は普通のローカルバスなので側面にあるShuttleBusの文字を確認し、のりこもう。料金は無料だ。

タオプーン(Tao Poon)駅到着

タオプーン(Tao Poon)駅に到着したら、人の流れに沿えば、改札へ行ける。

切符(トークン)の買い方もMRTと同じだ。まず目的地を選ぶ。

料金を確認。

お金を挿入する。

トークンの自動販売きまで遠いので、直接有人カウンターで購入しても良い。

タオプーン(Tao Poon)駅〜バンスー(Bang Sue)駅

タオプーン(Tao Poon)駅からバンスー(Bang Sue)駅へ戻るには、最初にシャトルバスを降りた近くにバンスー(Bang Sue)駅行きのシャトルバスが待機しているのでそれに乗り込む。

バンコクパープルラインまとめ

以上のようにまだ不完全ではあるが、滅多に行かないNonthaburiを電車で視察できるのは喜ばしいことだ。未開拓の地でさらなる視察網を拡大していきたい。