涅槃仏が有名なバンコク3大仏教寺院の一つ「ワット・ポー」の行き方と見どころ

この記事は約18分で読めます。
ADVERTISEMENTS

ワット・ポーは、タイのバンコクにあるプラナコーン区にある仏教寺院です。グランドパレスのすぐ南にあるラタナコシン島にあります。寝仏像(寝仏、寝釈迦像、涅槃像とも呼ばれます)の寺院としても知られ、その正式名はワット・プラ・チェトゥポン・ウィモンマンカララーラム・ラジワラマハウィハン(英語:Wat Phra Chetuphon Wimon Mangkhalaram Rajwaramahawihan)と言います。

 

一般的に知られている名前ワット・ポー(タイ語で「菩提の寺」の意味)は、古い名前のワット・ポタラム(英語:Wat Photharam)の短縮形です。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

ワット・ポーの概要

ワット・ポーは、タイの一流王室寺院の最高ランクとして分類されているタイの6つの寺院のリスト(下記参照)の最初に位置する寺院です。

 

それは、以前の寺院の場所で寺院の複合体を再建し、そこに遺骨が安置されていると言われているラーマ1世王に関連しています。

第一級ラーチャウォーラマハーウィハーン

  1. ワット・ポー(バンコク)
  2. ワット・アルン(バンコク)
  3. ワット・スタット(バンコク)
  4. ワット・マハータート(アユタヤ)
  5. ワット・プラ・パトム・チェディ(ナコーンパトム)
  6. ワット・プラプッタバート(サラブリー)

 

ワット・ポーは後に拡張され、ラーマ3世によって全面的に改装されました。寺院の複合施設には、長さ46mの横たわる仏像を含む、タイで最大の仏像群があります。

 

ワットポーと世界遺産

ユネスコ記憶遺産証明書

大理石のイラスト

大理石のイラスト

大理石の碑文

ワットポーはタイの最古の公教育と考えられており、指導のために寺院に置かれた大理石のイラストと碑文はユネスコの「記憶遺産」プログラムで認められています。

Inscription Wat Pho / ワットポー公式HP

 

ワット・ポーとマッサージ

ワットポーにはタイ医学の学校があり、伝統的なタイ式マッサージの発祥の地としても知られています(詳細は後述)。

 

ドレスコード・服装・礼儀作法

寺院内は宗教儀式や活動が行われる神聖な場所であるため、境内に入ったら、落ち着いて礼儀正しくする必要があります。

 

女性の来訪者に関しては膝が見えるズボンは禁止されており、伝統的なまたは礼儀正しい服装が必要です。寺院内の宗教的な建物に入る前には、必ず靴を脱いで棚に置く必要があります。女性は、僧侶が儀式を行うために予め場所取りをしているすべてのエリアへの入場が禁止されています。

 

仏像はすべての仏教徒に敬われています。なので寺院や古代のモニュメントでは、写真を撮ることはできますが、決して仏像に登ることはできません。許可された係員のみがお供物をきれいに配置するために仏像に登ることができます。

 

僧侶は仏陀の代表者であるため、訪問者はマナーと言葉の両方の面で礼儀正しく静かであることが求められます。 実際には、男性は僧侶に対して肉体的に触れることができますが、女性が僧侶や修行僧に対して肉体的に接触することは禁止されています。

【参考】Visit plan / ワットポー公式HP

 

休館日や営業時間

  • 営業時間:8:00~18:30
  • 涅槃像拝観時間:8:30~16:00
  • タイ式マッサージ営業時間:8:30~19:00
  • 休館日:年中無休(但し、王宮の行事や祝祭日などの日は休館日になることが多い)

【参考】王室公式ホームページ

 

ワットポーの地図と行き方

ワット・プラケオの隣にあるのがワット・ポーです。3大寺院を回る順番としては、ワット・プラケオ→ワット・ポー→ワット・アルンですので、船でターチャン船着場で降り、ワット・プラケオへ行った後にこのワット・ポーに来ると効率が良いです。

ホームページの3Dマップは一見の価値あり→ワットポーホームページ

 

電車での行き方

以前はタクシーかバス、トゥクトゥクで行くしか方法がなかったワットポーですが、最近できた地下鉄のブルーラインでスムーズにいくことができます。ワットポーの最寄り駅はサナムチャイ駅です。

 

2019年9月現在では、MRTフアランポーン駅で下車するとホームの向かいからすぐにブルーラインに乗ることができます。写真左の矢印に惑わされて出口に向かってはダメです。

 

MRTフアランポーン駅へ行くための乗換駅は下記のとおりです。

  • エアポートリンク・マッカサン駅→MRTペッチャプリ駅
  • BTSアソーク駅→MRTスクンビット駅
  • BTSサラディーン駅→MRTシーロム駅

 

フアランポーン駅から3駅目がブルーライン・サナムチャイ駅です。駅構内もワットポーにならい厳かに装飾されています。写真撮影の観光客でごったがえしてもいます。

 

2019年9月28日までは、このブルーラインは試乗運転期間で10:00〜16:00までの運行なのですが、先日夜でも動いているのを見ましたので、その限りではないかもしれません。

【参考記事】バンコク都市鉄道ブルーラインが全線開通 最後の4駅開駅

 

改札を出ましたら一路、1番出口を目指しましょう。

 

1番出口を出たらワットポーまで上記地図のとおり歩いて10分もかかりません。ただ、ワットポーのエントランスは北西にあることは、予めチェックしておきましょう。敷地が広いので入り口を間違えるとロスにつながります。

 

バスでの行き方

カオサン方面から乗り場

 

カオサン方面からの降り場

カオサン方面からですと上記乗り場から44番のバスに乗ると2番目の地図、ワットポーの北側バス停に停まります。バス運賃は10~15バーツ。正確な金額はわかりません(笑)。

 

トゥクトゥクでの行き方

カオサン方面からワットポーまではトゥクトゥクで50~100バーツです。フアランポーン駅からトゥクトゥクですと150~200バーツが相場です。

 

巨大な金色の涅槃像

チャペルとリクライニングブッダ(プラブッダサイヤ)は、1832年にラマ3世によって建てられました。画像の姿勢は、シハサイヤと呼ばれ、眠っているまたは横たわるライオンの姿勢です。

図は高さ15メートル、長さ46メートルで、タイ最大の仏像の1つです。仏の右腕は、ガラスモザイクで豊かに覆われた2つの箱枕の上に置かれたタイトなカールで頭を支えています。

 

フィギュアにはレンガの芯があり、石膏でモデル化および成形され、金メッキされています。

仏の足の裏は高さ3m、長さ4.5mで、真珠層がはめ込まれています。それぞれ108個のパネルに分かれており、花、ダンサー、白象、虎、祭壇の装飾品など、仏を識別するための縁起の良いシンボルが表示されます。

各足の中心には、チャクラまたはエネルギーポイントを表す円があります。廊下には108個の青銅製の鉢があり、108個の縁起の良い仏像を表します。

幸運をもたらすと考えられているため、訪問者はこれらのボウルにコインを落とすことができ、僧侶がワットを維持するのにも役立ちます。

 

リクライニングブッダは巡礼の中心ではありませんが、人気のある信心の対象のままです。涅槃像の毎年のお祝いは、4月のシャムソンクラーンまたは新年の時期に開催され、ワットポーの維持のための資金調達にも役立ちます。

 

タイマッサージ

この寺院はタイの最初の公立大学と見なされており、壁画や彫刻を通して宗教、科学、文学の分野の学生を教えています。1955年に寺院に伝統医学とマッサージの学校が設立され、現在ではタイの薬の4つのコースを提供しています:タイの薬局、タイの医療、タイの助産、タイのマッサージ。

 

これは、ワットポータイ伝統医療およびマッサージ学校で、タイ教育省によって承認された最初のタイ医学学校であり、最も初期のマッサージ学校の1つです。それは、今日に至るまで、タイの伝統医学とマッサージの全国本部と教育の中心地です。タイマッサージのコースはワットポーで開催され、これらは数週間から1年続くことがあります。

 

ワットポーコンパウンドの東端にある2つのパビリオンは、タイの伝統的なマッサージとハーバルマッサージを練習するための教室として使用され、訪問者は有料でマッサージトリートメントを受けることができます。 135か国の外国人がワットポーでタイ式マッサージを学びました。

 

寺院の複合体の周りのさまざまな建物には多くの医学碑文とイラストがあり、そのいくつかはタイのマッサージ療法士、特に北部の医療パビリオンのマッサージ師の指示として役立ちます。これらの中には、人体の前面と背面にそれぞれ30の刻まれたプラークがあり、伝統的なタイ式マッサージで使用される圧力ポイントを示しています。

 

senとして知られるこれらの治療ポイントとエネルギー経路は、人物の図に刻まれており、プラークの隣の壁に説明があります。それらは、中国の鍼治療と同様のエネルギーの流れの原理に基づいています。これまでの理解では、図は解剖学的位置とそれらの位置でのマッサージ治療によって生じる効果との関係を表していますが、図に関する完全な研究はまだ完了していないということです。

マッサージ料金

  • タイマッサージ30分:260バーツ
  • タイマッサージ1時間:420バーツ
  • フットマッサージ30分:280バーツ
  • フットマッサージ1時間:420バーツ

 

ワットポーの歴史と見どころ

ワットポーは、バンコクで最も古い寺院の1つです。バンコクがラマ1世によって首都として設立される前に存在していました。元はワットフォタラムまたはワットポダラムと呼ばれ、ワットポーの名前の由来にもなっています。

 

この名前は、仏陀が悟りを開いたと考えられているインドのブッダガヤにある菩提樹の修道院を指します。古いほうの寺院は、ペトラチャ王(1688–1703)の治世中に建設または拡張されたと考えられていますが、日付と創設者は不明です。ワットポーの南部は、かつて1688年のバンコク包囲の後、ペトラチャ王によって取り壊されたフレンチスターフォートの一部で占められていました。

 

1767年にアユタヤがビルマに陥落した後、タクシン王は首都をトンブリーに移し、ワットポーから川の反対側にあるワットアルンのそばに宮殿を置きました。ワットポーのこの王宮への近さは、それをワットルアン(王室修道院)の地位まで上昇させました。

 

1782年、ラーマ1世は首都をトンブリーから川を越えてバンコクに移動し、ワットポーに隣接した王宮を建設しました。1788年に、彼はワットポーの古い寺院跡地で建設と改修を命じました。湿地で不均一な敷地は、建設が始まる前に排水され、埋められました。

 

ラーマ1世の建設中、スコータイのアユタヤやタイの他の遺跡の廃寺から仏像を取り除くプロジェクトも開始しました。これらの仏像の多くはワットポーに保存されていました。これらには、1767年にビルマによって破壊されたアユタヤのワット・プラ・シー・サンペットからの巨大な仏像の残骸が含まれ、これらは複合施設の仏塔に組み込まれました。再構築は完了するのに7年以上かかりました。

 

作業が開始されてから12年後の1801年、新しい寺院施設はジェタヴァナのビハーラを参照してプラ・チェトゥフォン・ヴィモルマンクラヴァス(Phra Chetuphon Vimolmangklavas)と改名され、ラーマ1世の主要な寺院になりました。

▽参考記事▽

アユタヤの王の遺骨を納めた巨大な3つの仏塔が壮観な遺跡「ワット・プラ・シー・サンペット」
みなさんこんにちは。今日もタイのアユタヤ編、6大遺跡の一つワットプラシーサンペットを紹介します。年内に6大遺跡を制覇しようという計画は内緒です。 ワットプラシーサンペットの概要 ワットプラシーサンペットは、1767年にビルマによって都市が完全に破壊されるまで、タイの古都アユタヤの旧王...

 

ワットポーの建物群は、特にラーマ3世(1824-1851)の治世中の260年で大きな変化を受けました。 1832年、ラーマ3世は寺院施設の改修と拡大を開始しました。このプロセスは完了するのに16年7か月かかりました。建物群の敷地は89030.8㎡(東京ドーム約2個分)に拡張され、現在ワットポーにあるほとんどの建造物は、寝仏像のチャペルを含め、この期間中に建設または再建されました。

 

彼はまた、建物の壁をさまざまなテーマの図と碑文で装飾することで、寺院施設を学習の公共センターに変えました。2008年2月21日、これらの大理石のイラストと碑文に関して、ユネスコは、世界遺産の知恵を促進、保存、普及させます。

ワットポーは、タイで最初の大学であり、タイ古式マッサージの中心地と見なされています。 19世紀半ばに現代医学の到来前に医療教育センターとして機能し、現在も1957年に設立されたタイ医学の私立学校が現在も存在する伝統医学の中心地です。

 

ラーマ4世の治世中に、複合施設の名前は再びワット・プラ・チェトゥポン・ヴィモルマンクラーラーム(Wat Phra Chetuphon Vimolmangklararm)に変更されました。ラマ4世による4番目の偉大な仏塔(チェディ)とマイナーな修正の構築を除けば、その後ワットポーに大きな変更はありませんでした。

しかし、修復作業は継続的なプロセスであり、多くの場合、神殿の信者によって資金提供されています。この寺院は、バンコク生誕200年の祭典の前に、1982年に再び復元されました。

 

寺院の建物群

  1. プラ・ウボソット(Phra Ubosot)
  2. Kamphaeng kaew
  3. 東ウィハーン(East Viharn:東礼拝堂)
  4. 南ウィハーン(South Viharn:南礼拝堂)
  5. 西ウィハーン(West Viharn:西礼拝堂)
  6. 北ウィハーン(North Viharn:北礼拝堂)
  7. プラ・プラーン(Phra Prang)
  8. 5チェディス・ウィズ・シングルベース(5 Chedis with a single base:5仏塔と単台座)
  9. プラ・チェディ・ライ(Phra Chedi Rai)
  10. プラ・ラビアン(Phra Rabiang)
  11. プラ・ウィハーン・コッド(Phra Viharn Kod)
  12. カオ・モア(Khao Mor:石の庭園)
  1. Phra Maha Chedi Si Rajakarn
  2. Phra Mondop
  3. Pavilions
  4. Viharn Phranorn(Chapel of the Reclining Buddha)
  5. Sala Karn Parien
  6. Missakawan Park
  7. The Crocodile Pond
  8. Belfry:鐘楼
  9. ゲート(Gates)
  10. マッサージサービス(Massage service)
  11. Sala Rai

 

ワットポーは、バンコクで最大かつ最古のワットの1つであり、面積は50ライ(80,000㎡)、1,000体以上の仏像があり、中には全長46mの高さの仏像もあります。ワットポー寺院施設は、東西方向に走るチェトゥポンロードによって二分された2つの敷地で構成されています。

 

北側の大きいほうの敷地である、プッタワット(phutthawat)は、訪問者に開かれたエリアであり、4方向のビハーンを備えたボットや寝仏像を収容する寺院など、仏に捧げられた最高の建物が含まれています。南部エリア、サワンカロークには、僧侶の居住区と学校が含まれています。

メインの寺院施設の周囲の壁には16のゲートがあり、そのうち2つは一般の入り口として機能します(1つはチェトゥポンロードに、もう1つは北西コーナー近くにあります)。

 

寺院の敷地には、4つの大きな仏塔、91の小さな仏塔(chedis)、2つの鐘楼(belfries)、ボット(中央の神社)、多数のビハラ(ホール)、およびパビリオンなどの建物、庭園、小さな寺院博物館があります。建築的には、施設内の仏塔と建物はスタイルとサイズが異なります。

いくつかのヨーロッパ人を描いた大きな中国彫像の多くは、周囲の壁の門や化合物内の他の門を守っている複合体の中にも見られます。これらの石像は、もともと中国と貿易する船のバラストとして輸入されました。

 

ワットポーは、一般大衆の教育の場としての役割も果たしていました。このために、歴史、医学、健康、習慣、文学、ことわざ、辞書編集、仏教の8つの主題分野をカバーする花崗岩のスラブに図鑑が刻まれました。

医学、タイ古式マッサージ、およびその他の主題に関するテキストとイラストが刻まれたこれらのプラークは、寺院の周り、たとえばサラライまたはサテライトオープンパビリオン内に配置されます。

複合施設の周囲には、タイの岩石形成を示す24の小さなロックガーデン(カオモル)が点在し、1つはコンターティングハーミットヒルと呼ばれ、マッサージとヨガの位置を示す彫像があります。図書館の壁には星座の絵、地方行政の碑文、民話や畜産の絵もあります。

 

プラウボソット

プラウボソット(プラウポサタ)またはボットは、戒壇院とも言われ、仏教の儀式を行うために使用されるメインホールで、寺院施設の中で最も神聖な建物です。

アユタヤ様式でラーマ1世によって建設され、後にラーマ3世によってラタナコシン様式に拡大および再建されました。

ボットは、ワットポーの再構築が完了する前の1791年に建立しました。この建物は大理石の回廊で構成されており、ウボソットは二重回廊(プラ・ラビアン)に囲まれた中庭の中央にあります。

 

ウボソットの内部には金と水晶で作られた3段の台座の上に座る金と銅で作られた金箔塗りの仏像があり、像の上にはタイの権威を表す9段の傘があります。プラ・ブッダ・テバ・パティマコーンとして知られ、アユタヤ時代のものと思われる仏像は、トンブリのワット・サラ・シーナ(現在のワット・クササワン)のラーマ1世によってここに移されました。

ラーマ4世は後にラーマ1世の灰を仏像の台座の下に置いたため、国民はラーマ1世とブッダの両方に同時に敬意を払うことができます。また、ホールには仏の弟子の画像が10枚あります。モッガラーナは仏の左側にあり、サリプッタは右側にあり、8つのアラハントが下にあります。

 

 

ウボソットを囲む外側の欄干には、壮大なラーマキエンの石で約150の絵が描かれています。その究極のメッセージは、世俗的な次元から精神的な次元への超越です。石のパネルは、アユタヤの寺院から回収されました。

ウボソットは、カンペーンケオと呼ばれる低い壁に囲まれています。カンペーンケオは、神話上のライオンに守られた門に囲まれ、ボットの神聖な空間を描写するバイセマストーンマーカーを収容する8つの構造物です。

 

プラ・ラビアン

この二重回廊には、もともとラーマ1世によってもたらされた1,200枚の中から選ばれたタイ北部の仏像が約400枚含まれています。これらの仏像のうち、150枚が二重回廊の内側にあり、さらに244枚が外側にあります。

これらの仏像は、立っているものと座っているものがあり、一致する金色の台座に均等に取り付けられています。これらの画像は、チェンセーン、スコータイ、ウートン、アユタヤなどのタイの歴史の異なる時期のものですが、ラマ1世によって改装され、スタッコと金箔で覆われて似たような外観になっています。

 

プラ・ラビアンには4人のウィハーンが交差しています。東のビハーンでは、アユタヤ出身の高さ8メートルの立位仏である仏ロカナタ(Buddha Lokanatha)がを見ることができます。

その前室には、もともとスコータイ時代のサワンカロク出身の菩提樹の下に座っていた仏陀マラビチャイ(Buddha Maravichai)が鎮座しています。西側のビハーンでは、ナーガによって守られている仏陀チナスリ(Buddha Chinnasri)を見ることができます。

南側のビハーンでは、仏陀チナナラジャの最初の説教を聞いている5人の弟子の仏像を見ることができます。南と西のウィハーンの仏像は両方ともラーマ1世によってスコータイからもたらされました。ブッダパリライと呼ばれる北のウィハーンの仏陀はラーマ1世の治世中に作成されました。西のウィハーンには小さな博物館もあります。

 

プラ・プラーン

ボット周辺の中庭の各コーナーには、4つの塔(プラ・プラーン)があります。各塔には大理石が敷かれており、各4方角の守護神である4つのクメール様式の像が含まれています。

 

プラ・マハチェディシーラジャカルン

これは、それぞれ高さ42メートルの4つの大きな仏塔のグループです。これらの4つのチェディスは、最初の4人のチャクリ王に捧げられています。最初は、緑のモザイクタイルで、ビルマ人が金の覆いを取り除くために焦げたアユタヤの大仏の残骸を収容するためにラーマ1世によって建設されました。

 

さらに2つがラマ3世によって建てられました。1つは父親のラマ2世の灰を保持するために白いタイルで、もう1つは黄色で彼自身のために建てられました。青色の4番目はラーマ4世によって建設され、ラマ4世は4つのチェディスを囲み、さらに建設するスペースを残しませんでした。

 

ウィハーン・プラノーン

ウィハーンまたはウィハーンには横たわる仏が含まれており、アユタヤスタイルをエミュレートするラマ3世の治世に建設されました。インテリアは壁画のパネルで装飾されています。

この建物に隣接しているのは、中国式のパビリオンのある小さな高くなった庭(ミサカワン公園)です。庭の目玉は菩提樹で、スリランカのジャヤスリマハ菩提樹から広まったもので、もともとは悟りを待つ間に仏が座っていたインドの木から来たと考えられています。

▽菩提樹にからまった仏頭▽

アユタヤ観光で一番人気!木の根の間から仏頭が顔を出す神秘的な場所「ワット・マハタート」
みなさんこんばんは。クリスマスイブのさなかいかがお過ごしでしょうか?ロマンチックな夜にちなんで今日はアユタヤの遺跡「ワット・マハタート」を紹介したいと思います。 前回、タイ旅行へ行った際に、序盤に行ったのですが、その情報の裏付けをとることに時間がかかり(歴史シリーズは基本的に時間がかかります)、記...

 

プラ・モンドップ

プラモンドップまたはホートレイは、仏教経典の小さな図書館を含む経典ホールです。ヤシの葉に刻まれた経典は保存のために管理された環境に保管する必要があるため、建物は一般に公開されていません。

この図書館はラーマ3世王によって建てられました。入り口を守るのは、門の横のニッチに置かれたヤクワットポー(ワットポーの巨人)と呼ばれる人物です。プラモンドップ周辺には、ラーマーヤナの始まりの壁画が描かれた3つのパビリオンがあります。

 

その他の構造

プラ・チェディ・ライ

プラ・ラビアン回廊の外側には、プラ・チェディ・ライと呼ばれる多くの小さなチェディスが点在しています。これらの小さなチェディスの71個は、高さ5メートルのラーマ3世によって建てられました。

また、ラマ1世によって建てられた単一の拠点を共有する5つのチェディスの4つのグループがあり、回廊の外側の各コーナーに1つあります。小さいサイズの71のチェディには王室の灰が含まれ、5つのグループにクラスター化された20のわずかに大きいものには仏の遺物が含まれています。

 

サラカーンパリエン

このホールは、化合物の南西の角にあるプラモンドップの隣にあり、アユタヤ時代のものと考えられています。学習と瞑想のホールとして機能します。建物には、現在ボットにある仏像のために移動された、ボットからの元の仏像が含まれています。その隣にはクロコダイル池と呼ばれる庭があります。

サラライ

16のサテライトパビリオンがあり、それらのほとんどは複合施設の端の周りに配置され、仏の生活を描いた壁画はこれらのいくつかで見つけることができます。これらのうち2つは、プラマハチェディシーラチャカンとメインチャペルの間の医療パビリオンです。

北の医学館にはタイの伝統的なマッサージ碑文があり、壁には32のマッサージ位置の絵が描かれています。南側には新生児を守る守護天使の碑文のコレクションがあります。

Phra Viharn Kod

これは、Phra Rabiangの外側の各コーナーに1つずつある4つのビハラで構成されるギャラリーです。

 

Tamnak Wasukri

詩人の家とも呼ばれます。これは、タイの詩人である皇室総主教パラマヌジタジノラサの旧居です。この建物は南部の化合物の修道士の居住区にあり、彼の誕生日に年に一度開いています。

 

【参考】ワット・ポー

コメント

タイトルとURLをコピーしました