バンコクのオンヌット駅周辺の観光スポット

この記事は約4分で読めます。
広告

みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。

今日は現在滞在中のバンコクはオンヌット周辺の観光スポットを案内したいと思います。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

オンヌット駅周辺概要

オンヌット駅は、タイのバンコクにあるクローントゥーイ地区のBTSスクンビット線にあります。 駅は、オンナットジャンクション(オンナットロード)の南にあるスクンビットロードにあります。

駅のゲート内には、ATM、薬局、その他の小規模ビジネスが軒を連ねています。オンヌットBTS駅は、コンコースを介してテスコロータスとセンチュリーシネマコンプレックスの両方に接続しています。

オンヌットBTS駅では、1999年12月5日にオープンしたBTSスクンビット線の最初の終点駅でした。

 

鉄道市場「タラート・ロッファイ・シーナカリン」

営業時間:木~日曜日17時00分~1時00分

バンコクのタラートロッファイ・シーナカリン(トレインマーケット)は、アンティーク家具からヒッピーファッション、マオキッチュまで、過去の素晴らしいコレクションや記念品を販売する本格的な屋外バザーです。

タラートロッファイ・シーナカリンは、シーコンスクエアショッピングモールのすぐ裏にあるシーナカリンソイ51にあります。そこに着くための最良の方法はタクシーを利用することです。バンコクのドライバーは少なくともシーコンスクエアをほとんど全員が知っています。ただし、金曜日と土曜日の夜は渋滞する可能性があるため、最初にBTSスカイトレインでオンヌット駅まで行き、そこからタクシーに乗ることをお勧めします。

以前のロッファイマーケットは、市の北部にあるチャトゥチャックマーケットの背後にある鉄道線路の隣にあり、人々から絶大な人気を得ていました。しかしながら、2013年にBTSスカイトレインラインの拡張のために移動を余儀なくされた際、多くの人はこの唯一無二の広場であるロッファイマーケットの終わりだと考えていましたが、ありがたいことに、チャトゥチャックマーケットから撤退して間もなく、このシーナカリンに戻ってきました。

電車はないかもしれませんが、トレーダーのための「マーケットゾーン」、「ウェアハウスゾーン」、「ロッドアンティーク」などのさまざまなセクションに美しく奇妙なコレクションを展示するスペースがたくさんあるのは、今も昔も変わらない魅力の一つです。

▽関連記事▽

バンコクの鉄道市場「ターラットロッファイ・シーナカリン」の地図と行き方と中の様子
バンコクの多数の夜市の中で、人々はしばしば英語で「トレインマーケット」と呼ばれていて、メークロンの鉄道市場とは関係のない「ターラットロッファイ」。実際には「鉄道市場」と呼ばれる3つの市場があり、現在最も人気のある市場の1つであり、伝統的な市場や流行に敏感な若者の市場文化、飲み文化により、この鉄道市場...

 

巨大ショッピングモール「シーコンスクエア」

営業時間:10時30分~21時30分

シーコンスクエアは、バンコクのプラウィ地区にある大きな屋内ショッピングモールです。 1994年、HRHプリンセスマハチャクリシリントーンが主ceremonyする式典で開かれました。 ショッピングセンターの総賃貸可能面積は180,000 m2(1,900,000平方フィート)、総面積は500,000 m2(5,400,000平方フィート)で、400以上の店舗があります。 建物の長さは500メートルで、タイ最大のショッピングモールの1つとなっています。 毎日午前10時30分に営業しています。

スクンビット77(ソイオンヌット)のビッグC前(正確にはブロックス77というコンド前)から4番のソンテウでシーコンスクエアまで直接行けます。道が混んでいなければ25分ほどで到着します。料金8バーツ(夜10時以降は9バーツ)は降りる際ドライバーに渡して下さい。

▽関連記事▽

予想以上に巨大だったバンコクのショッピングモール「シーコンスクエア」の行き方
みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。 今日は、その交通の便の悪さから、あまり日本人に知られていないバンコクのショッピングモールを紹介しようと思います。 現在泊っているスイカハウスというゲストハウスから、ソンテウ一本で行けるようなので、実際にソンテウの乗り方を交えながら、行き方とモー...

 

怪談「メー・ナーク」の舞台ワット・マハーブット

女性の幽霊が祀られているワット・マハーブットもオンヌット駅から近いところにあります。

▽関連記事▽

バンコクの怖い話で有名な怪談「メー・ナーク」の舞台ワット・マハーブットで恋愛成就!?
みなさんこんにちは。今日はタイ・バンコクお寺巡り編です。今回のバンコク旅行で最初に宿泊したオンヌットのすいかハウスというゲストハウスの近くに「メー・ナーク」という怪談で有名な、ワット・マハーブットというお寺がありましたので、そのことをシェアしたいと思います。 バンコクにはお寺がたくさんありますが、...

 

プラカノン市場

営業時間:8時00分~18時00分

▽関連記事▽

オンヌット近くの超ローカルなマーケット「プラカノン市場」で3種類の肉が入った朝食
みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。 今日は、泊っている宿近くにローカル市場があるというので、実際に足を運んでみてきました。 プラカノン市場の概要 バンコクのような都市への訪問者が、その活気あるローカルな食品市場を間近に見ることができるのは、そうそう頻繁ではありません。そ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました