タイ

バンコクのオンヌット駅周辺の観光スポット。かつての庶民的エリアは今ではモダン化してます。

この記事は約10分で読めます。
ADVERTISEMENTS
ADVERTISEMENTS

みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。今日は現在滞在中のバンコクはオンヌット周辺の観光スポットを案内したいと思います。

オンヌットエリアは今回のバンコク旅で最初に訪れた地。日系ゲストハウスのスイカハウスの居心地の良さと相まって、かなり歩きつくしたエリアです。

かなりディープなところまで行きましたので、個別の詳細記事と合わせてご確認ください。

▽スイカハウスの詳細がある記事▽

タイバンコクの日本人経営/日本語対応可のお宿・ゲストハウス・ホテル9選
フィリピンは怒涛の平日祝日が多い怒涛の8月下旬を迎え、人々は浮足立っております。 さて、今日は、タイバンコクの旅行シリーズ、日本人宿の紹介です。近々バンコクに行くかもしれないので、その予備知識として、いくつかピックアップさせてもらいました。 バンコクは宿泊料が高いというイメージがありましたが...

 

オンヌット駅周辺概要

オンヌット駅構内見取り図

オンヌット駅は、タイのバンコクにあるクローントゥーイ地区のBTSスクンビット線にあります。 駅は、オンナットジャンクション(オンナットロード)の南にあるスクンビットロードにあります。

駅のゲート内には、ATM、薬局、その他の小規模ビジネスが軒を連ねています。BTSオンヌット駅は、コンコースを介してテスコロータスとセンチュリーシネマコンプレックスの両方に接続しています。

BTSオンヌット駅が1999年12月5日にオープンしたBTSスクンビット線の当時の終点駅だったことは、バンコク歴が長い人にとっては周知の事実ですね。

 

オンヌット駅構内時刻表

Ha Yaek Lat Phrao駅発Kheha駅行き

  • 始発:5時45分
  • 終電(Kheha行き):0時16分
  • 終電(Bang Wa行き):0時46分

Kheha駅発Ha Yaek Lat Phrao駅行き

  • 始発:5時26分
  • 終電:0時12分

オンヌット駅構内にあった時刻表。現在はHa Yaek Lat Phraoではなく、Kasetsart Universityになっているようなので、最新情報はBTSのホームページで確認ください。

【参照】https://www.bts.co.th/eng/service/timetable.html

 

鉄道市場「タラート・ロッファイ・シーナカリン」

鉄道市場「タラート・ロッファイ・シーナカリン」の展示高級車

営業時間:木~日曜日17時00分~1時00分

バンコクのタラートロッファイ・シーナカリン(トレインマーケット)は、アンティーク家具からヒッピーファッション、マオキッチュまで、過去の貴重なコレクションや記念品を販売する本格的な屋外マーケットです(地図)。

 

タラートロッファイ・シーナカリンは、シーコンスクエアショッピングモールのすぐ裏にあるシーナカリンソイ51にあります。バンコクのドライバーは少なくともシーコンスクエアをほとんど全員が知っているので、そこへ行くための1番簡易な方法はタクシーを利用することでしょう。ただ、金曜日と土曜日の夜は渋滞する可能性があるため、最初にBTSスカイトレインでオンヌット駅まで行き、そこからタクシーに乗ることをお勧めします。

 

以前のロッファイマーケットは、バンコク北部にあるチャトゥチャックマーケットの裏手にある鉄道線路の隣にあり、人々から絶大な人気を得ていました。しかしながら、2013年にBTSスカイトレインラインの拡張のために移動を余儀なくされた際、人々はロッファイマーケットが無くなってしまうと考えていました。しかしながら、ありがたいことに、チャトゥチャックマーケットから撤退して間もなく、鉄道市場はこのシーナカリンにオープンしました。

 

文字通りの鉄道はないかもしれませんが、トレーダーのための「マーケットゾーン」、「ウェアハウスゾーン」、「ロッドアンティーク」などのさまざまなセクションに美しく奇妙なコレクションを展示するスペースがたくさんあるのは、今も昔も変わらない魅力の一つです。

▽関連記事▽

バンコクの鉄道市場「ターラットロッファイ・シーナカリン」の地図と行き方と中の様子
バンコクの多数の夜市の中で、人々はしばしば英語で「トレインマーケット」と呼ばれていて、メークロンの鉄道市場とは関係のない「ターラットロッファイ」。実際には「鉄道市場」と呼ばれる3つの市場があり、現在最も人気のある市場の1つであり、伝統的な市場や流行に敏感な若者の市場文化、飲み文化により、この鉄道市場...

 

巨大ショッピングモール「シーコンスクエア」

巨大ショッピングモール「シーコンスクエア」の吹き抜け

営業時間:10時30分~21時30分

シーコンスクエアは、バンコクのプラウィ地区にある大きな屋内ショッピングモールです(地図)。 1994年、HRHプリンセスマハチャクリシリントーンがオープンセレモニーを主催したのは有名な話。ショッピングセンターの総賃貸可能面積は180,000m2、総面積は500,000m2で、400以上の店舗があります。建物の長さは500メートルで、タイ最大のショッピングモールの1つとなっています。

 

スクンビット77(ソイオンヌット)のビッグC前(正確にはブロックス77というコンド前)から4番のソンテウでシーコンスクエアまで直接行けます。道が混んでいなければ25分ほどで到着します。料金8バーツ(夜10時以降は9バーツ)は降りる際ドライバーに渡して下さい。

▽関連記事▽

予想以上に巨大だったバンコクのショッピングモール「シーコンスクエア」の行き方
みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。 今日は、その交通の便の悪さから、あまり日本人に知られていないバンコクのショッピングモールを紹介しようと思います。 現在泊っているスイカハウスというゲストハウスから、ソンテウ一本で行けるようなので、実際にソンテウの乗り方を交えながら、行き方とモー...

 

怪談「メー・ナーク」の舞台ワット・マハーブット

女性の幽霊が祀られているワット・マハーブットもオンヌット駅から近いところにあります(地図)。歩いても行けますが、ビッグCの前からロットゥが出てますのでそれに乗っても良いです。

寺院自体もまだまだ外国人観光客は少ないので落ち着いて観光できますし、下記のような見どころもあるので、オンヌットに来た際は是非とも行きたい観光スポットです。

  • 悲劇の女性メー・ナークさんを拝観
  • 宝くじの当たり番号が浮き出ると言われている御神木に触れる
  • 糸脱毛と占い横丁
  • タンブン会場でタンブン
  • 棺桶骸骨等の変わったカラクリ人形

▽関連記事▽

バンコクの怖い話で有名な怪談「メー・ナーク」の舞台ワット・マハーブットで恋愛成就!?
みなさんこんにちは。今日はタイ・バンコクお寺巡り編です。今回のバンコク旅行で最初に宿泊したオンヌットのすいかハウスというゲストハウスの近くに「メー・ナーク」という怪談で有名な、ワット・マハーブットというお寺がありましたので、そのことをシェアしたいと思います。 バンコクにはお寺がたくさんありますが、...

 

プラカノン市場

営業時間:8時00分~18時00分

行くまでも、行ってからも、かなりローカルなマーケットです(地図)。規模的にはそこまで広くないので、軽い気持ちで行くのもありです。場内にはお食事処もあるので、ローカルタイ料理を欲している人は是非。市場に行く途中には運河ボート乗り場もあります。

▽詳細記事▽

オンヌット近くの超ローカルなマーケット「プラカノン市場」で3種類の肉が入った朝食
みなさんこんにちは。ティーケージー@バンコクです。 今日は、泊っている宿近くにローカル市場があるというので、実際に足を運んでみてきました。 プラカノン市場の概要 バンコクのような都市への訪問者が、その活気あるローカルな食品市場を間近に見ることができるのは、そうそう頻繁ではありません。そ...

 

駅前のロータス、センチュリーザムービープラザ、ビッグC

BTSオンヌット駅前には大きなモールが2つあります。一つがロータス、もう一つがセンチュリー・ザ・ムービー・プラザです(地図)。また駅から10分くらいあるくとビッグCという大型ショッピングモールもあります(地図)。ビッグCは場所を把握していると何かと便利なので、場所だけでも覚えておく価値はあります。

 

ロータスオンヌット(Lotus On Nut)

テスコロータス看板

テスコロータス内フードコート

フードコートのお寿司

テスコロータスはバンコクではメジャーなショッピングモールの一つです。オンヌットのテスコロータスはマクドナルドやケンタッキーも入居し、駅に近いことも相まって、かなり人気のスポットとなっています。

また、フードコートも色々な種類のお店があり、バンコク旅行滞在中は食事は全部テスコロータスのフードコートでも大丈夫かと思うくらい、おいしさとバラエティーに溢れています。

▽フードコートで食べたカオマンガイが忘れられません▽

実際食べ比べたバンコクの絶品カオマンガイ3選+色々。三食これでイケます。
バンコクの飯のうまさに舌鼓を打っているティケージー@バンコクです。 さて、今日はバンコク飯の中でも有名なカオマンガイの美味しいお店を何軒か回ってきましたのでそのことをレポートにまとめたいと思います。 カオマンガイについて カオマンガイとは俗にいう、海南鶏飯のことで、茹でたチキンと味付け...

 

センチュリー・ザ・ムービー・プラザ・スクンビット(Century The Movie Plaza Sukhumvit)

センチュリーザムービープラザのエントランス

ロータスに行こうと思ったら高架の反対側にあったので、何気に立ち寄ったのがこのセンチュリー・ザ・ムービー・プラザ・スクンビット。バンコク歴が古い知人に聞いたら「そんなとこ知らねー」と言っていたので、比較的新しいモールだと思います。

 

かつやのメニュー

長崎ちゃんぽんメニュー

モールの1階は日本食レストランが並びます。メニューを見てもわかるとおり、見た目、日本にいるのとかわらないクオリティ。かつやの値ごろ感は130~200バーツ。長崎ちゃんぽんもあり、値ごろ感は同じくらい。しかし、長崎ちゃんぽんをこのバンコクで見るとは思いもしませんでした。

 

吉野家のメニュー

大戸屋のメニュー

大戸屋の入り口

そして、日本では定番の吉野家と大戸屋もあります。吉野家の味噌豚丼なんて相変わらず日本人が好きそうなネーミングセンスをしています。

 

オンヌット駅近くで両替

K79両替所入り口

K79で両替後のレシート

実は、前回のミャンマー旅行でミャンマーチャットを間違えて大量に持って帰り、持て余していたところ、ホームグラウンドのフィリピンではチャットをペソに両替できるところを発見できずにいました。

ミャンマーに隣接するタイなら両替できるかと思い、今回ミャンマーチャットを持ってきていたので、頃合いを見計らって両替所に行きました。それがこのオンヌット駅近くの両替所K79です(地図)。営業時間等の詳細は下記のとおりで、ホームページからは現在のレートが確認できます。

▽その他バンコクの両替所案内▽

バンコク安全安心GOODレートの両替所観光マップ 〜1バーツを笑う者は1バーツに泣く
シリーズでお送りしている両替所マップ。今回はバンコクだ。 関連記事: バンコク、エアポート・レール・リンクに乗車 バンコクでちょっと手荷物を預けたい場合 Suvarnabhumi Airport(スワンナプーム国際空港) 地下1階のメトロ入り口横にあるスーパーリッチ...

 

オンヌット駅近くでお食事

カオマンガイ

オンヌット駅近くのカオマンガイ屋外観

オンヌット駅近くのカオマンガイ屋店内

オンヌットのテスコロータスフードコーㇳのミックスカオマンガイがかなりおすすめというのは以前記事にしたと思いますが、オンヌット駅からビッグCに行く途中にもカオマンガイ屋さんがありましたので、ここで紹介しようと思います(地図)。

地図のとおり大通り沿いではなくちょっと路地に入ったところにそのカオマンガイ屋さんはあります。ローカルな並びにありますが、店内は清潔で女性でも安心して食べることができます。

 

オンヌット駅近くのカオマンガイ屋メニュー

オンヌット駅近くのカオマンガイ屋でカオマンガイを食べる

予算感は40~50バーツなので、そのあたりのローカルカオマンガイ屋さんで食べるのと同じくらいのお値段です。

 

ウォーターサーバー

入れ放題の薬味

壁にあるコンセント

お水はセルフサービス、薬味も入れ放題です。ノマドワーカーには有難い電源も完備してますので、私が行った際もスマホに充電しながらカオマンガイを食しました。

 

ガパオライス的な何か

作成中。

 

オンヌット近くでSIMカード購入

作成中。

コメント

タイトルとURLをコピーしました