マニラから死の行進で有名なバターンへはフェリーで行くのがおすすめ

この記事は約4分で読めます。
広告

みなさんこんにちは。TOEICも終わり今週は、ゆっくりブログに向き合っているティケイジイです。今日はフィリピン編。前々から行きたかった、マニラからバターンへ海路で行く際のフェリーターミナルへ行ってきましたので、その時の記事。

バターンへは陸路でも行けるのですが、マニラ湾をぐるっと回っていかないので、かなり時間がかかります。海路から行くと所要時間はたった1時間なので、移動に時間をかけるのが嫌いな人にはぴったりの経路です。

その他ツアーの申し込みはこちら:バターン死の行進ツアー

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

バターン死の行進とは

バターン死の行進とは、大日本帝国軍による60,000–80,000人のアメリカ人およびフィリピン人捕虜の強制移動のことを言います。具体的にはバターン州バガックにあるセイサンポイントから囚人が列車に乗せられたパンパンガ州サンフェルナンドを経由して、タルラック州キャパスのキャンプオドネルへの移動のことを言います。

第二次世界大戦中のフィリピンでの3か月間のバターンの戦いの後、死の行進は1942年4月9日に始まりました。 マリベレスからサンフェルナンドまで、およびキャパス鉄道駅からキャンプオドネルまでの行進距離の合計は、諸説ありますが、96.6〜112.0kmと報告されています。

キャンプ・オドネルに到達する前の捕虜の死傷者も情報源によって大きく異なりますが、行進中のフィリピン人の死者は5,000人から18,000人、アメリカ人の死者は500人から650人。この行進は深刻な身体的虐待と不当な殺人が世論の批判を受け、後に連合国軍委員会によって日本の戦争犯罪であると判断されました。

▽関連記事▽

マニラ観光歴史の旅。ルソン島での太平洋戦争の戦跡を巡る旅
太平洋戦争(大東亜戦争)の歴史 大日本帝国と、イギリス、アメリカ合衆国、オランダ、中華民国、オーストラリアなどの連合国との間に発生した戦争。 1941年(昭和16年)12月8日に日本は開戦の詔勅(米國及英國ニ對スル宣戰ノ詔書)によってイギリス帝国とアメリカ合衆国の2国に対して宣戦布告し、最初の作...

 

マニラからバターンへ

マニラからバターンへの船は、モールオブアジアの近くのエスプラネード・シーサイド・ターミナルというところから出ています。モアの北側の海沿いのエリアはSMバイザベイという、おそらく「by the way」にかけたネーミングのエリアとなっています。

 

マニラからバターンへは午前7時と午後5時15分の1日2便。土日も同じ時間帯に出発すると、受付の人が行っていました。料金は片道299ペソです。発車時刻と料金は常に変動するようなので、フェイスブックで随時チェックですね。ちなみに、運営会社の「1バターン総合運輸システム社」のホームページもあるのですが、ウイルスに感染しているのかセキュリティ上、良くないことが起こっているので、あまり開かないほうが良いです。

フェイスブック:1Bataan Integrated Transport System Inc

 

チケットを購入して乗船

エスプラネード内の様子。1バターン社の他にサンクルーズ、プレステージクルーズなどの船便もあるようです。航空機同様、チェックインタイムもあり、1時間半前からチェックイン開始、30分前に受付が完了します。チケットの購入はこの窓口でも可能です。

 

出発の時刻になったら、建物の外に出て船に乗ります。晴れていたら夕日がきれいなマニラベイです。

 

バターンへの運行は1番目の写真のM/V XGC CRUISERという船に乗って行きます。その他、色々な船が波止場に停泊しています。

 

エスプラネード・シーサイド・パーク

以前、立ち寄ったことがあるこのエスプラネード・シーサイド・パーク。その時は、普通の商業施設かと思っていました。建物内にはコンビニやカフェもあるので、十分時間はつぶせそうです。セキュリティはボディチェックのみですので、チケットを持っていなくても気軽に立ち寄ることができます。

 

ちなみに船によっては2016年まで三重県の津、松阪、セントレアを結んでいた船に乗ることもできるようです。さすがジャパンクオリティですね。

参考:フェリー搭乗記 バターン〜マニラ

ツアー申込:バターン死の行進ツアー

コメント

タイトルとURLをコピーしました