上級者・中級者におススメ。フィリピン留学であってもネイティブ英語教師の宝庫。クラーク・ターラックエリア

この記事は約5分で読めます。
広告

かつては米軍基地のあったクラーク。その名残か、退役したアメリカ人が多く在住し、その就職先として、語学学校の教師を選ぶ者も少なくない。そのためこのエリアの英語学校はネイティブ教師を売りにしている学校が多い。教師全員ネイティブスピーカーのところもあるほどだ。

応用学習が大好きな日本人は、このネイティブ信仰が熱い。日本にある英語学校でも、ネイティブでないフィリピン人やインド人教師はおしなべて人気が無く、アメリカ人やイギリス人教師が絶大な人気をほこる。

ただ、彼らネイティブスピーカーの中には専門の教授法を学んでいない教師もいることも事実だ。英語を教えるという教育を受けていないと、文法の質問をしても「なんとなく言う」「そういうものだ」「そのほうが自然だ」等、論理的に説明できない。我々日本人が、日本語の主語の後ろにつく「は」と「が」の違い(「私は」と「私が」の違い)を論理的に説明できないことと同じである。発音に関しても同じで、舌や歯の位置、口や喉の形を説明できない。

かたや、英語が母国語でないフィリピン人は、英語を自然と話すことができなかった。勉強に勉強を重ねて話せるようになったのである。そういうことなので、英語を論理的に学び、論理的に教えることができる。それはつまり、初心者にとっては、非常に腑に落ちる授業を受けることができるのである。

ネイティブ教師の授業は英語中級者又は上級者になり、プレゼンの仕方や英語スラング、様々なイディオムを学ぶ際に受けたほうが効果的だ。今日は、こんなネイティブの授業を受けることのできる学校が多数あるクラーク・ターラックエリアの語学学校を紹介する。

▽関連記事▽

マニラ留学で英語を伸ばす。大企業が犇く大都会でのフィリピン留学
フィリピンの首都マニラ(メトロマニラ)での英語留学。マニラという都市は世界最悪の空港を抱え、スモーキーマウンテンをはじめとした、ダーク、貧困のイメージが強い。 また、日本人にとっては、かつて大事件となった三井物産の若王子支店長が誘拐されたことで、未だに治安の悪いイメージは払しょくされていない。...
【フィリピン留学裏事情】失敗しない英語留学のすゝめ
「フィリピン留学」とグーグルで検索すると検索結果で出てくるのはフィリピン留学エージェントのホームページばかり。もちろん彼らは留学斡旋業なのでフィリピン留学したいという人が来ればフィリピンにある語学学校を紹介します。 しかし、問題なのは彼らが顧客の利益ではなく、自社の利益しか考えずに語学学校を紹介し...

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

Asian Power School of English (ターラック)

ホームページのデザイン。ワードプレスの無料テーマを使うのは良いが、いまいち熱意が伝わってこない。学校のメインのホームページなので、グーグルアドセンスで小金を稼ごうとせず、本業でやりくりして欲しい(笑)。

「スクールオーナーと生徒達」とある写真をみると、フィリピン人、日本人どちらにも見える。あえて日本人女性のオーナーはたてないと思うので、フィリピン人のオーナーを日本から遠隔操作して運営するタイプの学校だろう。

そして、よくよく見てみると全授業が英語でおこなわれている私立小学校で授業は行われているようだ。なのでさきほどオーナーと思っていたのは小学校の校長先生だっのかも知れない。ある意味、他校と差別化できて良い方向にころぶ可能性もある。

留学費用(4週間)

学費・寮費1,400ドル(約140,000円)
入学金21,600円(税込み)
教材費1,500ペソ(約3,500円)
電気代1,000ペソ(約2,300円)
空港出迎え・送り150ドル(約15,000円)
SSP費用 ※16,500ペソ(約15,000円)
ACR-Icard ※23,500ペソ(約8,000円)
寮の保証金 ※32,500ペソ(約6,000円)
  
合計約212,400円

入学金21,600円、送迎費15,000円は高い!!ターラックだからしかたないのか!?

クリックでグーグルマップへ

(2014/10/24更新)

 

CIP(クラーク)

韓国人をはじめ、台湾人、ベトナム人、ロシア人など多国籍な生徒がいることで有名。立地もアンへレスの近くなので、夜の英会話も充実。

ブログには「ネイティブ居住率1位の都市アンへレスで英語を学ぼう」とうたっているが、ネイティブと会えるのは夜のゴーゴーバーくらいだ。男子生徒にはちょうど良いだろう。夜間授業に集中しすぎて、昼間の授業がおろそかにならぬよう注意してもらいたいところだ。

(2013/7/27更新)

 

CNE1(ターラック)

日系の語学学校。共同オーナーの井坂氏のカリスマ性は健在。フィリピン留学だけでなく、その他の様々なビジネスを共同パートナーと共に画策しているのが興味深い。

▽個別記事▽

フィリピン留学「CNE1」悪い評判は聞かない学校は広大な土地に巨大なキャンパスを持つ。
CNE1基本情報 学校概要 日本人、フィリピン人、韓国人の共同経営で始まった語学学校。最近は知らぬ間にロシア人も共同創業者として名を連ねている。 設立:2010年1月 住所:San Vicente San Manuel Tarlac 2309 Philippines ...

(2013/7/18更新)

 

クラークフィリピン留学院(クラーク)

日本人経営。法人登記番号、TESDA認証番号、SSP登録番号も公開するなど健全性は見習いたい。全講師が全員欧米ネイティブというのも強み。ただ、前述のとおり専門の教育を受けていないネイティブスピーカーは英語を教えることに慣れていないので、英語上級者は予め各自で自分のカリキュラムを用意しておいたほうが良いだろう。

(2013/7/15更新)

 

MMBS(ターラック)

韓国人経営だが、日本人生徒の割合が比較的多い。また、日本人マネージャーの熱意のある管理が有名。敷地が広大なところも魅力な学校だ。

その日本人マネージャーの佐藤氏は2018年で退職したようである。

(2019/11/29更新)

コメント

タイトルとURLをコピーしました