特定の居住ユニットの賃貸料の規制における改正法、そのためのメカニズムおよび他の目的のための改革

この記事は約6分で読めます。
広告

第1条 通称

この法律は「2002年賃貸改革法」として知られ、引用されるものとします。

 

第2条 制度趣旨

国家は、公益のために、手頃な費用でまともな住宅と、都心部や第三国定住エリアの恵まれないホームレスの市民に基本的なサービスを提供する住宅の継続的な都市土地改革を引き受けるものとする。

当該目的のために、国は特定の住宅の小売の規制における改革を確立するものとします。

 

第3条 毎月の賃料と増加枠

2002年1月1日から2004年12月31日までの3年間、7,500ペソを超えない、首都圏およびその他の高度に都市化された都市のすべての住宅の毎月の賃貸料、また、すべての住宅の毎月の賃貸料は、4,000ペソを超えない他のすべての地域であり、既存の契約を害することなく、賃貸人が毎年10%を超えて増加させることはできません。

 

第4条 用語の定義

この法律で使用されている以下の用語は、以下のように理解されるものとします。

  1. 「賃貸料」とは、支払いが毎月またはその他の基本的に行われるかにかかわらず、住居用ユニットの使用または占有のために支払われる金額を意味します。
  2. 「住戸」とは、他人の住居が配置され住居目的で使用されるアパート、家屋および/または土地を指し、住居、搭乗住宅、寮、部屋および寝室としてのみ使用される建物部分またはその単位を含むものとします。モーテル、モーテルの部屋、ホテル、ホテル、住宅産業、小売店、またはその他のビジネス目的で使用されるものは除かれますが、その所有者およびその家族が実際にそこに住み、主に住居として使用する場合にはその限りではありません。
  3. リース契約を解除する目的のための「借主または貸主の直系親族」は、その配偶者、直系の子孫に限定されるものとします。
  4. 「借手」とは、住宅を借りる人を意味します。
  5. 「所有者/貸手」には、住宅の所有者または所有者の管理者または代理人が含まれます。
  6. 「転貸人」とは、所有者によって賃貸されている住宅をリースまたは賃貸している人を意味します。
  7. 「転貸先」とは、転貸者から住宅をリースまたは賃貸する者を意味します。
  8. 「リースの譲渡」とは、フィリピン民法の第1649条に企図されている行為をいいます。

 

第5条 賃料とデポジット

賃貸契約は、リース契約がより遅い支払日を規定していない限り、毎月の最初の5日以内またはリース契約の開始日までに前払いされるものとします。 賃貸人は、1ヶ月以上前のレンタルと2ヶ月分の入金を要求することはできません。

 

第6条 転貸リースの割当

所有者/賃貸人の書面による同意なしに、寄宿舎またはベッドスペースの受け入れを含む、住居の全部または一部の転貸のリースの譲渡は禁止されています。

 

第7条 司法処分の根拠

射出は以下の理由で許可されるものとします。

  1. 所有者/賃貸人の書面による同意なしに、寄宿舎またはベッドスペースの受け入れを含む、住宅の全部または一部のリースまたは転貸の譲渡。
  2. 合計3ヶ月分の家賃の支払が遅れる。賃貸人が合意した賃貸料の支払いを受諾することを拒絶する場合には、賃貸人は預託金、裁判所での額、または場合によっては市または市の会計係に預けることができる。支払いを受け入れることを拒否してから1か月以内に、貸し手の名前で通知を受けた銀行。

    その後、借手は毎月10日以内に賃貸料を入金するものとします。 3ヶ月間レンタルを預けなかった場合は、撤退の理由となります。排除訴訟が既に係属中である場合、裁判所は、適切な申立てにより、排除訴訟の継続を害することなく、賃借人またはその下にあると主張する者に直ちにリース物件を退去させることができます。貸手は、裁判所の権限によりいつでも寄託した賃貸料を取り下げることができます。

    貸手は、委託の場合には裁判所の権限で、または彼と借り手との共同宣誓供述書に基づいて、市または地方自治体の宝および預金が行われた銀行に提出される場合、預託金を引き出すことが許可されるものとする。

  3. 所有者/賃貸人が自分の所有物または自分の家族の即時のメンバーを住居として使用するために自分の所有物を買い戻すことの正当な必要性:ただし、提供される。 一定期間のリース期間が満了したこと。さらに、賃貸人が物件を買い戻す意思がある3か月前に賃貸人に正式な通知を与えたこと。 所有者/賃貸人が、住居を貸し出した時点から少なくとも1年間、住宅を賃貸したり、第三者による使用を許可したりすることを禁じられていること。
  4. 当該施設を安全かつ居住可能にするために関係当局による非難の既存の命令の対象である賃貸施設の必要な修理をすることに対する貸手の必要性:提供される。 上記の修理の後、取り出された借手は、同じ約束をリースすることを第一に優先するものとします。ただし、提供されます。 新しい賃貸住宅は、当該住宅の修繕のために発生した費用と合理的に釣り合うものでなければならない。 住宅が非難されたり完全に取り壊されたりした場合、新しい建物のリースはもはやこのサブセクションの前述の第一優先規則の対象とはなりません。 そして
  5. リース契約期間の満了

 

第8条 売却または住宅ローンの理由による追放の禁止

リースまたは抵当権が登録されているかどうかにかかわらず、リース施設が第三者に売却または抵当されていることを理由に、賃貸人またはその後継者が借手を解任することはできません。

 

第9条 自己所有スキーム

賃貸人の選択により、賃借人は、賃貸人との間で賃貸借契約を結ぶことができ、その結果、特定の住居の移転または所有権が後者に有利になります。そのような協定は、本法第3条の適用範囲以外のものとする。

 

第10条 民法およびフィリピンの裁判所の規則の適用

リースが一定期間である場合を除き、本法の適用を受ける住居単位に関するものである限り、フィリピン民法第1673条第一項の規定は、本法の施行中は停止するただし、本法の規定と矛盾しない限り、民法およびリース契約に関する裁判所の規則の他の規定が適用されるものとします。

 

第11条 この法律の適用範囲

首都圏および他の都市化が進んだ都市のすべての住宅ユニットのそれぞれの月額賃料の合計は7,500ペソを超えず、その他のすべての地域のすべての住宅ユニットのそれぞれの総月額賃料この法律の発効日の時点で4000ペソを超えないものは、既存の契約を害することなく、カバーされるものとします。

 

第12条 ペナルティ

5000ペソ以上、15000ペソ以下の罰金、または1ヶ月から1日以上6ヶ月以下の懲役、または両方とも、本法の規定に違反した罪で有罪判決を受けた、自然人または法人の人に課されるものとします。

 

第13条 情報ドライブ

他の関係機関と連携して、内務省および住宅都市開発調整会議は、本法の規定について継続的な情報提供を行うことを義務付けられています。

移行プログラム。 – 住宅都市開発調整審議会は、その発効から6ヶ月以内に、無料賃貸市場の影響を緩和するための安全対策を提供する移行プログラムを策定することを義務付けられています。

 

第15条 分離性条項

本契約の一部または一部が無効または違憲であると判断された場合、その他の方法で影響を受けない法律またはその他の条項は有効で存続するものとします。

 

第16条 撤回句

本法の規定に反する、またはこれと矛盾する法律、大統領令または発令、大統領令、命令書、行政命令、規則または規制は、これにより廃止、修正、または修正されます。

 

第17条 有効性条項

この法律は、少なくとも2つの大衆紙に掲載された2002年1月1日から施行する。

出典:2002年賃貸改革法

コメント

タイトルとURLをコピーしました