フィリピンの為替関連で注意しておきたい3つのこと 日本円の持ち込みやペソの持ち出し

フィリピン留学やその他の国への海外旅行、移住に伴い、日本円との為替変動は切ってもきれない存在だ。今日は、フィリピンペソと日本円について注意しておくことを調べて見た。

フィリピン為替-チャート

まずは現在のペソと円の為替を知らなければ話にならない。下記URLの為替チャートが使いやすい。

http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=JPY&to=PHP&view=10Y

グラフの上に記載がある「JPY/PHP close:0.45447」という箇所の0.45447を日本円にかけるとフィリピンペソに両替した際の金額がわかる。例えば1万円を両替した場合は、10,000円×0.4544=4,544ペソが両替できる。ただ、両替所や銀行等で両替するとそこに手数料が乗ってくるので、両替をする前に両替後の金額は確かめていた方が良い。

フィリピン為替-日本円のフィリピンへの持ち込み

フィリピン渡航の際の日本円の持ち込み規制は特に無いが、100,00米ドル相当額の日本円を持ち込む際は、その旨を申告する必要がある(Section 14 of Manual of Regulations on Foreign Exchange Transactions)。申告する場所は、フィリピンの空港に到着後の空港税関である。もし申告しなかった場合は、空港税関に身柄を拘束され、検察局に送検されることもあるので注意したい。

フィリピン為替-フィリピンペソのフィリピンから日本への持ち出し

留学や観光が終わり、フィリピンから日本へ帰る際、フィリピンペソの取り扱いには注意したい。なぜなら5万ペソ以上はBSPからの許可が必要になる体(Section 4 of Manual of Regulations on Foreign Exchange Transactions)。日本へ帰国する前は必ずペソが余っていないか確認すべきである。

また、ハンドキャリーだけでなく、5万ペソ以上の電子取引(キャッシング、口座からの引き出し)もBSPからの許可が必要になる。

出典:

フィリピン為替-注意を怠った事例

2018年6月12日にはマクタン・セブ国際空港ターミナル2で32歳の日本人が2000万円を持って入国しようとしたが、税関のx線検査でひっかかりそのまま拘束された。日本メディアは被害者の人権を尊重するので氏名は出していないが、海外メディアはやりたい放題だ。

参照:https://www.philstar.com/the-freeman/cebu-news/2018/06/21/1826570/japanese-arrested-20-million-yen

2014年2月にマニラ空港で5,300万円を持ち込もうとした日本人男性が拘束された。現金はビジネスで使うと主張し、申告の必要性は知らなかったと弁解した。1週間後100万ペソを支払って釈放された。

参照:http://somewhereph.blog.fc2.com/blog-entry-840.html

また、2013年には同じく3人の日本人が8000万円と17万米ドル、リゾートワールドのカジノのチップを日本から持ってきたということで、出迎えに来ていたフィリピン人2人とともにマニラ空港第1ターミナルで拘束された。

参照:http://somewhereph.blog.fc2.com/blog-entry-630.html

現地メディアによると、日本側ですでに多額の現金を持つ日本人が到着すると当局に事前に通報があったらしい。

http://news.abs-cbn.com/nation/metro-manila/08/30/13/3-japanese-arrested-smuggling-p50-million

フィリピンに観光、留学又はビジネスに来る際は、今一度所持金額を確認していただきたいものだ。

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス