フィリピンの為替関連で注意しておきたい3つのこと 日本円の持ち込みやペソの持ち出し

フィリピン留学やその他の国への海外旅行、移住に伴い、日本円との為替変動は切ってもきれない存在だ。今日は、フィリピンペソと日本円について注意しておくことを調べて見た。

フィリピン為替-チャート

まずは現在のペソと円の為替を知らなければ話にならない。下記URLの為替チャートが使いやすい。

http://www.xe.com/ja/currencycharts/?from=JPY&to=PHP&view=10Y

グラフの上に記載がある「JPY/PHP close:0.45447」という箇所の0.45447を日本円にかけるとフィリピンペソに両替した際の金額がわかる。例えば1万円を両替した場合は、10,000円×0.4544=4,544ペソが両替できる。ただ、両替所や銀行等で両替するとそこに手数料が乗ってくるので、両替をする前に両替後の金額は確かめていた方が良い。

フィリピン為替-日本円のフィリピンへの持ち込み

フィリピン渡航の際の日本円の持ち込み規制は特に無いが、100,00米ドル相当額の日本円を持ち込む際は、その旨を申告する必要がある(Section 14 of Manual of Regulations on Foreign Exchange Transactions)。申告する場所は、フィリピンの空港に到着後の空港税関である。もし申告しなかった場合は、空港税関に身柄を拘束され、検察局に送検されることもあるので注意したい。

フィリピン為替-フィリピンペソのフィリピンから日本への持ち出し

留学や観光が終わり、フィリピンから日本へ帰る際、フィリピンペソの取り扱いには注意したい。なぜなら5万ペソ以上はBSPからの許可が必要になる体(Section 4 of Manual of Regulations on Foreign Exchange Transactions)。日本へ帰国する前は必ずペソが余っていないか確認すべきである。

また、ハンドキャリーだけでなく、5万ペソ以上の電子取引(キャッシング、口座からの引き出し)もBSPからの許可が必要になる。

出典:

http://www.anzen.mofa.go.jp/m/mbimmigration_013.html

http://www.bsp.gov.ph/downloads/Regulations/MORFXT/MORFXT.pdf

フィリピン為替-注意を怠った事例

2014年2月にマニラ空港で5,300万円を持ち込もうとした日本人男性が拘束された。現金はビジネスで使うと主張し、申告の必要性は知らなかったと弁解した。1週間後100万ペソを支払って釈放された。

参照:http://somewhereph.blog.fc2.com/blog-entry-840.html

また、2013年には同じく3人の日本人が8000万円と17万米ドル、リゾートワールドのカジノのチップを所持したいたということで、出迎えに来ていたフィリピン人2人とともに拘束された。

参照:http://somewhereph.blog.fc2.com/blog-entry-630.html

フィリピンに観光、留学又はビジネスに来る際は、今一度所持金額を確認していただきたいものだ。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする