フィリピンにおける付加価値税(VAT)とBIRフォーム2550及びトレイン法

フィリピンにおける付加価値税(Value Added Tax: VAT)とは日本の消費税にあたる税金で税率は12%です。

今日はこのフィリピンのVATについてその申請方法と合わせて情報をシェアしたいと思います。

フィリピンVATの特徴

このフィリピンの消費税であるValue Added Tax、通称VATはフィリピン国内における付加価値を課税対象とする税金で特徴は以下のとおりです。

  • 物品の輸入、国内での物品・資産・サービスの販売・交換・リースに対して課される間接税。
    • 物品及び資産とは不動産や特許、商標など有形無形にかかわらず権利や動産も含まれます。
    • サービスとは非居住外国法人からのサービスであってもフィリピン国内で対価をもって提供されるすべてのサービスを含みます。
    • 物品の輸出は0%VAT(ゼロレート)
  • 非課税サービスは以下のとおり
    • 年間売上が1,500,000ペソ未満の者が提供するサービス
    • 電気、水などの公共サービス
    • 金融、保険サービス
    • 一部を除く医療、教育サービス
    • 国際海運、航空サービス
  • 税金の負担者は最終消費者
  • 中間業者は税負担しないが、納税義務を負う
  • 毎月申告、納付する義務がある

フィリピンVATの納付時期

付加価値税の月次申告は翌月20日が締め切りとなっており、申告フォームはBIR form 2550M(Mは月次の意味)です。四半期申告の場合にはBIR Form 2550Q(Qは四半期の意味)が使われ、この場合の申告は翌月25日になります。

フィリピンVATの申告用紙

フィリピンの付加価値税(VAT)の申告用紙には下記のとおり2種類あります。

BIR Form 2550-M

1ヶ月のアウトプットVATの累計額が、インプットVATの累計額を上回る場合に、月末で締めて翌月20日以内にその差額を申告、納税します。

下記で2550-Mの記載項目の日本語訳を載せますので、記入の際の参考にしてください。

  • 12 Vatable Sales/Receipt- Private (Sch.1)(VAT対象売上/受取-個人)
  • 13 Sales to Government(政府機関への売上)
  • 14 Zero Rated Sales/Receipts(ゼロレートの売上/受取)
  • 15 Exempt Sales/Receipts(控除対象売上/受取)
  • 16 Total Sales/Receipts and Output Tax Due(総売上/受取とアウトプット納税金額)
  • 17 Less: Allowable Input Tax(控除:許容されるインプット税)
    • 17A Input Tax Carried Over from Previous Period(前期からの繰越インプット税)
    • 17B Input Tax Deferred on Capital Goods Exceeding P1Million from Previous Period(前期からの百万ペソを超える資産財の繰延インプット税)
    • 17C Transitional Input Tax(暫定インプット税)
    • 17D Presumptive Input Tax(推定インプット税)
    • 17E Others(その他)
    • 17F Total (Sum of Item 17A,17B,17C,17D &17E)(合計)
  • 18 Current Transactions(実際の取引)
    • 18A/B Purchase of Capital Goods not exceeding P1Million (see sch.2)(百万ペソを超えない資本財の仕入れ)
    • 18C/D Purchase of Capital Goods exceeding P1Million (see sch.3)(百万ペソを超える資本財の仕入れ)
    • 18E/F Domestic Purchases of Goods Other than Capital Goods(資本財以外の物品の仕入れ)
    • 18G/H Importation of Goods Other than Capital Goods(資本財以外の物品の輸入)
    • 18I/J Domestic Purchase of Services(サービスの内部仕入れ)
    • 18K/L Services rendered by Non-residents(非居住者によるサービス)
    • 18M Purchases Not Qualified for Input Tax(インプット税に該当しない仕入れ)
    • 18N/O Others(その他)
    • 18P Total Current Purchases (Sum of Item 18A,18C,18E,18G,18I,18K,18M&18N)(合計現在仕入れ)
  • 19 Total Available Input Tax (Sum of Item 17F,18B,18D,18F,18H,18J,18L & 18O)(合計課税インプット税)
  • 20 Less: Deductions from Input Tax(差し引き:インプット税からの控除)
    • 20A Input Tax on Purchases of Capital Goods exceeding P1Million(百万ペソを超える資本財の購入によるインプット税)
    • 20B Input Tax on Sale to Govt. closed to expense (Sch.4)(政府への売上におけるインプット税)
    • 20C Input Tax allocable to Exempt Sales (Sch.5)(非課税売上に分類されるインプット税)
    • 20D VAT Refund/TCC claimed(申請済みVAT還付/TCC)
    • 20E Others(その他)
    • 20F Total (Sum of Item 20A,20B,20C,20D & 20E )(合計)
  • 21 Total Allowable Input Tax (Item19 less Item 20F)(課税インプット税合計)
  • 22 Net VAT Payable (Item 16B less Item 21)(差し引き支払いVAT)
  • 23 Less: Tax Credits/Payments
    • 23A Creditable Value-Added Tax Withheld (Sch. 6)
    • 23B Advance Payments for Sugar and Flour Industries (Sch.7)
    • 23C VATwithheld on Sales to Government (Sch.8)
    • 23D VAT paid in return previously filed, if this is an amended return
    • 23E Advance Payments made (please attach proof of payments – BIR Form No. 0605)
    • 23F Others
    • 23G Total Tax Credits/Payments (Sum of Item 23A,23B,23C, 23D, 23E & 23F)
  • 24 Tax Still Payable/(Overpayment) (Item 22 less Item 23G)
  • 25 Add: Penalties
  • 26 Total Amount Payable/(Overpayment) (Sum of Item 24 and 25D)

BIR Form 2550-Q

四半期ごとにVATの四半期申告書を提出します。

計算方法

例えば1,000,000ペソの売上(課税売上)と支出(課税仕入)が、600,000ペソあったとします。

この売上のVATは、107,142ペソ (1,000,000/1.12*0.12:アウトプットVAT)です。

この仕入のVATは、64,285ペソ(600,000/1.12*0.12:インプットVAT)です。

したがいまして、この期のVATは107,142ペソ(アウトプットVAT)–64,285ペソ(インプットVAT)=42,857ペソ(納税額)となります。

フィリピンVATの問題点

PEZA登録企業以外の企業で、主な販売先がPEZA企業である場合、仕入れにかかるインプットVATと相殺できるアウトプットVATが無いため多額のインプットVATが残留する場合があります。

この場合、内国歳入法に基づいてVATが発生した四半期末から数えて2年以内にBIRに申請をすると法人税などの国税から一定額を控除できる権利証書「TCC(Tax Credit Certificate)」を取得できます。

このTCCを適用すると現金での還付を受けることができるのですが、手続きが複雑でなかなか還付が受けられないという問題が起こっています。

TRAIN法によるVAT

参考:

TITLE IV
VALUE-ADDED TAX
CHAPTER I
IMPOSITION OF TAX

SEC. 105. Persons Liable.

貿易または事業の過程で、物々交換、交換、商品または財産のリース、サービスの提供を行う者、および商品を輸入する者は、本規範第106条から第108条に課される付加価値税(VAT)の対象となります。

付加価値税は間接税であり、税額は、商品、資産、またはサービスの購入者、譲受人または借手に移転または移転される可能性があります。

この規則は、共和国法第7716号(Republic Act No. 7716)の効力発生時における既存の商品、資産または役務の販売またはリースの契約にも同様に適用されるものとします。

「貿易または事業の過程で」という表現は、関与している人が非株式、非営利の民間団体または政府機関(純利益の処分およびメンバーまたはそのゲストにのみ販売されているかどうかにかかわらず)であるかどうかにかかわらず、任意の人による商業的または経済的活動(それに付随する取引を含む)の通常の行為または追求を意味します。

フィリピンで非居住外国人によってなされた本規範に定義されている規則的サービスの規則は、貿易または事業の過程であると見なされるものとします。

SEC. 106. Value-Added Tax on Sale of Goods or Properties.

(A)税率および課税基準

売買、交換、交換された商品または財産の総販売価格または総額の10%に相当する売主または譲渡人が支払う、付加価値税は販売、物々交換、商品または資産の交換、ごとに課税、査定および徴収されるものとします。

売買、物々交換、物品の交換のたびに課税、査定および徴収され、売却された物品または財産の総売価の12%に相当する付加価値税 売買人または譲渡人によって支払われるような、物々交換または交換された税。

(1)「商品」または「資産」という用語は、金銭による見積りが可能なすべての有形および無形の対象物を意味し、以下を含むものとする。

(a)主に顧客への販売目的で保有される、または通常の取引においてリース目的で保有される不動産またはビジネス。

(b)特許、著作権、デザインまたはモデル、計画、秘密の公式またはプロセス、のれん、商標、商標またはその他の類似の財産または権利を使用する権利または特権。

(c)フィリピンで産業用、商業用または科学用機器を使用する権利または特権。

(d)映画フィルム、テープおよびディスクを使用する権利または特権。

(e)ラジオ、テレビ、衛星放送、ケーブルテレビの時間。

「総販売価格」という用語は、付加価値税を除く、商品または財産の売却、物々交換または交換を考慮して、購入者が売り手に支払う、または支払う義務がある金額またはその等価物の総額を意味します。

そのような商品または財産に物品税がある場合は、それが総販売価格の一部となります。

(2)以下のVAT登録者による売上高は、ゼロパーセント(0%)の税率の対象となります。

(a)Export Sales. – The term “export sales” means:

(1)合意された出荷の取り決めにかかわらず、フィリピンから外国への商品の販売および実際の出荷。これにより、輸出および受領可能な外貨での商品の所有権の譲渡に影響または決定が生じる場合があります。 商品またはサービスにおいて同等であり、Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規制に従って会計処理されています。

(2)居住地域の輸出向け企業への原材料または包装材料の売却。当該購入者の商品の製造、加工、梱包または再梱包に使用され、許容される外貨で支払われる。 およびBangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規制に従って会計処理されています。

(2)商品の販売および配達

(i)特別な法律に違反していると規定されている別の関税地域内の登録企業。 そして

(ii)ツーリズム・インフラストラクチャ・アンド・エンタープライズ・ゾーン・オーソリティ(TIEZA)によって宣言された観光事業地帯内の登録企業であって、共和国法第9593号または2009年の観光法の規定に従うもの。

(3)輸出売上高が年間総生産量の70%を超える輸出志向企業への原材料または包装材料の販売。

(3)居住地域の輸出向け企業への配達のための原住民または購入者への原材料または包装材料の販売。フィリピンにおける当該購入者の商品の製造、加工、梱包または再梱包に使用され、許容外貨で支払われる。 およびBangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規制に従って会計処理されている。

(4)Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)への金の売却。 そして

(4)輸出売上高が年間総生産量の70%を超える輸出志向企業への原材料または包装材料の販売。

(5)1987年のオムニバス・インベストメント・コードとして知られる行政命令第226号、およびその他の特別法に基づく輸出販売を検討した者。

(5)1987年のオムニバス・インベストメント・コードとして知られる行政命令第226号、およびその他の特別法に基づく輸出販売を検討した者。 そして

(6)国際海上輸送又は国際航空輸送業務に従事する者への商品、供給品、機器及び燃料の販売:商品、供給品、機器及び燃料は国際輸送又は航空輸送業務に使用されるものとする。

ただし、本項(3)、(4)及び(5)については、12%の付加価値税が適用され、輸出売上高がゼロパーセント(0%)のVAT税の対象とはならない。 以下の条件が満たされると、

(1)VAT還付申請書を事務局に提出してから90日以内に、信用できる入力税の還付を認める、強化されたVAT還付システムの確立および実施の成功。 。私は、2018年1月1日から提出されたすべての申請書は処理され、VAT払い戻し申請書の提出から90日以内に決定されなければなりません。そして

(2)2017年12月31日現在のすべての係属中のVAT払い戻し請求は、2019年12月31日までに現金で全額支払われるものとします。

ただし、財務省は、内国歳入庁(BIR)および税関局(BOC)にVAT払い戻しセンターを設置します。このセンターは、信用できる投入税の現金払い戻しの処理および許可を処理します。

直前の年からのBIRとBOCのVAT徴収総額の5パーセントに相当する金額は、毎年自動的に割り当てられ、一般基金の特別口座として、またはその目的のための信託受領として扱われるものとします。付加価値税の払い戻しのための資金調達請求の提供:年末に未使用の資金があれば、一般財源に戻すものとする。

さらに、BIRおよびBOCは、払戻しに関する未決請求および未使用の資金についての四半期報告書を包括的な税制改革プログラムに関する議会監視委員会(COCCTRP)に提出するよう要求されるものとする。

(b)外貨建て売却。 – 「外貨建て販売」とは、第149条および第150条に記載されているものを除き、フィリピンの居住者への納入のためにフィリピンで組み立てまたは製造され、許容外貨で支払われ、会計処理される物品の非居住者への販売を意味する Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規制に従って。

(b)フィリピンが署名している特別法または国際協定の下での免除が事実上そのような売上をゼロレートにする人または団体への売上。

(c)フィリピンが署名している特別法または国際協定に基づく免除が実質的にそのような売上をゼロレートにする人または事業体への売上。

(B)取引みなし売却。 – 次の取引は売却と見なされる:

(1)本来売却または事業の過程で使用することを意図した商品または財産の、事業の過程ではない譲渡、使用、または消費。 VAT登録者の利益に占める割合としての株主または投資家。

(b)債権者による債務の支払い。

(3)実際の販売が委託された日から60日以内に実際の販売が行われない場合の委託。

(4)そのような退職または停止の時点で存在する課税対象商品の棚卸資産に関して、事業からの退職または停止。

(C)VAT登録者のステータスの変更または停止。 – 長官の推薦により、財務長官が公布する規則および規則に規定される状況下にある場合は、本条の小区分(A)に課される税は、特定の日現在で処分または存在する物品にも適用する 、VAT登録者としての個人のステータスが変更または終了した。

(D)税金の決定 –

(1)請求書に記載されている合計金額に11分の1(1/11)を掛けて税金を計算する。

(2)売上返品、引当金および売上割引。 – 売却された後に返品された商品、またはVAT登録者によって許可された商品または資産の金額は、払い戻しが行われた四半期、またはクレジットメモまたは払い戻しが行われた四半期の総売上または領収書から差し引かれます。

販売時に請求書に付与され表示された売上割引、および将来の出来事の発生に左右されない付与は、それが与えられた四半期と同じ四半期内の総売上高から除外することができます。

(3)適正な課税基準を決定するための長官の権限。 – 局長は、財務長官が規定する規則および規則により、取引が本項(B)に基づく物品、財産の売却、物々交換または交換とみなされる場合、または総売買が行われる場合には、適切な課税基準を決定する。価格が実際の市場価格よりも不当に低い。

SEC. 107. Value-Added Tax on Importation of Goods. –

(A)一般に。 – 関税や関税の決定に関税局が使用する合計金額の10%に相当する付加価値税(関税、消費税)を、製品の輸入ごとに10%課税、査定、徴収する。 もしあれば、その他の料金、税関からのそのような商品の解放の前に輸入者によって支払われるべきそのような税:関税が商品の量または量に基づいて決定される場合には、その価値 追加税は、積み上げられた費用に物品税を加えた金額に基づきます。

(A)で。 一般 – 関税や関税の決定に関税局が使用する合計金額の12%に相当する12%に相当する付加価値税を物品の輸入ごとに課税、査定、徴収する。 税、もしあればその他の料金、税関からのそのような商品の解放の前に輸入者によって支払われるべきそのような税:関税が商品の量または量に基づいて決定される場合 付加価値税は、上陸したコートと消費税がある場合はそれに基づいています。

(B)免税対象者による物品の譲渡。 – 税金を免除された個人、団体または機関によるフィリピンへの非課税の輸入の場合、そのような財はその後フィリピンで非課税の個人または団体に売却、譲渡または交換されます。 その輸入者とみなされ、輸入者は、そのような輸入に対する内国歳入税の責任を負うものとします。

そのような輸入に対して課される税金は、その所有者に関係なく、商品に対するすべての請求または先取特権よりも優れた商品に対する先取特権を構成する。

SEC. 108. Value-added Tax on Sale of Services and Use or Lease of Properties. –

(A)税率および課税基準。 – 資産の使用またはリースを含む、サービスの販売または交換から生じる総収入の10パーセントに相当する付加価値税が課税され、評価され、徴収されます。

(A)税率および課税基準。 – 資産の使用またはリースを含む、サービスの販売または交換から生じる総収入の12パーセントに相当する付加価値税が課税され、評価され、徴収されます。

「サービスの販売または交換」とは、建設業者およびサービス請負業者によって行われた、または提供されたものを含む、手数料、報酬、または対価を支払ってフィリピンで行われるすべての種類のサービスまたはサービスの実績株式、不動産、商業、税関および入国管理のブローカー。個人的であれ本物であれ、財産の貸し手。倉庫サービス映画用フィルムの貸し出しまたは配給業者。ミリング加工、製造、または他人への商品の再梱包に従事する者。ホテル、モーテル、レストハウス、ペンションハウス、イン、リゾートの所有者、運営者、管理人。レストラン、軽食店、カフェ、およびクラブやケータリングを含むその他の飲食店の所有者または運営者。有価証券のディーラー融資投資家。商品または貨物の輸送に関する輸送業者、商品または貨物の輸送に関連して陸上、空中および水上で他の国内普通運送会社を雇うために物品または貨物を輸送する者を含む。電話および電信、ラジオおよびテレビ放送のフランチャイズ被付与者ならびに本規範の119条に基づくものを除くその他すべてのフランチャイズ被付与者のサービス。銀行、銀行以外の金融仲介業者、および金融会社のサービス。保証会社、忠実会社、損害賠償会社、および保税会社を含む、損害保険会社(その農作物保険を除く)。また、その実行が身体的または精神的能力の行使または使用を要求するかどうかにかかわらず、同様のサービス。

「サービスの販売または交換」とは、建設業者およびサービス請負業者によって行われた、または提供されたものを含む、手数料、報酬、または対価を支払ってフィリピンで行われるあらゆる種類のサービスの成果を意味します。株式、不動産、商業、税関および入国管理のブローカー。個人的であれ本物であれ、財産の貸し手。倉庫サービス映画用フィルムの貸し出しまたは配給業者。他人のために商品を製粉、加工、製造または再梱包すること。ホテル、モーテル、レストハウス、ペンションハウス、イン、リゾートの所有者、運営者、管理人。レストラン、軽食店、カフェ、およびクラブやケータリングを含むその他の飲食店の所有者または運営者。有価証券のディーラー融資投資家。商品または貨物の輸送に関連する陸上での貨物または他の国内運送業者による貨物または貨物の輸送を行う輸送業者。フィリピンのある場所からフィリピンの別の場所への乗客、商品または貨物の輸送に関連した航空および海上の一般運送人。発電会社による電力の販売、任意の事業体による送電、および電気協同組合を含む配電会社。電気事業者、電話および電信、ラジオおよびテレビ放送のフランチャイズ被付与者、ならびに本法第119条に基づくものを除くその他すべてのフランチャイズ被付与者およびそれらの作物保険を除くサービス。会社;また、その実行が身体的または精神的能力の行使または使用を要求するかどうかにかかわらず、同様のサービス。 「サービスの販売または交換」というフレーズも同様にします。

「サービスの販売または交換」という表現には、次のものが含まれます。

(1)著作権、特許、デザインまたはモデル、計画の秘密の公式またはプロセス、のれん、商標、商標またはその他の類似の財産または権利をリースまたは使用する権利、または特権または特権。

(2)あらゆる工業用、商業用または科学用機器の使用または使用の権利。

(3)科学的、技術的、工業的または商業的な知識または情報の提供

(4)そのような財産の適用または享受(enjoyment)を可能にする手段として補助的かつ補助的であり提供される援助の提供、または権利(2)に記載されているような、または(3)に記載されているような知識または情報

(5)次のものに属する財産または権利の使用に関連した非居住者またはその従業員によるサービスの提供そのような非居住者から購入したブランド、機械類、またはその他の機器の設置または操作。

(6)科学的、工業的または商業的事業、ベンチャー、プロジェクトまたは計画の技術的管理または管理に関連して提供される技術的助言、援助またはサービスの提供、(7)映画フィルム、フィルム、テープおよびディスクのリース; (8)ラジオ、テレビ、衛星放送およびケーブルテレビの時間のリースまたは使用、あるいはそれらを使用する権利。

資産のリースは、その資産がフィリピンでリースまたは使用される場合、リース契約またはライセンス契約が締結された場所に関係なく、ここに課される税金の対象となります。

「総収入」とは、契約価格、報酬、サービス料、賃貸料または使用料を表す合計金額またはその相当額を意味します。付加価値税を除く、他の人に対して実行された、または実行されるサービスに対する課税対象四半期。

(B)ゼロパーセント(0%)の税率の対象となる取引 – フィリピンでVAT登録者によって行われる以下のサービスは、ゼロパーセント(0%)の税率の対象となります。

(1)フィリピン国外で事業を営む他の人々のために加工され、製造され、または再梱包された後に輸出される商品。

(2)前段落に記載されている以外のサービス、その対価は許容できる外貨で支払われ、Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規則に従って会計処理されている。フィリピンが署名している特別法または国際協定の下での免除が事実上そのようなサービスの供給をゼロパーセント(0%)のレートに課す人または事業体に提供されるサービス

(2)前項に掲げるもの以外の業務であって、その業務の遂行の都度、当該国外で業務に従事する者、または業務外の非居住者に提供されたもの。 許容外貨で、Bangko Sentral ng Filipinos(BSP)の規則および規制に従って会計処理されている。

(3)フィリピンが署名している特別法または国際協定の下での免除が事実上そのようなサービスの供給をゼロパーセント(0%)のレートに課している人または団体に提供されるサービス。

(4)国際輸送専用の船舶に提供されるサービス。

(5)輸出売上高が年間総生産量の70%を超える企業の製造品の加工、加工、加工において下請業者または請負業者が行うサービス。

(6)フィリピンから外国への国内航空または船舶による旅客および貨物の輸送。

(7)バイオマス、太陽、風力、水力、地熱などの、ただしこれらに限定されない再生可能エネルギー源を通じて発生する電力または燃料の販売。 海洋エネルギー、および燃料電池や水素燃料などの技術を使用したその他の新しいエネルギー源。

(8)以下のサービス

(i)特別法に基づき規定されている別の関税地域内の登録企業。
(ii)TIEZAによって宣言された共和国法第9593号または2009年の観光法の規定に基づく観光事業地帯内の登録企業。
ただし、本サブパラグラフ(B)(1)および(B)(5)は、12%の付加価値税の対象となり、以下の条件が満たされた場合には、0%のVAT税は適用されません。 以下の条件があります。

(1)VAT還付申請書を事務局に提出してから90日以内に、信用できる入力税の還付を認める、強化されたVAT還付システムの確立および実施の成功。 。 1、2018年1月1日から提出されたすべての申請書は処理され、VAT還付申請書の提出から90日以内に決定されなければならない。そして
(2)2017年12月31日現在のすべての係属中のVAT払い戻し請求は、1919年12月31日までに現金で全額支払われるものとします。
ただし、財務省は、内国歳入庁(BIR)および税関局(BOC)にVAT払い戻しセンターを設置します。このセンターは、信用できる投入税の現金払い戻しの処理および付与を処理します。
BIRの総付加価値税徴収額の5パーセントに相当する金額、および直前の年からのBOCは、毎年自動的に配分されるものとします。一般基金の特別口座として、またはVAT還付の請求のための信託受領書として扱われるものとします。ただし、未使用の基金が年度末に一般基金に返金されるようにします。
さらに、BIRとBOCは、払い戻しのために係属中のすべての請求と未使用の資金についての四半期報告書をCOCCTRPに提出するよう要求されるものとします。

(C)税の決定 – 税金は、領収書に記載されている合計金額に11分の1(1/11)を掛けて計算します。

SEC. 109. Exempt Transactions. – The following shall be exempt from the value-added tax:

(a)非食品農産物の販売。一次生産者またはそれが生産される土地の所有者による原産のままの水産物および林産物。

(b)綿の種子を元の状態で販売すること。コプラ(ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの)を販売すること。

(c)元の状態の農産物および水産食品、家畜および家禽、あるいは一般的に使用されている、または人間が消費する食品を生産または生産するための販売または輸入。この段落及び段落(a)に分類される製品は、たとえ冷凍、乾燥、塩漬け、焼きなどの市場のための簡単な準備又は保存の過程を経たとしても、それらの元の状態で考慮されるものとする。玄米、とうもろこし、生の砂糖、糖蜜、普通の塩は元の状態のままとします。

(d)肥料の販売または輸入。種子、苗木、および苗木。地元で生産されたものであれ輸入品であれ、完成飼料の製造に使用される原料を含む魚、エビ、家畜および家禽の飼料(競走馬、戦闘用コック、水族館の魚、動物園用動物および一般にペットとみなされるその他の動物用の特殊飼料を除く)

(D)専門家の道具や道具、貿易の道具、職業または雇用、アパレル、家畜の着用、およびフィリピンに居住する個人またはフィリピン人の家族および現在居住者である子孫他の国の市民、そのような当事者に付随する物々交換または販売のためではなく、自らの使用のために、職業に適した量およびクラスの職業、ランクまたは位置に適したクラスの当事者。ただし、税関局は、十分な証拠が得られれば、そのような人が実際にフィリピンに定住しようとしていること、および物品が以前の居住地から持ち込まれたことを免除することができる。関税および税金の支払いから:さらに、製造に使用するための車両、船舶、航空機、機械類およびその他の類似品この分類に含まれないものとし、したがって、義務、税金およびその他の費用の対象となります。

(e)いかなる形態または州の石炭および天然ガス、ならびに石油製品(潤滑油、加工ガス、グリース、ワックスおよびワセリンを除く)の販売または輸入、タイトルVIの下で課される物品税。

(E)タイトルVに基づくパーセント税の対象となるサービス。

(f)潤滑油、加工ガス、グリース、ワックスおよびワセリンを除く、消費税の対象となる石油製品の製造において購入者または輸入者自身が使用する原材料の販売または輸入。

(F)農業契約生産者によるサービス、および他の人々のための米への製粉、トウモロコシへのトウモロコシへの製粉、およびサトウキビから生砂糖への製粉。

(g)沿岸または外航を問わず5000トンを超える旅客および/または貨物船の輸入。その船のエンジンおよびスペアパーツを含み、輸入者自身がその運航者として使用するため。

(G)専門家によって提供されたものを除く医療、歯科、病院および獣医サービス。

(h)海外から帰国するフィリピンの居住者およびフィリピンで再定住しようとしている非居住者に属する個人的および世帯的影響の輸入:当該物品は、フィリピンの関税および関税法の下で関税を免除される。

(H)教育省(DepEd)、高等教育委員会(CHED)、技術教育および技能開発局(TESDA)および政府教育機関によって正式に認定された、民間の教育機関によって提供される教育サービス。

(i)来店者に属する職業用器具および用具の着用、衣料品、家畜、および個人用家庭用品(製造に使用するためのあらゆる車両、船舶、航空機、機械その他の商品を除く)販売、物々交換、交換、同伴、または到着前90日以内に到着した90日以内に、コミッショナーに満足のいく証拠を提示して到着した場合、フィリピンでの使用は認められません。実際にフィリピンに定住するようになってきており、居住地の変更は誠実です。

(I)雇用主 – 従業員の関係に基づいて(pursuant to)個人が提供する(rendered)サービス。

(j)タイトルVに基づくパーセント税の対象となるサービス。

(J)アジア太平洋地域の関連会社、子会社または支店の監督、通信および調整センターとして機能し、フィリピンから収入を得たり得たりしない多国籍企業によってフィリピンに設立された地域または地域本部によって提供される(rendered)サービス。

(k)農業契約の生産者によるサービス、および他の人々のための米への製粉、トウモロコシへの製粉およびサトウキビから生砂糖への製粉。

(K)大統領令第529号に基づくものを除き、フィリピンが署名国である国際協定のもとで、または特別法の下で免除される取引。

(l)修正された共和国法第7716号第17条の規定に従う医療、歯科、病院および獣医サービス。

(L)協同組合開発委員会に組合員に正式に登録された農業協同組合による販売、および原産のままの状態でも加工された形でも、非加盟国への農産物の販売。 直接農場投入物、その機械部品および備品の輸入(そのスペアパーツを含む)、それらの生産物の生産および/または処理において直接かつ排他的に使用されること。

(m)教育文化省(DECS)および高等教育委員会(CHED)によって正式に認定された、民間の教育機関によって提供された教育サービス、および政府の教育機関によって提供されたサービス。

(M)Cooperative Development Authorityに正式に登録されているクレジットまたは多目的協同組合による貸付活動からの総収入。

(n)芸術作品、文学作品、作曲その他の類似作品の芸術家自身による販売、またはそのような作品の製作のために行われた彼のサービス。

(N)協同組合開発局に正式に登録されている非農業、電気、信用以外の協同組合による売上高:各加盟国の出資金が15,000ペソを超えないこと。 総資本と純剰余金が加盟国間で均等に分配された。

(o)雇用主 – 従業員の関係に従って個人が提供するサービス。

(O)VAT登録されていない人による輸出販売。

(p)アジア太平洋地域の関連会社、子会社または支店の監督、通信および調整センターとして機能し、フィリピンから収入を得たり得たりしない多国籍企業によってフィリピンに設立された地域または地域本部によって提供されるサービス。

(P)主に顧客への売却目的で保有されていない、または通常の取引または事業の過程でリース目的で保有されていない不動産、あるいは共和国法第7279号で定義されている1992年の都市開発および住宅法、およびその他の関連法、百万五十万ペソ以下の住宅地、住居および一戸建てその他二百万ペソの住居ただし、2021年1月1日以降、VATの免除は、主に顧客への売却目的で保有されていない、または通常の取引または事業の過程でリース目的で保有されていない不動産の売却、利用される不動産の売却にのみ適用される。共和国法第7279号で定義されている社会化住宅、住宅や敷地の売却、および売買代金が200万ペソ以下のその他の住居の場合:さらに、3年ごとにその後、ここに記載されている金額は、フィリピン統計局(PSA)が公表する消費者物価指数を使用して現在価値に調整されるものとします。

(q)大統領令第66、529号および1590号に基づくものを除き、フィリピンが署名国である国際協定のもとで、または特別法の下で免除される取引。

(Q)毎月の賃貸料が15,000ペソ(P15,000)を超えない住宅用ユニットのリース。

(r)協同組合開発委員会に組合員に正式に登録された農業協同組合による販売、および原産のままの状態であれ加工済の形態であれ、非加盟国への農産物の販売直接農場投入物、その機械部品および備品の輸入(そのスペアパーツを含む)、それらの生産物の生産および/または加工において直接かつ排他的に使用されること。

(R)定期的に表示される固定価格または定期購読販売の書籍、および主に有料広告の掲載に充てられていない新聞、雑誌、レビュー、または速報の販売、輸入、印刷または出版。

(s)発電および配電、ならびに発電所で直接使用される予備部品を含む機械および装置の輸入に関して、共同開発当局または国家電化管理局に正式に登録された電気協同組合による販売。配電

(S)国際航空会社による旅客の輸送。

(t)貸付業務が組合員に限定されている共同開発公社に正式に登録されているクレジットまたは多目的組合による貸付活動からの総受領。

(T)国内または国際的な輸送業務のための、旅客用または貨物用の船舶および航空機の販売、輸入またはリース。エンジン、機器およびそれらのスペアパーツを含む。

(u)Cooperative Development Authorityに正式に登録された非農業、非電気、および非信用の協同組合による売上高:各加盟国の資本拠出額が15,000ペソ(P15,000)を超えないこと。メンバー間で均等に分配される総資本および純剰余金。

(U)国際輸送又は航空輸送業務に従事する個人による燃料、貨物及び供給品の輸入:燃料、貨物及び供給品は国際輸送又は航空輸送業務に使用されるものとする。

(v)VAT登録されていない人による輸出販売。

(V)銀行、準銀行業務を遂行する銀行以外の金融仲介業者、およびその他の銀行以外の金融仲介機関のサービス。

(w)主に顧客への売却目的で保有されていない、または通常の取引または事業の過程でリース目的で保有されていない不動産、あるいは共和国法第7279号で定義されている1992年の都市開発住宅法、およびその他の関連法、家屋および区画、その他の住居は、百万ペソ(P1,000,000)以下の価値があります。本法及びその後の各暦年において、百万ペソ(P1,000,000)の額は、国家統計局(NSO)によって公表された消費者物価指数を用いて現在価値に調整されるものとする。

(W)共和国法第9994号(2010年拡大高齢者法)および10754号(障害者の利益および特権を拡大する法律)に規定されているように、高齢者および障害者への商品およびサービスの販売またはリース。 それぞれ;

(x)毎月の賃貸料が8,000ペソ(P 8,000)を超えない住宅ユニットのリース。ただし、共和国法第8241号の効力発生日以降の暦年の1月31日以降およびそれ以降の各暦年以降は、消費者向け価格を使用して8,000ペソ(P8,000)の額を現在価値に調整しなければならない。国家統計局(NS0)によって公表された指数。

(X)修正された、NIRCのセクション40(C)(2)に従った財産の譲渡。

(y)定期購読および販売のための固定価格で掲載され、主に有料広告の掲載に充てられていない本、および新聞、雑誌のレビューまたは紀要の販売、輸入、印刷または出版。そして

(Y)協会会費、会費、および住宅所有者協会および分譲マンション企業が徴収するその他の査定および費用。

(z)前項の取引以外の財又は財産の売買又はリース、又はサービスの履行、年間総売上高及び/又は受領額が五十五万ペソの額を超えないこと。ただし、共和国法第8241号の効力発生日以降の暦年の1月31日以降およびそれ以降の各暦年は、消費者物価を用いて現在価値に調整されるものとする。国家統計局(NSO)によって発行されたインデックス。

(Z)Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)への金の売却。

(AA)2019年1月1日以降、糖尿病、高コレステロール血症、高血圧症用に処方された医薬品の販売。 そして

(BB)前項に記載した取引以外の財又は財産の販売若しくはリース、又はサービスの履行、年間総売上高及び/又は受領額が300万ペソ(P3,000,000)を超えない。

それにもかかわらず、そうでなければVATの対象ではない商品または資産またはサービスの販売であるが、VATの請求書または領収書を発行する者は、他の該当する税率に対する責任に加えてまた、入力税額控除の恩恵を受けずに、第106条または第108条に課された税に責任を負うものとし、そのような税は本規範第110条に基づく購入者に対する入力税額控除としても認識される。

SEC. 110. Tax Credits. –

(A)貸方入力税。 –

(1)以下の取引に関して本契約の第113条に従って発行されたVAT請求書または公式領収書によって証明されたインプット税は、アウトプット税に対して貸方記入するものとする。

(a)商品の購入または輸入:

(i)売り出し中または
(ii)包装材料を含む販売用完成品の一部に変換すること、またはその一部を形成することを意図したもの。または
(iii)事業の過程で物資として使用するため。または
(iv)サービスの販売において供給される材料としての使用。または
(v)自動車、航空機およびヨットを除き、本規範の下で減価償却費の控除が認められている貿易または事業での使用。

(b)付加価値税が実際に支払われたサービスの購入。

(2)商品または財産の国内購入に対する投入税は、次のとおりでなければならない。

(a)販売終了時および商品または財産の輸入時に購入者に支払う。

(b)税関局の管理下にある物品の発売前に付加価値税を支払った後の輸入者へ。

ただし、サービスの購入、リースまたは財産の使用の場合、入力税は、補償金、賃貸料、ロイヤルティまたは手数料の支払い時に購入者、借手、またはライセンシーに支払われるものとします。

この商法の下で減価償却の控除が認められている貿易または事業で使用するための暦月に購入または輸入された商品に対する投入税は、取得した月およびそれに続く59日に均等に配分されるただし、そのような商品のVAT要素を除いた総取得費用が100万ペソ(P1,000,000)を超える場合は、次のようになります。ただし、資本財の見積耐用年数が5年未満の場合、さらに、インプットVATの償却は、2021年12月31日までしか認められず、その後、未使用のインプットVATを有する納税者が、購入した資本財について購入した場合、または減価償却目的で使用された場合は、輸入されたものは、完全に利用されるまで予定されたものと同じものを適用することが許されるものとします。最後に、サービスの購入、リースまたは資産の使用の場合、入力税は、補償金、賃貸料、使用料、または使用料の支払い時に購入者、借手、またはライセンシーに支払われるものとします。

(3)付加価値税の対象とならない取引にも関わっているVAT登録者は、次のように税額控除を受けることができます。

(a)付加価値税の対象となる取引に直接起因する総投入税。

(b)いずれの活動にも直接帰属することができない投入税のうちの課税可能部分。

「投入税」という用語は、物品の輸入、またはリースまたは財産の使用を含む物品またはサービスの現地での購入に関して、VAT登録者がその取引または事業の過程で支払う付加価値税を意味します。 VAT登録者

それはまた、このコードのセクション111に従って決定された経過的なインプット税を含みます。「アウトプット税」という用語は、登録または要求された者による課税商品または資産またはサービスの販売またはリースによる付加価値税を意味します本規範第236条に基づき登録する。

(B)超過アウトプット税またはインプット税 – 課税対象四半期の終わりにアウトプット税がインプット税を超える場合、超過分はVAT登録者が支払うものとします。

投入税が生産税を超える場合、超過分は次の四半期に繰り越されます。

第112条の規定により、資本財の購入またはVAT登録者によるゼロ評価売上に起因するインプット税は、他の内国歳入税に対して払い戻しまたは控除することができます。

(C)課税対象となる投入税の決定 – 前月または四半期から繰り越された超過投入税と課税対象の月または四半期中にVAT登録者に支払われるべき投入税の合計は、請求額の額だけ減額される。付加価値税およびその他の調整(購入返品または引当金、免税販売に起因する入力税など)の払い戻しまたは税額控除のため。

前項の税額控除請求には、内国歳入局に提出されたものだけでなく、投資委員会、税関局などの他の政府機関に提出されたものも含まれるものとします。

SEC. 111. Transitional/Presumptive Input Tax Credits. –

(A)暫定入力税額控除 – 付加価値税を支払う義務を負う者、またはVAT登録者になることを選択した者は、長官が定める規則および規則に従って在庫を提出することを条件とする。財務長官は、長官の推薦により、当初の商品、原材料および備品の在庫に対して、そのような在庫の金額の8%に相当するインプット税、またはそのような商品、原材料に対して支払われた実際の付加価値税を認められる。物資は、それよりも高い方であれば、生産税に対して控除されるものとする。

(B)推定投入税控除。 –

(1)イワシ、サバおよびミルクの加工、ならびに精製砂糖および食用油の製造に従事する個人または企業は、1.5%に相当する、推定投入税を、生産税に対して控除することが認められる(1)。本小節で使用されているように、「加工」という用語は、低温殺菌、缶詰め、および物理的または化学的な行為を通じて行われる活動を意味するものとします。プロセスは、それが元の形または状態に置かれることができなかった特別な使用のためにそれを準備するような方法で製品の外部のきめまたは形または内部の物質を変える。

(2)公共事業請負業者は、実際の投入税の代わりに、政府契約に関する契約価格の1.5%に相当する推定投入税を認められるものとする。

SEC. 112. Refunds or Tax Credits of Input Tax. –

(A)ゼロ評価または実質的にゼロ評価された売上 – 売上がゼロ評価または実質的にゼロ評価されたVAT登録者は、売上が確定した課税四半期の終了後2年以内に、ただし、暫定的な入力税を除き、そのような販売に起因する、またはそのような販売に起因する支払われるべき入力税の納税証明書の発行または払い戻しの申告は、そのような入力税が出力税に対して適用されていない場合に限ります。第106条(A)(2)(a)(1)、(2)および(B)ならびに第108条(B)(1)および(2)に基づくゼロ評価売上の場合、許容外貨換算その収益は、Bangko Sentral ng Pilipinas(BSP)の規則および規制に従って、正しく会計処理されていました。さらに、納税者がゼロ評価または実質的にゼロ評価の販売に従事し、課税対象または免税の場合財産またはサービスの商品の販売、および支払うべきまたは支払うべき信用ある入力税の額は、直接および同いずれかの取引に年金的に帰属するため、売上高に基づいて比例的に配賦するものとします。

(B)Capital Goods.- VAT登録者は、輸入税または地方購入の資本財に納税された税額控除証明書またはインプット税の払い戻しを申請することができます。ただし、そのようなインプット税はアウトプット税に対して適用されていません。 。

申請は、輸入または購入が行われた課税対象四半期の終了後2年以内にのみ行うことができます。

(C)VAT登録の取り消し – 本規約の第106条(C)に基づく退職または業務の停止、または資格の変更または停止により登録が取り消された者は、取り消しの日から2年以内に、適用することができます。彼の他の内国歳入税の支払いに使われるかもしれないどんな未使用の入力税のための税額控除証明書の発行のため。

(C)投入税の還付がなされる期間。 – 適切な場合には、局長は、公式の領収書または請求書および(A)項に従って申請された申請を裏付けるその他の文書の提出日から90日以内に、信用できる入力税の払い戻しを与えるものとする。 B)本書の規定:ただし、局長が払い戻しの付与が適切でないと判断した場合、局長は拒否の合法的および事実的根拠を書面で述べなければなりません。

「税金還付請求の全部または一部が却下された場合、影響を受けた納税者は、請求を却下する決定を受けてから30日以内に、決定を上訴裁判所に上訴することができます。 90日以内にBIRの役人、代理人、または従業員が申請に基づいて行動しなかったことは、本規範の第269条に基づき処罰されるものとします。

(D)投入税の払い戻しまたは税額控除が行われる期間。 – 適切な場合には、局長は、小項目(A)に従って提出された申請を裏付けるために、競争文書の提出日から120日以内に、払い戻しを与えるか、または信用できるインプット税に対する税額控除証明書を発行する。 (B)本契約書。

税金の払い戻しまたは税額控除の請求の全部または一部が拒否された場合、あるいは長官が上記の期間内に申請に応じなかった場合は、影響を受けた納税者は、30日以内に申し立てを却下する決定を受け取った場合、または122日の期間が満了した後は、決定または未解決の申し立てを控訴裁判所に控訴する。

(E)払い戻しの方法。 – 委員長、または監査委員会、1987年行政法典の規定に反する署名をする必要なしに、長官またはその正当な権限のある代表者が引き受けた保証に対して、払い戻しをするものとする。段落は、監査委員会による事後監査の対象となる。

CHAPTER II
COMPLIANCE REQUIREMENTS

SEC. 113. Invoicing and Accounting Requirements for VAT-Registered Persons. –

(A)請求書発行要件。 – VAT登録者は、売り出しごとに請求書または領収書を発行するものとします。

第237条に基づいて要求される情報に加えて、請求書または領収書に以下の情報を記載するものとします。

(1)売主がVAT登録者であり、その後に納税者の識別番号(TIN)が続く旨の陳述。 (2)購入者が売り手に支払う、または売り手に支払う義務がある総額で、そのような金額に付加価値税が含まれていることを示す。

(B)会計要件 – 第233条の規定にかかわらず、第106条および第108条に基づく付加価値税の対象となるすべての人は、要求される通常の会計記録に加えて、日々の売買が行われる補助販売仕訳帳および補助仕入れ仕訳帳を維持する。 記録した。

補助機関誌には、財務長官が要求するような情報が含まれるものとします。

SEC. 114. Return and Payment of Value-Added Tax. –

(A)一般に。 – 本所有権のもとで課される付加価値税を支払う義務を負うすべての人は、各納税者に対して定められた各課税対象四半期の終了後25日以内に、売上総額または領収書の総額を四半期ごとに申告するものとします。ただし、VAT登録者は毎月付加価値税を支払うものとします。

(A)一般に。 – この所有権のもとで課される付加価値税を支払う義務を負うすべての人は、各納税者に規定された各課税対象四半期の投与後25日以内に、売上総額または領収書の金額の四半期毎の申告を提出するものとします。 ただし、付加価値税の登録者は、毎月付加価値税を支払うものとします。最後に、2023年1月1日以降、本条に基づく申告および納付は25日以内に行われるものとします。 課税対象四半期の終了後の日数。

第236条に従って登録が取り消された者は、登録の取り消し日から25日以内に申告書を作成し、納税しなければならない。ただし、1つの連結申告のみが提出されるものとする。彼の主要な事業所または本社およびすべての支店の納税者による。

(B)申告書を提出して税金を支払う場所。 – 長官が別に許可する場合を除き、申告書を提出し、納税者が登録または要求されている収入地区内にあるフィリピンの公認代理人銀行、歳入徴収官、または公認の市または地方自治体の会計係に納税しなければならない。登録。

(C)信用できる付加価値税の源泉徴収。 – 政府、または政府所有または支配企業(GOCC)を含むその政治的な細分化、手段または機関は、販売者から商品を購入するたびに支払いを行い、請負業者によって提供されるサービスの価値を引き受ける本規範の第106条および第108条に課される追加税は、物品の購入に対する総支払額の3パーセント(3%)および総額に対する6パーセント(6%)の税率で、付加価値税を控除し、源泉徴収します。売主または請負業者の付加価値税の負債に対して支払われるべき販売または分割払いの支払いごとに請負業者が行うサービスの受領:ただし、政府公務員請負業者の場合、源泉徴収率は8 2分の1パーセント(8.5%):さらに、非居住者の所有者に対するリースまたは不動産の使用または財産権の使用には、10%の源泉徴収税が課されるものとします。お支払い

この目的のために、支払人または支払を管理している人が源泉徴収代理人とみなされます。

本条に基づき源泉徴収された付加価値税は、源泉徴収が行われた月の末日から10日以内に送金されるものとします。

(C)付加価値税の源泉徴収 – 政府または政府所有または管理会社(GOCC)を含むその政治的小区分、手段または機関のいずれかが、商品およびサービスの購入ごとに支払いを行う前にこの規範のセクション106および108に課される付加価値税の対象となり、この規範のセクション106および108に課される付加価値税を控除し、5の割合で最終的な付加価値税を控除する2021年1月1日以降、本条に基づくVAT源泉徴収システムは、最終から信用可能なシステムに移行するものとする。非居住者の所有権には、支払い時に12%の源泉徴収税が課されるものとします。最後に、Official Development Assistaが資金提供したプロジェクトから生じる商品およびサービスの購入に対する支払い改正された「1996年公的開発援助法」としても知られる共和国法第8182号に定義されているnce(ODA)は、本項に課される最終源泉徴収税制度の対象とはならない。本条の目的上、支払人または支払を管理している人が源泉徴収代理人とみなされるものとします。

SEC. 115. Power of the Commissioner to Suspend the Business Operations of a Taxpayer. –

コミッショナーまたはその代理人は、これにより、事業運営を中断し、以下のいずれかの違反のために一時的に誰かの事業所を閉鎖する権限を与えられます。

(a)VAT登録者の場合 –

(1)領収書または請求書の発行の不履行

(2)第114条に基づいて要求される付加価値税申告書を提出しなかった。 または

(3)課税対象の売上または領収書を課税対象四半期の正しい課税対象の売上または領収書の30%以上過小評価している。

(b)第236条に基づき要求された登録簿への登録の不履行。 – 施設の一時的閉鎖は5日以上の期間であり、局長の定める要件の遵守時にのみ解除される。 閉鎖順に。

参考:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス