【変圧器いる?】元学校マネージャーがフィリピン留学1ヶ月のおすすめ便利持ち物を発表します

スポンサーリンク

先日、フィリピン留学3ヶ月用の持ち物を記事にしたが、今回は1ヶ月用のおすすめ持ち物記事だ。比較的短期ということで、便利グッズを中心にリストアップした。現地で買えるものは現地で購入し、日本でしか調達できないものは日本でというふうに場合わけをして紹介する。

フィリピン留学1ヶ月持ち物「渡航書類・カード類」

パスポート

日本出国、フィリピン入国用スタンプを押す余白があるか要確認。有効期限を確認。ちなみに、学校や申請エージェントに手渡す際は、パスポートカバーは取っておこう。申請の際に剥ぎ取られその後は行方不明になるからだ。

航空チケット

日本出国・フィリピン入国用とフィリピン出国用の2つの航空チケットが必要。フィリピン出国用チケットの日付はパスポートの有効期限までの日付が必要。

国際キャッシュカード・クレジットカード

フィリピン留学1ヶ月という短期間の場合は、滞在中の概算の現金を持っていけば不要。クレジットカードは現金という観点からは不要だが、海外旅行保険という観点からは必要。

楽天カード

フィリピン留学1ヶ月持ち物「英語学習」

電子辞書

短期間なので特に必要というわけではないが、どうしてもという人は下記を参照。

フィリピン留学からの海外就職用ビジネス用電子辞書。電子辞書をあまくみていたその機能とは。

テキスト

語学学校でほとんどのテキストは購入可能だが、韓国系は日本語のテキストがおいていない場合が多い。英語初級者は不足の事態に備えて軽めのテキストを持参していったほうが良い。おすすめは下記テキスト。

筆記用具

現地で購入可能。

耳栓

鶏、犬の鳴き声、複数人部屋のいびき、近所のパーティ等予期せぬ騒音が発生する場合があるので、日本クオリティのものを日本で購入しよう。

フィリピン留学1ヶ月持ち物「デジタル・家電用品」

ノートパソコン

音声教材をスマホで再生できる場合は不要。英語中上級者は必要。持っていく場合はできれば光学ドライブ付のものが、何かと便利。

ノートパソコン用外付けスピーカー

現地で購入可能。

予備の充電器、ケーブル

iPhone用のケーブルは現地でも購入できるが高額な場合が多い。できれば予備で一つ持っていきたいところ。

ドライヤー

現地で購入可能。

デジタルカメラ

スマホで代用可能。現地で購入可能。

変圧器

Electronics Plastic Ion Black Adapter Power

パソコンやスマホなど、電化製品とコンセントの差し込み先の間にアダプター(ノートパソコンの場合は多くが写真のような黒色のボックス、マックは白のボックス、スマホは色々)があれば、そのアダプターが電圧を調整してくれるので不要。

それ以外、アダプターがついていない電化製品、例えばフィリピン留学ではドライヤーや電動髭剃りは変圧器が必要。ちなみにフィリピンはたまに電圧がころころ変わるので神経質な人は変圧器が必要。

変圧器が必要な場合は、フィリピンのものはクオリティが低いので日本で購入したほうが良い。

目覚まし時計

スマホで代用可。

重さ測り器

フィリピン出国の際は、テキストやお土産等、入国の時と荷物の重さが変わる場合が多い。そんな場合のためにトラベル用の重量計があれば便利。

フィリピン留学1ヶ月持ち物「寮生活」

洋服

公共交通機関、映画館に乗る、行く予定がある場合はクーラーが効きすぎているので羽織るものは必要。フィリピンの洗濯はデリケートではないので、高級な洋服は持っていかないほうが無難。

洋服の数は、学校で洗濯をしてくれるのか、週何回か等による。

短期フィリピン留学に必須な毎日洗濯が可能な5つのおススメ語学学校

バスタオル

貸し出してくれる語学学校もあるので、問い合わせて要確認。

内履き

建物内土足厳禁の場合は、内履きがあると足の裏が汚れない。現地で購入可能。

シャンプー・リンス・歯磨き粉

寮内に備え付けがなければ、現地で購入可能。日本ブランドは高額。

コンタクト用品

現地で購入可能だが、日本から持っていったほうが無難。

医薬品

現地でも備え置きの薬があるが、だいたいフィリピンの薬なので刺激が強い。不安な場合は日本から持っていったほうが無難。

化粧品、生理用品、日焼け止め

現地でも購入可能だが、クオリティに劣るので、日本から持っていったほうが無難。

ポケットティッシュ

低クオリティのものが現地で購入可能。

ふりかけ、味噌汁

韓国系食事が多く出る場合は、念のため持っていくか、現地でも購入可能。

フィリピン留学1ヶ月持ち物「外出」編

虫除けスプレー・かゆみ止めクリーム

現地でも購入可能だが、刺激が強いので日本で買っていこう。学校内でデング熱が流行する場合があり、原因が校内にあるにもかかわらず、学校が対応しない場合もあるので、虫除けスプレーで自己防衛しよう。

蚊取り線香

現地で購入可能。

折り畳み傘

現地で購入可。学校に放置しておくとなくなることが多いので名前を書いておいたほうが良い。

水着

デザイン、クオリティの点からも日本で買っていこう。ビーチに行く予定がない人は不要。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする