フィリピン留学2ヶ月での費用とド初心者からの成長プラン

さて、フィリピン留学1週間、1ヶ月と続き今日は2ヶ月編だ。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

はじめに

全くの英語初級者が、2ヶ月でどこまで伸びるのか。それは誰も知る由も無い。2ヶ月で爆発的に伸びる方法があればすでに日本人はみんなぺらぺらになっているだろう。

実は2ヶ月というのは、長いように見えて実は短い。やっと慣れてきた頃に、もう帰国のカウントダウンをしないといけないからだ。

うまいこと英語学習計画を立てないと、毎日のほほんと過ごしていては、それこそ光陰矢のごとしで、「英語伸びなかったけど楽しかった→またフィリピン留学行こう→経営者の思うつぼ」なのである。

事前学習の大事さ

さて、フィリピン2ヶ月留学の流れだが、やはり基本的な日本での自己学習は大事にしたい。超初心者の場合は、ほんとうに中学校の英語の文法を一通りやってきておけば、フィリピン留学中も授業はスムーズに行くだろう。

文法がわかっていないと、マンツーマンがウリのフィリピン留学でみっちりと発音やスピーキングの練習ができない。

中学校の教科書並みのテキストでも良いが、おすすめは市販されている、中学レベルの英語学習に特化したテキストだ。

また、事前にオンライン英会話を申し込んで、英語に慣れておくのも良いだろう。ただ、あまりにやりこみすぎて、「英語なんて簡単」だと思ってはいけない。

オンライン英会話の教師レベルは格安になればなるほど悪くなり、英語が通じていると思っても、ただのカラ返事だったりする可能性が高いからである。

フィリピン渡航直後

無事、フィリピンに到着し、語学学校の宿舎に到着。多くの学校は週はじめ月曜から学校が開始し、その中でもほとんどが午前中をオリエンテーションという名の時間つぶしに使うことが多い。

大勢で同じ時間に説明会をやるとかなり効率が良い。そのための日曜到着月曜開始だが、学校によってはいつでもカモンいつでもレッツ授業のところもあるから驚きだ。

留学費用に関しても、いつカモいつレッスン(いつでもカモンいつでもレッツ授業)のほうが、生徒一人ひとりに対応しなければいけないので、手間隙がかかりコストが増える。

さすがに100人、200人クラスの大規模校であれば、日曜到着月曜開始もわかるが、10人くらいの小規模校で、費用が高い割りに日曜到着月曜開始を実施している学校は甚だ疑問である。費用が安ければまだ理解はできる。

授業開始

さて、いよいよ授業開始。ここでも息を抜いてはいけない。授業時間まるまる自己紹介をさせてはならない。だいたい10分~20分くらいに収めておこう。

フィリピン留学に2ヶ月もいるのだから、そのうちお互いのことは、嫌でも知ることになるだろう。

1日の授業時間に関しては、だいたい4~6時間が良いだろう。4時間とると物足りず、6時間とるとハードと感じる生徒が多いので、ぎりぎりのラインだ。

たとえば最初の4週間を4時間、授業になれてきて英語も徐々に話せるようになれば後半の4週間は6時間のマンツーマンでアウトプットを養ったほうが良いだろう。

マンツーマン授業のテキスト

1日の授業のうち2時間は日本でやってきた中学レベルのテキストを今度は英語教師と進める。日本で自習してきているので、だいたい理解できているだろうから、今度はテキストを見なくても英文が言えるように予習を完璧にしよう。

瞬間英作文

また、別の2時間では、瞬間英作文がおすすめだ。

左右見開きになっているので、日本語の読めない英語教師には英文の部分だけを見てもらい、本人は日本語を見て瞬間的に英文を発する。英語教師には発音をチェックしてもらおう。

ただ、この瞬間英作文、賛否両論あるようである。

思うに、瞬間英作文は初心者用の教材である。多くの人が懸念しているように中上級者にとっては効果が無いばかりか、弊害もあるかも知れないが、日本語からでも何でも良いのでまず初心者は英語を発することに注力したほうが良い。

英語を発するという観点からみると、初心者にとって瞬間英作文は最適なテキストだと私は思う。

発音矯正

そして最後の2時間は発音の授業。フィリピン留学では有名な発音のテキストが下記のとおり3つ。

  • アメリカンアクセント
  • マスタリングアメリカンアクセント
  • プロナウンシエイションペア

ただ、初心者にとって、かなり発音の授業はしんどいので、1時間は別の授業1時間を発音に最初はあてても良い。

フィリピン留学2ヶ月の留学費用

基本的には1ヶ月留学と同じ考え方だが、ビザの延長費用が発生する点が1週間留学、1ヶ月留学とことなるところだ。

フィリピン留学初心者関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス