【フィリピン留学こんな先生はいやだ】初心者が陥りやすい罠チェックリスト~あなたも気付かずに効率悪いマンツーマン授業を受けていない?

スポンサーリンク

今日は、フィリピン留学で陥りやすい、効率の悪い教師の授業の例を列挙したいと思う。長期でフィリピン留学しているのに、なぜか英語が伸びない。なぜか授業中にイライラする。そんな留学生のために具体的例を記事にした。

ちなみにオンライン英会話をとっている人にとっても有益な情報だと自負します。

前回の復習が長い

授業の大半の時間を使って復習をする。下手したら半分復習、半分新規。オンライン英会話などを受けたことがあれば、時間は有限であることにすぐに気付くが、フィリピン留学がはじめての人は「こんなもんか」で思考停止してしまう。

確かに、授業の予習復習をせず、のらりくらりフィリピン留学に来ている人にとっては、授業中の復習はあったほうが良いだろう、しかし、大金をはたいて英語力をアップさせにきた人にとっては、復習などあたりまえにしているので、究極には復習は無くても良い。

先生の中にはわざと復習時間を長めにとるやからもいるので、もし、異様に復習時間が長いと思ったら、すぐに先生に言うか、学校管理者に直訴しよう。せっかく英語を勉強しに来たのに復習にお金をかけるのはナンセンスだ。

確認したい発音を適当にOKする。

これはオンライン英会話の先生で多いのだが、真剣に生徒の英語を聞いていない場合がある。オンライン英会話のレッスンである日私が英単語bearの不規則変化の発音を確認したかったので、bear-bore-bornと言って、私の発音正しい?と聞いたらOKという。

あー、これ絶対、適当教師だと思い試しにbear-bore-bomeと言ってみた。やはりOKだという。オンライン英会話だからということもあるが、初心者のマンツーマンレッスンでも良くある話であろう。

リピートする箇所を細切れで言うのでセンテンスを理解できない。

カランという教材があるが、単語が出てこなく、しどろもどろしているときに先生が助け舟を出してくれるのは良いが、それが単語1語だけ。その場はその単語を口にするだけで、難を免れるが、生徒の身にはなっていない。カンニングと同じだからである。

教師も助け舟を出しているつもりかもしれないが、その場をやはく丸く治めたいと思っている場合もある。

ベストなのは、単語だけの発言を促すのではなく、ある程度のまとまりを意識して助け舟を出すべきである。例えば下記の英文があるとする。

If I had got our director’s consent, I would have gone to America at once.

25-3 仮定法過去完了の用法

「If I had got our director’s consent, I would」まではすらすらと出てくるかもしれない。wouldの後のhaveが仮定法過去とあいまって出てこない場合がある。そんなとき良い先生は、haveを言うことだけを促すのではなく、I would haveというある程度区切りの良いところから言い直すことを促す。もし、生徒の理解が足りないと思ったら、場合によっては文頭から言い直すことを促すかもしれない。

これが悪い先生になると「have」、だけ。その場限りの○×クイズではないのだから、何の身にもならない。

冠詞に細かい

日本人は冠詞に弱いので注意してくれるだけましなのだが、これがストイックになると、めんどくさいとしか言いようがない。これも生徒の様子や生徒の特性を見抜いて、臨機応変に冠詞チェックをいれるか入れないかを考えることのできる教師が一流である。

冠詞を説明できない

上記とは逆に、冠詞を説明できない教師がけっこう多い。フィリピン留学初心者には冠詞は特に必要ないかもしれないが、中上級者は、冠詞を論理的に説明してもらいたいところだ。

説明が長い

知らないことを親身になって教えてくれる先生は良い先生だが、けっこうそんなこと知ってるよという説明を延々とする先生がフィリピンには多い。しかもドヤ顔で言うので、最初は良かったがだんだんとムカついてきて、私が留学したときもその先生はチェンジした。

リスニングの練習と思えば良いという人もいるかもしらないが、マンツーマンレッスンは話してなんぼの世界である。教師の英語の練習やドヤ話を聞かされる時間は無いのである。

こんな先生はいやだまとめ

何が言いたかったかというと、教師の管理や研修がしっかり行われていない学校はこういう先生が多く、また、そんな先生に限ってコミュニケーション能力はべらぼうに高いので、フィリピン留学が初めての生徒の心だけをつかんで満足させるが、肝心の生徒の英語は伸びていないという残念な結果が残る。

その生徒にフィリピン留学後に感想を聞くと「英語は伸びなかったけど、楽しかった。また来年いきたい」、である。語学学校経営者にとっては、まんまとしてやったりである。経営的には良いかもしれないが、教育産業としては最悪のマネジメントである。

ちなみに、繁忙期のパートタイム教師も同様にこんな先生率が高いだろう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする