スパルタなフィリピン留学はある一定層だけに向け開発されたものだった!?

スポンサーリンク

フィリピン留学の語学学校を選ぶ際、スパルタを売りにしている学校がけっこうあることに気付くだろう。特に韓国系。スパルタ名フィリピン留学の定義は定かではないが、おおよそ下記のとおりだろう。

  • 門限あり
  • 外泊、外出規制あり
  • 毎日強制テストあり
  • 成績一覧掲示あり
  • 定期的な強制プレゼンあり

実はこれらは韓国人の若者を対象にかつて作られたシステムが今も残っているだけだという説もある。

フィリピンスパルタ留学の歴史

韓国人は就職活動にTOEICの点数が必須であり、就職前にフィリピン留学に来る場合が多い。しかし、語学学校でほおっておくと、無断外泊、深夜俳諧、勉強しないなど、自己管理機能が無いため滅茶苦茶な留学生活だった場合が多く、本国の親御さんもせっかく大金をはたいて留学にいかせたのに何の成果もあげられないまま帰国すると、それはお怒りになるのは想像にたやすい。

そこで誕生したのがスパルタコースだ。校内規則をがっちがちに固め、完全なる学校の管理化に生徒を置くことで、勉強をやらざるを得ない環境下に置く。これが効を奏し、再びフィリピン留学に脚光が浴びせられた。

スパルタは日本人には合うのか

そういうことなのでフィリピンスパルタ留学は基本的に韓国人用のシステムであって日本人用ではない。そして、スパルタに行ったからと言って英語が伸びるわけでもない。それはスパルタが基本的にTOEICやTOEFL、IELTSなどの資格試験の点数アップコースのために作られたものだからである。

確かに、それらの点数をアップすることが目的であれば、スパルタはかなり効果的である。毎日の強制テストや定期的なテスト。授業が終わっても自習を半強制。外泊も届出制。これで点数がアップしない理由はないだろう。

しかし、かたや英会話という視点からみると、そんな管理体制での勉強は、日本人は大学受験のときにやってきたし、それで点数は上がるかもしれないが、英会話が伸びないのは、現状の日本人英会話力をみれば一目瞭然。

韓国系語学学校

また、韓国系語学学校というのは文字通り、韓国人をメインターゲットにしており(まれに例外あり:MMBS)、カリキュラムや教師教育が韓国人用に作られている場合が多い。一言でいうと日本人の神経質さには韓国系語学学校は合わない場合が多い。

韓国系の語学学校に行くと、こんな教師は【フィリピン留学こんな先生はいやだ】初心者が陥りやすい罠チェックリスト~あなたも気付かずに効率悪いマンツーマン授業を受けていない?で紹介したような教師がゴロゴロといるのである。

私も一度韓国系語学学校に通学で通ったが、教師のダメさ加減に1ヶ月で辞めてしまった。

フィリピンスパルタ留学にマッチする人

そういうことなので、英会話を伸ばすのではなく、TOEIC、TOEFL、IELTSの点数を伸ばしたい人にスパルタはうってつけだと言えよう。

また、門限等が厳しいので、フィリピンの治安が心配な日本人女子にもおすすめだが、学校内にはアグレッシブな韓国人男性がわんさかいるので、違う意味で危険かもしれない。

フィリピンスパルタ留学を体験できる語学学校

そんなスパルタ留学におすすめの語学学校をいくつかピックアップしてみた。

BTELA(セブ)

まさかの日系でスパルタを売りにしている語学学校。

ホームページ

EV English Academy(セブ)

こちらもまさかの仏系語学学校。

ホームページ

MONOL(バギオ)

バギオの大規模校。ほんとにどこかの高校に留学したと思うほど施設は充実。

MONOL International Education Institute

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフィリピン留学からの。をフォローしよう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする