【マニラおすすめラーメン】マカティ・リトル東京のおなじみYAMAZAKIには知られていない秘密があった。

マニラ・マカティのリトル東京といえば、マカティだけでなくルソン島在住の日本人誰もが知っている日本人スポットだ。そこには日本食材店あり、日本食レストランあり、そこに身をおくと、あたかも日本にテレポーテーションしたような感覚になるから不思議だ。

今日はそんなリトル東京に先週末友人と行って来たレポート記事だ。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

マカティのYAMAZAKI(山崎)

リトル東京でもYAMAZAKIの存在は飛びぬけて有名。長期滞在している日本人はほとんどその存在を知っており、週末にはYAMAZAKIに買出しに行くという人も多い。YAMAZAKIは日本食材店と日本料理店が合体した、いわゆる食材を販売して利益を得、食材を調理して利益を得るという同じマカティにある樹海(マカティ、リトルトーキョーにある日本食材屋と日本料理屋が併設された店舗「樹海」)と同形態のおいしいとこ取り日本食レストランだ。

マカティという土地柄、値段が高いというイメージが先行し、あまり足を運ばなかったが、バンカム(マカティのローカル飲食店蛮可無(Bunchums)の裏の顔)で一次会を開催した後に、YAMAZAKIへ向かうという、いかにもマカティに住む駐在員のような飲み会ルートをその日はなぞっていった。

マカティのYAMAZAKI(山崎)の店内

この日は、隣接の日本食材店から丸見えの禁煙席ではなく、店の置くの喫煙席へ進んだ。いかにもDESIGNATION SMOKING AREAとして許可されていないような感じの喫煙席。多くの日本人カスタマーからの要望に答えたのだろう。管理当局のがさ入れが入れば一発アウトだ。

ただ、禁煙席とは違い、それぞれのテーブルがパーティションで仕切られているので、プライバシーはぼちぼち守られる。禁煙席で日本人と目が合い、なんだこの日本人とお互い敬遠する感じがいやな人はタバコを吸わなくても喫煙席をおすすめする。

店内には、読み古された、全巻そろってなさそうなドラゴンボール、頭文字D、HEAT、新宿スワン、1・2の三四郎などなどが読み放題。マカティの日本人にはそういうことをする人はいないと思うが、ジャイアン症候群のフィリピン人が、ただだと思って日本語を勉強するために持ち帰った可能性が高いだろう。

店もそこまで管理しきれていないので、そのうちコミックの神龍の体長がワニのようになるのが目に見えている。

さて、注文したのは、半チャンセット。醤油ラーメン、ハーフチャーハン、野菜炒め又は餃子で238ペソだった。さっぱり味のしょうゆ仕立て。

その他やまざきメニューとして下記のものがある。すべて238ペソ。

  • 醤油ラーメンセット(醤油ラーメン、餃子、野菜炒め)
  • チャーハンセット(チャーハン、餃子、野菜炒め)
  • ラーメンライスセット(醤油ラーメン、ご飯、餃子又は野菜炒め)
  • 餃子と野菜炒めセット(餃子、野菜炒め、ご飯、味噌汁、お新香、煮物)

チャーハンも伝説のチャーハンとして殿堂入りだ。

そして餃子。このボリュームで238ペソはマカティでなくともフィリピン全体でも格安の部類。

マカティのYAMAZAKI(山崎)のメニュー

先ほどの238ペソメニューのほかに正規のメニューもあり。

知られていない秘密とは

掲題のとおり、YAMAZAKIにはあまり知られていない秘密ルールがある。右上の張り紙をよく見て欲しい。しれっと以下の記載がある。

「まことに恐れ入りますが、2時間を、超えた場合テーブルチャージ1テーブルに付き300ペソ追加料金を頂きます」

たしかに、良く見ると、喫煙席にはけっこう長居をしている日本人が多いような感じがした。独りぼっちでフィリピンへきて、日本の雰囲気を堪能しているのであろう。しかし、日本人であれば、ほとんどの場合、空気を読んで、張り紙をされるほど長居はしないと思うので、これはどちらかというとフィリピン人用に施された処置なのであろう。

実はフィリピン人の長居率はけっこう高い。カフェに限って言えば、開店から閉店までいる場合もあるというのである。しかも店員も長居しようが、空いている席に荷物を置こうが、四人用のテーブルを一人で使おうが注意はしない。

フィリピンの飲食店の経営は本当に難しい。特にカフェなどは更に難しい。遠慮のないフィリピン人はカフェに2〜3時間居座るのは当たり前で最高で開店から閉店まで12時間居座った方もいらっしゃいました。

Kissako MOA店は閉店しました

やまざきの日本食材店

その後は、隣接の日本食材店へ。

新テイストのたけのこの里。168ペソと、通常の2倍はしたので、買うのをあきらめた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス