大阪王将もといマニラ・グロリエッタ王将でしょうゆラーメン。そして、そのパクリ疑惑は晴れたか?

フィリピンのマニラにも和食の帝王大阪王将があることは、周知の事実であり、このブログでも紹介したが、SMノースとSMメガモールにあるのは知っていてもマカティ・グロリエッタ周辺にあるのは意外に知られていない。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

大阪王将のしょうゆラーメン

これがそのマニラ・マカティにある大阪王将のしょうゆラーメン。器がちゃちい、例の毒素がにじみ出る系のプラスチックどんぶり。本当にあの和食の代名詞と言われる大阪王将かと疑う。

過去記事:

フィリピンではまだ2店舗しかない大阪王将マニラEDSA店で餃子を吟味する

麺もフィリピン式の太麺。ただ、お腹を満たすために食す感覚だ。スープもぬるく、猫舌の私にとっても熱々感はない。

チャーシューも一切れしか入っていない。これなら入れないほうがまだ良いものを。とてもあの人気レストランチェーンのラーメンとは思えない。

半熟卵もかろうじておすすめできるかというところ。全てが中途半端なラーメンに仕上がっている。

ふと、箸を奥に突っ込むと、ラーメンの中に隠れていたチャーシューが出てきた。お客が食べることをイメージできないのは、右脳が発達しているフィリピン人にとっては朝飯前のはずだが、顧客満足度というものは、相手の立場に立って考える論理的思考が大事だと、密かに検証されている。

マニラ・マカティ王将のチャーハン

実はこのマニラ・マカティ王将のウリはラーメンではなくこのなんの変哲もないチャーハンにある。結論としては、今までフィリピン中の和食レストランをわずかな情報を頼りに散々探し求めてきたが、その味がここにあった。

文章ではうまく説明はできないが、あの幼少期に近所の中華料理屋で食べたチャーハンの味。一人暮らしを始めてからは、その味を再現しようと様々な調味料を試したり、調理器を変えたりしてみたが、あのチャーハンの味にはほど遠かった。

それがまさかこのマニラ・マカティで出会えるとは思いもしなかった。しかも、クッソマズイラーメンの後にだ。おそらく、このチャーハンを食べるためだけに再度この店には訪れるかもしれない。それほど価値のある味だということだ。

しょうゆラーメン185ペソ、チャーハン32ペソ。

和食メニュー

  • JAPANESE CHICKEN FINGERS SET:189ペソ
  • 黒酢チキンセット:195ペソ
  • 日本鳥唐揚げセット:195ペソ
  • ポークトンカツセット:195ペソ
  • ポークカツ丼セット:199ペソ
  • チキン照り焼きセット:199ペソ
  • グリル鯖セット:199ペソ
  • 海老天ぷらセット:210ペソ
  • 大阪ビーフ丼:168ペソ
  • 日本フライドチキンセット:149ペソ
  • 大阪豚串丼:139ペソ

いろいろと突っ込みどころ満載。まず最初の鳥足セットだが、頭に日本とついている割には、日本にはそのようなメニューは少ない。いくつか頭に日本とついているものがあるが、明らかに短期的な集客のために嘘をついているとしか思えない。と思えば、PRAWN TEMPRA SETと、PRAWN(エビ)をメニューに使っているローカル感もある。

ポークカツ丼セットと聞いて、日本人が思い浮かぶのは、カツ丼と味噌汁、その他漬物という黄金の和食セットだが、ここでのセットは弁当箱にそれらが入っている。丼のネーミングが意味をなしていない。それならばカツとじセットで良いではないか。

餃子セット:135ペソ、黒酢チキンセット:165ペソ、ポークトンカツセット。。。さっきと同じレパートリーではないか!!

違うものと言えば、

  • オリジナル餃子:45ペソ
  • ベーコンチーズ餃子:55ペソ
  • トリュフ餃子:75ペソ
  • ロイヤルミルクティー:60ペソ
  • ハウスブレンドアイスティー:50ペソ
  • 缶ジュース:45ペソ
  • ミネラル水:45ペソ
  • 味噌汁:30ペソ
  • チャーハン:32ペソ
  • 焼きそば:40ペソ
  • 野菜炒め:59ペソ
  • 大阪豚串:129ペソ

このメニューのクオリティからしても、明らかにあの日本の人気店、王将とは違うだろう。

フィリピン名物、醜い見にくいメニュー看板。前述した通り、顧客目線はイメージできない。ファーストフード店やレストランで行列ができる原因の1つが、金額が小さい字で書いているこのメニューだ。つまりは、「お召し上がりください」ではなく「食べさせてやっている」という上から目線のレストラン経営。日本とは真逆の価値観に、観光にきた人は最初は驚くかもしれない。そして、多くの店員にそれいくらと聞いても、素早い回答を得られる可能性は10%だ。

マカティ王将の行き方

この店、フードコートにあるのだが、見つけることが困難である。だからこそいまいち日本人の間でこのマカティ王将は知れ渡っていない。まずはグロリエッタの上記写真の場所を見るけることから始まる。

振り向くと、多くの店が軒を連ねるフードコートの入り口。

案内板によるとグロリエッタの3階。3が違う意味の可能性があるが情報が少ないので致し方ない。

入り口をくぐると写真食堂のような、古い和食レストランのような薄暗い殺風景な、エリア。

奥に進むと、それらしき店。

正式名称はギョーザバーby大阪王将。餃子専門店のように見えるが、餃子メニューは少ない。パクるにしても、ちゃんとパクってほしい。

ここのフードコートは奥が深く、さらに進んでいくと韓国系の店もオープンしている。

位置的には、シャングリラマカティが見える。

なので入り口はもう1つあり、ピンポイントで攻めるならそこから行ったほうが良い。写真の場所に行き、

TENKAの看板の入り口に入り、エスカレーターで3階にいく。直通ルート。

マニラ・マカティ王将の周辺地図と営業時間

クリックでグーグルマップへ

住所:Food Choices, Third Floor, Glorietta 4, Ayala Center, Glorietta Complex,, Makati, Kalakhang Maynila

営業時間:11時00分~22時00分

これも、パクリだとしたら大したものだ。

衝撃の事実

さらにネットで情報を調べて見ると驚くべきことに、マカティ王将は、大阪王将のれっきとした支店であった。

大阪王将 – 店舗情報

餃子の王将が、大阪王将の海外進出を阻むために、パクリ店を差し向けたのだと思っていたが、実はそうではなかった。

日本には餃子の王将と大阪王将の2種類の王将があり、もともとは1つの店だった。

「餃子の王将」と「大阪王将」の違いは?

もともと、京都で展開していた餃子の王将の親族が大阪を中心に大阪王将を創立。大阪界隈で展開していれば良いものを、次第に京都にも展開を始めたのであるから、餃子の王将が黙ってはいなかった。

裁判沙汰となり、餃子の王将、大阪王将と名称をはっきりすることで和解に同意したようだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス