DOLE労働雇用省令174号の未だ明確になっていない部分

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
この記事は約30分で読めます。
スポンサーリンク

フィリピンメディア「インクワイヤラー」が報じたニュース

出典:Gray areas in Dole Order 174 – INQUIRER

ついに、労働雇用省(DOLE)は「endo(end-of-contract)」または違法な雇用契約を排除するというDuterte大統領のキャンペーンの約束を果たすことを目的としたDepartment Order No.174を発表しました。

ビジネスセクターは一般的に当該規則に従順でしたが、それは当該規則に従うことができる立場に無いかもしれない中小企業の失業についての警告でもありました。

 

過激派労働組合は、この規則は期待を下回り、労働者の既得権と財政の安定に対する権利を奪う数十年前の取り決めのみを合法化したと述べました。

禁止されている請負または下請けの慣行に関する規定を除いて、当該規則は労働契約者の登録および規制に関する事実上の入門書です。

とりわけ、請負業者は、「委託者の説明、方法、道具、設備、機械および監督の形での投資により委託者が行った仕事を遂行するための実質的な資本」を有する必要があります。

請負業者が企業、パートナーシップ、または協同組合である場合、「実質的資本」とは、払込資本金または株式で少なくとも500万ペソを意味します。それが個人事業主であるならば、その純資産は少なくとも500万ペソであるべきです。

その一方で、500万ペソについての説明は未だなされていません。請負業者が従業員の雇用給付を支払う義務、例えば、サービスインセンティブ休暇、13ヶ月の給与、退職金および何らかの理由でサービス契約が終了した場合は退職するのに十分であると見なすのが合理的です。

しかし、当該規則は500万ペソのための時間枠についてはっきりしていません。委託者(the principal)とのサービス契約が締結されたときにだけ存在するのでしょうか?それとも契約期間中に存続するのでしょうか?

請負業者がサービス契約に署名した日に払込資本金または純資産額が500万ペソであったとしても、6か月後、管理ミスのためにそのリソースが浪費され、オペレーション維持のため100万ペソを借りなければいけなくなった場合はどうなるのでしょうか。

 

請負業者は正当な請負業者ではなくなり、規則によって禁止されている労働のみの請負業者にはなりませんか?最低資本要件を維持できないことは、委託者がサービス契約を取り消す正当な根拠となりますか?

後者の状況は委託者にとって問題となる可能性があります。これは、労働のみの契約では委託者が契約社員の直接雇用者とみなされ、そのため彼らの雇用給付の支払いに対して責任を負うことになります。

 

500万ペソが請負業者の従業員の利益または保護のためのものである場合は、契約が有効である限り有効であるべきであり、導入要件として扱われるべきではありません。

そうでなければ、その金額が払込資本として預けられたことを示す銀行の証明書を提示するだけで、正当な請負業者として登録することは、夜間の請負業者にとっては簡単でしょう。発行済み。

この規則はまた、雇用契約に密接に関連する問題、すなわちアウトソーシング、または「中核」事業とは見なされないが事業体にとって有益または有利な特定の活動を第三者に委託する行為に対処することもできなかった。

契約社員が委託者の敷地内で作業する一般的な労働契約方法とは異なり、アウトソーシングの対象となる作業は他の場所または第三者の作業領域で行われます。

たとえば、消費財を製造する会社は、コスト削減策として、販売取引を暗号化して顧客からの支払いを回収する通常の従業員を解雇することを決定し、それらの活動を販売記録およびクレジットを専門とする会社に渡します。そして収集サービス。

この行為は一種の労働契約と見なされ、したがって命令の対象となりますか。それとも、警備および清掃サービスが警備員および保守サービス会社に外部委託されることが許されるのと同じように扱われるのでしょうか。

ドゥテルテ大統領のキャンペーンの約束を満たすためには、まだ多くの問題を解決しなければなりません。

 

スポンサーリンク

(旧法)改訂された労働規約の条項106から109を実施する規則(DOLE Department Order No. 18-A)

DOLE Department Order No. 18-A, s. 2011 – GOVPH

修正された、フィリピン労働法の第5条および第106条から第109条に基づいて労働雇用長官に付与された権限の発動により、請負及び下請け(contracting and subcontracting)の取り決めを管理する以下の規則がこれにより発行されます。

セクション1 指導原則

請負及び下請け(contracting and subcontracting)の取り決めは法律で明示的に許可されており、雇用の促進および公正で人道的な労働条件への労働者の権利の遵守、保有期間の保証、自己組織化および団体交渉の規制の対象となります。ここで定義されている労働力のみの請負契約(Labor-only contracting)は禁止されるものとします。

セクション2 適用範囲

これらの規則は、雇用主と従業員の関係が存在する場合、請負及び下請契約(contracting and subcontracting arrangements)のすべての関係者に適用されます。請負及び下請契約(contracting and subcontracting arrangements)に従事する協同組合にも適用されます。

本規則で言及されている請負業者および下請業者は、国内または海外での雇用を問わず、労働法第13条(b)に定義されている採用および配置活動に従事することは禁止されています。

セクション3 用語の定義

これらの規則で使用されている以下の用語は、以下を意味します。

(a)「債券」とは、労働法第108条に基づき、委託者(principal)が請負業者に、契約に基づく人件費と同額の転記を要求する可能性がある債券をいいます。同じことは、サービス契約に基づく請負業者のサービスの支払いについて委託者(principal)が提示した担保または保証についても言及する可能性があります。

(b)「カボ(Cabo)」とは、労働組織、協同組合またはその他の団体を装って、金銭的またはその他の対価の有無にかかわらず、雇用主に労働者を支給する個人または個人の集団、あるいは労働団体を指す。雇用主の代理人として、または名目上の独立した請負業者として。

(c)「請負(contracting)」または「下請け(subcontracting)」とは、特定の作業、労働またはサービスの履行または完了を、一定の期間内または所定の(predetermined)期間内に、委託者(principal)が請負業者との間で合意することを意味します。当該作業、労働またはサービスが委託者(principal)の敷地内または社外で行われるべきか完了するべきかにかかわりません。

(d)「請負業者(Contractor)」とは、サービス契約に基づいて委託者(principal)にサービス、熟練労働者、派遣労働者、またはサービスの組み合わせのいずれかを提供する合法的な請負契約または下請契約に従事する協同組合を含む個人または団体(entity)をいいます。

(e)「請負業者の従業員」には、請負業者が職務遂行のために雇用した従業員、または委託者(principal)とのサービス契約に従って作業、労働、またはサービスを完了する従業員が含まれます。

それはまた、その機能が一定の期間内の特定の作業、労働またはサービスの遂行または完了に依存しない請負業者の正社員、すなわち管理職員を指すものとする。

(f)「自社代理店」とは、委託者(principal)が直接または間接的に所有、管理、または管理している、または委託者が任意の株式を所有/代表しており、単独または主に委託者のために運営される業者を指す。

(g)「純財務契約能力(NFCC)1」とは、サービス契約に基づいて請け負われることを求められている作業、労働またはサービスを遂行するための請負業者の財務能力を決定するための公式を指す。NFCCは、流動資産から流動負債をK倍したもので、契約期間は1に相当する10を表します。1年以上2年以内の場合は15。20年から2年以上経過した場合は、開始予定の契約を含むすべての未解決または進行中のプロジェクトの価値を差し引いたもの。

(h)「委託者(principal)」とは、請負業者に仕事、サービス、または仕事を提供または実施する、政府機関および政府所有および統制企業を含む、個人または事業体を問わず、あらゆる雇用主を指します。

(i)「支配権」とは、契約労働者の役務を遂行する者が留保する権利をいい、その目的を達成するだけでなく、その目的を達成するために使用される方法および手段も決定する。

(j)「サービス契約」とは、特定の作業、労働、またはサービスの遂行または完了を定めた、一定の期間または所定の期間にわたって管理する契約条件を含む、委託者(principal)と請負業者の間の契約をいいます。

(k)「連帯責任(Solidary liability)」とは、労働法の第109条の規定による、直接雇用主として労働法の規定の違反に対する請負業者とともに負う、委託者(principal)の責任をいいます。

それはまた、請負業者が彼/彼女の賃金を支払うことに失敗したときに彼/彼女の直接の従業員に責任があるのと同じ方法および程度で、委託者(principal)の責任を指します。修正された労働法第106条に規定されているとおり、彼女の従業員。

(l)「実質的資本」とは、企業、パートナーシップおよび協同組合の場合、少なくとも300万ペソの払込資本金/株を指します。単一の所有者の場合は、最低300万ペソの純資産。

 

スポンサーリンク

(新法)Department Order No. 174; Series of 2017

 修正された、フィリピンの労働法の第5条および第106条から第109条に基づいて労働雇用長官に付与された権限を元に(by virtue of the power)、請負および下請契約の取り決めを管理する以下の規則がこれにより発効されます。

セクション1 指導原則

 許可されていない形態の請負および下請契約により、憲法上および法定上(statutory)の労働者の身分保障(security of tenure)の権利を損なってはいけません。

 

セクション2 適用範囲

 これらの規則は、雇用主と従業員の関係が存在する取り決め(arrangement)においてすべての当事者に適用されるものとします。

これらの規則で言及されている請負業者および下請業者は、国内外の雇用を問わず、労働法第13条(b)に定義されている募集および職業紹介活動に従事することが禁止されます。

 

セクション3 用語の定義

本規則で使用されている以下の用語は

a)「社債」 – 労働法第108条に基づき、委託者が契約上の人件費に等しい金額を記載することを請負業者に要求することができる社債を指します。

b)「カボ(Cabo)」 – 労働組織、協同組合またはその他の団体を装って、金銭的またはその他の対価の有無にかかわらず、雇用主の代理人として、または名目上の独立した請負業者として雇用主に労働者を支給する個人または個人の集団、あるいは労働団体を指します。

c)「請負」または「下請」とは、特定の職務または仕事の遂行または完了を、その職務または仕事が委託者の敷地内または社外で完成又は遂行されるかどうかにかかわらず、委託者が請負業者に委ねることに同意することをいいます。

d)「請負業者」 – 特定の仕事のためにサービスを提供したり、サービス契約に基づいて委託者によって行われた業務を提供する合法的な請負または下請契約に従事している個人または団体を指します。

e)「請負業者の従業員」 – 委託者とのサービス契約に基づき委託者が外注(farmed out)した職務または仕事の遂行または完了のために雇われた請負業者の従業員を指します。

f)「自社代理店」 – 委託者が直接または間接的に所有、管理、または管理している、または委託者が任意の株式を所有/代表しており、専らまたは主に委託者のために運営されている業者。

g)「社内協同組合」とは、委託者、または委託者もしくはその役員のいずれかが持分または持分を所有/代表する者によって直接または間接的に管理または管理され、単独または主に以下の目的で運営される協同組合をいいます。

h)「労働のみの契約」 – 請負または下請け業者が単に労働者を採用し、供給し、あるいは委託者のために職務または仕事をするために配置する配置を指し、以下の第5節に列挙する要素が存在するもの。

i)「委託者」とは、雇用主であるかどうかにかかわらず、雇用または請負業者への職務または仕事を行う、または営むものであるかどうかにかかわらず、任意の自然または法人の実体を指します。

j)「サービス契約」 – 特定の仕事または特定の仕事の遂行または完了を決定する条件を含む委託者と請負業者との間の契約で、一定の期間または所定の期間にわたって実施されるものを言います。

k)「連帯責任(Solidary liability)」 – 労働法の第109条の規定による、直接雇用主としての、労働法の規定に違反した場合の請負業者と同様の委託者の責任を指します。

それはまた、請負業者が彼/彼女の賃金を支払うことに失敗したときに彼/彼女の直接の従業員に責任があるのと同じ方法および範囲での委託者の責任を指します。修正された労働法第106条に規定されているとおり、彼女の従業員。

l)「実質的資本」 – 企業、パートナーシップおよび協同組合の場合、払込資本金又は株(paid-up capital stock/shares)が少なくとも500万ペソ。個人事業主の場合、少なくとも500万ペソの純資産。

 

セクション4 請負または下請契約の規制

 労働雇用長官は、労働のみの契約を絶対に禁止し、改正された労働法の規定により認められる雇用契約を制限することにより、請負および下請契約を規制するものとします。

 

セクション5 労働のみの契約に対する絶対禁止

完全に禁止されている労働のみの契約は、次のような取り決めを指します。

a)ⅰ 請負業者または下請業者が実質的な資本を持っていない

ⅱ 請負業者または下請業者は、とりわけ、道具、設備、機械、監督、作業施設の形で投資を行ってはいけません。

ⅲ 請負業者または下請業者の採用および配置された(recruited and placed)従業員は、委託者の主な事業運営に直接関連する活動を行っています。

b)請負業者または下請業者は、従業員の作業の遂行を管理する権利を行使しません。

 

セクション6 その他の違法な雇用形態

セクション5に加えて、以下は法律または公共政策に反するので、禁じられると宣言されています。

a)委託者が仕事を「カボ」に任せる。

b)失業したり、社内の代理店を通じて仕事をする。

c)労働者を委託者に供給するだけの社内協同組合を通じた仕事または仕事以外の契約。

d)ストライキまたはロックアウトのために、実際または差し迫っているかどうかにかかわらず、職務または仕事から外れること。

e)労働組合の組合員によって行われている職務または仕事の請負などは、改正された労働法第259条に規定されているように、自己組織化の権利の行使を妨害、拘束または強制する。

f)請負業者/下請業者の従業員に、委託者の正社員によって現在実行されている機能を実行するよう要求する。

g)請負業者または下請業者の従業員に、雇用または継続雇用の前提条件として、期限切れの辞任通知書に署名するよう要求する。空白の給与最低賃金、社会福祉手当などの労働基準の放棄または委託者または請負業者に将来の請求の支払いに関する責任を免除するためのquitclaim。または従業員に協同組合の一員になることを要求する。

h)短期間の雇用契約に基づく従業員の請負業者/下請業者による繰り返しの雇用。

i)契約が実質的に異なるスキルが要求される段階に分割可能であり、これが知られるようになる場合を除いて、契約期間をサービス契約の期間より短い期間に固定する契約に署名することを請負契約の下で行うエンゲージメント時に従業員に。

j)そのような他の慣行、計画または雇用の取り決めは、労働者の保有権の権利を迂回するように設計されている。

 

セクション7 委託者が請負業者または下請業者の従業員の直接の雇用主とみなされるとき

契約者または下請け業者が本規則のセクション5およびその他の違法な形態の雇用契約に基づく労働契約のみに従事しているとの認定がある場合、委託者は請負業者または下請け業者の直接雇用者とみなされる従業員

 

セクション8 許容される契約または下請契約

本規則のセクション5およびセクション6にかかわらず、請負または下請契約は、以下のすべての状況が一致する場合にのみ許可されるものとします。

a)請負業者または下請業者が明確かつ独立した事業に従事しており、独自の方法および方法に従って、自らの責任で仕事を遂行し、または作業に従事していること。

b)請負業者または下請業者は、その預金高(account)、手法および方法、ツール作成・設備・機械および監視体制への投資について、委託者が外注した仕事を遂行するための相当な資本を有すること。

c)引き渡された業務遂行において、請負業者または下請業者は、その結果に関する場合を除き、業務遂行に関連するすべての事項において委託者の管理または指示を受けないものであること。

d)サービス契約は、労働法の下で請負業者または下請業者のすべての従業員に対するすべての権利と利益の遵守を保証すること。

 

セクション9 連帯責任

賃金の不履行を含む、労働法の規定のいずれかに違反した場合、労働法の規定およびその他の社会法の施行を目的とした委託者および請負業者側の連帯責任が存在します。雇用契約に基づいて行われた仕事の範囲。

 

セクション10 請負業者/下請業者の従業員の権利

 すべての請負業者/下請業者の従業員は、次の事項を含むように、改正された労働法で規定されている任期の保証およびすべての権利と特権を得る権利を有するものとします。

a)安全で健康的な労働条件

b)勤労優遇休暇、休業日、残業手当、休日手当、13ヶ月手当、別居手当などの労働基準。

c)SSSに基づく退職給付または請負業者/下請業者の退職金制度。

d)社会保障および福利厚生。そして

e)ストライキ権を含む、自己組織化、団体交渉および平和的な協調活動。

 

セクション11 本規約に基づく必要な契約

a)請負業者/下請業者とその従業員との間の雇用契約。 反対の口頭または書面による規定にかかわらず(Notwithstanding)、請負業者/下請業者とその従業員との間の契約は、一般労働基準の規定を含む、改正された労働法第294条および第295条の規定に準拠するものとします。 それは次の規定を含まなければなりません:

ⅰ 従業員によって実行される仕事または作業の具体的な説明。 そして

ⅱ 個々の従業員に適用される賃金率の記述を含む、職場および雇用条件。

請負業者/下請業者は、雇用の初日またはそれ以前に書面で上記の規定を従業員に通知するものとします。

b)本人と請負業者との間のサービス契約。 サービス契約には以下が含まれます。

ⅰ その期間または期間を含む、外注されている仕事または仕事の具体的な説明。

ⅱ 契約された仕事または仕事の合意金額と、総契約費用の10%以上の標準管理手数料を含む、契約の取り決めを管理する場所または仕事と契約条件。 そして

iii セクション3(a)で定義されている債券の発行に関する規定は、毎年更新可能です。

 

セクション12 規定の違反が契約社員の権利および必要な契約に与える影響

 本第10条または第11条のいずれかに違反したことが判明した場合は、改正された労働法第109条に基づき、委託者を請負業者または下請業者の従業員の直接雇用主とするものとします。

 

セクション13 退職の影響

 サービス契約の満了前に請負業者または下請業者の従業員が雇用を終了することは、労働法第297条第298条および第299条に準拠するものとします。

第298条に基づく正当な理由によるものではなく、サービス契約の早期終了により雇用の終了が引き起こされる場合、未払いの賃金および未払いの法定強制拠出金を含むその他の未払い給付、例えばSSSに対する請負業者/下請け従業員の権利PhilHealth、Pag-IBIG、ECCは、サービス契約に対する当事者の連帯責任を害することなく、瑕疵のある当事者が負担するものとします。

解約がサービス契約の満了、または従業員が従事している仕事または仕事の段階の完了によって生じた場合、後者は辞任のために3か月以内に再雇用を待つことを選ぶことができます。他の請負業者・雇用者への異動請負業者が従業員に新しい雇用を提供しなかった場合、その従業員には、法定またはサービス契約のいずれか高い方の、給付の完了やその他の免責への権利を害することなく提供される場合があります。該当する場合はいつでも退職給付金。サービス契約の単なる満了は、契約者/下請け業者の正社員である従業員の雇用の終了と見なされるべきではありません。

 

セクション14 合法的な契約者の必須登録および登録

労働者の権利を保護するために、労働を制限または禁止するための労働雇用長官の権限と同様に、請負業者として行動するすべての人または団体が、主に活動している労働雇用庁(DOLE)の地域事務所に登録することは必須です。

登録しなかった場合、請負業者は労働のみの請負に従事していると推定されるものとします。

したがって、契約の取り決めを管理し、DOLEの地域事務所によって実施される登録システムは、ここに、労働条件局(BWC)を中央登録機関として確立します。

 

セクション15 登録のための要件

 請負業者としての登録のための確認された申請書は、主に運営しようとしている地域のDOLE地方事務所に提出されるものとします。該当する場合はいつでも、申請者は申請書に以下の情報を提供するものとします。

a)申請者の氏名と勤務先住所、および申請しようとしている地域。

b)申請者が企業、パートナーシップ、協同組合または労働組織の場合は、役員の氏名および住所。

c)申請者の事業の性質、および申請者が事業を営もうとしている1つまたは複数の業界。

d)正社員の数と総労働力。

e)もしあれば、顧客のリスト、もしあれば各顧客に割り当てられた要員の数、および顧客に提供されるサービス。

f)必要に応じて、各フェーズに含まれる従業員数を含む、契約のフェーズの説明。そして

g)本規則のセクション3(J)に定義されているように、実質的な所要自己資本(substantial capital requirement)を遵守していることの証明。

 申請者は以下を取得しなければなりません。

a)証券取引委員会(SEC)、貿易産業省(DTI)、協同組合開発局(CDA)からの会社名または事業名の登録証明書の真正証明書。労働組織

b)請負業者が事業を行っている地方自治体によって発行された、免許証または事業許可の真正証明書。

c)特定の仕事または契約した仕事の遂行または完了のために請負業者によって実際に直接使用される施設、工具、設備、建物用具、機械および仕事用地の所有権またはリース契約の証明付きの認証済みリストでる。さらに、申請者は、事務所ビルおよびそれが事務所を構える建物の写真を提出するものとします。

d)申請者が企業、パートナーシップ、協同組合または労働組織の場合は監査済みの財務諸表のコピー、申請者が単独の所有者の場合は最新のITRのコピー。そして

e)登録者、その役員、所有者、または主要株主、またはそのいずれかが、別の事業名または事業体の下で契約者として営業していた、または以前営業していなかったことの公示または労働基準、または登録の取り消し上記のいずれかに係属中の事件がある場合は、訴状の写しと事件の最新の状況を添付する。

 

セクション16 出願の出願と処理

申請書は、すべての裏付け書類とともに、申請者が主に運営する地域事務所に3部提出しなければならなりません。前項の要件がすべて満たされていない限り、登録申請は認められません。

 

セクション17 検証検査

完全な裏付け書類を添えて申請書を受領してから2営業日以内に、地域局長の権限のある代表者は申請者の施設、道具、設備、および作業施設の検証検査を実施するものとします。

 

セクション18 アプリケーションの承認または拒否

地方事務所は、検証検査後3営業日以内に申請を却下または承認するものとします。

本規則のセクション15に規定されている要件を満たさない申請は却下されるものとします。

 

セクション19 登録料

申請書の承認時に、10万ペソの登録料の支払いが必要とされます。

 

セクション20 登録証明書の有効性

登録の際には、地方事務所は1組の正式に刻印された申請書類を申請者に返却し、1組をそのファイルに保存し、残りの1組を登録から5日以内に労働条件局(BWC)に送信します。

 

セクション21 登録の更新

請負業者は、その登録証明書の発行日にのみ登録されたと見なされるものとします。

登録証明書は、適正な手続きの後に取り消されない限り、2年間有効となります。登録されている地域においても同様です。

請負業者がサービス契約を結んでいるか、または登録されている地域事務所の管轄外で運営されている場合は、登録地域事務所に登録証明書の正当に認証されたコピーを要求し、求めます。これらの規則の順守を監視する目的で、その地域でのサービス契約のコピーと一緒に活動すること。

 

セクション22 半期報告

請負業者は、購読した半年ごとの報告書を所定の用紙を使用して適切な地方事務所に3部提出するものとします。報告書には以下が含まれます。

a)本報告期間中に本人と締結した契約のリスト。

b)本人との各契約の対象となる労働者の数。

c)対象となる報告期間中の従業員による社会保障制度(SSS)、Pag-IBIG基金、PhilHealth、従業員報酬委員会(ECC)、および米国歳入局(BIR)への送金の証明 従業員からの返済を宣言された。そして

d)NLRCおよびDOLEの前に請負業者に対して提出されたすべての事件の認定リスト。

地方事務所は、正式に刻印された報告書1組を請負業者に返却し、そのファイルを保管する1組を保管し、残りの1組を受け取りから5日以内にBWCに送信するものとします。

 

セクション23 登録の取消しの理由

地域局長は、確認された苦情に応じて、次のいずれかの理由に基づいて、適正な手続きの後に請負業者の登録を取り消すか、または取り消すものとします。

a.アプリケーション内の事実の虚偽表示。

b.改ざんまたは改ざんされた申請書または補足文書を登録申請書に提出する。

c.必要に応じて、委託者と請負業者との間でサービス契約を提出しないこと。

d.その第22条(半期報告)に規定されている要求された半期報告の非提出。

e.請負者が本契約のセクション6に規定されている労働のみの契約および/またはその他の違法な形態の雇用契約に従事しているという最終的な調査結果。

f.労働基準および労働条件の不遵守

g.第10条(請負業者の従業員の権利)、および第11条(必須契約)に違反しているとの認定。

h.SSS、HDMF、Pag-IBIG、PhilHealth、およびECC法に準拠していない。

i.法律およびその他の適用される規則や規制によって承認されていない料金を徴収する。そして

j.労働法の規定の違反。

 

セクション24 登録取消における適正手続き

請負業者に対する前項に列挙された理由のいずれかに基づく苦情は、登録証明書を発行した地域事務所に書面で宣誓の下で提出されるものとします。

苦情は以下のように述べなければならない:

(a)申立人の名前と住所

(b)請負業者の名前と住所

(c)根拠

(d)訴訟が訴えられた時期と場所

(e)請求額がある場合。そして

(f)求められる救済

苦情を受領した地域局長は、苦情申立人に通知して、延長なしで7営業日以内に検証された解答書/反論宣誓供述書を提出し、その中に自己の弁護を裏付けるすべての関連書類を組み入れなければならない。申立人への写しの送達回答/反論宣誓供述書を提出しなかった場合は、回答者側の権利放棄となります。却下する動機は認められません。

地域局長またはその正式に承認された代理人は、検証された解答/反対宣誓供述書を提出するための7暦日以内に明確な審問を行うことができる。

上記7暦日の期間内に、請負業者は、完全に順守するためにそのイニシアチブで直ちに是正可能な違反について必要な修正/是正を行うものとします。

地域局長は、適切な場合には検査の実施、情報を提供した人の検査を含む、事件の事実を確認するためのあらゆる合理的な手段を利用することができる。

地方事務所の手続は事実上要約とする。

審問の実施は、最初の予定されている明確な聴聞から10暦日以内に終了するものとします。地域局長は、最後の審問の日から7営業日以内に事件を解決しなければならない。審問を実施する必要がない場合は、検証された回答/反対宣誓供述書を受領してから7営業日後に事件は解決されます。

地域理事長の命令からの再考の申立ては、上訴として扱われるものとする。

 

セクション25 不服申し立て

地域局長求められたの命令は、命令の写しの受領から10営業日以内に局長に訴えることができる。上訴は取消命令を発した地方事務所に提出されるものとする。局長室は、訴訟の記録を受領してから上訴を解決するために30営業日を要するものとする。局長の決定は、当事者がそれを受領してから10日後に最終的かつ執行的となる。決定の再検討のための申し立ては認められないものとします。

 

セクション26 登録の取り消しの効果

 

 

セクション27 報復措置

改正された労働法第118条に基づき、委託者、請負業者、または賃金や手当の支払いまたは減額を拒否し、解雇またはいかなる方法で差別しても提供される契約またはサービスに同意するいかなる当事者にとっても違法となります。苦情を申し立てた、または賃金に関する手続を実施した(労働法典第2巻第3章に基づく)労働基準違反、またはそのような手続において証言している、または証言しようとしている労働者に対して。

 

セクション28 労働基準と労働条件の執行

キャンセルの最終命令は契約者にその正当な地位を譲渡して契約/下請けに従事させるものとします。

そのような取消命令は、規則に基づく請負業者への登録更新申請を登録を拒否する理由となる。

これらの規則に基づいて登録が取り消された請負業者、またはその役員は、同じ名前または異なる名前の下で、請負業者としての運営および新規登録を申請することを許可されないものとします。

労働契約のみに従事している、または特定のサービス契約に関連する本規則のいずれかの規定に違反しているという契約者の登録の取り消しは、契約者が有している可能性のある既存の合法的な雇用契約の有効性を損なうことはありません。登録の取り消しの前に他の校長との間で締結した。有効かつ存続するサービス契約は、有効期限が切れるまで尊重されます。その後、上場請負業者との契約は、改正された労働法第106条および第109条に従って、サービス契約に基づくすべての従業員の直接雇用主とするものとします。

 

セクション29 委託者と契約者との間で契約書の写しを作成する義務

委託者または請負業者は、通常の検査の過程でサービス契約の写しを作成する義務を負うものとします。請負業者も、地域事務所長またはその代理人から指示があった場合には、雇用契約書の写しを作成する義務を負うものとします。

 

セクション30 三者間の実施とコンプライアンスの監視

契約および下請契約における労働基準の遵守に関する地域ごとの三者監視チームは、本規則の発効から15日以内に地域三者間産業平和評議会(RTIPC)の小委員会として構成される。それは、四半期ごとの地域モニタリング報告書をDOLE局長および国家三者同産業平和評議会(NTIPC)に提出するものとする。労働条件局(BWC)はこの規定の実施を確実にし、地域三者監視チームのメンバーに能力開発を行わなければならない。

 

セクション31 財政援助プログラム 三者共規制エンゲージメント

財政的支援プログラムまたは失業支援基金は、サービス契約に基づく従業員、またはあるサービス契約から次のサービス契約に移行する従業員のために設立されるものとします。この目的のために、この発行の効力に基づいて、全国三者間産業平和評議会(NTIPC)は、業界の関係者の代表からなる地域サービス提供者三者間作業部会(LSP-TWG)を構成するものとします。LSP-TWGは:

a)2018年6月末までに、資金援助プログラムによる資金援助プログラムまたは失業支援基金の設立の仕組みと詳細を推奨する。そして

** a)NTIPCによる承認/承認のための労働法の遵守を確実にするための三者共同規制の約束の条件を作成する。合法的な請負業者だけが下請け契約を結ぶことができます。

 

セクション32 労働基準の遵守の改善に関するDOLEプログラムへの登録

労働基準の遵守を確実にするために、本規則の対象となる委託者および下請け業者は、強制的に、奨励遵守プログラム(Department Order 115-11)などのDOLEプログラムに登録して参加することが義務付けられています。

 

セクション33 建設業およびその他の産業における契約または下請け

フィリピン建設公認委員会(PCAB)の認可範囲に基づく建設業における契約または下請け契約は、これらの規則の規定の対象とはならず、引き続き1993年の省令第19号シリーズに準拠するものとします。建設業における労働者の雇用を管理するための指針)および1998年の部門命令第13号、シリーズ(建設業における労働安全衛生を管理するための指針)。また、DOLE-DPWH-DILG-DTIおよびPCABの覚書 – 2011年の共同行政命令第1号シリーズ(建設業界における労働安全衛生に関する政策およびプログラムの調整および調和に関する)。

DOLEまたは他の政府機関の個別の規制の対象となる産業では、その契約は、別段の定めがない限り、明示的に規定されている場合を除き、本規則に準拠するものとします。

 

セクション34 DOLE職員または従業員に対する禁止

DOLEまたはその付属機関の職員または従業員は、請負または下請け事業に関与すること、またはそれらに興味を持つことを禁じられています。

 

セクション35 スーパーセッション

これらの規則の規定と矛盾する労働局長によって発行されたすべての規則および規則は、これにより置き換えられます。

 

セクション36 分離性条項

これらの規則のいずれかの条項または部分が無効または違憲であると宣言された場合でも、本文書の残りの部分または条項は引き続き有効かつ有効であるものとします。

 

セクション37 有効性

この省令は、一般大衆紙に発行されてから15日後に発効します。

 

スポンサーリンク

Department Order 174-17に関する登録証明書発行のチェックリスト(請負業者/下請業者)

申請用紙ダウンロード:

新規登録

A.適正に記入された申請書3部(TINが必要です)
      セクション3(l)に定義されている相当額の自己資本要件の順守の添付証明付き

B.次のいずれか

□証券取引委員会からの登録証の証明付き写し(Certified True Copy)(500万ペソの払込資本金(a paid-up capital)が記載された定款も添付)

□純資産500万ペソの貿易産業省(DTI)登録証明書およびDTI証明書の証明付き写し(Certified Copy)

□払込資本金(paid up capital stocks/shares)500万ペソの協同組合開発庁(CDA)からの登録証明書の証明付き写し(Certified True Copy)

□申請者が労働組合の場合は、DOLEからの登録の証明付き写し(Certified copy)

フィリピンで事業を行うときには、事業体はフィリピンで事業を実施し、法人格を持たなければなりません。それは個人企業、共同経営会社、協同組合、関係機関に正当に登録された法人のどれでもよい。

個人企業は貿易産業省(Department of Trade and Industry:DTI)に、協同組合は協同組合開発庁(Cooperative Develoment Authority:CDA)に、共同経営会社と法人は証券取引委員会に、それぞれその事業を登録する必要がある。

フィリピンにおける人材派遣・紹介業制度調査2012年10月 – JETRO

C.請負業者が事業を行っている地方自治体によって発行された免許証またはビジネスパーミット/メイヤーズパーミットの証明付き写し(Certified True Copy)

D.法人、パートナーシップ、協同組合または労働組織の場合は、適正に監査された財務諸表のコピー。単独の事業者(sole proprietorship)の場合は最新の所得税申告書(ITR)のコピー

E.登録者、その役員および所有者、あるいは主要株主、またはそれらのいずれかが、別の事業名または事業体の下で請負業者として営業していない、または以前営業していなかった、または、D.O.174-17又は労働法に対する違反の係争中または登録の取り消しを受けた請負業者として営業していない、または以前営業していなかったという開示の宣誓

F.請け負った特定の職務または仕事の完了の遂行において、請負業者によって実際に使用される施設、工具、設備、用具、機械類、および作業用地の所有権またはリース契約を証明する認定リスト

G.請負業者がオフィスを構えるオフィスビルおよび施設の写真

 

登録更新

□正式に記入された申請書の3部(TINが必要)

□第15条の(a)から(e)の書面にあるすべての更新された補助書類の写しは、以下のものを含む、正式に記入された申請書に添付されなければならない。

•過去3年間のSSS、BIR、ECC、Pag-IBIG拠出金の会員資格証明書および支払いの証明、ならびにローンの償却。そして

•NLRCおよびDOLEに係属中または未決の労働基準違反の証明書。DOLE地域理事による労働基準の違反の認定がない限り、事件の係属は登録の更新を害することはありません
** DOLEクリアランス(保留中の事件の証明書)

•クリアランス/申請書の申請または目的を示す書簡の申請。

•要求側の身分証明書。

□以前の証明書の写し
       登録。

□請負業者/下請業者の半期報告書の提出の証明
申請の提出および処理

□申請書は、すべての裏付け書類とともに、申請者が主に運営する地域事務所に3部提出するものとします。

□申請書のすべての要件が満たされていない限り、登録申請書は受理されません。

 

注意:

*10万ペソの登録料の支払いは、アプリケーションの承認時に必要とされるものとします。

*すべての登録契約者は、正規サービス契約者の名簿に残るためには、登録の30日前までに登録証明書の更新を申請する必要があります。申請者は、地方事務所を運営するために10万ペソの登録更新料を支払うものとします。

 

参考:

コメント

タイトルとURLをコピーしました