DOLE Order 174の未だ明確になっていない部分

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

フィリピンメディア「インクワイヤラー」が報じたニュース

出典:Gray areas in Dole Order 174 – INQUIRER

ついに、労働雇用省(DOLE)は「endo(end-of-contract)」または違法な雇用契約を排除するというDuterte大統領のキャンペーンの約束を果たすことを目的としたDepartment Order No.174を出しました。

ビジネスセクターは一般的に当該規則に従順でしたが、それは当該規則に従うことができる立場に無いかもしれない中小企業の失業についての警告でもありました。

過激派労働組合は、この規則は期待を下回り、労働者の既得権と財政の安定に対する権利を奪う数十年前の取り決めのみを合法化したと述べました。

禁止されている請負または下請けの慣行に関する規定を除いて、当該規則は労働契約者の登録および規制に関する事実上の入門書です。

とりわけ、請負業者は、「本人の説明、方法、道具、設備、機械および監督の形での投資により本人が行った仕事を遂行するための実質的な資本」を有する必要があります。

請負業者が企業、パートナーシップ、または協同組合である場合、「実質的資本」とは、払込資本金または株式で少なくとも500万ペソを意味します。それが個人事業主であるならば、その純資産は少なくとも500万ペソであるべきです。

その一方で、500万ペソについての説明は未だなされていません。請負業者が従業員の雇用給付を支払う義務、例えば、サービスインセンティブ休暇、13ヶ月の給与、退職金および何らかの理由でサービス契約が終了した場合は退職するのに十分であると見なすのが合理的です。

しかし、当該規則は500万ペソのための時間枠についてはっきりしていません。委託者(the principal)とのサービス契約が締結されたときにだけ存在するのでしょうか?それとも契約期間中に存続するのでしょうか?

請負業者がサービス契約に署名した日に払込資本金または純資産額が500万ペソであったとしても、6か月後、管理ミスのためにそのリソースが浪費され、オペレーション維持のため100万ペソを借りなければいけなくなった場合はどうなるのでしょうか。

請負業者は正当な請負業者ではなくなり、規則によって禁止されている労働のみの請負業者にはなりませんか? 最低資本要件を維持できないことは、委託者がサービス契約を取り消す正当な根拠となりますか?

後者の状況は委託者にとって問題となる可能性があります。これは、労働のみの契約では本人が契約社員の直接雇用者とみなされ、そのため彼らの雇用給付の支払いに対して責任を負うことになります。

500万ペソが請負業者の従業員の利益または保護のためのものである場合は、契約が有効である限り有効であるべきであり、導入要件として扱われるべきではありません。

そうでなければ、その金額が払込資本として預けられたことを示す銀行の証明書を提示するだけで、正当な請負業者として登録することは、夜間の請負業者にとっては簡単でしょう。発行済み。

この規則はまた、雇用契約に密接に関連する問題、すなわちアウトソーシング、または「中核」事業とは見なされないが事業体にとって有益または有利な特定の活動を第三者に委託する行為に対処することもできなかった。

契約社員が委託者の敷地内で作業する一般的な労働契約方法とは異なり、アウトソーシングの対象となる作業は他の場所または第三者の作業領域で行われます。

たとえば、消費財を製造する会社は、コスト削減策として、販売取引を暗号化して顧客からの支払いを回収する通常の従業員を解雇することを決定し、それらの活動を販売記録およびクレジットを専門とする会社に渡します。そして収集サービス。

この行為は一種の労働契約と見なされ、したがって命令の対象となりますか。それとも、警備および清掃サービスが警備員および保守サービス会社に外部委託されることが許されるのと同じように扱われるのでしょうか。

デュテルテ大統領のキャンペーンの約束を満たすためには、まだ多くの問題を解決しなければなりません。

(旧法)改訂された労働規約の条項106から109を実施する規則(DOLE Department Order No. 18-A)

DOLE Department Order No. 18-A, s. 2011 – GOVPH

修正された、フィリピン労働法の第5条および第106条から第109条に基づいて労働雇用長官に付与された権限の発動により、請負及び下請け(contracting and subcontracting)の取り決めを管理する以下の規則がこれにより発行されます。

セクション1 指導原則

請負及び下請け(contracting and subcontracting)の取り決めは法律で明示的に許可されており、雇用の促進および公正で人道的な労働条件への労働者の権利の遵守、保有期間の保証、自己組織化および団体交渉の規制の対象となります。 ここで定義されている労働力のみの請負契約(Labor-only contracting)は禁止されるものとします。

セクション2 適用範囲

これらの規則は、雇用主と従業員の関係が存在する場合、請負及び下請契約(contracting and subcontracting arrangements)のすべての関係者に適用されます。 請負及び下請契約(contracting and subcontracting arrangements)に従事する協同組合にも適用されます。

本規則で言及されている請負業者および下請業者は、国内または海外での雇用を問わず、労働法第13条(b)に定義されている採用および配置活動に従事することは禁止されています。

セクション3 用語の定義

これらの規則で使用されている以下の用語は、以下を意味します。

(a)「債券」とは、労働法第108条に基づき、委託者(principal)が請負業者に、契約に基づく人件費と同額の転記を要求する可能性がある債券をいいます。同じことは、サービス契約に基づく請負業者のサービスの支払いについて委託者(principal)が提示した担保または保証についても言及する可能性があります。

(b)「カボ」とは、労働組織、協同組合またはその他の団体を装って、金銭的またはその他の対価の有無にかかわらず、雇用主に労働者を支給する個人または個人の集団、あるいは労働団体を指す。雇用主の代理人として、または名目上の独立した請負業者として。

(c)「契約」または「下請け」(contracting or subcontracting)とは、そのようなかどうかにかかわらず、委託者(principal)が特定の仕事、仕事またはサービスの履行または完了を請負業者と一緒に発注または放棄することに同意する契約をいう。仕事、仕事、またはサービスは、委託者(principal)の敷地内または敷地外で実施または完了することができます。

(d)「請負業者(Contractor)」とは、サービス契約に基づいて委託者(principal)にサービス、熟練労働者、派遣労働者、またはサービスの組み合わせのいずれかを提供する合法的な請負契約または下請契約に従事する協同組合を含む個人または団体をいいます。

(e)「請負業者の従業員」には、請負業者が職務遂行のために雇用した従業員、または委託者(principal)とのサービス契約に従って仕事、仕事、またはサービスを完了する従業員が含まれます。

それはまた、その機能が一定の期間内の特定の仕事、仕事またはサービスの遂行または完了に依存しない請負業者の正社員、すなわち管理職員を指すものとする。

(f)「自社代理店」とは、委託者(principal)が直接または間接的に所有、管理、または管理している、または本人が任意の株式を所有/代表しており、単独または主に本人のために運営される業者を指す。

(g)「純財務契約能力(NFCC)1」とは、サービス契約に基づいて請け負われることを求められている仕事、仕事またはサービスを遂行するための請負業者の財務能力を決定するための公式を指す。 NFCCは、流動資産から流動負債をK倍したもので、契約期間は1に相当する10を表します。 1年以上2年以内の場合は15。 20年から2年以上経過した場合は、開始予定の契約を含むすべての未解決または進行中のプロジェクトの価値を差し引いたもの。

(h)「委託者(principal)」とは、請負業者に仕事、サービス、または仕事を提供または実施する、政府機関および政府所有および統制企業を含む、個人または事業体を問わず、あらゆる雇用主を指します。

(i)「支配権」とは、契約労働者の役務を遂行する者が留保する権利をいい、その目的を達成するだけでなく、その目的を達成するために使用される方法および手段も決定する。 

(j)「サービス契約」とは、特定の仕事、仕事、またはサービスの遂行または完了を定めた、一定の期間または所定の期間にわたって管理する契約条件を含む、委託者(principal)と請負業者の間の契約をいいます。

(k)「連帯責任」とは、労働法の第109条の規定による、直接雇用主としての、労働法の規定の違反に対する請負業者とともに委託者(principal)の責任をいいます。

それはまた、請負業者が彼/彼女の賃金を支払うことに失敗したときに彼/彼女の直接の従業員に責任があるのと同じ方法および程度で、委託者(principal)の責任を指します。修正された労働法第106条に規定されているとおり、彼女の従業員。

(l)「実質的資本」とは、企業、パートナーシップおよび協同組合の場合、少なくとも300万ペソの払込資本金/株を指します。単一の所有者の場合は、最低300万ペソの純資産。

(新法)Department Order No. 174; Series of 2017

修正された、フィリピンの労働法の第5条および第106条から第109条に基づいて労働雇用長官に付与された権限を元に、請負および下請契約の取り決めを管理する以下の規則がこれにより発効されます。

セクション1 指導原則

許可されていない形態の請負および下請契約は、労働者の任期を守るための憲法および法定の権利を弱めます。

セクション2 適用範囲

これらの規則は、雇用主と従業員の関係が存在する取り決めにおいてすべての当事者に適用されるものとします。

これらの規則で言及されている請負業者および下請業者は、国内外の雇用を問わず、労働法第13条(b)に定義されている採用および配置活動に従事することは禁止されています。

セクション3 用語の定義

本規則で使用されている以下の用語は

a)「社債」 – 労働法第108条に基づき、委託者が契約下の人件費に等しい金額を転記することを請負業者に要求することができる社債を指します。

b)「カボ」 – 労働組織、協同組合またはその他の団体を装って、金銭的またはその他の対価の有無にかかわらず、雇用主に労働者を支給する個人または個人の集団、あるいは労働団体を指す。雇用主の代理人として、または名目上の独立した請負業者として。

c)「請負」または「下請」とは、特定の職務または仕事の遂行または完了を、その職務または仕事が委託者の敷地内または校外で完成又は遂行されるかどうかにかかわらず、委託者が請負業者に委ねることに同意することをいいます。

d)「請負業者」 – 特定の仕事のためにサービスを提供したり、サービス契約に基づいて委託者によって行われた業務を提供する合法的な請負または下請契約に従事している個人または団体を指します。

e)「請負業者の従業員」 – 本人とのサービス契約に基づき本人が養殖した仕事または仕事の遂行または完了のために雇われた請負業者の従業員を指します。

f)「自社代理店」 – 本人が直接または間接的に所有、管理、または管理している、または本人が任意の株式を所有/代表しており、専らまたは主に本人のために運営されている業者。

g)「社内協同組合」とは、本人、または本人もしくはその役員のいずれかが持分または持分を所有/代表する者によって直接または間接的に管理または管理され、単独または主に以下の目的で運営される協同組合をいう。校長

h)「労働のみの契約」 – 契約者または下請け業者が単に労働者を採用し、供給し、あるいは本人のために仕事または仕事をするために配置する配置を指し、以下の第5節に列挙する要素が存在する。

i)「委託者」とは、雇用主であるかどうかにかかわらず、雇用または請負業者への仕事または仕事を行う、または営むものであるかどうかにかかわらず、任意の自然または法人の実体を指します。

j)「サービス契約」 – 特定の仕事または特定の仕事の遂行または完了を決定する条件を含む委託者と請負業者との間の契約で、一定の期間または所定の期間にわたって実施されます。

k)「連帯責任」 – 労働法の第109条の規定による、直接雇用主としての、労働法の規定に違反した場合の請負業者と一緒の元本の責任を指す。

それはまた、請負業者が彼/彼女の賃金を支払うことに失敗したときに彼/彼女の直接の従業員に責任があるのと同じ方法および範囲での元本の責任を指します。修正された労働法第106条に規定されているとおり、彼女の従業員。

I)「実質的資本」 – 企業、パートナーシップおよび協同組合の場合、払込資本金又は株が少なくとも500万ペソ。 個人事業主の場合、少なくとも500万ペソの純資産。

セクション8 許容される契約または下請契約

本規則の第5条および第6条にかかわらず、請負または下請契約は、以下のすべての状況が一致する場合にのみ許可されるものとします。

a)請負業者または下請業者が明確かつ独立した事業に従事しており、独自の方法および方法に従って、自らの責任で仕事を遂行し、または作業に従事していること。

b)請負業者または下請業者は、その預金高(account)、手法および方法、ツール作成・設備・機械および監視体制への投資について、委託者が外注した仕事を遂行するための相当な資本を有すること。

c)引き渡された業務遂行において、請負業者または下請業者は、その結果に関する場合を除き、業務遂行に関連するすべての事項において委託者の管理または指示を受けないものであること。

d)サービス契約は、労働法の下で請負業者または下請業者のすべての従業員に対するすべての権利と利益の遵守を保証すること。

参考:

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス