速報!ケソンシティに日本橋亭が進出。ティーモッグ(Timog)日本料理界再編か!?ただ、ちょっと様子が変だ。

トマスムラト通りを散歩しているとふと見覚えのある看板が目に付いた。日本橋亭だ。あまりの驚きに目をうたぐったが紛れもない現実であった。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

UP STAGEグループとその社長

マニラ在住日本人の間では知らない人はいないほど有名なこのレストラン。マカティとマラテにその店舗を構える。UP STAGEグループの稼ぎ頭であるこの日本橋亭。社長はもちろん日本人。しかしかなりのワンマンらしい。興味深い記事を発見した。

下記URLによると、社員はそのずさんな給与体系、時間管理、一人の日本人社員で数店舗を管理しなければいけない等、かなり劣悪な労働環境らしい。

http://blog.goo.ne.jp/ars333/e/4f002d725ad8062f0683919621fba92a

(2018/8/10現在上記URLは削除されている)

ネットで軽く検索してみたがオーナーの名前は写真は皆無だ。マニラで成功するには日本人同士の馴れ合いはダメらしい。私生活もワンマンでなくてはダメだ。

現時点での情報露出具合から推測されること

UP STAGEグループのホームページ(http://www.upstage-group.com/nihonbashi-tei/)にはTomas Morato店の告知はまだない。しかし、フェイスブックにはすでにページが完成され写真や評価もアップされている。評価は多少辛口。何時間も平気で待っていられるフィリピン人が言うのだからかなり待たされたのだろう。

とても遅いサービス。食事が来ないかと思った。寿司盛りは一番最後に来た。

https://www.facebook.com/pages/Nihonbashitei-Tomas-Morato/477483565754681?fref=ts

(2018/8/10現在上記フェイスブックURLは削除されている)

ここである仮説が生まれる。この日本橋亭トマスムラト店は公式な支店ではなく実はパクリではないだろうか。ホームページにはのっていないのに、なぜフェイスブックページはすでに作っているのか。ターゲットが日本人ではなくフィリピン人だからということもあるが、ホームページに載っていないのは何とも奇妙である。その上、プライマー等の情報誌やブロガーのブログにも直近1ヶ月で検索したが全くヒットしなかった。

もしこれが本当ならば、今後の進展に注目していきたいところである。ちなみにまだ店内には入っていない。これも後日改めてレポートしたいと思う。

トマスムラト、ティモッグ関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス

『速報!ケソンシティに日本橋亭が進出。ティーモッグ(Timog)日本料理界再編か!?ただ、ちょっと様子が変だ。』へのコメント

  1. […] 余談だがこのニュースも前回の記事(速報!ケソンシティに日本橋亭が進出。ティーモッグ(Timog)日本料理界再編か!?ただ、ちょっと様子が変だ。)と同様、日系のニュースサイトや […]

  2. […] 余談だがこのニュースも前回の記事(速報!ケソンシティに日本橋亭が進出。ティーモッグ(Timog)日本料理界再編か!?ただ、ちょっと様子が変だ。)と同様、日系のニュースサイトや […]