市民の憩いの場「マカティセントラルスクエア」のおすすめ飲食店やスポットを勝手にピックアップ!

広告

みなさんこんにちは。今日はマニラのみなさんが良く行くと思う、マカティセントラルスクエアの紹介です。以前はマカティシネマスクエアという名前だったのですが、いつの間にかセントラルスクエアという名称に変更されていたのは驚きましたが、当分はマカティシネマスクエアという愛称で呼ばれ続けるのだと思います。パサイロードがそうでしたので。ただ、略称はMCSですので、変わらずです。

▽関連記事▽

【マカティトリビア】パサイロードという通りは・・・今は無い。一心ラーメン食レポ
今日はアーナイズ通り(Antonio Arnaiz Ave)のISSHINという日本食レストランに行ってきたのでそれをレポートすることにする。 アーナイズ通り そもそもアーナイズ通りってどこ?というフィリピン歴が長いかたもいらっしゃるだろう。私もなぜあそこを皆、パサイロードというのか疑問...

 

行ったことがある人ならわかると思いますが、セントラルスクエアの内部はかなり複雑に入り組んでいます。行くたびに迷子になるので新鮮な気分が味わえますが、目的のお店があった場合はたまったもんじゃありません。そこで、今日はフロア地図を交えながら、各階の詳細を可視化してみようと思います。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

マカティセントラルスクエアの概要

新しく刷新されたマカティセントラルスクエア(MCS)について知らない人のために、言っておきますと、MCSはマカティで最も古いモールの一つです(その他マニラで老舗のモールといえばハリソンプラザを思い浮かべます)。MCSは、主にフィリピンの財閥ルフィーノ家が所有していました。モールはマカティシネマスクエアとして1982年4月に初めて人々に門戸が開かれ、今年で37周年を迎えました。MCSは開業以来、家族と一緒に買い物をしたり、食事をしたり、愛する人と再会したりすることができる場所としてマニラの人たちに愛されてきました。

 

建物内の主な施設としては、銃の射撃場、アーチェリー場、柔道道場、レストランやフードキオスク、スーパーマーケット、ホビーショップ、アパレル、ガジェット、印刷機、銀行、サロン、書店、宝くじなど、ユニークな製品を取り扱う店で買い物客を魅力しています。また、最上階にボクシングリング/イベントスペースがあり、オーディオ愛好家のためには、レトロなレコードショップがあります。

 

マカティセントラルスクエアでは現在、改修工事が進められており、改修後は古くてもユニークなものとして、よりいっそう、あらゆる年齢層の買い物客を魅了するに違いありません。改装後のMCSに期待できますね。今年に関して言えば、80年代の雰囲気を醸し出すようインテリア、レイアウト、デザインに手が加えられ、今現在、様々なショップ、レストラン、映画館、ボウリングセンターなどがオープンしています。地下ギャラリーも新しくオープンしました。

 

MCSには現在、世界中から古着を取得し、それらをわずかな価格で販売するUkay Ukayショップが数多く入居しています。これに加えて、ファミリー向けにJT’s Manukan、秋田屋、満腹ステーキハウス、ワビサビなどの韓国料理、日本料理、地元料理などの料理を提供する店舗やレストラン、または官公庁のブランチなどを増やす予定であるとしています。

出典:THE NEW MAKATI CENTRAL SQUARE

 

マカティセントラルスクエア外周

大阪満まる

MCSの外周にある人気居酒屋。リトル東京も目の前にあり、車で乗り付けて、すぐに店舗に入れる手軽さが人気です。

▽過去記事▽

マカティの居酒屋風レストラン「大阪満マル」へ行く最も効率的な時間帯とは!?全メニューも公開。
みなさんこんにちは、新元号が令和ということですが、私のパソコンでは変換しても出てきません(笑)。ティーケージーです。 さて、先週末にマカティに不動産調査に行ってきたのですが、その合間に最近マカティシネマスクエア(現マカティセントラルスクエア)にできた日本食レストランへ行ってきましたのでその際の様子...

 

ワビサビヌードルハウス

ケソンシティにもあるこのラーメン店。オーガニックで作られるヘルシーメニューが人気です。またかき氷をメインとしたスイーツ店も店内に併設されています。

過去記事:

 

マカティセントラルスクエアUG

MCSにはうる覚えですがUG(アッパーグランドフロア)とLG(ロウワーグランドフロア)があったと思います。UGを地上階とみなすと、下記のようなテナントが数多く入居しています。

 

フードコート

UGを南の方に行くとフードコートがあります。前は店舗数も少なかったのですが、徐々に増えてきています。その中でもタイ料理の屋台がありましたので、下記でメニューを紹介します。

  • ワンタンタイヌードル:90ペソ
  • パッタイ:130ペソ
  • 肉団子タイヌードル:100ペソ
  • Khaw Krug Kapi:160ペソ
  • 牛タイヌードル:120ペソ
  • Khaw Pad Kai:180ペソ
  • ミックススペシャル:130ペソ
  • Khaw Pad Kung:160ペソ
  • 鶏タイヌードル:110ペソ
  • Khaw Pad Poo:160ペソ

タイ料理で人気のパッタイやタイ旅行でたまに食べたタイヌードルが比較的安値で食することができます(他のタイ料理店比)。

関連記事:オンヌット近くの超ローカルなマーケット「プラカノン市場」で3種類の肉が入った朝食

 

マカティセントラルスクエアLG

ユーカフェ

ユーカフェは以前は2階にあったのですが、あえなく撤退。。。したと思ったら建物内の他の場所へ移動しただけでした。読者のかたから場所を教えてもらっていたので、実際行った際の行き方をまず紹介します。まず、上記画像の場所を左へ曲がります。ちょうど大阪満まるから建物内に入って、秋田屋を通り過ぎまっすぐ行ったところです。

 

すると左手にコンドミニアムの入り口がある通路にでますので、そこをまっすぐ歩いて、階段を下ります。こんなところにコンドミニアムのエントランスがあるとは思いもよりませんでしたが、前々から、ここの上層階にあるコンドに住めば、リトル東京も近いし、超便利だと思っていたので、出入り口が見つかっただけでも良かったです。写真奥の出入り口はこの日は閉まっていましたが後日行くと下記のとおり、開いていました。

外から直接入れる出入り口とユーカフェ前のエンターテインメントバー(おそらくKTV)。

 

ユーカフェです。想像していまたものより、若干異なりますが、ここが新しい店舗です。名前もちゃんとユーカフェと明記されています。あとは以前の店舗を踏襲して、喫煙ができるかどうかにかかっています。

 

店内はかなり個性的でした。南国風の観葉植物が置いてあったり、希少価値のある一昔前のテレビカメラが展示されていました。マニラ新聞が80ペソで販売されていたり、その他マニラのフリーペーパーも置いてありましたので、マニラの情報を収集する拠点としても良いかもしれません。もちろん喫煙もできましたし、電源もあったので、スマホの充電もできました。

 

メニューはカフェだけあって、飲み物や軽食が中心。2階にあった時と同様、ちょっとした休憩やミーティングに最適です。

フルーツシェイク

  • バナナ、マンゴー、ニンジン、メロン:80ペソ

ニンジンシェイクがかなり気になります。

 

サンドウィッチ

  • ハムとチーズ:140ペソ
  • クラブハウス:165ペソ
  • ツナ:115ペソ
  • ホットケーキ:85ペソ(2個)、125(3個)
  • フレンチトースト:85ペソ(2個)、125ペソ(3個)

ホットケーキはどこでもありますが、フレンチトーストはかなり希少です。卵の火加減とかけっこう調理が難しいイメージがあるので、オーナーはかなりフィリピン人スタッフを鍛え上げたと想像できます。

 

パスタ

  • ソーセージとベーコン:215ペソ
  • ツナプッタネスカ:225ペソ
  • ボンゴレ:215ペソ
  • 海老スカンピ:225ペソ
  • アマトリチャーナ:215ペソ

プッタネスカやアマトリチャーナなど、マニアックなパスタもそろっています。

 

サラダ

  • イタリアンフレッシュ:175ペソ
  • ツナと玉子:205ペソ
  • グリルチキン:195ペソ

まさかのツナと玉子がチキンの値段を追い抜いてしまっています。

 

ホットドリンク

  • ドリップコーヒー:65ペソ
  • カフェラテ:75ペソ
  • カプチーノ:80ペソ
  • ホットティー:80ペソ
  • ホットチョコ:65ペソ

アイスドリンク

  • アイスコーヒー:70ペソ
  • アイスカフェラテ:80ペソ
  • アイスモカ:80ペソ
  • アイスチョコブレンド:90ペソ
  • アイスティー:60ペソ
  • ミルク:90ペソ
  • ジュース:70ペソ
  • ボトルウォーター:50ペソ

ソーダ

  • コーラライト、コーラ、ファンタ、スプライト:50ペソ

 

また、メニューの下には下記の注意書きがあります。おそらく煙草も吸えて居心地も良いので日本人の溜まり場になっている気はします。来店の際はご注意ください。

※ご注文後、滞在時間は2時間まで、延長の場合は1時間毎に100ペソ頂きます。

関連記事:烏骨鶏ラーメン龍からのマカティシネマスクエア→ユーカフェは日本人同士のミーティングに最適かも知れない

 

秋田屋

大阪満まるから建物内に入って、直進してすぐのところにジャパニーズレストランの秋田屋があります。高そうなので、私はいったことがありません。

▽関連記事▽

マカティ、チノロセス通りを歩くとおびただしい数のコンドミニアムを目にすることができます。
みなさんホーリーウィーク中、いかがお過ごしでしょうか?私はいつもの土日祝日と化しています。 さて、今日は前回紹介した「マカティのコンドミニアムに駅近で一歩も外に出なくて良い物件がありました。「サンロレンゾプレイス」です。」の写真に続きがありましたので、ここで紹介していきたいと思います。 ...

 

マカティセントラルスクエア2階

2階には特に目新しいものはありませんでしたが、SSSのブランチがありました。

 

マカティセントラルスクエア3階

3階へ行くとビリヤードをするエリアに到着します。ちょっと3階へ上る階段が見つけにくいと思います。料金は下記のとおり。

  • テーブル1と3から13:250ペソ/1時間
  • テーブル2:330ペソ/1時間
  • テーブル14から20:220ペソ/1時間

 

ビリヤード台の奥にはボーリング場があります。意外に広いので、家族連れでワイワイやるのも良いですね。

1名料金

  • 月曜から金曜(10時から16時49分まで):130ペソ/1ゲーム
  • 月曜から金曜(17時から00時00分まで):160ペソ/1ゲーム
  • 土曜(10時から0時まで):160ペソ/1ゲーム
  • 日曜(10時から23時まで):130ペソ/1ゲーム
  • シューズレンタル:35ペソ

 

もしビリヤードやボーリング場への階段がみつからなければ、ユーカフェに行く途中のエレベーターホールの入って左のエレベーターを3階に行けばすぐにたどり着けます。

 

マカティセントラルスクエア地下1階

射撃場

スーパー8のそばにガンシューティングレンジがあります。この日は誰も撃っている人はおらず、数名のフィリピン人がたむろっているような感じでした。料金は料金は、フィリピン在住者は1,000ペソ、外国人は1,500ペソとなっています。料金には9ミリ銃と銃弾50発、標的、防具の使用料を含み、利用には身分証明書(外国人はパスポート)の提示が必要です。Icardを持っている人はIcardを持っていけば、在住者とみなされます。

 

そしてその射撃場の近く、エスカレーターの側にはアーチェリー練習場もあります。

 

満福ステーキハウス

スーパー8の階にはこの日本食レストラン「満福ステーキハウス」があります。意識して来ないとなかなか見つからないところにあります。近くにはフェンシング場やガンショップが多くあり、少し独特の雰囲気を醸し出しているエリアに店舗を構えています。

▽関連記事▽

マカティのコアなステーキハウス「満福」の豪華メニューと行き方
今日は、前回受けたTOEICの帰りにマカティセントラルスクエア(旧マカティシネマスクエア)に立ち寄り、小腹がすいたので良さげなレストランを探していたところ、思いがけないところに日本食レストランがありましたので、その際の食レポを記事にしたいと思います。 ▽関連記事▽ 最近オープンした日本食...

 

指定喫煙所

作成中

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました