ケソンシティ・ティモッグのオーガニックラーメン店「ワビサビヌードルハウス」

スポンサーリンク

さて、今日はマニラ・ケソンシティのティモッグ(Timog)というところに行ってきました。

ケソンシティはフィリピン大学やアテネオ大学など優秀なフィリピン人の若者が多く、その若者たちの憩いの場として、このティモッグは有名です。

また、GMAとABS-CBNというフィリピンの2大テレビ局もなぜか、凄く近くにあるので、そう行った意味でも、フィリピンの若者文化を発信するエリアと言えるでしょう。

ワビサビラーメンの基本情報

地図

クリックでグーグルマップへ

ワビサビヌードルハウスはティモッグサークルの北側に位置します。

ティモッグサークルから東にエドサ方面へ進むとGMAが、北に進むと突き当たりにABS-CBNがあります。ABSの前にはドラマのロケで使われた家があるようで、連日写真撮影をするフィリピン人でごった返しています。

またティモッグサークルの北西には私が以前キャンセルしたSMDCのコンドミニアム「M Place」があります。

フィリピン・マニラの格安コンドミニアムを購入して最終的に手放すまでの軌跡
今までいくつかマニラの不動産投資用の物件を見てきたが、ちょうどお手頃な価格ものがあったので練習がてら購入してみた。場所はマニラの中心地からち...

また、北東には、老舗ラーメン店「御縁」があります。先日行ったところまだマギンハワ店のように潰れてはいませんでした。

終わりなきマニラ担々麺ハウスの旅。いきるためのレシピなんてない、ないさ。(ケソンシティ編)
こんにちは、昨日も「タンタン麺ハウス フィリピン」という検索ワードから流入があった本ブログの管理人たかぎです。 担々麺ハウスシリーズも前回...
究極の邦味を求めて。マニラおすすめラーメン特集
吉田製麺店(マカティ) 遅ればせながらマニラ首都圏マカティ、リトルトーキョー近くのラーメン屋、吉田製麺店に行ってきた。 ...

住所・電話番号

  • 305 Pos Bldg., Sct.Madriñan, Tomas Morato Ave, Diliman, Quezon City, Metro Manila
  • 0918 962 2935

フェイスブック

https://www.facebook.com/wabisabi.tomasmorato/

メニュー

メニューブックはなく、店内のメニューボードをみて注文するエコスタイルです。

  • 醤油ラーメン:190ペソ
  • 塩ラーメン:200ペソ
  • ワビサビラーメン:250ペソ
  • 味噌ラーメン:195ペソ
  • 担々麺:220ペソ
  • ベトナムフォー:150ペソ
  • トムヤン:180ペソ

  • バインミー:170ペソ
  • クアパオ:65ペソ
  • チャーハン:75ペソ
  • 替玉:40ペソ
  • 追加スープ:25ペソ

  • アイスティー:60ペソ
  • タイミルクティー:65ペソ
  • カフェスダ:75ペソ
  • 玄米茶:60ペソ

ワビサビヌードルハウスの醤油ラーメン

今回注文したのは醤油ラーメン。思いのほか、スープの色が濃いという第一印象です。

麺は歯ごたえ抜群。味も普通の麺じゃ無いような気がしますが、味の引き出しが無い私には、何とも言い難いです。

この麺の不均等具体は間違いなく自家製でしょう。材料へのこだわりが垣間見れます。

チャーシューのような、かまぼこのようなもの。肉は使っていないと言っていたので、チャーシューでは無いのですが、ほのかにチャーシューの味がしました。

卵もラーメンようにあらかじめ出汁につけた煮卵。

調味料もありましたが、それを使う必要の無いほど、味は完成されていました。

例えていうと一心ラーメンのような味と言えるでしょう。

【マカティトリビア】パサイロードという通りは・・・今は無い。ISSHIN(一心)ラーメン食レポ
今日はアーナイズ通り(Antonio Arnaiz Ave)のISSHINという日本食レストランに行ってきたのでそれをレポートすることにする...

込み込み190ペソ。

店内はとても狭いのでこの日はカウンターで食べました。

ケソンシティ・ワビサビヌードルハウスの行き方

ティモッグサークルから北に進み、最初の交差点です。北にABS-CBNのテレビ塔。左手にルスタンスなどのスーパーが入っている中規模商業施設「Terrazo」があります。

そのTerrazoの正面にワビサビヌードルハウスの入っている「Morato Square Building」があります。

1階に入るとすぐにかき氷屋「Ikigai Kakigori Cafe」があります。おそらくワビサビヌードルハウスと同じ経営者だと思います。

ワビサビラーメンハウスの店頭。いつもの値段が書いていない、効率の悪い店頭ボード。見栄っ張りのフィリピン人にはぴったりですが、日本人からすると値段確認する為に店内に入らなければならず、それだったら次の店へという風になります。

値段と言えば、スタバなどに言って中サイズのコーヒーを頼むと「たった10ペソ出すだけで、サイズアップできますよ!」と、店員さんに言われることが多いですが、「じゃあいくらなの?」と聞くと、コーヒーそのものの値段は知りません。それと同じ感じです(!?)。

ケソンシティ・ティモッグ周辺

ラーメンを食べた後、周辺を散歩しました。KTVの真理子はわかるのですが、敬太郎って何でしょう?ホストクラブ?

コンドミニアム「Victoria De Morato」もだいたい完成に近づいてきています。ティモッグ界隈で遊ぶには最高の立地です。

コーヒープロジェクト

ABSの近くのコーヒープロジェクトというコーヒーチェーンに来ました。店内がとてもおしゃれで、広かったです。

そして、場所のわりにはお客さんが大勢いて、店内の写真をあまり撮ることはできませんでした。一つの大テーブルを2人で勉強道具を広げて占領している人たちが複数いたので、店が潰れるのは時間の問題かもしれません(笑)。

こんなメニュー、マサイ族くらいしか見えないのではないでしょうか(笑)。

よく探すと手元にハンドメニューはありましたが。

Bo’sコーヒーのコーヒーゼリーフラペチーノを超えるものを日々探していますが、このコーヒープロジェクトのコーヒーゼリーフラッペもそれを超えることはありませんでした。

ゼリーの量は、ティムホートンズのものより多かったのですが、それでもBo’sコーヒーのものに比べるとパンチがないです。コーヒーもドロドロ感が少なかったです。

電源とワイファイも好意的に置いてくれているので、まさに勉強や仕事するにはうってつけです。

ティモッグ関連記事

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス