フィリピンで韓国系インスタントラーメンとレンジのカレーライスの作り方とその費用

先日シェアした韓国系インスタントラーメンが控えめに言って大不評だったのですが、今日も性懲りも無く、再度韓国系インスタントラーメンをシェアしたいと思います。

【フィリピンC級グルメ】韓国製○○○ラーメンを黒ドンベエと名付けた理由

会社のお金で高級日本料理店になんぞ、毎日行けるわけない、現地採用の日本人やお金はあるけど食事にお金をかけたくないフィリピン在住年金生活者に捧げます。

韓国系インスタントラーメンとレンジでチンするカレーライス

今日購入したのはこれ。パッケージの写真がおいしそうなのと、牛肉湯とかろうじて日本人でも読めて、単純に美味しそうなネーミングだったので購入。

そして、インスタントラーメンだけでは、小腹がすくかと思ったので、ご飯物が欲しいと思ったいた矢先、前々から目をつけていて、相変わらずの値段不詳で購入の機会を損失していた、このレンジでチンするらしきカレーライス。

ほんとうにいくらするか検討もつかない。単純にレジの人に聞けば良いのだけれど、正直面倒くさかった。

値札をつけていない店の今までの機会損失額を計算すると天文学的数字になるのは間違い無いです。

値段はこれ。インスタントラーメンが62ペソ。カレーライスが200ペソ。カレーライス、馬鹿高い!

韓国系インスタントラーメンの作り方と実食

インスタントラーメンの作り方は簡単。お湯をいれるだけ。ただ、麺のクオリティがまだまだなのか、お湯をいれて5分ぐらいしないと、食べ頃の麺にはほぐれない。ほぐれたと思ったら、すぐのびるので、のびラーメンが嫌いな人は、食べるタイミングは見たほうが良いです。

写真と違って具らしい具は一切入っていなかった。ここへ来て韓国とフィリピンの共同詐欺に合った感は否めません。

ボリュームだけはあるのですが、なんせ具が無いので、寂しい。。。

と、思ったら最後にオマケ程度に昔ながらのインスタントチャーシュー。

若かりし頃に良く食べたサンポーの焼き豚ラーメンに入っているやつだ!とんこつ味だからフィリピンでもひょっとしたらウケるかも知れない。

焼豚ラーメン

本格的な豚骨スープです。かやくには焼豚、ねぎ、コーン、そして生の紅しょうが。さらに焼豚はハート型をしており、「心をこめて作りました」という意味がこめられています。

サンポー食品 焼豚ラーメン

韓国系レトルトカレーライスの作り方

お次はレトルトのカレーライス。これが一番やっかいなプロジェクト。なんせ、表示されている文字がすべて韓国語だったからです。

パッケージを開いてみると、意外にライスは少ない印象でした。量的には前回購入した韓国系さとうのご飯のほうが多いです。

【フィリピンC級グルメ】韓国製○○○ラーメンを黒ドンベエと名付けた理由

ごらんのとおり表記はすべてハングル語。数字の単位ぐらいは読めるかと思いましたが、10の後の単位が読めなかったので、10分なのか10秒なのか、それとも10韓国タイムなのかが、はっきりとは読めませんでした。

かろうじて、イラスト表記が助けになるだけ。これが正に外国人が日本に行った時に感じる絶望感なのかと、しみじみ思いました。

レトルトのカレールーはボンカレーを小さくしたような感じですが、パッケージの素材はビニールなので、レンジでどこまで耐えられるかの耐久戦になりそうです。

もちろん表記はハングル一色で中国語と違い、意味を読みとることさえできません。韓国が感じを捨てなければ、今頃こんな思いをせずにすんだのかもしれません。

10の意味はおそらくは10分なのだろうけど、レンジの強で10分なのか弱で10分なのかは、もちろん逆立ちしても読めないので、とりあえずは3分で実行!

韓国系レトルトカレーライスを実食

3分後、ライスとカレールーを器に入れてできあがり。組み立て式のスプーンはなかなか、考えられていて、良かった。

しかしながら、その量の少なさにびっくり。これで200ペソは、コスパが悪すぎやしませんか?これなら、普通にラーメン黒田やタンタンメンハウスに行ったほうが良かったかも。

また、当初懸念していたとおり、レトルトパックからは加熱しすぎて汁がでていたので、過加熱には要注意です。

具は小さめだけど、味はなかなかのもの。カレー自体はハヤシライスのような味でした。

まとめ

韓国系インスタントラーメンはコスパが良いのでアリだとして、レトルトのカレーライスは、コスパが悪すぎなのでアリかナシかといわれるとナシです。

引き続き韓国系食材は試し続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする