どこかで聞いたマニラの格安ラーメン店「タンタン麺ハウス」。ラーメン餃子、チャーハンで230ペソ。

今までマニラのラーメン屋をいろいろと紹介してきた。その代表格はラーメン黒田やTAN TAN MEN HOUSE、YAMAZAKI。ただ、この大都会マカティ在住の日本人にとっては、その3つだけでは物足りない。

ちょっとお金をだせばもっといろいろなラーメン屋があるのだが、高くても味が不味ければ、気分は半減。フィリピンという国に再三だまされてきたのに、ラーメンでも騙されるのは嫌だ。

そんな人のために、マカティで新しい格安ラーメン店を発見したので、記事にした。

Tan Tan Men Houseの場所

クリックでグーグルマップへ

あれ、あのタンタン麺ハウスじゃないかと思った人はマニラのラーメン通。そう、実はこのラーメン店は、以前紹介したTan Tan Men Houseのグループ店。妙に良く似た雰囲気だと思って店員さんに聞いてみたので間違いはない。

【マニラおすすめラーメン】探せばまだあるマカティの格安店「TAN TAN MEN HOUSE」

しょうゆラーメン

今回も注文したのは、しょうゆラーメンと餃子、そして前回はなかったチャーハン。まずは餃子から出てきた。フィリピンは先入れ先だし、FIFOの精神にのっとって店舗が運営されている。

餃子はなかなかの油ののり具合。

舌が肥えてきたのか、前回のような感動はなかった。たしかに日本の餃子だが、冷凍餃子のよう。ただ、これはこれでボンカレーのように日本を懐かしむことができる。

マニラ・マラテの日本食レストラン「日本食堂」のカレーライスがノスタルジック

そして次に来たのが醤油ラーメン。相変わらず、ほうれん草の肩身がせまそうなレイアウト。

半熟卵は安定の仕様。

チャーシューも前回のような感動はなかったが、普通。

麺も普通。

器も、セラミックと思っていたのだが、異様に軽いので、ひょっとしたら、プラスチック製に色を塗っただけかもしらない。このあたりの判別方法を知っている人はいないだろうか?

チャーハンの見た目は、あまりよろしくない。

ただ、味はなかなかのもの。例の中華料理店で食べるようなプロの味。私が自炊して一度も出したことの無い味だ。

この動画によると鶏油というものを使えばあの味が出せるらしい。

ハッピーダイニング incという会社が運営。醤油ラーメン、餃子、チャーハンで驚きの230ペソ。サービス料無しという良心さ。

メニュー

店の外にもメニューが堂々と掲示されている。この感覚は日本人感覚だ。フィリピン人感覚ではメニューは外には出さないし、店内でも見えにくいところにちょこんと金額が書いているだけ。

  • チャーシュー麺:150ペソ
  • タンタンチャーシュー麺:210ペソ
  • 醤油チャーシュー麺:180ペソ
  • とんこつチャーシュー麺:210ペソ
  • タンタン麺:150ペソ
  • とんこつラーメン:150ペソ
  • 醤油ラーメン:120ペソ
  • チャーシュー:30ペソ
  • 味卵:20ペソ

前回のリクエストが承認されたのか、念願のチャーシュー麺がラインナップ。

チャーシューも箸で切れるトロリチャーシュー。別メニューでチャーチューラーメンをなぜ作らないのか!?

醤油ラーメン

  • スナックサイズ:90ペソ
    • チャーシュー丼
    • ビーフ焼肉丼
    • テリヤキチキン丼
  • テリヤキチキン丼:150ペソ
  • チャーシュー丼:150ペソ
  • ビーフ焼肉丼:150ペソ
  • かつ丼:150ペソ

スナックサイズの見方がその場では良くわからなかったので、注文しなかったがアイスティーと丼で90ペソはなかなか。ただ、アイスティーはいらないので80ペソにしてほしい。

  • チキンから揚げセット:180ペソ
  • ビーフ焼肉セット:180ペソ
  • ポークステーキセット:180ペソ
  • ミックスてんぷらセット:180ペソ
  • とんかつセット:180ペソ
  • チャーハンライスセット:150ペソ
  • ビーフ焼肉:180ペソ
  • チキンから揚げ:180ペソ
  • サーモン刺身:180ペソ
  • かにサラダ:100ペソ(小)、150ペソ(大)
  • テリヤキチキン:180ペソ
  • フィッシュてんぷら:150ペソ
  • 餃子:50ペソ(3ヶ)、80ペソ(5ヶ)
  • ポークステーキ:180ペソ
  • 海老てんぷら:180ペソ
  • ミックスてんぷら:180ペソ

巻物

  • かに巻き:150ペソ
  • カリフォルニア巻き:150ペソ
  • サーモン巻き:150ペソ
  • てんぷら巻き:150ペソ

ご飯物

  • チャーハン:80ペソ
  • ライス:30ペソ
  • 味噌汁:30ペソ

デザート

  • アイスクリーム:40ペソ
  • コーヒーゼリー&アイスクリーム:60ペソ
  • マンゴー&アイスクリーム:60ペソ

店内の様子

なかなか広いカウンター。やはり中心部をちょっと離れると余裕がある。

カウンター横にバーカウンターのようなものがあり、おわかりだろうか、カウンター右側に日本食レストランの象徴、ガラスケースが置いているではないか。

店内は余裕のあるつくり。

店外

ジャパニーズラーメンとでかでかとうたっている。

正面から見る。ジャパニーズラーメン居酒屋なのである。

BGCにいると格安に感じるイザケーヤ・フレイム

店の右横。

左横にはチョーキン、五差路の反対側にはマックがある。というか、この右側にはショップワイズがあるのでそれが目印。

スポンサーリンク
応援する

その他フィリピン情報、フィリピン留学情報最新版をチェック!

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(フィリピン)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする