【マニラおすすめラーメン】探せばまだあるマカティの格安店「TAN TAN MEN HOUSE」

先日、マニラの日系のラーメンから少し浮気をしてマカティにある元祖ラーメン(敬意を表して中国系とは言わないことにする。決して中国贔屓ではない。)を食した。毎日ステーキだけでは食べ飽きる、たまには吉野家の牛丼も食べたくなるあの心理だ。

過去記事:

中国四千年の味、しかとこの舌と脳に焼き付けたアル。マカティの激安中国ラーメン「Sharsha」

さすがにあの価格帯でのラーメンはフィリピンの首都マニラには数件しかなく、もう行き尽くした感があったが、実はマカティのど真ん中に激安ラーメン店があったのでそれを紹介しよう。

格安ラーメン記事:

TAN TAN MEN HOUSE

結構な数の日系企業があるマカティレガスピエリアと外資系企業がゴマンとあるサルセドエリアを区切るアヤラ通りを一つ西側に入った通り(マカティに詳しい場合はデラローサ通りといえばわかるだろうか)にTAN TAN MEN HOUSEというラーメン店が、入り口は狭いが味は天下一品だぞと言わんばかりに、こっそりとしかし堂々と店をかまえている。

看板にデラローサブランチと書いてあるので他にも営業店があるのかもしれない。

醤油ラーメン

実は担々麺を食べる気分ではなかったので、店名にかかわらず、醤油ラーメンを発注した。麺は細麺だったが、例のフィリピン系ラーメンで使われている、しょぼい麺では無いことは確かだ。おそらく流通経路は独自経路を使っているのだろう。器も塩化ビニールが溶け出しそうなプラスチックの器ではなく、セラミック製の器。

半熟卵は合格ラインを超えた。なかなかの火加減でうまく半熟具合を表現し、ラーメンと結合している。

チャーシューも箸で切れるトロリチャーシュー。別メニューでチャーチューラーメンをなぜ作らないのか!?

さすがに低価格帯では、野菜はふんだんにラーメンにトッピングできない。ほうれん草が一切れは、わかってはいるが残念な気持ち。

ラーメンと合う餃子

安いことをいいことに、サイドメニューにすぐ手が伸び、逆に高くつくのはマカティラーメン黒田で実証済みの深層心理。今回は餃子をチョイス。

これもラーメンと同じく期待を良い意味で裏切られた。普通の日本で食べる焼き餃子。もちろん醤油のタレと一緒に余計で無駄なカラマンシーなどついてくるはずも無い。衣もふっくらとして中に十分な空気が詰まっていた。しっかりと作り込まれているので、少々上品な味に仕上がっており、濃い味好きの私は餃子のタレを飲みながら食した。

餃子のタレの容器も、いつもの柔らかいプラスチック製ではなく、ジャパンホームセンターで売られている準高級品。

ラーメンメニュー

メニューもこだわりのラーメンが3種類と餃子とご飯がメイン。マニラのレストランでメニューは多いものの、注文するとアウトオブオーダーと言われるより、安心感がぜんぜん違う。

  • 担々麺:150ペソ
  • とんこつラーメン:150ペソ
  • 醤油ラーメン:150ペソ
  • 餃子5個:80ペソ
  • 餃子3個:50ペソ
  • ライス:30ペソ

サービス料なしのポッキリ価格。

店内の様子

店内は狭い。マニラ、マカティの店舗家賃を考えると納得はできる。大人数で行くと入れないので、行く時は独りで行った方がベター。

TAN TAN MEN HOUSEの地図・住所

クリックでグーグルマップへ

住所:GF Rada Regency, Castro Street corner, Dela Rosa Street Legaspi Village Makati City Legaspi Village, Legazpi Village, Makati, 1209 Metro Manila

よく見ると、グリーンベルトも近いので、買い物帰りに寄っても良いだろう。

目の前にはTOKYOTOKYOがあるのでそれを目印にしても良い。

営業時間・連絡先

平日:11時から22時まで

土日祝祭日:11時から21時まで

連絡先:(02) 750 2069

駐車場:路上駐車

フェイスブック:https://www.facebook.com/tantanmenhouse.legaspi/?ref=py_c

当初の予想通りSM Sta. Rosa foodcourtブランチとSM City Sucat Foodcourtブランチがオープンしていた。

(2018/4/23追記)

その他担々麺ハウス記事

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス