フィリピン、マカティのワイズカフェは、マニラのアニメオタクの聖地?!

広告

フィリピンマニラの中心地マカティに滞在している日本人はたくさんいると思いますが、ちょっとした息抜きや、旅行中にブログ更新などをするために行くカフェはどこに行っていますか?

 

今日は、たまたま入ったマカティのカフェがしごく居心地が良かったので、その様子をお伝えしたいと思います。

 

マカティ滞在中にカフェで仕事、カフェでミーティングする際は最適のカフェだと思います。

 

↓↓一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村 旅行ブログ タイ旅行へ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

Y’cafeの基本情報

地図

クリックでグーグルマップへ

立地はデラコスタ通り沿いです。デラコスタと言えば以前記事にした日本食レストラン「TAKESHI」が目と鼻の先にあります。

デラコスタ、たかし選手のトリッキーなメニューが話題に。メガには勝ったがダイナマイトドラゴンに果たして君は何を見る?
先日ぶらりとマカティを歩いていて、お腹も空いたのでラーメンでも食べたいなと思っていた矢先、ちょうど日本食料理店があったので、サッカーの実況中継を踏まえながら、立ち寄ってみた。 Takashi 場所は、マカティのデラコスタ通り(Dela Costa)。スペインのサッカー選手のような通り...

 

営業時間

8時00分~0時00分

 

電話番号

0917 637 4785

 

住所

Don Chua Lamko Building, 100 H.V. Dela Costa, Makati, Metro Manila

 

Y’Cafeの雰囲気

実はオタクなカフェ

エントランスに入った瞬間それとわかる、ガンダムがお出迎え。この時は、物好きなフィリピン人がお高いフィギュアを買ったものだなーと楽観ししていましたが、店内を良く観ると「あー、そういうことか」と腑に落ちます。

 

壁一面にはアニメのイラストが所狭しと並べられています。スラムダンク、ドラゴンボールなどなど。席に座るまでは気付きませんでした。

 

入り口の特大ガンダムの反対側には、プラモサイズのガンダムやマジンガーZが並べられています。

 

これは奥の部屋のイラスト。実は店内は意外に広かったです。

孫悟空、のび太、ルフィーなどメジャーなものから、キャプテン翼、幽々白書などフィリピンではあまり知られていなさそうな漫画まで網羅されています。

 

イラストの下にあるURLが気になって調べてみましたが「THIS WEBSITE IS CURRENTLY UNAVAILABLE.」となっていました。

Website Unavailable

 

その他店内の様子

椅子は基本的にゆったり座れるソファタイプ。デザインにこだわり、長時間座るとお尻が痛くなる椅子がほとんどなフィリピンのおしゃれカフェとは一線を画しています。

 

お昼の3時、4時ですとお客さんはまばらです。社会人が多いエリアなので、学生がたむろする時間帯ではないのでしょう。

 

英語の書籍も少ないですがあります。場所柄外国人も多く利用するのでしょう。

 

実際に使えるかわかりませんが、ボードゲームも完備。みんなでわいわいガヤガヤやるのも良いですね。

 

これは奥の部屋。ミーティングをしている人、仕事をしている人、様々です。

 

壁際の席にはこのようにコンセントが、使ってくださいと言わんばかりに完備されているので遠慮なく使いましょう。どこぞのおしゃれ逆転カフェとは勝手が違います(笑)。

マニラでインスタ映えするリバーシブルカフェ「パン・デ・アメリカーナ」はちょっと変わったアート空間
ケソンシティは、クバオエキスポやアートインアイランド等、実は芸術系、美術系の施設がしれっと多いのはあまり知られていない事実です。 アジア最大級の3Dトリックアート展『Art in Island(アートインアイランド)』に行ってきた また、マギンハワ通り等は、辺ぴな場所にありますが、おしゃれな...

 

Y’Cafeの店外

意識していなければ気付かない外観。店頭のメッセージボードもおしゃれ感をかもし出しています。

 

ただ、店の前は渋滞がひどいので車で来るのはお勧めしません。

 

 

Y’Cafeのメニュー

立地とコンセプトがハイソな分、値段に跳ね返ってきます。でもそこまで高いというわけではありません。

 

コーヒーはホットもアイスもチョイス可能です。

 

その他ドリンクもホット、アイスどちらも可。

 

 

しゃれたカクテルもあるので、夜は昼間と違ってカフェバーのように賑わうのかも知れません。

 

 

カフェとうたっていますが、イベントスペース提供を目的としてオープンしたようです。

ミーティング、ワークショップ、セミナー、カンファレンス、誕生日会など色々なイベントが開催できるようです。それに伴って提供できる施設は下記のとおり。

  • 80インチ大画面テレビ
  • スマートテレビ
  • ラップトップ
  • プリンター
  • ハイスピードワイファイ
  • プロジェクター

 

この意図的な場所に置かれた10ペソ。下のデザインと混同して、置忘れを期待しての店員の行動です。

 

店員さんはかわいらしい女の子だったのですが、おそらくレジ係の男性スタッフの仕業でしょう。最後の最後で、嫌な印象を持ちました。

テーブルが低いので、視力の悪い人は気付かないとでも思ったのでしょうか?

 

ハード面をいかに先進国に近づけようとも、ソフト面を近づけるのは相当時間がかかるように思えます。

 

ただ、彼らの気持ちもわからないわけではありません。フィリピン一等地のカフェで働くといえども彼らの給与は、そこらへんのモールの店員と同等。

しかし、来るお客はお金を持った外国人や上層フィリピン人。それらのお客が何の気兼ねもなく、高いドリンクや料理を注文していく。

 

「俺たちは何なのか?」「なぜ給料が安いのか?」。そう思う者が、一人二人いてもおかしくはなのでだと思います。

 

コメント

  1. やまだ より:

    >店員さんはかわいらしい女の子だったのですが
    すいません、これ写真無いんでしょうか・・

  2. ティケイジイ高木耕壱 より:

    やまだ様

    私としたことが今回は失念してしまいました。
    容姿だけでなく、愛想も良い女性スタッフでした!!

タイトルとURLをコピーしました