マカティ・デラローサ通りのフードコートにある和食レストランでカツカレー

前回の小池ショックの後、意気消沈しながらデラローサ通りをグリーンベルト方面に歩いていた。この周辺は、ラーメン屋、多国籍レストラン、カフェが多く、また入れ替わりも激しいので、歩いていると毎回新しい発見がある。

グリーンベルト周辺には駐在員の社宅が多いが、平日は会社で食事がでると思うが、休日はなかなかおいしい和食に出会えないだろう。かと言って、TOKYOTOKYOへ行くにはちょっとコスパが悪いし、リトル東京は微妙に遠い。

そんな人のためにグリーンベルト近辺で、新しい和食レストラン、もとい和食店を発見した。

奇跡の再会

それはデラローサ通りをグリーンベルト方面へ南下、ちょうどTANTANMEN HOUSEやTOKYOTOKYOを通り過ぎた頃だろうか。右手をふとみると、みたことのある店名。あまりにも輝きすぎて写真では表現しきれないが、それは「KOMORO」。

以前、メガモールで大絶賛した日系和食レストランのキングだ!まさかこんなところで再会できるとは夢にも思わなかった。

SMメガモールのフィリピン初出店のやよい軒、庶民のミカタのKOMOROそば

しかし、モシコシラーメンといい、タンタン麺ハウスといい、グリーンベルト周辺のデラローサ通りではこういった奇跡の再会が最近相次ぐ。

小さい道路を挟んで向こうにはタンタン麺ハウス。

大きい道路の向こうにはTOKYOTOKYO。

フードコート

小諸そばの看板に惹かれ、何の躊躇もなく、その建物へ入った。何ということだろう、そこは小諸そばだけでなく、その他の飲食店が立ち並ぶフードコートと化していたのであった。仕事帰りの日本人と思わしき、お客さんも数名。

小諸そば以外の和食は、例によってたこ焼き屋。たこ焼き「TAKOICHI」。スカイプラザビルにあるTAKOICHIと同じか!?価格は110~190ペソ。

餃子店あり。フレッシュな餃子作成のため店内で調理しているので、注文から5~10分かかるようだ。

  • 餃子4ヶ:60ペソ
  • 餃子6ヶ:80ペソ
  • 餃子12ヶ:150ペソ
  • 餃子4ヶ+バターライス:80ペソ
  • 餃子6ヶ+バターライス:90ペソ
  • バターライス:25ペソ
  • 冷凍餃子30ヶ:290ペソ

冷凍餃子があるので、店内で肉を挽き、具をまぜ、皮で巻いているわけではないようだ。単純に冷凍餃子を焼くのに5~10分かかる。

タイ料理屋もあり。一番したのマンゴーとスティッキーライスは、一見、食べあわせが悪いように見えるが、食べてみると絶品。おすすめだ。

  • パッタイ:180ペソ
  • パットシーイウ:180ペソ
  • タイ風バゴオンライスとポーク:150ペソ
  • タイ風焼き飯:80ペソ
  • グリーンカレーとチキン:150ペソ
  • クリスピーポークカレカレ:200ペソ
  • カパオムーサブ:150ペソ
  • カパオタレー:180ペソ

小諸そばのメニュー

さてメインの小諸そば。フードコートに入ってすぐ左手にあるので、日本人客が見ている中であたふたせずに済みそうだ。時間帯によっては行列ができる時もある。

それでは、まずメニューから見ていこう。

うどん

  • チキンガーリックサラダうどん:154ペソ
  • 肉うどん:160ペソ
  • かき揚げうどん:120ペソ
  • 海老てんぷらうどん:122ペソ

  • かつ丼:115ペソ
  • トリプル天丼:158ペソ
  • 牛丼:109ペソ
  • 天丼:107ペソ
  • カツカレー:169ペソ

弁当

  • ミックスてんぷら弁当:149ペソ
  • から揚げ弁当:163ペソ
  • テリヤキチキン弁当:182ペソ
  • 海老てんぷら弁当:199ペソ
  • とんかつ弁当:169ペソ

サイドメニュー

  • カリフォルニア巻き:67ペソ
  • 海老てんぷら寿司巻き:86ペソ
  • かき揚げ:38ペソ
  • チキンてんぷら:38ペソ
  • かにサラダ:84ペソ
  • 味噌汁:28ペソ
  • ひじきサラダ:73ペソ
  • から揚げ:69ペソ(3ヶ)、129ペソ(6ヶ)
  • ポテトサラダ:49ペソ
  • にんじんサラダ:49ペソ

お気づきだろうか。他店のように同じ価格がどれ一つなく、コピペができない編集者なかせのラインナップ。実は、綿密に計算された原価と利益に基づいて算出された、いかにも日本人のきめ細かさが如実に表れているメニュー。

メガモールには無かった、チキンガーリックサラダうどんが、個人的にはおすすめ。

カツカレー

注文したのはカツカレー。このブログで代々受け継がれるであろう、ボンカレー事件の二の舞にはしたくないのが本音。

マニラ・マラテの日本食レストラン「日本食堂」のカレーライスがノスタルジック

カツだけでは味がしなかったので、すかさずカレールーに突撃。

ボンカレーではなさそうだ。

カツも普通に美味しい。

デフォルトでは福神漬けが3切れほどしか入ってなかったので、無理を言って小さいトングで3トングほど追加してもらった。他の人でも追加できるかどうかはわからないのであしからず。

食べかけの写真で恐縮だが、なぜこの写真を撮ったのか覚えていない。おそらく色のコントラストがフィリピンには無いと言いたかったのだろう。

サービス料なしの169ペソポッキリ価格。

地図・住所・電話番号・営業時間

地図

クリックでグーグルマップへ

住所

THE PANTREE FOOD HALL, 119 Dela Rosa Street, Legazpi Village, Makati City

電話番号

(0945) 571 3722

営業時間

午前10時 ~ 午後9時

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

『マカティ・デラローサ通りのフードコートにある和食レストランでカツカレー』へのコメント

  1. 名前:やまだ 投稿日:2018/06/01(金) 15:34:18 ID:cfdd2a2c1 返信

    数日前にここでカツカレーを食べてきました。
    福神漬けは入っていませんでした。

    • 名前:高木耕壱 投稿日:2018/06/01(金) 20:11:23 ID:7203e8c66 返信

      まさにフィリピンですね。
      在庫管理ができない+自分流でアレンジしますから。
      でも福神漬けがないとちょっと物足りない味ですよね。

      私は、日本のココ一番屋やゴーゴーカレーに行くと必ず山盛りに福神漬けを入れます。
      フィリピンではやはり山盛りにされると採算がとれないのだと思います。
      そこまで福神漬けは安くないと思います。

      でも、一度、チキンガーリックサラダうどんが食べたいです(笑)