マッカーサー将軍が軍事顧問中に住んでいたとされるマニラホテル

みなさんこんにちはたかぎです。

今日は、先日記事にした「フィリピン観光マニラ近郊・ルソン島編 太平洋戦争の戦跡を巡る旅」を調べるためマニラ近辺を練り歩いた際、タイトルのマニラホテルのボリュームが意外にも多かったため、単発記事にシングルカットしてみました。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

マニラホテルの概要

マニラホテルは、マニラ湾沿いに位置する570室を有する歴史的な5つ星ホテルです。フィリピン大統領の公邸であるマラカニャン宮殿と肩を並べるこのマニラホテルは、1909年に建てられたフィリピン最古のプレミアホテル(premiere hotel)で、1912年7月4日にアメリカからの独立を記念してオープンしました。

ホテル施設は、エルミタのボニファシオドライブ沿い、リサール公園の北西端にある35,000平方メートルの埋め立て地に建設され、そのペントハウスは、1935年から1941年までの間にフィリピン連邦の軍事顧問としての任期中にダグラス・マッカーサー将軍の住居として使用されました。

ホテルには、ニューヨークタイムズを含むいくつかの外国の報道機関の事務所があり、下記のような多くの世界の歴史上の人物や有名人が宿泊しました。マイケルジャクソン、ビートルズが泊まった、というかフィリピンに来たことがあるという事実に驚きです。

  • 作家のアーネストヘミングウェイとジェームズ A.ミシェル
  • 俳優のダグラスフェアバンクスJr.とジョンウェイン
  • 出版社のヘンリールース
  • 芸能人のサミーデイビスJr.、マイケルジャクソン、ビートルズ
  • ジョン F. ケネディ大統領
  • イギリスのアンソニーエデン首相
  • その他の世界的指導者

1975年から1977年にかけてのホテルの改装と拡張の一環として建設されたホテルタワーは、マニラベイエリアで最も高いホテルタワーです。

場所と地図

実際に現地へ行ったのですが、ホテルらしき建物のエントランスにホテル名らしきものがないのです。立地的にこの建物くらいしかないので、おそらくこれがマニラホテルでしょう。

外観からは地上5階建て、その上にペントハウスがあるという造りと想定できます。この隣にどでかいホテルタワーがあるのですが(笑)。

住所・ホームページ・電話番号

  • 住所:1 Rizal Park, Ermita, Manila, 0913 Metro Manila
  • ホームページ:http://manila-hotel.com.ph/
  • 電話番号:(02) 527 0011

歴史

アメリカがスペイン – アメリカ戦争の後の1898年にスペインからフィリピン諸島を引き継いだとき、ウィリアム・マッキンリー米大統領は元々スペインの植民地であった場所をアメリカナイズし始めました。

1900年に新しい地域のニーズを評価するためのフィリピン委員会が発足し、その委員会を率いるためにウィリアム・タフト(米国人)が任命されました。後にフィリピンで最初の民政長官になったタフトは、首都マニラを計画的に発展させなければならないと主張しました。

タフトはワシントンのユニオンステーションと郵便スクエアビルを建設したダニエル・ハドソンバーナム(米)を、建築家兼都市計画者として雇いました。マニラでは、バーナムはマニラ湾に沿って長く並ぶ並木道を計画しました。

バーナムの計画を実行するために、タフトはニューヨークの建築家、ウィリアム E. パーソンズを雇いました。元々のデザインは、2つのウイングの客室に風通しを良くすることに焦点を当てたH字型の計画で、港、ルネタ、イントラムロスの壮大な眺望も想定されていました。実際、最上階は、アメリカ海軍の蒸気を港に見守るなど、さまざまな機能に使用される大きな展望台でした。

最初の改修

1935年のフィリピン連邦開始時に、マニュエル・ケソン大統領は、画家のフアン・ルナの息子でありパリで訓練を受けたフィリピン人建築家アンドレス・ルナ・デ・サンペドロを雇って、マニラホテルの改装工事を担当させました。

それは有名なエンジニアリング会社ペドロシオチ&カンパニーの監督下で行われました。彼が連邦の軍事顧問になったとき、ホテルはダグラス・マッカーサー軍曹の住居でした。

ルナはホテルの最上階をエレガントなペントハウスに変え、西側の翼を北に広げてエアコン付きの別館を作り上げ、そして当時最大のファンクションルームであるフィエスタパビリオンのようないくつかの重要なパブリックルームをデザインしました。

当ホテルは、1935年11月にフィリピン連邦政府が発足した際のレセプション会場でした。

第二次世界大戦

第二次世界大戦の間、ホテルは日本軍によって占領され、日本の国旗が戦争の間ずっと壁の上ではためいていました。

マニラ解放のための戦いの際、ホテルは日本兵によって火を放たれましたが、延焼を免れた建物の残骸は後に再建されました。

フェルディナンドマルコス大統領

フェルディナンドマルコス大統領の間(1965 – 86年)に、大統領命令政令645号に従って旧マニラホテルカンパニーは清算され、政府がその所有権を引き継ぎました。

政府サービス保険システム(GSIS)は、マニラホテルを修復、改修、拡張する新しい子会社を設立することを命じられました。 次の20年で、マルコス氏の妻、イメルダはホテルのレストランで頻繁に見かけることができました。

彼女の訪問中に、レッドカーペットと花輪が消され、空気に消臭剤がスプレーされました。 イメルダのご愛顧の下、ホテルは国際的な評価と賞を受賞しました。 それは戒厳令の年の間に行って見られる場所でした。

1975年の改修

ホテルは1975年に改装され、元の5階建ての建物の裏側に高層ホテルの建物が追加され、570室に拡張されました。 改修工事は、建築家のレアンドロ・ロクシンと国立建築家のイルデフォンソ・サントスが、デール・ケラー&アソシエイツの国際インテリアデザイン会社のパートナーであるパトリシア・ケラーと共同で行いました。

エグゼクティブサービス、言語翻訳、ビジネスライブラリー、カラーテレビ、閉回路映画を含むゲスト用アメニティが更新された。 シンプルなミッションスタイルのホテルのスパルタ風インテリアは、より豪華な家具への道を譲りました。 1977年10月6日にマニラホテルの就任式と正式な再開式が行われました。

所有権の移転

1995年頃、政府サービス保険システム(GSIS)は、不動産売却の入札を呼びかけました。入札はマレーシアの会社レホン・バーハドとITT-シェラトンが中国のフィリピンの億万長者の大物でエミリオ・ヤップを結び、全国最大の新聞であるManila Bulletinを発行しました。

ヤップ氏は、フィリピン最高裁判所に出て、レホン氏の入札に一致させ、「国民の家財」を所有する憲法の「フィリピン人初」の方針を引用することで勝利しました。 1997年4月25日に新しい所有者が49パーセントの株主として加わった一方で、所有の51パーセントがヤップのマニラプリンスホテルコーポレーション(MPHC)に授与されました。

ヤップが1997年5月7日に6億7,320万ペソの小切手に署名し、MPHCがその土地を引き継ぎました。ヤップが最初にしたことの1つは、風水の専門家の推薦を受けてロビーの3つの真鍮シャンデリアを引き下げることでした。 

100周年

2008年に、マニラホテルは2012年にその100周年の祭典に間に合うように一連の改装を受けました。ホテルの全客室は改装され改装され、近代的な設備とアメニティを備えています。部屋の窓が拡大されました。ホテルはまた、マニラホテルヘルススパの隣にヘルスクラブを開設しました。

2008年1月17日、元の建物の西側に位置するマニラホテルテントシティがオープンしました。公演会場には、結婚披露宴、記念日、大会、展示会にご利用いただける2,500人のゲストを収容できます。その高い天井は会場のセットアップとデザインの最も複雑なものさえ可能にします。ホテルが2012年7月4日にベニグノ・アキノ3世大統領をゲストとして迎え、100周年を記念して100周年を迎えたとき、テントは中心的な舞台となりました。 515部屋より

政治イベント

長年にわたり、マニラホテルは国の歴史的なイベントのシーンとなっています。 1970年のフィリピン憲法会議は、11月10日にホテルのフィエスタパビリオンで開催されました。320人の参加者が出席したこの会議は、1935年のフ​​ィリピン連邦開始以来存在していたフィリピン憲法を変更するよう求められました。

1986年2月の大統領選挙の前にフェルディナンドマルコスの政党がマニラホテルで大会を開き、コラソン C アキノが大統領選挙の転機となった演説をホテルで行いました。マルコスの支配は1986年のEDSA革命の後の1986年2月に終わりました。

1986年7月6日、マルコス大統領を退任させることに忠実な軍将校たちがマニラホテルを引き継ぎ、マルコスの副社長ランニングメイトであるアルトゥーロ・トレンティーノを大統領に宣言しました。しかし、クーデターは長続きしませんでした、彼らは2日後に降伏しました。

1999年にホテルは国際的な注目を集め、元ファーストレディのイメルダ・マルコスはこのホテルで70歳の誕生日を迎えました。このイベントでは、1,000人を超えるマニラのエリートが出席しました。

特徴

ロビー

長さ125フィート(38 m)、幅25フィート(7.6 m)のロビーには白いドーリックの柱が並んでいます。床はフィリピン産大理石です。シャンデリアは真鍮製、クリスタル製、貝殻製です。家具はホテル全域で使用されているフィリピンのマホガニーから切り分けられています。

スイート

3ベッドルームのマッカーサースイートは、フィリピンに住んでいる間のマッカーサー将軍の住居でした。スイートは元の建物の5階にあります。

ペントハウスは、18階にプライベートプール付きの最も高価なスイートで、ホテルの向かいにマニラ湾、リサール公園、16世紀のスペイン壁の街イントラムロスの景色が見えます。プレジデンシャルスイートのように、ペントハウスには珍しい絵画、アジアの骨董品、フィリピンの工芸品が飾られています。マッカーサースイート、プレジデンシャルスイート、ペントハウススイートでは24時間バトラーサービスを提供しています。

施設とサービス

ホテルのゲスト設備とその他のサービスには、リムジンと高級車のレンタル、屋上デッキのヘリポート、空港送迎と交通機関の援助、診療所、インターネット接続のあるビジネスセンター、24時間フルメニューのルームサービス、コンシェルジュ、ランドリーサービス、デリカテッセン、美容院、土産物店があります。

レクリエーション

Manila Hotel Spaは湾のそばに位置し、マッサージやその他のセラピーを提供しています。屋外プールとヘルスクラブを利用できます。

レストラン

ホテルには3つのレストラン、3つのバー、中華料理からヨーロッパ料理まで様々な料理を提供するデリカテッセンがあります。カフェイランイラン、シャンパンルーム、マブハイパレス、タップルームバー、ロビーラウンジ、プールバーがあります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス