「マニラで中華料理食べたい」と言って、この店へ行くことがないようにしたい

先日、中国の深センへ入った影響か、中華料理に対するハードルが少し下がったような気がする高木です。

「深セン」一覧

ここフィリピンのマニラでも中華料理レストランはよく見かけるのですが、なにせ値段が高いです。

下手するとラーメン黒田やマカティの山崎より高いです。

しかしながら先週、リトル東京近くのチノロセス通りを歩いていたところ、値段の安そうな香港料理店を発見したので、入ってみることにしました。

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ

Hong Kong Noodles and Dimsum Houseの概要

地図

クリックでグーグルマップへ

グーグルマップで検索してみると店舗が複数店あるようで、チェーン店のようです。

住所

2113 Chino Roces Ave, Makati, 1229 Metro Manila

営業時間

24時間

近くにはコールセンターやカスタマーセンターも多いようなので24時間営業はありがたいですね。

メニュー

痛恨のバッテリー切れで、もっとメニューは豊富にあったのですが、少ししか写真が撮れませんでした。この日はまだGalaxy Note4のバッテリーの調子が悪い時でした。

グリーンヒルズに行く前の話でしたので。。。

グリーンヒルズショッピングセンターマニラでマイナースマホのバッテリーを購入

  • ワンタンメン:90ペソ
  • 大豆鶏肉面:95ペソ
  • ポークアサド:105ペソ
  • 牛肉面条:105ペソ
  • 牛肉和混鈍面:110ペソ

例によって、値段改定の証しが輝いています。もうフィリピンではやすっぽい値段改定の後がないメニューを探すのが難しくなっています。格安レストランに限りますが(笑)。

  • HKホットドックとガーリックライス:145ペソ
  • HKロンガニサとガーリックライス:200ペソ
  • HKオムレツとガーリックライス:150ペソ

しっかりとローカライズもされていて、フィリピン人が好きそうなメニューもラインナップ。

すべてHKとついていますが、中身は絶対ローカルなホットドックやガーリックライスだと思います。賭けてもよいです。

なんでもかんでもHKブランドに依存すれば売れるってモンでもないです。

現在絶賛売出し中の新製品。なかなかお手ごろな価格です。

  • HK GO HIONG MAMI:99ペソ
  • BEEF RICE MEAL:69ペソ

HK GO HIONG MAMIとBEEF RICE MEAL

さっそく新製品のHK GO HIONG MAMIとBEEF RICE MEALを注文。合計168ペソです。

BEEF RICE MEALのほうはまだ食べれた味。おこわのような食感で、チャーハンのようにいためてはいないようです。レンジでチン感が否めません。

そして、このHKラーメンが超不味い!!

写真はあいにく撮れませんでしたが、麺が超細く、スープが人工甘味料くさい、洗剤くさいです。

これを食べ続けたら間違いなくあの世行きだと思います。

また、肉もご丁寧に入っているのですが、回りにまかれた湯葉のような皮が剥がれて、それがいっそうグロテスクで見た目も味も最悪という悪循環に陥っています。

店内の様子

そんなもんだから店内には、中国人らしき人はいませんでした。いたのは若いフィリピン人グループやカップルのみ。

さすがにあれは本場の中国人からしたら侮辱的にも思える味でした。

Hong Kong Noodles and Dimsum Houseまとめ

興味本位でいくのは良いですが、間違っても期待して行かないようにしてください。

行くならまだ、フィリピン産ファストフード「チョウキン(Chowking)」のほうが、ましです。実は私は良くいきます。

リトル東京関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス