マニラ・ブルゴス通り沿いの「TSFグリルハウス」はトップクラスのおすすめ韓国料理店

スポンサーリンク

ぶっちゃけマニラの韓国料理店は、韓国というブランドに腰掛けて、ろくに味も追求せずスーパーで買ってきた安い豚肉をそのまま筋なども取り除かずに出して、「これがサムギョプサルだ」というドヤ顔感に良いイメージは持っていませんでした。

今回、マカティのブルゴス通りでランチを食べようと思い、歩き回った末、消去法で見つけた韓国料理店が意外にも高得点だったので記事にします。

ゴーゴーバーに来たけど、食事にはあまりお金をかけたくないなという人の参考になればと思います。

TSFハウスの基本情報

地図

クリックでグーグルマップへ

場所はブルゴス通りの北のほうのマカティアベニューとの合流地点に近いところ。賑やかな南の方からは少し歩きます。

この近くには、ギネス級の小型ラーメン店「ラーメンアミ」と「JP Ryuラーメン」があります。

メニュー

写真付きの精錬されたレイアウト。期待が持てます。

韓国料理店の弁当メニューは高い割に味がよろしくないので敬遠したいところ、160ペソで食べれるのであれば、下手を撃っても諦めがつくレベルかなと思いました。

弁当メニュー

  • 日替わり弁当:160ペソ
  • ブルゴギ弁当:250ペソ
  • どんかつ弁当:250ペソ
  • チキン弁当:250ペソ
  • エビフライ弁当:250ペソ
  • カルビ弁当:400ペソ
  • デラックス弁当:400ペソ

一品料理

  • カリフォルニア巻き:200ペソ
  • トッポギ:150ペソ
  • ラーメン(卵入り):120ペソ
  • うどん:200ペソ
  • おでん(3串):100ペソ
  • ジャプチェ:200ペソ

ラーメンも立地からしてリーズナブルだと思います。

サラダメニュー

  • グリルビーフサラダ:250ペソ
  • グリルチキンサラダ:250ペソ
  • ツナサラダ:250ペソ
  • ガーデンサラダ:250ペソ
  • ツナ刺身:600ペソ
  • サーモン刺身:600ペソ
  • ツナ刺身+サーモン刺身:1000ペソ

ドリンクメニュー

  • ソジュ:250ペソ
  • ビール:70ペソ
  • ライスワイン:350ペソ
  • ミネラルウォーター:50ペソ
  • ココナッツジュース:100ペソ
  • パイナップルシェイク:100ペソ
  • マンゴーシェイク:100ペソ
  • ライス;50ペソ

定食、丼メニュー

  • とんかつ定食:250ペソ
  • 魚フライ定食:300ペソ
  • ビビンパ(真ちゅうボウル):250ペソ
  • ビビンパ(石鍋):300ペソ
  • ブルゴギ丼:250ペソ
  • スパム丼:200ペソ
  • キムチ丼:200ペソ

日替わり弁当を注文

注文したのはもちろん「日替わり弁当」。160ペソ。弁当はこれ一択だと思います。品目は下記の通り。

  • ご飯
  • 目玉焼き
  • ジャガイモ
  • とんかつ
  • キムチ
  • わかめスープ

もちろん日替わりなので、次来る時は、違ったメニューになっています。

以前ブルゴス通りの別の日本食レストラン風韓国料理店で下手を打ったので、嫌な予感はしましたが、低価格の誘惑には勝てませんでした。ちなみにこの店は現在店名が変わっています。

【マカティおすすめ日本食】ブルゴスの日本食風レストラン「YUKINOHANA」

ティッシュと箸入れのデザインにこだわりが見られます。マニラでは見たことないデザイン。

とんかつのボリュームが半端ありません。しかも食べやすいサイズに超細く切ってくれているので、超食べやすかったです。

とんかつソースもおそらく独自に合わせて調合している感じ。日本のとんかつソースの色ではないですが、味は日本人に合っています。

わかめスープの具。この細かいこだわりがわかりますでしょうか?牛肉を細切れにして入れているので、食べやすくそれでいて嫌味が無い。料理長は韓国人なのでしょうか?

コミコミの160ペソ。

ブルゴス通り「TSFグリルハウス」の店内

店内はその名の通り基本焼肉ができる仕様になっています。わずかではありますが、コンセントのある席もありました。使えるかどうかはわかりません。

まさかのメニューサンプル。とても精巧に作られています。店外に配置したいところですが、盗難のリスクがあるため、店内に配置しているのだと推測します。

厨房も清潔。

店内は2階なので、日差しが心地よい明るい感じです。

ブルゴス通り「TSFグリルハウス」の店外

ブルゴス通りの渋滞を殿様気分で見下ろすことができます。目の前にはセブンイレブンがあります。

一階の入り口の前にはおすすめメニューが立てかけられています。これを見て店に入りました。

セブンイレブンの横、ギネス級の小型ラーメン店「ラーメンアミ」の近くから撮った写真。TSFという店名の由来がちっちゃい文字で書いてあるのがお判りでしょうか?

そう2階のウィンドウの前にある看板に「The Second Floor」と書いてあります。1階の立て看板にも書いてあったので最初は、注意喚起のためかなと思いましたが、The Second Floorの頭文字をとって、店名をTSF GRILL HOUSEにしたようです。

その下に店名のごとく「TSF GRILL HOUSE」とあるので間違いないでしょう。なんて安易なネーミング(笑)。

ブルゴス通り関連記事

スポンサーリンク

↓↓その他一日ワンポチいただけるとテンション上がります!↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アドセンス